2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

  • ◇デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

にほんブログ村

Voyages

« 南フランス・プロヴァンス一人旅5日目(4)マルセイユで港を見ながらパスティスを。 | トップページ | 南フランス・プロヴァンス一人旅5・6日目エールフランスでパスティスを(エールフランスAF274便羽田行きの機内食2014)。 »

2015年3月 6日 (金)

南フランス・プロヴァンス一人旅5日目(5)マルセイユのサントン人形市。

Pce2701
マルセイユ旧港に別れを告げて、荷物が置いてあるマルセイユ・サン・シャルル駅前のホテル・イビスを目指してカヌビエール大通り“La cannebière”を歩き始める。

Pce2702
ふと、カルーセル(メリーゴーランド)がある広場をみると、ここも朝は閉まっていたのに、マルシェ・ド・ノエルが開かれている様子。開いているなら、ちょっと見てみたくなるじゃない。どうして、マルセイユの町は私が去ろうとしているのに、後ろ髪を引っ張るのだろう。

Pce2703
しかも、このマルシェ・ド・ノエルは、ただのマルシェ・ド・ノエルではない。ずっと、ずっと見てみたかったサントン人形市!

Pce2704
様々な表情をしたサントンが並んでいる。

Pce2705
キリストの生誕がテーマなので、様々なキリスト像。

Pce2706
主役は、やっぱりキリスト。

Pce2707
動物たちのサントンもいっぱい並んでいる。

Pce2708
そして、クレーシュ“Crèche”に欠かせない馬小屋などの建築物も並べられている。

Pce2709
大きさも様々のものがあり、小さなものから大きなものまで様々。

Pce2710
あんまり見ていると、自分でクレーシュを作ってみたくなってしまう。

Pce2711
自分でクレーシュを作るのはかなり楽しそう。小さなクレーシュだったらできるかなぁ?でも、いろいろと揃えていくと、けっこうな出費になりそう。それに、もっとキリスト教について学ばなきゃ。

Pce2712
以前からサントン人形市を一度は見てみたいと思ったけど、今回の旅程は11月だったので若干早すぎると思って期待していなかったんだけど、まさかマルセイユで見られるとは。どうして、マルセイユの町は、もう去ろうとしているのに、これでもかと私を楽しませてくれるのだろう。私が、ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂のマリア様が見守るマルセイユの町を好きだと思っているからかなぁ?

Pce2713
今度こそ、今度こそマルセイユ・サン・シャルル駅へ向かう。

Pce2714
でも、また寄り道。オランピック・ドゥ・マルセイユ“Olympique de Marseille”のブティックが。クルマに貼るステッカーがないかと店員に聞いてみるけど、今はないみたい。でも、プジョー208の雰囲気には合わないかなぁ。

Pce2715
マルセイユ・サン・シャルル駅前の階段が好き。

Pce2716
マルセイユ・サン・シャルル駅の駅舎の雰囲気も好き。

Pce2717
そして、階段を上りきったところからがノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂が見えるのが好き。

Pce2718
階段の上からマルセイユの町を見下ろすのが好き。

Pce2719
ホテル・イビス・マルセイユ・ガール・サン・シャルル“Hôtel ibis Marseille Centre Gare Saint Charles”で預けてあった荷物を受け取る。

Pce2720
フランスに行くとスーツケースいっぱいにおみやげを詰めることになるので、大きめのスーツケースに23キロを超えないようにスケールを使って測定しながらパッキングを行う。無事に23キロぎりぎりに荷物を詰め込む。

Pce2721
ホテルを出発し、空港行きのバス乗り場を目指す。少ししか時間が経っていないのに(でも、実は23キロのパッキングにちょっと苦戦・・・)、だいぶ日が暮れてきた。さようなら、そしてありがとう、ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂のマリア様。

Pce2722
さようなら、マルセイユの町。ずっと見たかったマルシェ・ド・ノエル、サントン人形市まで見せてくれて、本当にありがとう。きっと、私はこの風景を見るためにまたマルセイユを訪れる気がする。

Pce2723
マルセイユの町に背を向けて駅に向かって歩き始める。駅舎はすっかり夕暮れの雰囲気。

Pce2724
マルセイユのバスターミナル“Gare Routière”は、マルセイユ・サン・シャルル駅に隣接している。駅構内を“Gare Routière”の表示の方向に歩けばバスターミナルに着く。

Pce2725
チケット売り場で空港行きのバスのチケットを購入。

Pce2726
バスターミナルに行くと、エクス・アン・プロヴァンス行きのバス乗り場がいっぱい。頻繁にバスが運行されており、マルセイユとエクスを移動するのなら、バスの方が便利。

Pce2727
そして、空港行きのバス乗り場は出口を出てすぐ右側。スーツケースをトランクに入れて、バスに乗り込む。

Pce2728
今回の旅は、バスによく乗ったなぁ。まずは、マルセイユ・プロヴァンス空港からエクスまで。次に、エクスからアヴィニョンまで。そして、アヴィニョンからオランジュまで。最後にマルセイユから空港まで。マルセイユからオランジュまで、ずっとバスで移動したことになる。こんなにバスに乗ったのは、コートダジュールを旅行したときい以来かなぁ。ニースから100番バスの右側の座席に座って、最高に美しい海沿いの風景を眺めながらマントンに向かったのが懐かしい。

Pce2729
マルセイユ・プロヴァンス空港から北アフリカ諸国への空路が多いのかなぁ。フランスで見るアラビア語。

Pce2730
夕暮れの中をバスはマルセイユ・プロヴァンス空港に向かって走る。

« 南フランス・プロヴァンス一人旅5日目(4)マルセイユで港を見ながらパスティスを。 | トップページ | 南フランス・プロヴァンス一人旅5・6日目エールフランスでパスティスを(エールフランスAF274便羽田行きの機内食2014)。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/61240464

この記事へのトラックバック一覧です: 南フランス・プロヴァンス一人旅5日目(5)マルセイユのサントン人形市。:

« 南フランス・プロヴァンス一人旅5日目(4)マルセイユで港を見ながらパスティスを。 | トップページ | 南フランス・プロヴァンス一人旅5・6日目エールフランスでパスティスを(エールフランスAF274便羽田行きの機内食2014)。 »

Link

無料ブログはココログ