2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

  • ◇デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

にほんブログ村

Voyages

« ニューカレドニア・ヌメア一人旅2日目(1)失敗しなかったヌメア観光。路線バスでヌメアのマルシェへ。-ハネムーンの下見はニューカレドニア | トップページ | ニューカレドニア・ヌメア一人旅2日目(3)ヌメアでのがっかり体験。F.O.Lの丘へ。 »

2015年6月30日 (火)

ニューカレドニア・ヌメア一人旅2日目(2)ヌメアのマルシェのカフェで朝ごはん。

Nou0401
ヌメアのマルシェは港のすぐそばにある。

Nou0402
別の建物に入ってみると、この建物は魚市場。

Nou0403
ショーケースには大きな魚が並べられている。

Nou0404
これがニューカレドニアで養殖されている「天使の海老」なのかなぁ?

Nou0405
私は南半球を訪れるのが初めてなので「まだ知らない」魚が並べられている。どうしても見たことのない魚をみると「これはなんだろう?」という好奇心が止まらない。

Nou0406
魚の種類も豊富で、ついショーケースを見入ってしまう。

Nou0407
そして、ショーケースには種類だけではなく、たくさんの量。このあたりは豊かな海なんだろうなぁ。

Nou0408
小魚をこのままフライにしたら美味しいだろうなぁ。ヘルシンキの港沿いの市場みたいに小魚のフライなどの軽食が取れるお店があればいいのに。

Nou0409
生牡蠣も売られている。ブルターニュ地方のカンカルみたいにこの場で食べられればいいのに。

Nou0410
へぇ、“Sashimi”も売られている。省略されて“Sashi”になっている。

Nou0411
そして、魚市場を出ていよいよカフェのある建物を目指す。

Nou0412
旅番組や旅行記などで必ず出てくるヌメアのマルシェのカフェ。日曜日の朝のカフェは、もっと混んでいるかと思ったけど、わりと空いている。

Nou0413
カウンターを見上げるとメニューが書かれているので注文しやすい。フランス語だけど・・・。

Nou0414
フランス本国に旅行する時はたいていホテルで朝食を済ませてしまうし、昼食もレストランが多いので、実はクロックムッシュやクロックマダムをフランス本国で食べることって最近はほとんどない。むしろ、朝食はフランスパンにバターとジャムをたっぷり塗ったタルティーヌの方が好き。発酵バターの芳醇な香りがふわっと鼻に抜けるクロワッサンの方が好き。

Nou0415
むしろ、パン・オ・ショコラのほうが普段フランスで私が食べている朝食かも。カフェオレを“BOL”で頼んだら、ものすごく大きくてびっくり。

Nou0416
クロックムッシュは、食パンにハムとチーズを挟んで作られている。

Nou0417
定番過ぎるけど、けっきょくクロックムッシュも食べることにする。

Nou0418
にぎやかなマルシェを散策した後で、ヌメアのマルシェのカフェでカウンターに座り、一人でカフェオレを飲みながら、クロックムッシュを食べる。今回の旅行でやりたかったことがさっそく完了。

Nou0419
ハムとチーズが挟まれているだけなんだけど、クロックムッシュ、なかなか美味しいじゃない。

Nou0420
賑やかなマルシェの中にあって、落ち着いた雰囲気のマルシェのカフェでのんびり過ごす。現地滞在は実質2日間のみだけど、今回はのんびりすごそうと思っていたので、ニューカレドニアという選択は今のところ大正解。

Nou0421
再び、マルシェを散策しようとすると、やっぱりここはフランス。ブルターニュの旗を掲げられてしまうと、もう誘惑に負けるしかない。私にとってのフランスの魅力は、地方色が豊かであること。フランス旅行はアルザス地方、プロヴァンス地方、ブルターニュ地方、バスク地方など地域によって文化が違うから楽しいし、だからこそ私は何度もフランスを訪れている。

ヌメアはガイドブックに「小パリ」と表現されていることもあるけど、まったくもってパリじゃない。ニースでもない。マルセイユでもない。フランス本国のどこかの街に例える必要はなく、アルザス地方、プロヴァンス地方、ブルターニュ地方やバスク地方と同様に、ニューカレドニアはニューカレドニアとして個性のあるフランスの地方と考えればいい。

Nou0422
だけど、ここはやっぱりフランス。ニューカレドニアだけどブルターニュのクレープを食べることができる。

Nou0423
キャラメル塩バターのクレープ、美味しい。ヌメアでブルターニュ地方のレンヌにいる気分。

Nou0424
再びマルシェを散策する。地元産の果物には“Local”と書かれている。

Nou0425
“Pomme liane”を先ほど見たときはわからなかったけど、パッションフルーツ。

Nou0426
ローカルな食材もあるかと思えばフランス本国のマルシェのようにオリーブ屋さんがある。ニューカレドニア独自のものもあれば、フランス文化も混ざり合うヌメアのマルシェは本当に楽しい。テーマを決めてローカルなものを探し回ってもおもしろいし、フランスらしさを探し回ってもおもしろい。

Nou0427
マルシェの建物を出ると、雑貨屋さんのテントが並んでいる。

Nou0428
テントごとに売られている物が違って、お店をのぞきながら歩くのが楽しい。

Nou0429
けっきょくここでは私はなにも買わなかったんだけど、ヌメアでアクセサリー系のおみやげを探すなら、マルシェが一番いいかもしれない。

Nou0430
「ハネムーンの下見」ではなく、もしも一人じゃなくて相方とヌメアに次に来ることがあったら、一緒にアクセサリーを見てまわるんだろうなぁなんて勝手に妄想してみる。

Nou0431
ヌメアのマルシェ、楽しかったなぁ。私がマルシェを好きな理由は、その地域の特性を感じることができるから。どんな野菜があるのか、果物があるのか、魚があるのか。初めて見るお菓子やパンを買って食べるのも好き。ヌメアのマルシェは、フランス本国とは異なる生鮮食品がある反面で、オリーブやソーセージ、チーズなどフランス本国のマルシェと変わらないような品揃えもある。

Nou0432
ニューカレドニアを、アルザス地方やバスク地方など地方色豊かなフランスの1つの地方として探検するのもおもしろいし、本国から遠く離れているのに感じられるフランス文化を探すのも楽しい。だけど、くれぐれも月曜日にはここに来ない方がいい。こんなに楽しいヌメアのマルシェを、期待はずれに感じてしまうのはもったいない。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

« ニューカレドニア・ヌメア一人旅2日目(1)失敗しなかったヌメア観光。路線バスでヌメアのマルシェへ。-ハネムーンの下見はニューカレドニア | トップページ | ニューカレドニア・ヌメア一人旅2日目(3)ヌメアでのがっかり体験。F.O.Lの丘へ。 »

ニューカレドニア」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/61818771

この記事へのトラックバック一覧です: ニューカレドニア・ヌメア一人旅2日目(2)ヌメアのマルシェのカフェで朝ごはん。:

« ニューカレドニア・ヌメア一人旅2日目(1)失敗しなかったヌメア観光。路線バスでヌメアのマルシェへ。-ハネムーンの下見はニューカレドニア | トップページ | ニューカレドニア・ヌメア一人旅2日目(3)ヌメアでのがっかり体験。F.O.Lの丘へ。 »

Link

無料ブログはココログ