2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 2日目(2)雨の金沢を歩く。 | トップページ | 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 2日目(4)敦賀で「水かに」を食べる。 »

2015年3月18日 (水)

青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 2日目(3)突然の山中温泉へ。

Hokuriku0701
お昼ごはんを食べて、やっぱり町の雰囲気を味わうためには歩くのが一番だし、途中で近江町市場をのぞいてみようと思っていたので、雨の中を歩く。アーケードで屋根がある近江町市場だったら、雨でも楽しめるし。それに、私は市場をみつけたら、市場を歩くのがやっぱり好き。

Hokuriku0702
このあたりで水揚げされる石川県産のズワイガニは「加能カニ」というんだ。福井の「越前ガニ」はわかるけど「加能カニ」はあまり聞き慣れない感じ。写真では左手前に見切れてしまっているけど、新潟産のものは産地呼称がないらしく「ずわいがに」として売られている。

Hokuriku0703
「のどぐろ」の一夜干しなんて、美味しいだろうなぁ。青春18きっぷの各駅停車の旅行じゃなかったら絶対に買っていきたいけど、宅急便で送ると送料がかかるし、ずっとこれを手に持っての旅行は面倒なので、美味しそうだけど今回は断念。

Hokuriku0704
近江町市場の八百屋さんのディスプレイの仕方がなかなか美しい。加賀野菜が売られたりして、八百屋さんもけっこうおもしろい。地方の市場やスーパーマーケットをのぞいて、地方独自のものを見つけるのが大好き。

Hokuriku0705
ホタルイカの姿漬けなんて、ごはんにのせて食べたら幸せだろうなぁ。甘エビの塩辛も幸せだろうなぁ。青春18きっぷの旅じゃなくて、北陸新幹線の旅行だったら2時間半で東京に着けるのでいっぱい買ってしまいそう。

Hokuriku0706
「のどぐろ」などの高級魚だけではなく普通に売られている魚を見るのが好き。

Hokuriku0707
これ、全部で1000円なのかなぁ?

Hokuriku0708
「この場で食べれます」。ちょっと「ら抜き」言葉が気になるけど。観光客目当てに、その場でボタンエビを1匹で購入し、箸やしょうゆが準備されているお店もある。近江町市場、もっと観光地化されているかと思ったけど、なかなかおもしろかったなぁ。やっぱり市場は大好き。

Hokuriku0709
近江町市場を出て金沢駅までは、歩いてもすぐなんだけど、バスに乗ろうかと悩む。時間的には、急いでも乗る電車の時刻は変わりがないから、ここまで歩いたんだから最後まで歩こう。

Hokuriku0710
北陸新幹線開業日、2015年3月14日の金沢駅周辺はそんなにお祭りのように混むのかなぁ?

Hokuriku0711
金沢駅に到着。駅の風格といい、北陸の中心都市であることを感じる。

Hokuriku0712
「新幹線が春をつれて、やってくる。」

Hokuriku0713
雨に濡れて冷えた体を温めるために温泉に向かうことにする。13:00福井行き普通列車に乗ることにする。

Hokuriku0714
2015年3月4日は3学期の期末試験なのかなぁ?福井行きの2両編成の普通列車には高校生だらけ。なんとか座席に座ることができたけど・・・。石川県の地域経済圏の中心都市は金沢なので、金沢で乗った乗客は小松あたりでだいぶ降りるけど、それでもまだ多い。

Hokuriku0715
13:44加賀温泉駅で下車。この駅で下車する高校生も多く、この駅で車内はがらがらになる。加賀温泉駅より先は福井県に入ってしまうので高校生は県を超えないから、やっぱり県をまたぐ区間は空いている。

Hokuriku0716
JRの駅からバスで行けそうな片山津温泉、山代温泉、山中温泉、芦原温泉の4つの温泉を検討した結果、山中温泉に行ってみることにする。

Hokuriku0717
加賀温泉駅で下車して路線バスで山中温泉に向かう。路線バスは山代温泉を経由して山中温泉に向かう。次のバスは14:05発。ふと、2番乗り場に「山代温泉・山中温泉」と同じバス停から渋谷・八王子行きのバスが出ているのが不思議な感じ。うーん、これから山中温泉に入って、加賀温泉駅から21:30のバスに乗れば翌朝には八王子に着いてしまうのか。この時間から、東京に青春18きっぷで帰るには、どうしてもどこかで1泊していく必要があるから、このまま夜行バスに乗って八王子に向かうほうが宿泊料を考えたら安いかも。八王子まで行けば、今回の旅のスタート地点の「高麗川駅」へも八高線で戻れるし。

Hokuriku0718
加賀温泉駅は賑わっていて、たくさんの旅館の送迎バスが特急電車から降りてくるお客さんを待っている。そして、特急電車が停車すると宿泊客が大勢降りてくる。改札口前では旅館の旗を持った出迎えがあり、それぞれのバスに案内されている。大型の旅館で温泉を楽しむお客さんが平日にこんなにいるのかとびっくりする。

Hokuriku0719
次にここに来るときには、一緒に温泉旅行をする「連れ」と一緒の私を出迎えてくれる旅館の送迎バスに乗るぞ。残念ながら、今日は私が一人で乗るのは路線バス。だけど、このバスで大切なことにはっと気がつかされることになる。

Hokuriku0720
それは、バスは加賀温泉駅が始発なのに、なぜ整理券の番号が5番なのかということ。このことを私の固定観念は「おかしい」と違和感を感じてしまう。

Hokuriku0721
なぜ違和感を感じるかというと、私が住む埼玉県の路線バスでは始発が0番から番号が始まるから。私の中で、バスの整理券は「券なし」か「1番」から始まるものであるという固定観念が私の中に根付いてしまっている。だからこそ「違和感」を感じるわけだけど、別に5番から始まっても不都合はない。だって、バスを降りるときに自分の持っている整理券と表示されている料金をみて運賃を支払うわけだから、整理券の番号が何番から始まっても困ることはない。そう考えると、固定観念に縛られて「違和感」を感じる私がおかしい。たかがバスの整理券だけど、ちょっと「おもしろいなぁ」という気持ちになる。

Hokuriku0722
加賀温泉駅前で旅館の送迎バスをたくさん見たけれど、山代温泉に巨大な温泉旅館があってびっくりする。私が「まだ知らない」だけで、加賀温泉郷の山代温泉・山中温泉は有名な温泉街なんだ。金沢で大雨に遭遇しなければ温泉に入ることもなかったかもしれないし、整理券の固定観念に気がつくこともなかったかもしれないなぁ。

Hokuriku0723
バスは終点山中温泉ターミナルに到着する。帰りのバスの時刻を確認して、日帰り入浴施設を目指す。

Hokuriku0724
山中温泉のほうが山代温泉よりも巨大な温泉旅館が目立たず、静かな雰囲気。日帰り温泉施設を目指して歩く。

Hokuriku0725
日帰り温泉施設「菊の湯」の建物が見えてきた。

Hokuriku0726
あれ?のれんを見ると女湯?男湯はどこにあるの?

Hokuriku0727
少し離れた建物が男湯。以前に山陰をドライブ旅行したことがあり、関東圏では日帰り入浴施設には石けんはたいてい常備されているけれど、関西圏では銭湯のようにせっけんやシャンプーは用意されていないことを知っていたので、番台で聞いてみるとやっぱり石けん等は設置されていないとのことで、タオルと小さなボディーソープを購入。たしか、和倉温泉総湯はせっけんとシャンプーは設置されていたので、このあたりが東西の風呂文化の境目なのかもしれないなぁ。けっこう熱めのお湯で、雨で濡れて冷えた身体が暖まる。

Hokuriku0728
火照った身体には、外の空気が心地よい。ここで金沢の和菓子店「森八」で買ったおやつを食べることにする。

Hokuriku0729
「ふくさ」に「宝達」、そしてさくら餅にどら焼き。美味しそうだと感じたお菓子を感性のままに買ってみたけど、買いすぎ?

Hokuriku0730
「ふくさ」というお菓子はふわふわの皮にあんこが包まれていて美味しいかも。

Hokuriku0731
そして「宝達」はもちもちの皮が美味しい。これはおみやげにちょうどいい。バラだけではなく買っておけば良かったなぁ。まぁ、おみやげを買うべき人もいないから、別にいいけど。

Hokuriku0732
山中温泉での滞在時間は約1時間くらい。お風呂に入ってちょっとくつろぐくらいなら、ちょうどいい時間。15:45発のバスに乗るために、山中温泉バスターミナルに向かう。バスターミナルの横にはスーパーマーケット「マルエー」があって、のぞいてみると、テレビで紹介されてから話題の石川県名物「とり野菜味噌」が売られている。

Hokuriku0733
そして、地元で作られているサイダー「柚子の乙女」を飲む。スーパーで冷蔵庫に入って売られていないのが残念だけど。

Hokuriku0734
山中温泉バスターミナルでバスを待つと加賀温泉駅行きのバスがやってくる。ここでも、バスの整理券が、さらに私の「固定観念」を崩す衝撃を与えてくれる。どうしても、年齢を重ねると物事を概念で考えがちで、「AだからBである」というルールを自分の中に持ってしまい、それが固定化してしまう。そして、いつのまにか本当にそのルールが正しいのかどうかを疑わなくなってしまう。

Hokuriku0735
バスに乗り、整理券を確かめてみると山中温泉バスターミナルが始発なのに16番。こんなのは行きに5番の整理券をもらっているからたいして驚くことじゃない。

Hokuriku0736
しばらくして、運賃表示を見ると、バスの整理券はさらに私の固定観念にショックを与えてくれる。行きのバスではどんどん整理券の番号が増えていったのに、なんと、帰り道のバスではバスが進むにつれて発券される番号がどんどん若くなっている。

別に整理券の番号がカウントダウンしていっても、よく考えれば問題ない。乗車したバス停の整理券番号に従った料金を支払えばいいわけだから、何番から整理券が始まっても、番号がどんどん若くなっていっても不都合はない。たかがバスの整理券だけど、おもしろいなぁ。このルールは石川県のルールなのかなぁ?北陸のルールなのかなぁ?私が無知なだけど、もっと広くて関西圏全体のルールなのかなぁ?たかが整理券でこんなに考えてしまう私は、まだまだ日本を知らない。

Hokuriku0737
バスが加賀温泉駅のロータリーに入ろうとしているときに、加賀温泉駅の背後には大きな仏像が建っていることに気がつく。加賀温泉駅にいたときには気がつかなかったのに・・・。

「狭い範囲で生きていては見えないものがあるんだよ。一歩引いて全体を見ようとしたときに初めて全体が見えるものだ」と仏像が教えてくれたような気がする。そして、「おまえは固定観念にとらわれて、ほんの小さな範囲を見て全体を知ったつもりになっているんじゃないか?」と仏像に問われているような気がする。バスの整理券の気づきも仏様の仕業なのかもしれないなぁ。

« 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 2日目(2)雨の金沢を歩く。 | トップページ | 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 2日目(4)敦賀で「水かに」を食べる。 »

北陸」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

北陸の旅train満喫していますね(*^-^)
季節を感じられる兼六園や
美味しい物だらけの近江町市場fish
雨じゃなかったら、茶屋街も
もっとゆっくり見れたのに(^-^;
ちょっと残念でしたねcoldsweats01
でも、温泉にも入り、
美味しいおやつも食べdelicious
旅を楽しんでいるのが伝わってきますsign01

kazueさん、こんばんは。

金沢はたしか過去に3回くらい訪れており、ちゃんと見ようと思ったら丸1日町歩きを楽しめる町なので、兼六園だけ見ればいいという気持ちでした。でも、晴れていたり、雨ではなく乾いた雪だったら、もっと東山茶屋街を散策していたと思います。

金沢は、町を歩いていて楽しい町で、「女子旅」に訪れる女の子が多いのもわかるような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/61297712

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 2日目(3)突然の山中温泉へ。:

« 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 2日目(2)雨の金沢を歩く。 | トップページ | 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 2日目(4)敦賀で「水かに」を食べる。 »

Link

無料ブログはココログ