2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 1日目(1)信越本線で軽井沢へ。 | トップページ | 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 1日目(3)JR最後の信越本線で直江津へ。 »

2015年3月12日 (木)

青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 1日目(2)しなの鉄道で長野へ。

Hokuriku0201
2015年3月3日火曜日、JR信越本線横川駅。8:30発の軽井沢駅行きのバスに乗って軽井沢を目指す。

Hokuriku0202
乗客は10人くらい。新幹線を使わずに軽井沢に向かう大学生くらいの若い旅行者が多いかもしれないなぁ。東京方面からの長距離の利用は新幹線や高速バスを使うだろうから、日常的に利用している人はほとんどいない感じ。高校生も県境を越えて越境して移動することはないので、県をまたぐ需要ってほとんどないのかも。

Hokuriku0203
バスは碓氷バイパスを走る。

Hokuriku0204
朝の碓氷バイパスは交通量もなく、信号機もほとんどないので20分くらいで軽井沢駅に到着。

Hokuriku0205
軽井沢駅から浅間山がきれいに見えるかと思ったけど、ちょうど手前に山があってきれいに見えない。

Hokuriku0206
もしかして、私は軽井沢駅に降り立つのは初めてかもしれない。だって、軽井沢だったら、間違いなくクルマで行ってしまったほうが早いので鉄道を使うことがないもん。

Hokuriku0207
朝9時の軽井沢駅は閑散としている。次の乗り継ぎの列車は9:29発なので、30分ほどの乗り継ぎ時間。

Hokuriku0208
30分しかないし、朝9時だとお店も開いていないので、外に出ても仕方がないので駅構内を散策。軽井沢プリンスホテルのスキー場を見て、ふと思う。最近、一緒にスキーに行く人もいないし、スキーに行っていないなぁ・・・。ホントはスキーを楽しみたいのに・・・。

Hokuriku0209
軽井沢駅の駅舎から横川駅の方向を眺める。もう架線が外されてしまっている様子。かつては、信越本線を「あさま」が毎時入っていた鉄道輸送の大動脈だったのに線路は分断されてしまっている。

Hokuriku0210
軽井沢駅には、横川駅ではまだ売っていなかった「峠の釜めし」が朝8時から売られている。最近、峠の釜めしって税込1000円もするんだ。今日はもう食べられないけど・・・。

Hokuriku0211
新幹線が開業時、並行在来線である信越本線の軽井沢・篠ノ井間は「しなの鉄道」に移管された。今回の旅は、「青春18きっぷ」の旅だけど、旧信越本線のルートをたどりたかったので、青春18きっぷだけを使うという「ゲーム」を楽しむ人からは邪道に見えるかもしれないけど、JR線以外のしなの鉄道に乗る。

Hokuriku0212
ということでJR線ではないので青春18きっぷは使えないので、しなの鉄道とJR信越本線の分岐点である篠ノ井駅までの切符を購入。軽井沢駅から篠ノ井駅までは1440円。

Hokuriku0213
しなの鉄道の車両は、JR線から譲渡された車両。

Hokuriku0214
9:29発の列車はJR信越本線長野駅まで直通運転。

Hokuriku0215
昔ながらのクロスシートの車両。

Hokuriku0216
トイレもついているのかと思ったら・・・。

Hokuriku0217
もともとトイレだった場所は業務室になっている。中はどうなっているんだろう?

Hokuriku0218
軽井沢を出発したときには乗客はほとんど乗っていない。中軽井沢駅あたりからは浅間山がきれいに見える。

Hokuriku0219
小諸駅あたりから、長野駅に向かう乗客が徐々に増え始め、長野駅に近づくにつれて座席は満席となる。ローカル線の乗客の傾向がちょっとだけわかってくる。県境の移動というのは少なくて、大きな町に向かうにつれて乗客が集まってくる。思っていたよりも乗客は多く生活圏での移動にとって、並行在来線は重要な役割を担っている。

Hokuriku0220
そして、新幹線の車両が停車している大きな駅に到着。

Hokuriku0221
軽井沢駅から1時間半かけて11:05にようやく長野駅に到着。もっと飽きるかと思ったら、初日だということもあるけど思ったよりも飽きなかったなぁ。車窓の風景はどんどん流れてしまうので、写真にはなかなか残せないんだけど、車窓の風景も美しかったし、それに私は人の流れを観察するのが好きなのかもしれない。たくさん乗客が乗ってきた駅は何があるんだろう?と想像したり、乗降客の多さから、大きな町なのか、中規模の町なのかを観察するのが楽しい。

Hokuriku0222
長野駅の駅名標示は、すでに北長野方面がシールになっている。2015年3月14日土曜日には、このシールが剥がされて、信越本線の北長野方面もJRではなく「しなの鉄道線」になるんだろうなぁ。

Hokuriku0223
長野駅はすっかり北陸新幹線開業ムード。

Hokuriku0224
電車に乗ってばかりではおもしろくないので、長野駅で途中下車。なにしろ、今回は「青春18きっぷ」の旅で、各駅停車の旅。せっかくだから各駅停車の旅を楽しまなくちゃ!

Hokuriku0225
長野と言えば善光寺参りをすることにする。たしか、前に来たときには長野駅から善光寺まで歩いたと思うんだどけ、こんなに遠かったかなぁ?歩いてこそ町の雰囲気がつかめるのでなるべく歩くようにしているんだけど、バスに乗ればよかったかなぁ?

Hokuriku0226
20分くらい歩いて、ようやく善光寺の門前町の雰囲気になってきた。

Hokuriku0227
まずは仁王門が立つ。

Hokuriku0228
仁王門の名前の通り、仁王像がにらみをきかせている。わらじが奉納されているのはなんの意味があるんだろう?旅をしていて、不思議だなぁと思ったことを考えるのが好き。に王様にはわらじを奉納するのもなのかなぁ?私が無知なだけ?

Hokuriku0229
仁王像の足元だけみても、彫刻のすばらしさを知る。

Hokuriku0230
仁王門をくぐると両側にはおみやげ物屋さんが並んでいる。善光寺のおみやげってなんだろう?でも、各駅停車の旅なのでかさばるおみやげは買えないけど・・・。

Hokuriku0231
善光寺にも時代の流れで、「リラックマ」の絵馬が・・・。

Hokuriku0232
立派な山門をくぐる。

Hokuriku0233
善光寺の本堂にお参りする。11:05に長野駅に到着して、そろそろお昼ごはんの時間。善光寺でお昼ごはんにしよう。長野の名物ってなんだろうなぁ?今回、実は思い立ったのが3/1で、すでに3月号の時刻表は3/14からの新ダイヤになってしまっていて、実は旧ダイヤの時刻表を手に入れられず、時刻表を持っていない。あまり、鉄道ダイヤを気にしていない、気ままな各駅停車の旅、はたして無事に予定している目的地まで行けるのだろうか?

« 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 1日目(1)信越本線で軽井沢へ。 | トップページ | 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 1日目(3)JR最後の信越本線で直江津へ。 »

北陸」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

長野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/61271710

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 1日目(2)しなの鉄道で長野へ。:

« 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 1日目(1)信越本線で軽井沢へ。 | トップページ | 青春18きっぷで行く信越・北陸本線一人旅 1日目(3)JR最後の信越本線で直江津へ。 »

Link

最近の記事

無料ブログはココログ