2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(3)プラン・ドゥ・レギーユからモンタンヴェールまでハイキング。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(5)モンタンヴェールでお昼ごはん。そしてプレヴァンへ。 »

2015年10月22日 (木)

フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(4)モンタンヴェールのメール・ドゥ・グラス氷河。

Xcf0801
引き続きプラン・ドゥ・レギーユからモンタンヴェールまでのハイキングコースを歩く。
 
Xcf0802
日本国内で本格的なトレッキングをしたことはないけど、私は実は山を歩くのが好きなのかもしれないなぁなんて、自分で気がついてみたりして。歩きながらいろいろ考え事をしていると、自分を見つめ直す機会になっている気がする。
 
Xcf0803
上り坂を上がると、今まではほとんど登山者とすれ違うこともなかったんだけど、ようやく登山者の姿を見つける。ここからモンタンヴェールへは緩やかな下り坂。
 
Xcf0804
だんだんとメール・ドゥ・グラス氷河が見えてくる。
 
Xcf0805
さらに坂道を下っていくと、どんどんとメール・ドゥ・グラス氷河が近づいてくる。
 
Xcf0806
立ち止まるとメール・ドゥ・グラス氷河の絶景。
 
Xcf0807
そして、ふと立ち止まると高山植物の花を見つける。
 
Xcf0808
ようやく2時間半かけてモンタンヴェールにある建物が見えてきた。
 
Xcf0809
山の上から見た建物はホテル“Grand hôtel du Montenvers”。ホテル前のテラスはレストランになっている。そろそろお昼ごはんの時間だけど、モンタンヴェールのレストランはここしかないのかなぁ?
 
Xcf0810
モンタンヴェールには登山電車が走っていて、登山電車に乗ればシャモニー・モンブランの町に戻ることができる。線路が3本あり、中央のレールは急勾配を登るためにラックレールになっている。
 
Xcf0811
登山電車のモンタンヴェール駅に到着する。
 
Xcf0812
モンタンヴェールの建物はこの駅舎と先ほどのホテルしかないみたい。お昼ごはんを食べる場所は、ホテルか駅舎にあるカフェしかないのかなぁ?
 
Xcf0813
時刻表を確認。列車は20分に1本の頻度で運行されており、17:00の列車が最終列車。
 
Xcf0814
さらに進むとカフェがあり、メール・ドゥ・グラス氷河の雄大な風景を眺めながら、このカフェでお茶を飲んだり、食事をしてもいいかもしれないなぁ。
 
Xcf0815
クリスタルギャラリーがあり入場無料。
 
Xcf0816
宝石の原石などが展示されている。
 
Xcf0817
赤い登山電車がちょうどシャモニー・モンブランから到着。
 
Xcf0818
モンタンヴェール駅から無料?ロープウェイが出ており、さらに氷河に近づくことができるので、氷河まで降りてみることにする。
 
Xcf0819
このロープウェイが建設されたときは氷河がもっと大きかったんだろうなぁ。斜面の中腹の中途半端な位置までしか降りることができないので、あとはひたすら階段を下る。
 
Xcf0820
メール・ドゥ・グラス氷河の中に入ることができるみたい。
 
Xcf0821
ようやく氷河の位置まで階段を降りる。氷河は上から見ると汚れた感じだけど、近づいてみると青さがわかる。
 
Xcf0822
氷河の中に入るのは初めての体験。当たり前だけど、氷河は本当に氷が流れている。
 
Xcf0823
表面から見ると石や砂が混じっているので濁っているのかと思ったら、透き通っている。この氷は何年前のものなのかなかぁ?
 
Xcf0824
写真を見るとホテルの建物のすぐそばまで氷河が流れている。以前は登山電車の駅やホテルのそばまで氷河があったんだろうなぁ。
 
Xcf0825
下ってきた斜面を見上げる。どこまで氷河が流れていたんだろう。地球温暖化のためか、ずいぶんと氷河はやせてしまっている。
 
Xcf0826
階段を上っていると2010年のラインが書かれている。わずか5年で氷河がいかに消滅しているのかがわかる。
 
Xcf0827
10年前の2005年。
 
Xcf0828
25年前の1990年にはこんなに高い位置まで氷河があった。地球温暖化のスピードはものすごく速い。雄大な風景も早く見ておかないと、どんどんと失われてしまう。
 
Xcf0829
上りのロープウェイに乗って再び登山電車の駅に向かう。
 
Xcf0830
せっかくだから雄大な風景を見ながらお昼ごはんを食べようかなぁ。選択肢は、氷河が見えるカフェか駅に併設されているカフェ、そしてホテルのレストラン。
 
Xcf0831
一番ちゃんとしていそうなのはホテルのレストランかなぁ?登山電車の駅からホテルに向かって歩く。
Xcf0832
今日は“Grand hôtel du Montenvers”でお昼ごはんを食べることにする。

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(3)プラン・ドゥ・レギーユからモンタンヴェールまでハイキング。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(5)モンタンヴェールでお昼ごはん。そしてプレヴァンへ。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/62529947

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(4)モンタンヴェールのメール・ドゥ・グラス氷河。:

« フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(3)プラン・ドゥ・レギーユからモンタンヴェールまでハイキング。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 2日目(5)モンタンヴェールでお昼ごはん。そしてプレヴァンへ。 »

Link

最近のコメント

無料ブログはココログ