2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 平和の尊さを感じに広島一人旅 2日目(2)宮島口であなごめし。 | トップページ | 平和の尊さを感じに広島一人旅 3日目(1)晴れた日は尾道へ。 »

2015年9月 6日 (日)

平和の尊さを感じに広島一人旅 2日目(3)広島で夕ごはん。

Hsm0601
岩国城から城下町を見渡す。錦川に沿って市街地が広がり、奥には瀬戸内海が見える。晴天だったらもっときれいに見えるのだろうけど、今朝の大雨を考えればよくここまで天候が回復したものだ。
Hsm0602
錦帯橋を見下ろす。錦川は水量が多く、岩国城は錦川を防御に利用した山城。
Hsm0603
現在の天守閣はもともとの位置ではなく、ふもとから天守閣が見えるような場所に建てられている。実際の天守閣は、少し奥にあり石垣が復元されている。
Hsm0604
大雨が降らなければ来なかったかもしれない岩国城、けっこう楽しかったなぁ。再びロープウェイに乗って麓駅に戻る。
Hsm0605
帰り道に「シロヘビ観覧所」を発見!どうやら本来の場所にある「シロヘビ観覧所」は建て替えのために仮施設になっているみたい。それで、案内標識がガムテープで消されていたのね。100円を払う価値を見出せずに、残念ながら素通り…。私は変なところでケチだったりする。
Hsm0606
錦帯橋を再びわたる。橋の向こうには城下町が広がっている。
Hsm0607
山にかかっていた雲が切れ、岩国城の復元天守閣が見える。太陽の光があれば、もっと魅力的な風景を表現できるんだけど、曇り空でもなかなかの風景。
Hsm0608
予定外に訪れた錦帯橋、なかなか美しい風景だった。たぶん、大雨で宮島観光から早々と撤収していなかったら、ここには来なかっただろうなぁ。旅行というのは予定通りにいかないところが面白いし、予定通りでない時のほうが新しい発見がある。だから、私は旅をやめられない。
Hsm0609
錦帯橋のバス乗り場で岩国駅行のバスを待つ。
Hsm0610
バスの車窓から見た町内の掲示板。「歌謡教室 白蛇」というネーミングがなかなかいい。知らなかったんだけど、やっぱり「シラヘビ」は岩国が誇る名物なんだろうなぁ。岩国には名物になるほど「シラヘビ」がいるのかなぁ?100円をケチらずに見ておけばよかったかなぁ。
Hsm0611
せっかく岩国に来たのだから市街中心部を歩いてみたくて、岩国駅の手前の「三笠橋」バス停でバスを降りる。
Hsm0612
フジグランという見た感じは百貨店の建物に入ってみるけど、1階が食料品で総合スーパーマーケットの雰囲気。スーパーマーケットで食料品を見るのは大好きだけど、山口県らしい品物がよくわからない。
Hsm0613
アーケード街がこの町の中心街なんだと思うけど、岩国のアーケード街はあまりぱっとしない感じ。
Hsm0614
岩国駅に戻る。岩国の錦帯橋観光、おもしろかった。
Hsm0615
岩国駅始発の広島行きの列車が入線してくる。再び黄色く塗装された国鉄時代の車両。
Hsm0616
岩国駅では乗客はまばらだけど、列車は広島駅に近づいてくると座席に座れない人も出てくるほど混雑してくる。夏休み中のはずだけど学生も多い。
Hsm0617
広島駅に到着。コンコースには大勢の人がいて混雑している。広島駅の駅ビルでどのようなお土産があるのか、デパ地下に全国的なブランドではないローカルなお店が出ていないかを探検する。
Hsm0618
チサンホテル広島に向けて歩き始める。このボートハウスは人が住んでいるのかなぁ?
Hsm0619
朝はたくさん雨が降っていたのに広島市内も雨は止んでいる。
Hsm0620
今回の旅は2泊3日。今日も広島に宿泊。チサンホテルの部屋に戻り、部屋の中にすっかり濡れてしまっている折り畳み傘を広げて干しておく。もう傘は必要ないかな。ホテルにあった飲食店マップを見ながら、夕食をどこで食べようか考える。
Hsm0621
どうやら、チサンホテル広島の近くの胡町・薬研堀通りが広島の飲食店街の様子。
Hsm0622
ビルにはスナックの看板が並んでいる。飲食店街というのはスナック街ということ。
Hsm0623
ホテルにあった飲食店マップから「広島料理 西海」に入ってみることにする。おひとり様で予約なしの場合、フランス旅行と同様に早めの時間に行くのが必勝法。カウンターがあるお店だったら、一人だと何とかなる場合も多いけど。
Hsm0624
18時半に行ったら、最初のお客さん。
Hsm0625
まずはビールで喉を潤す。
Hsm0626
刺身盛り合わせは1人前にしては豪華な感じ。そして、美味しい。
Hsm0627
そして、小イワシの天ぷら。これが最高に美味しい。以前にスペインのアンダルシアを旅行した時に、ただのイワシのフリットだと思って頼んだら、これが美味しいこと。素材が美味しければ、単純な料理方法が一番美味しい。
Hsm0628
瀬戸内海の小イワシ、アンダルシアのイワシを思い出させるくらい、ほくほくで魚臭さがなくて、最高に美味しい。小イワシの天ぷらで幸せな気分になれるなんて、私は安いものだなぁ。
Hsm0629
ビールを飲み干すと地酒「雨後の月」を味わう。
Hsm0630
刺身、揚げ物と来ているので、次は焼き物を頼む。穴子の西京焼きも美味しい。広島って、瀬戸内海の魚も美味しい。
Hsm0631
私はお酒をひどく酔っ払うほど飲まずに、料理を美味しく食べるために飲む程度。美味しいお酒を味わいながら適度に飲む程度。フランス旅行もいつも同様で、料理と一緒にワインを飲むけど、グラスワイン程度しか飲まない。今日はごはんものは頼まずに再び町に出る。周囲はキャバクラ街。私の考え方は、キャバクラでお金を使うくらいなら、美味しいものを食べた方がいい。でも、なんとしても女性を求める強い欲望がないから、結婚できないのかなぁ・・・。
Hsm0632
キャバクラ系には興味がないので、通り沿いにあったお好み焼き屋さん「へんくつや」に入ることにする。「西海」でごはんものを頼まなかったのは、シメには広島風お好み焼きを食べようと思ったから。
Hsm0633
スナックでおねえちゃんと話すよりも、鉄板で広島風お好み焼きが作られているのを見るほうがよほど楽しい。こういう思考が結婚できない理由なのかもなぁ。でも、料理が作られているのを見るのってやっぱり好き。広島風お好み焼きって、ほとんどキャベツ。
Hsm0634
このお店はそばを生麺から茹でているみたい。
Hsm0635
そして、広島風お好み焼きが完成。地元の人みたいに鉄板からへらを使って食べてみることにする。
Hsm0636
「へんくつや」は並ぶことはないけど、ひっきりなしにお客さんが来る。他のお客さんの注文を聞いていると、どうやらお好み焼きと生ビールというのが定番みたい。一人でもふらっと入れて、ビールを飲んでお好み焼きを食べるという生活もいいなぁ。広島風お好み焼き、やっぱり美味しい。瀬戸内海の美味しい小イワシを食べて、広島風お好み焼きを食べて、まだ20時過ぎで時間は早いけど、ホテルに戻る。

« 平和の尊さを感じに広島一人旅 2日目(2)宮島口であなごめし。 | トップページ | 平和の尊さを感じに広島一人旅 3日目(1)晴れた日は尾道へ。 »

中国・四国」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/62227576

この記事へのトラックバック一覧です: 平和の尊さを感じに広島一人旅 2日目(3)広島で夕ごはん。:

« 平和の尊さを感じに広島一人旅 2日目(2)宮島口であなごめし。 | トップページ | 平和の尊さを感じに広島一人旅 3日目(1)晴れた日は尾道へ。 »

Link

無料ブログはココログ