2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 平和の尊さを感じに広島一人旅 3日目(5)JR白市駅から広島空港へ。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 1日目(2)ジュネーヴからeasyBusでシャモニー・モンブランへ。 »

2015年9月25日 (金)

フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 1日目(1)羽田空港発エミレーツ航空EK313便でドバイへ。

Xcf0101
出発前日の2015年7月4日、土曜日。仕事が終わり品川駅で山手線を降りる。残念ながら天気は雨。
Xcf0102
品川駅で降り、羽田空港発深夜便を利用するときはすでに定番になってしまっているオーバカナル高輪店へ。
Xcf0103
まずはアペリティフにパスティスを注文する。オーバカナルは、日本で「パスティス51」が飲める貴重なお店。
Xcf0104
オーバカナルは料理の量がフランス本国のカフェのように多いので、一番小さいサラダを訪ねると、シーザーサラダのハーフサイズがあるというのでそれを注文。ハーフサイズでも十分に多い気がする。
Xcf0105
メインは黒板メニューから「イカのバスク風煮込み」を選択すると、付け合わせのライスの上に煮込みが載せられており、雰囲気的にはカレーライスのような盛りつけ。バスク風というからには、唐辛子が強くて辛いのかと思ったらそうでもない。
Xcf0106
これからフランスに向かうのに、ここで食べなくてもいいと思うけど、タルト・オ・シトロンがどうしても食べたくなってしまう。
Xcf0107
最後はもちろんエスプレッソ。私の旅行記は出発までのイントロダクションが長すぎかなぁ?と思うんだけど、私は旅が始まるまでの胸のときめきが好きで、旅が始まる直前のドキドキ感を少しでも伝えたい。
Xcf0108
品川駅に戻り、京急線に乗る。プリンセスプリンセスの“DIAMONDS”の歌詞にある「針が降りる瞬間の胸の鼓動焼きつけろ」の歌詞の意味は今では通じないだろうなぁ。レコードの針が降りてきてこれから曲が始まる瞬間のドキドキ感は、レコードを知らない世代にはわからないかもなぁ。そもそも、プリンセスプリンセス自体を知らないか・・・。
Xcf0109
急行羽田空港行きに乗って、羽田空港を目指す。成田空港に向かう京成線といい、羽田空港に向かう京急線といい、だんだんと空港が近づいてくるこの瞬間が、私の場合はこれから始まる旅への期待感と、まだ知らない地へ旅立つ不安感が入り交じる絶頂期のような気がする。
Xcf0110
成田空港国際線ターミナル駅に到着。羽田空港国際線ターミナルはとてもよくできていて、改札口を出てエレベータに乗るとすぐにターミナルビル。
Xcf0111
エミレーツ航空のチェックインカウンターを目指す。
Xcf0112
その前に会社から空港に直行したときは、JALABCに立ちよって事前に空港に送っておいたスーツケースを受け取る。深夜便を利用するときには空港宅配便が便利。それに、クレジットカードによっては送料無料だし。
Xcf0113
エミレーツ航空のカウンターは、スーツケースを受け取った場所からすぐ。iPhoneでインターネットチェックインを済ませてあるので、カウンターで荷物を預かってもらうだけのはずだったんだけど、ドバイから先のチェックインができておらず、ジュネーヴまでの搭乗券をもらう。
Xcf0114
チェックイン手続きを終えて、羽田空港内を探検すると、あと数日で七夕のためか、笹に吊された短冊が見える。
Xcf0115
短冊も用意されていて、自由に書いて笹に吊すことができるみたい。
Xcf0116
私も「モンブランが晴天でありますように」と願い事を書いて笹に吊す。後になって考えて見れば、ずいぶんと目の前のお願いを書いてしまったけど、「人生のパートナーに巡り会いますように」とか、大きな願いを書いておけば良かったなぁ・・・。
Xcf0117
大きな七夕飾りが飾られている。羽田空港国際線ターミナルはお店も多いんだけど、深夜便利用時には閉まってしまうお店も多い。
Xcf0118
エスカレータを上がり、展望台に出て、飛行機を眺める。
Xcf0119
買う物もないし、出国審査を済ませて搭乗ゲートに向かう。羽田空港ではプライオリティパスを使用できるラウンジはないので、プライオリティパスは役に立たない。ゴールドカードを持っていれば無料で使用できるラウンジはあるんだけど、いつも混んでいるので落ち着かない。あれ?新しいラウンジができているみたい。
Xcf0120
SKY LOUNGE ANNEXは、本館中央にあるラウンジよりもゆったりとしており、混雑もしていない。シャワーもあるけど、シャワーは別料金。
Xcf0121
エミレーツ航空EK313便ドバイ行きは、2015年7月5日、日曜日0:30定刻通りの出発予定。
Xcf0122
いよいよボーディングが始まる。エコノミー席は後方エコノミーから案内される。
Xcf0123
羽田線の機材はボーイングB777-200。3-4-3の10アブレスト。エアバスA380の1階席もB777と同じ3-4-3の10アブレストなので、一度エアバスA380 に乗ってしまうとB777の通路が狭く感じる。少し前までは、航空会社によってはボーイングB777は3-3-3の9アブレストに機材が一般的だったのに、今では詰め込み仕様の3-4-3の10アブレストが普通になってしまったなぁ。エミレーツ航空に関しては、成田線はB777-300ERでの運航なので、羽田線の方が深夜便ということもあって需要が少ないのか、全長が短いB777-200で運航されている。
Xcf0124
エミレーツ航空のエンターテイメントは画面も大きいし、邦画だけでも10本以上あるので、飽きることはない。
Xcf0125
そして、エミレーツ航空の特徴と言えば天井の照明の色が変化すること。出発前は夕方を表現しているのか、赤みがかった照明。
Xcf0126
定刻通り羽田空港を出発し、安定飛行に入ると機内食が出る。あれ?エミレーツ航空の機内食の器って、もっと個性的でデザイン性のある器だったのに、他の航空会社と同様の普通の器になってしまっている。
Xcf0127
深夜便だけど、しっかりとした機内食。深夜に洋食だと重たいので和食をセレクト。海鮮あんかけごはんは、日本の機内食工場で作られているので機内食としては美味しい。
Xcf0128
エミレーツ航空といえば、天井の照明。機内食が終われば、お休みの時間。深夜便の方が一日、普通に仕事をして疲れているからかよく休めるような気がする。
Xcf0129
朝食は洋食をセレクトし、スクランブルエッグにソーセージ。
Xcf0130
エミレーツ航空ではときおり、メッカの方向が示される。
Xcf0131
まもなくドバイに到着。直行便だったら12時間くらいでパリまで行けるのに、10時間45分乗ってもまだドバイ。ヨーロッパまではさらにドバイから6時間くらい乗るので、中東経由は時間がかかるけど、航空券が高い時期は仕方がない。
Xcf0132
3年ぶり3回目のドバイ国際空港に到着。
Xcf0133
ドバイ国際空港の欠点は、広すぎること。しかも縦長の構造なので、到着したスポットが端のほうだとひたすら歩く。
Xcf0134
そして、エミレーツ航空の特徴は、ほとんどがドバイを経由地とした乗り継ぎ客が多いこと。乗り継ぎの時に再び手荷物検査を受けることになるんだけど、時間帯によっては並ぶことになる。
Xcf0135
ようやくドバイ国際空港の出発ロビーに出てくる。早朝にもかかわらず、大勢の乗り継ぎ客で賑やかな雰囲気。さて、ジュネーヴ行きのゲートを探さなくちゃ。ドバイ国際空港は広すぎるので、ゲートによっては行くのに15分以上かかるから・・・。

« 平和の尊さを感じに広島一人旅 3日目(5)JR白市駅から広島空港へ。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 1日目(2)ジュネーヴからeasyBusでシャモニー・モンブランへ。 »

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/62349081

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 1日目(1)羽田空港発エミレーツ航空EK313便でドバイへ。:

« 平和の尊さを感じに広島一人旅 3日目(5)JR白市駅から広島空港へ。 | トップページ | フレンチアルプスでハイキング!シャモニー&アヌシー一人旅 1日目(2)ジュネーヴからeasyBusでシャモニー・モンブランへ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ