2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 南フランス・プロヴァンス一人旅3日目(1)アヴィニョンの屋内マルシェ。 | トップページ | 南フランス・プロヴァンス一人旅3日目(3)オランジュの凱旋門。 »

2015年1月14日 (水)

南フランス・プロヴァンス一人旅3日目(2)オランジュの古代ローマ劇場。

Pce1201
バスが動き出し、マルセイユ・プロヴァンス空港からエクス・アン・プロヴァンス、アヴィニョンとバスを乗り継いで、南フランス・プロヴァンス地方ぶらり路線バスの旅がスタート。

Pce1202
やっぱり、フランスで見かけるプジョー208は白が圧倒的に多い気がする。

Pce1203
町を出ると田園風景をバスは走る。

Pce1204
バスは小さな町を経由していくからおもしろい。このバス、終点のオランジュに行く人よりも途中の町で降りる人の方が多いかも。

Pce1205
ロンポワンの中心にはデルタ翼の戦闘機が。近くに空軍基地でもあるのかなぁ?

Pce1206
バスはオランジュに到着。鉄道の駅は市街地から離れている場所が多いけど、バスだと町の中心部に到着することが多い。だけど、困るのは現在自分がいる場所がよくわからない。

Pce1207
だけど、オランジュの場合は巨大な古代劇場がランドマークになっており、古代劇場を目指して歩けばいい。

Pce1208
やっぱり、フランスで見かけるプジョー208は白が多い。白もかっこいいかも。

Pce1209
オランジュの町はそんなに大きな町ではないのに、なぜ2000年前に巨大な古代劇場が建てられたのだろう?

Pce1210
観客席はサントゥトロップの丘をうまく利用している。

Pce1211
オランジュのローマ時代の古代劇場に到着。外壁は横103メートル。高さ37メートル。カメラの画角に収りきれない巨大な劇場。これが紀元前1世紀末の建築というのだからすごい。

Pce1212
観光案内所でオランジュの地図をもらう。

Pce1213
古代劇場で入場券を買うと、マダムに向かい側にある博物館が12時過ぎからお昼休みに入ってしまうので、先に見てきた方がいいよと言われる。入り口でオーディオガイドを貸してくれる。

Pce1214
博物館内では古代の土地の登記簿としての石版が展示されていたり、モザイク画が展示されている。

Pce1215
モザイク画を見ると、以前に訪れたキプロスのパフォスのモザイク画がとても保存状態がよいものだったということがわかる。

Pce1216
芸術・歴史博物館の見学を終えるともう正午を過ぎており、そろそろお昼ごはんの時間。天気予報ではお昼過ぎから天気は回復してくるはずなので、古代劇場に入る前にお昼ごはんを食べて時間調整をすることにする。いつもなら観光をしながらレストランの目星をつけるんだけど、まだオランジュに来たばかりなので町の全体像がわからない。

Pce1217
オランジュの市街地は歩いていてもほんとうに小さな町なのに、これだけ巨大な古代劇場があるということは、2000年前のオランジュはもっと大きな町だったのかなぁ?

Pce1218
古代劇場のすぐ前にあるレストラン“La Rom'Antique”に入ってみることにする。

Pce1219
今回の旅行、星なしだけど、ちょっとミシュランガイド掲載店を狙いすぎかも。このお店、たぶん、夏はお店の前がテラスになっていて、古代劇場を見ながら食事ができるからミシュランに載っているんじゃないかなぁ?

Pce1220
だって、まぁフランス人の食事は遅めだけど、お店はイギリス人観光客2人組しかいないもん。22ユーロの定食と28ユーロの定食があって、28ユーロの定食を注文。

Pce1221
食前酒はパスして、最初からコート・デュ・ローヌのワイン。

Pce1222
おつまみは、ツナとマヨネーズをあえたようなもの。

Pce1223
前菜はカネロニというからパスタを想像したら、不思議な感じ。
Cannellonis de saumon fumé au chèvre et fines herbes

Pce1224
スモークサーモンとチーズのカネロニというメニューから、どんなものが出てくると思ったら、チーズがスモークサーモンで巻かれている。なかなかおもしろいじゃない。

Pce1225
メインはラパン(うさぎ)。ずっと魚料理ばかりだったから、肉料理も美味しい。
Râble de lapin au beurre de sauge,Embeurrée de pomme de terre et jus de viande

Pce1226
デザートは、大好きなババ・オ・ラム。だけど、底にはフルーツサラダが敷いてあり、チョコレートアイスが載っており、定番のババ・オ・ラムだけど、新鮮な感じで美味しい。
Baba au rhum et salada d'agrumes,Sorbet cacao

Pce1227
食後にエスプレッソを飲みながら、外を見るけどまだ晴れそうにない。最大限に時間調整したけど、残念ながら天気予報通りには行かないみたい。あきらめて、古代劇場を見学することにする。

Pce1228
古代劇場に入り、階段を上るとその巨大さに圧巻される。劇場の一番高い位置からもカメラに全体が収まらない。9000人以上の観客を収容できたという。2000年もの太古の昔に9000人もの観衆はここでどんな演目を楽しんだのかなぁ。

Pce1229
舞台の上にはアウグストゥス像が納められている。

Pce1230
あっ、雲が切れてきている。ようやく天気が回復してきそう。

Pce1231
観客席は丘の斜面をうまく利用している。

Pce1232
舞台のそばから観客席を眺める。ローマ時代には、9000人の大観衆がこの舞台を見つめていたんだろうなぁ。歴史的な建物で、当時の様子を想像するのが好き。

« 南フランス・プロヴァンス一人旅3日目(1)アヴィニョンの屋内マルシェ。 | トップページ | 南フランス・プロヴァンス一人旅3日目(3)オランジュの凱旋門。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/60975087

この記事へのトラックバック一覧です: 南フランス・プロヴァンス一人旅3日目(2)オランジュの古代ローマ劇場。:

« 南フランス・プロヴァンス一人旅3日目(1)アヴィニョンの屋内マルシェ。 | トップページ | 南フランス・プロヴァンス一人旅3日目(3)オランジュの凱旋門。 »

Link

最近の記事

無料ブログはココログ