2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 南フランス・プロヴァンス一人旅4日目(4)ルシヨン“Roussillon”でお昼ごはん。 | トップページ | 南フランス・プロヴァンス一人旅4日目(6)レ・ボー・ド・プロヴァンス“Les Baux-de-Provence”へ。 »

2015年2月10日 (火)

南フランス・プロヴァンス一人旅4日目(5)サン・レミ・ド・プロヴァンス“St-Rémy-de-Provence”へ。

Pce2001
ミニバスはルシヨンを出発しカヴァイヨンを抜けてサン・レミ・ド・プロヴァンスへ。

Pce2002
サン・レミ・ド・プロヴァンスは、プラタナスの街路樹で囲まれた小さな町。

Pce2003
ミニバスを降りて、ガイドのエリックと一緒に町を歩く。

Pce2004
サン・マルタン教会の脇から旧市街に入る。

Pce2005
市庁舎の前は小さな広場になっている。なかなか、サン・レミ・ド・プロヴァンスの町はこぢんまりとした感じの雰囲気が歩いていて心地よい。

Pce2006
ペットショップには、様々な形の鳥かごが売られている。

Pce2007
たぶん、この小さな町の楽しさは生活感を感じる路地にあるような気がする。

Pce2008
今回はガイドのエリックの先導なので、サン・レミ・ド・プロヴァンスの町の観光スポットを効率的に案内してくれる。サン・レミ・ド・プロヴァンスはノストラダムスが生まれた町。へぇ、そもそもノストラダムスってフランス人だったことを今回初めて知る。

Pce2009
町の中に「ノストラダムスの泉」がある。私のように1999年よりも前に生まれていれば、「ノストラダムスの大予言」として子ども向きのオカルトの題材として当然知っているけれど、1999年を過ぎてしまった21世紀では、新たにノストラダムスのことを知る子どもも少なくなるんだろうなぁ。

Pce2010
エリックがサン・レミ・ド・プロヴ ァンスを代表するショコラティエに連れて行ってくれるというので全員でショコラティエに向かう。

Pce2011
サン・レミ・ド・プロヴァンスの魅力は、やっぱり町歩き。路地の雰囲気がなかなかいい。

Pce2012
ガイドのお勧めのショコラティエは、プロヴァンスを代表するショコラティエ「ジョエル・デュラン」“Joël Durand”。あれ?ジョエル・デュランって東京にもお店がなかったっけ ?店員さんに聞いてみるけど、東京には出店していないとのこと。

Pce2013
ガイドのエリックが、試食用のチョコレートをもってきてくれて、口に入れるとやっぱり美味しい。そうか、東京にないショコラティエだったら、自分用に買っておこう。

Pce2014
再び、路地に入っていく。

Pce2015
何の変哲もない路地で急に立ち止まり、説明が始まる。

Pce2016
この場所がノストラダムスの生家らしい。サン・レミ・ド・プロヴァンスの観光名所を案内してくれるのはありがたいけど、私にはツアーは移動のみで、現地では自由行動のほうが合っているかもしれないなぁ。

Pce2017
たぶん、サン・レミ・ド・プロヴァンスの旧市街は観光名所を巡るよりも、町歩きをして雰囲気を感じる町。パティスリーで売られているものを見たり、味見したりするほうが楽しそう。

Pce2018
そして、プロヴァンス柄の陶器のお店を見てみたりして。

Pce2019
私以外のツアー参加者は女性なので、このプロヴァンスの陶器のお店に吸い込まれていく。

Pce2020
たしかに、色合いがかわいらしいし、重たくないんだったら買って帰りたい。

Pce2021
プロヴァンス柄の水差しなんて、自宅でパスティスを飲むときにいいかもなぁ。お店の外でエリックと男2人で女性たちが出てくるのを待つ。台湾人の女性は、重たいのにお買い上げされた様子。

Pce2022
へぇ、この“Ail”(にんにく)と書かれている小さなお皿、突起のところでにんにくをすり下ろせるようになっている。

Pce2023
サン・レミ・ド・プロヴァンスの町歩きは、雰囲気を感じただけでミニバスは出発。このミニバスツアーは、なにしろ“Provence Best of”なので、たった1日でプロヴァンス中の見所を回ってしまおうという欲張りなツアーなので、小さな町だったら時間も十分だけど、少し大きめの町の場合はちょっと時間が足りないかも。サン・レミ・ド・プロヴァンスはもう一度訪れて、たっぷりと時間を取ってゆっくり歩いた方がいいかもしれない。

Pce2024
というわけで、ゴッホが入院していたことで有名なサン・ポール・ド・モーゾール修道院もミニバスから降りることなく、ここにこんなのもありますよという説明のみ。

Pce2025
ゴッホの絵のモチーフになっているようなオリーブの畑も車窓から眺めるのみ。クルマから見るのではなく、自分の足で歩いてみたいなぁ。

Pce2026
そして、この町に残るローマ時代の遺跡であるグラヌシ遺跡もこのあたりにありますよという説明のみ。やっぱり、サン・レミ・ド・プロヴァンスをきちんと観光しようと思ったら、もう1回訪れて、丸1日かけてじっくりと見た方がいいかもしれないなぁ。どことなく生活感を感じる落ち着いた雰囲気の町だから、私だったらサン・レミ・ド・プロヴァンスで1日つぶせるような気がする。

Pce2027
プロヴァンスの風景はおもしろくて、リュベロン地方では平地が広がっていたけど、サン・レミ・ド・プロヴァンスのあたりは岩山が多い。

Pce2028
1日の中で様々な風景が楽しめる“Provence Best of”ツアー、本当に充実した1日。だけど、ちょっと心配なのは夏だったら問題ないんだけど、11月は日が短く、日没が迫っているということ。まだ、レ・ボー・ド・プロヴァンス“Les Baux-de-Provence”とポン・デュ・ガールと2つの観光地を回りきれるのかなぁ?

Pce2029
ミニバスは岩山の間を走り、岩山の上に立つ城が見えてきた。

Pce2030
この城がある場所がレ・ボー・ド・プロヴァンス。こんな岩山の上に町があるのだという。ミニバスは岩山をのぼり、レ・ボーの村を目指す。

« 南フランス・プロヴァンス一人旅4日目(4)ルシヨン“Roussillon”でお昼ごはん。 | トップページ | 南フランス・プロヴァンス一人旅4日目(6)レ・ボー・ド・プロヴァンス“Les Baux-de-Provence”へ。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/61104336

この記事へのトラックバック一覧です: 南フランス・プロヴァンス一人旅4日目(5)サン・レミ・ド・プロヴァンス“St-Rémy-de-Provence”へ。:

« 南フランス・プロヴァンス一人旅4日目(4)ルシヨン“Roussillon”でお昼ごはん。 | トップページ | 南フランス・プロヴァンス一人旅4日目(6)レ・ボー・ド・プロヴァンス“Les Baux-de-Provence”へ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ