2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 南イタリア・マテーラ・アルベロベッロ一人旅4日目(3)バーリ旧市街のフォカッチャ屋さんとオレッキエッテ通り。 | トップページ | 南イタリア・マテーラ・アルベロベッロ一人旅4日目(5)夕ごはんはミラノ風カスレ。 »

2015年5月31日 (日)

南イタリア・マテーラ・アルベロベッロ一人旅4日目(4)バーリからミラノへ。

Bari1901
バーリ空港に到着し、自動チェックイン機で搭乗券を発券する。バーリ空港は新しくきれいな空港。

Bari1902
出発フロアにはあまりベンチはないんだけど、エレベータで上の階にあがるとベンチがたくさんある。エレベータでないと上がれないし、エレベータがどこにあるのかもわかりづらいので、空いている穴場的なスポット。サボテンのような照明がおもしろい。

Bari1903
ここでお昼ごはんを食べることにする。お昼ごはんは、バーリ旧市街のフォカッチャ屋さん“Panificio Santa Rita”で買ったフォカッチャ。袋から出すと紙に包まれている。

Bari1904
包み紙を開くと大きなフォカッチャが2つ入っている。さすが、昨日夜にお店の前で食べている人からも「食べてけよ」とお勧めされた通り、なかなか美味しい。イタリアって、ちゃんとしたレストランでの食事もいいけど、街角で売っているファーストフードも美味しい。いつも旅程が短いので、美味しいものをちゃんとレストランで食べようと思ってしまうけど、こういう食事もいいなぁ。

Bari1905
初めて訪れた空港では、空港の出発案内を見るのが好き。バーリからどこに飛べるのかを見ると、ミラノ・リナーテ空港とローマ行きは便数が多いみたい。ヴェローナ行きのVOLOTEAという航空会社はLCCなのかなぁ。出発案内は次の旅行の旅程のヒントになることがある。

Bari1906
おみやげも必要ないし、買う物もないので、手荷物検査を済ませて制限区域に進む。名産品などを売るお店は制限区域に入ってしまった方があるみたい。

Bari1907
今朝、バーリのホテルの朝食レストランで食べた南イタリアのチーズ、美味しかったなぁ。買って帰りたいくらいだけど、2月の気候なら冷蔵庫なしでも大丈夫かなぁ。でも、日持ちしないかなぁ。やっぱり、現地で食べるのが一番。

Bari1908
フードコートにはたくさんのフォカッチャが並べられている。南イタリア、プーリア州のバーリではフォカッチャが名物なのかな?

Bari1909
バーリ空港は大きな空港ではないのですぐに搭乗ゲートに到着。

Bari1910
アリタリア航空AZ1648便ミラノ・リナーテ空港行きは13:35定刻通りの出発の予定。うーん、現在時刻は12:35なので、30分前にボーディングが始まるとしても、時間が余ってしまった。

Bari1911
機材はエアバスA320型機。すでに機材は到着しているのでおそらく定刻通り。

Bari1912
まだ時間があるので、すでにフォカッチャを2枚も食べているけど、これで今回の旅行の目的地である南イタリアともお別れなので、ビールを飲みながらさらにフォカッチャを食べる。旧市街で買ったフォカッチャのほうが美味しいけど、空港で食べるフォカッチャも美味しい。こんなにフォカッチャ押しなのは南イタリアのプーリア州だからなのかなぁ。イタリアもフランスのように地方によって特色があっておもしろいかも。

Bari1913
定刻通りにアリタリア航空AZ1648便ミラノ・リナーテ空港行きのボーディングが始まる。

Bari1914
今回の旅行、南イタリアではずっと晴天で、美しい風景を満喫できた。マテーラもアルベロベッロも、マルティーナ・フランカもバーリも楽しかったなぁ。ボーディングブリッジを渡り、飛行機に乗り南イタリアを去るのが名残惜しい。

Bari1915
私は短距離路線だと窓側、長距離路線は通路側の座席が好き。

Bari1916
アリタリア航空のエアバスA320は革張りのシート。ミラノからバーリに向かう機材は個人モニタがついていたけど、この機材にはない。

Bari1917
ビスコッティとブラッディオレンジジュースをもらう。

Bari1918
海から内陸にむかっていくと雲が多くなっていく。

Bari1919
飛行機は無事にミラノ・リナーテ空港に到着。空港の車両はプジョー208。

Bari1920
ミラノ・リナーテ空港は行きと同様にボーディングブリッジではなく、タラップで地上に降りバスでターミナルに移動する。南イタリアではあんなに晴れていたのに、ミラノは曇り空。あぁ、晴れていた南イタリアが恋しい。

Bari1921
リナーテ空港はコンパクトな空港で外に出るとすぐにミラノ中央駅行きのバス停がある。バスは30分に1本の頻度で運行されている。

※ミラノ中央駅からミラノ・リナーテ空港行きのバス時刻表(そのほかの空港もあり)
http://www.autostradale.it
※そのほかATMでもバスを運行している。
http://www.atm.it/it/AltriServizi/Trasporto/Pagine/airbus.aspx

Bari1922
もう1社のバスの方が先に出発するはずなんだけど、なぜか来ないので、行きと同じ白いバスに乗る。

Bari1923
リナーテ空港には鉄道はなく、公共交通機関はバスしかないので、バスはわりと混み合っている。

Bari1924
マルペンサ空港と違って空港バスはすぐにミラノ市街に入り、わずか25分でミラノ中央駅に到着。

Bari1925
やっぱり、ミラノは曇り空。ミラノ中央駅前の広場から安ホテルが並ぶ通りに向かって歩く。晴れていた南イタリアが本当に恋しい。

Bari1926
道が濡れているけどミラノは雨が降ったのかなぁ?不思議なんだけど、まだ旅は続いているのに、この通りに来ると旅を終えて家に帰るような感覚。南イタリアの旅、楽しかったなぁ。

Bari1927
無事にホテル・カノーヴァ“Hotel Canova Milan”に戻ってくる。前回は何号室に泊まったの?と聞かれるけど、すっかり覚えていない。ホテルの部屋番号なんて、よほどのことがない限りは滞在中しか覚えていないんだなぁ。

ホテル カノーヴァ
http://www.hotelcanova.it

Bari1928
そして、3日前にホテルに預かってもらったスーツケースと無事に再会。中抜けにしてホテルに荷物を置かせてもらう作戦は、私はけっこう使うんだけど、ホテルで断られたことはないので、この作戦は有効。個人手配旅行は常に大きな荷物をどこに置くかを考えて移動しなければならないので、ゲートシティを決めておいて、そこから小旅行に出かける感じの旅程を組むと、小さなデイパックだけで身軽に旅行ができる。

Bari1929
すっかり南イタリアから戻ってきて、旅から帰った気分だけど、まだ旅は終わりじゃない。前回、チュニス旅行の帰りにミラノは1日かけて歩いているので、ミラノ観光をするつもりはないんだけど、せっかくミラノに来ているんだから地下鉄に乗ってドゥオーモを目指す。

« 南イタリア・マテーラ・アルベロベッロ一人旅4日目(3)バーリ旧市街のフォカッチャ屋さんとオレッキエッテ通り。 | トップページ | 南イタリア・マテーラ・アルベロベッロ一人旅4日目(5)夕ごはんはミラノ風カスレ。 »

イタリア」カテゴリの記事

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/61673980

この記事へのトラックバック一覧です: 南イタリア・マテーラ・アルベロベッロ一人旅4日目(4)バーリからミラノへ。:

« 南イタリア・マテーラ・アルベロベッロ一人旅4日目(3)バーリ旧市街のフォカッチャ屋さんとオレッキエッテ通り。 | トップページ | 南イタリア・マテーラ・アルベロベッロ一人旅4日目(5)夕ごはんはミラノ風カスレ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ