2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ニューカレドニア・ヌメア一人旅3日目(1)シトロン湾を見ながら朝食を。 | トップページ | ニューカレドニア・ヌメア一人旅3日目(3)月曜日のヌメアでお昼ごはん。 »

2015年7月23日 (木)

ニューカレドニア・ヌメア一人旅3日目(2)月曜日のヌメア中心部へ。

Nou1001
残念ながら格安パッケージツアーは、オプションで追加料金を払わないとレイトチェックアウトできないので、部屋の荷物を片付けでチェックアウト。ラゲッジルームに荷物を置く。レセプションでカードキーを借りてきて、自分でラゲッジルームに入って荷物の出し入れをする仕組みなので、部屋は使えなくてもカードキーを借りればチェックアウト後も自由に荷物の出し入れはできそう。

Nou1002
ル・サーフ、たしかに古さは否めないけど、滞在に不自由はないし、なかなか快適だったなぁ。開放的な雰囲気も好き。南国のホテルはこれでいい気がする。また泊まってもいいけど、たしかに「ハネムーンの下見」にはいいけど、一生に一度のハネムーンだったらもっといいホテルにするのかなぁ。残念ながら古さは否めないので、その古さも含めたル・サーフの雰囲気を共感できるような相方とめぐり逢えればいいんだけど・・・。

Nou1003
部屋が使えず、荷物の出し入れにも制限があるとなると今日はビーチには行けない。昨日、ほぼマルシェしか見ていないヌメア中心部に再び行ってみることにする。

Nou1004
ル・サーフはホテルを出れば、道路を挟んでそこは海。のどかな海のある風景が心地よい。

Nou1005
昨日と同じくバス停で、いつ来るかわからないバスを待つ。いつ来るかわからない、時刻表がないバス停なんて、もしも日本の外に出たことがなかったら不安でたまらないだろうなぁ。海外旅行をしていて、私は「気長に待つ」ということを身につけたような気がする。

Nou1006
現地の人と一緒にのんびりバスを待っているとバスが近づいてきた。バスは来ないのではなく、そのうちに来る。そのうちに来るバスを気長に待つのがいい。

Nou1007
10時を過ぎて、時間帯も遅いせいかバスは観光客が多い。

Nou1008
バスの車窓から眺めるシトロン湾のビーチ。シーズンオフのせいか、ニューカレドニアで見る風景は観光客であふれていることもなく、のんびりした雰囲気。そんな風景を見ていると、私も心がのんびりとしてくる。

Nou1009
昨日と同様にマルシェ前でバスを降りる。目の前はニューカレドニア博物館。博物館には入らずにまずは街歩きをしてみることにする。

Nou1010
昨日も歩いているけど、ヌメア市街は近代的な建物が並ぶ。ヌメアはガイドブックに「小パリ」と表現されていることもあるけど、建物だけを見たら、まったくもってパリじゃない。建物だけをみると、ニースでもない。マルセイユでもなく、フランス本国のどこかの街に例えようにも例えられない。でも、それが地域性豊かなフランスの風景。フランス本国のどこかの街に例える必要はなく、ニューカレドニアはニューカレドニアとして個性のあるフランスの地方と考えればいい。フランスって地方色豊かであるからこそ、何度訪れても私を飽きさせない。

Nou1011
ガイドブックにも載っているけど、ブーランジェリー・パティスリー「ラ・ヴィエイユ・フランス」“La Vieille France”をのぞいてみる。

Nou1012
ショーケースにはマカロンやエクレール(エクレア)が並んでいる!

Nou1013
そして、美味しそうなケーキも並んでいる。フランス本国の有名パティスリーのケーキと比較してしまえば素朴かもしれないけど、フランス本国の普通の街角のパティスリーに入ったときのわくわく感となんら変わらない。

Nou1014
ヌメアって、やっぱり「小パリ」と表現してもいいんじゃないかなぁ?建物だけを見たら町の雰囲気はたしかにフランスの都市とは比較できようにないけど、文化としてはフランス文化が根付いているんじゃないかなぁ。建物だけを見て、ここはフランスではないと判断するのではなく、町を歩いて、そこで生活している人の生活を少しでも感じようとすれば、フランス文化を感じることができる気がする。

Nou1015
昨日、日曜日でミサの最中だったために、教会内部に入るのを遠慮したサン・ジョセフ大聖堂“Cathédrale Saint Joseph de Nouméa”に向かう。

Nou1016
中に入る前に、今日の朝食はパン・オ・ショコラ1つだったので、「ラ・ヴィエイユ・フランス」で買ったエクレールを食べることにする。

Nou1017
ピスタチオのエクレール、美味しい!

Nou1018
そして、大好きなタルト・オ・シトロン。私は、フランスのどこのパティスリーでも置かれている素朴で基本的なお菓子が大好きで、エクレール、フラン、タルト・オ・シトロンを見つけると、つい食べたくなってしまう。これらのお菓子はフランスでは基本的なお菓子なんだけど、日本で見つけるのはなかなか難しい。

Nou1019
タルト・オ・シトロンにも満足して、サン・ジョセフ大聖堂に入ってみることにする。

Nou1020
私は教会の中の静寂な空気が好き。いつものように教会の椅子に座り、戦争もなく平穏に生活ができて、平穏に旅をさせてくれる神に感謝する。

Nou1021
ココティエ広場へ向かう。

Nou1022
日曜日の朝はほとんど人の気配がなかった公園だけど、今日は木陰でくつろいでいる人がいたり、のんびりした雰囲気は変わらないけど、ココティエ広場が市民のくつろぎの場であることがわかる。

Nou1023
ココティエ広場に隣接するヌメア市立博物館。ゆっくり街歩きをしていると、歴史的な建造物もきちんとあり、すべてが近代的なコンクリート造りの建物ではないことがわかる。

Nou1024
私は建築様式を詳しく知らないのでよくわからないんだけど、シンガポールのコロニアル建築とは雰囲気が少し違う感じ。少しでもヌメアの町の特徴を感じようと街歩きをしていれば、おもしろいなぁと思う建物だってちゃんとある。ヌメアの街だって写真を撮るほどのことでもない建物ばかりじゃない。

Nou1025
昨日からニューカレドニアで作られているものを探しているんだけど、ガイドブックに従うしかないかなぁ。ニューカレドニア特産のニアウリを使った化粧品店「パシフィコ・ナチュール」。

Nou1026
うーん、「ハネムーンの下見」の今回は、おみやげとして買う相手もいないし、必要ないかなぁ・・・。贈り物をする相手を想像しながら、その人に一番プレゼントしたいおみやげを選ぶのは大好きなんだけど、まずは相手がいないと・・・。好きな人がいたら、山ほどおみやげを買っちゃうかもしれないけど。

Nou1027
「パシフィコ・ナチュール」のお隣は、布地を扱うおみやげ物屋さん。けっきょく、ニューカレドニアで特産物を買おうと思ったら、おみやげ物屋さんに頼るしかないみたい。

Nou1028
おそらく、この平凡な道路が地図で見るとメインショッピングストリート。

Nou1029
たしかに歩いてみるとロクシタンもちゃんとある。ニューカレドニア独自の製品があればのぞいてみるけど、そうでなければ、きっとフランス本国や免税店で買った方がいいと思って中には入らず。

Nou1030
フランス本国でも見かけるカジュアル・ファッションの「セリオ」“celio”があるなんて、やっぱりここはフランス。

Nou1031
パリやフランス本国でも都市中心部ではあまり見かけないけど、“Styleco”もフランス本国のお店。

Nou1032
そして、ガイドブックにも載っているトントンジュール“Tonton Jules”。お店の中に入るとチョコレートだけでなく、フランス伝統菓子が並んでいて楽しくなってしまう。ヌメアの町は歩いているとフランスを感じられる。

うーん、ヌメアはやっぱり「小パリ」としてパリと比較したら、ものすごく小さいけれど、やっぱり「小パリ」。一人の平凡な旅行者の視点で、少しでも生活を感じようと下からの目線でヌメアの町を歩けば、ごろごろとフランスらしさを感じるヌメアの町。けっして、ヌメアにわざわざ行ったことが切なくなるようなことはないおもしろい町。月曜日はマルシェがやっていないけど、十分に街歩きが楽しい。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« ニューカレドニア・ヌメア一人旅3日目(1)シトロン湾を見ながら朝食を。 | トップページ | ニューカレドニア・ヌメア一人旅3日目(3)月曜日のヌメアでお昼ごはん。 »

ニューカレドニア」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/61940515

この記事へのトラックバック一覧です: ニューカレドニア・ヌメア一人旅3日目(2)月曜日のヌメア中心部へ。:

« ニューカレドニア・ヌメア一人旅3日目(1)シトロン湾を見ながら朝食を。 | トップページ | ニューカレドニア・ヌメア一人旅3日目(3)月曜日のヌメアでお昼ごはん。 »

Link

最近の記事

無料ブログはココログ