2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 南フランス・プロヴァンス一人旅2日目(3)雨のアヴィニョン、サン・ベネゼ橋。 | トップページ | Je suis Charlie »

2015年1月 7日 (水)

南フランス・プロヴァンス一人旅2日目(4)アヴィニョンで夕ごはん。

Pce1001
雨も降っているし、無理して歩き回らなくてもいいような気分になってきた。写真に収めても色彩は弱いし、アヴィニョンの町の美しさを写真ではうまく伝えられない。だけど、明日はどこに行くか決めていないけど、明日もアヴィニョンの町を歩き回るとは限らないので観光を続けることにする。法王庁宮殿の隣にあるノートルダム・デ・ドン大聖堂“Cathédrale Notre-Dame des Doms”からさらに丘を登る。

Pce1002
アヴィニョンのサン・ベネゼ橋から見上げた天然の要塞である岩山の上にあるロシェ・デ・ドン公園“Rocher des Doms”へ向かう。

Pce1003
坂道を登っていくと、開けた場所が見える。

Pce1004
ロシェ・デ・ドン公園の中には池があり、カモが悠々と泳いでいる。

Pce1005
ロシェ・デ・ドン公園の見晴台から、ロワール川を望む。ロワール川の反対側にはヴィルヌーヴ・レザヴィニョン“Villeneuve lez Avignon”の町が見える。丘の上にはロワール川沿いにあった国境を監視するかのようにサンタンドレ要塞が建っている。

Pce1006
サン・ベネゼ橋は、右側に見える対岸のフィリップ・ル・ベル塔(フィリップ美男王の塔)“Tour Philippe le bel”まで架けられていたが、残っている方がわずかで、ほとんどが流されており現存しない。

Pce1007
ロワール川は、水量が多く、ゆっくりと流れている。晴れていれば、紅葉している木もあってきれいなんだけどなぁ。

Pce1008
公園の中には泉のような場所があったり、晴れていれば、なかなかいい公園なんだろうなぁ。

Pce1009
私の旅は、天気が良ければ町を歩き回り、天気が悪い時には博物館や美術館に入ってしまう。プティ・パレ美術館に入るけど、残念ながら私にインスピレーションを与えてくれるような作品には巡り会えず・・・。

Pce1010
ガイドブックに載っている観光ポイントはだいたい周遊し、時計台広場に戻ってくる。雨のメリーゴーランドはお客さんもいない。

Pce1011
市庁舎は時計台広場に面しており、旧市街の中心地。すっかりマルシェ・ド・ノエルの小屋が建ち並んでいるので、もう少し時期が遅ければマルシェを巡るのも楽しかっただろうなぁ。

Pce1012
アヴィニョンの近代的なお店が並ぶレピュブリック通りを歩く。FNACやモノプリはあるけれど、大きな地方都市にはたいていあるギャラリー・ラファイエットを見つけられない。城壁内の町は大きいけれど、近代的なショッピングセンターも見当たらず、歴史ある古都といった印象かなぁ。

Pce1013
時計台広場の入口にある規模の大きなパティスリー“Festival des Glaces”がちょっと気になる。

Pce1014
ボンボンが名物なのかなぁ?フランスの地方都市に行くと、お菓子屋さんに置いてある地方銘菓を探すのがこのところのフランス地方旅行の楽しみ。

Pce1015
夕方になり、ホテル・キリヤード・アヴィニヨン・パレ・デ・パプにチェックイン。あまり広くはないけど、1人で使うのには十分。

キリヤード・アヴィニヨン・パレ・デ・パプ
Kyriad Avignon - Palais des Papes
http://www.kyriad-avignon-palais-des-papes.fr

Pce1016
立地条件もよいし、お湯を沸かすことができるポットが置いてあるし、冷蔵庫もあるし、なかなかいいんじゃない?

Pce1017
シャワールームはシャワーオンリーで広いとは言えない。

Pce1018
夜になり、夕ごはんを食べに行くことにする。残念ながら、雨は降り止まず、むしろ強くなっており、傘を差していかなければならないので近場で済ませてしまうことにする。今回の南仏プロヴァンス旅行、食事に費用をかけすぎているので、サン・ベネゼ橋から法王庁宮殿まで歩く途中に見つけたカジュアルな雰囲気のレストランを選択する。

Restaurant Bar à vin Le 46
46 rue de la Balance, 84000 Avignon
http://www.le46avignon.com

Pce1019
カジュアルな雰囲気なのに、ミシュランガイドに掲載店の様子。

Pce1020
予約なしなので19 :30の開店直後を狙うために最初の客になってしまうことが多い。雰囲気はカジュアルな感じ。

Pce1021
食前酒に今日初めてのパスティスを注文する。

Pce1022
パスティスは琥珀色から水を入れると乳白色に濁る不思議なお酒。

Pce1023
パスティスを飲みながら、なにを頼もうかメニューを眺める。今日の天ぷらは海老。本日のお魚はスズキかぁ。

Pce1024
突き出しにポタージュが運ばれてくる。フランスのクリームたっぷりのポタージュって、美味しいんだけど、毎回ちゃんと食事をしているとちょっと飽きてくる。美味しいんだけど。

Pce1025
フランス料理の天ぷらってどのようなものなんだろう?と思って天ぷらを頼んでみる。フリッターのような食感でとても天ぷらではない感じ。野菜のタリアテッレが視覚的にも触感もおもしろいし、なかなか美味しい。
Tempura de la mer, tagliatelles de carottes anciennes, coulis de poivrons.

Pce1026
メインはスズキ。クリーム系は美味しいんだけどちょっと飽きてきているので、プロヴァンス風でさっぱりとオリーブオイル風味で美味しい。
Le Poisson du marché,légumes,royale de carottes,Banane plantain.

Pce1027
今日はデザートを注文せずにエスプレッソでしめる。

Pce1031
夜の法王庁宮殿は、雨のせいで人の気配がない。

Pce1028
雨の時計台広場は閑散としている。雨が降っていなければ賑やかなのかなぁ?なんとなく、アヴィニョン旧市街は晴れていても静かな雰囲気のような気がするけど。

Pce1029
レストランでデザートを頼まなかった理由は、簡単なものしかなかったという理由と、部屋に帰ると、時計台広場の入口のパティスリーで買ったケーキがある。

Pce1030
イチジク“Figuier”の名前がついたケーキ、中をみてみるとシュークリームでちょっと予想外。これで2日目が終了。いつものように早めに寝てしまうんだけど、深夜に雷の音で目が覚める。フランス南部は2014年11月14日の夜から15日の朝にかけて、大荒れの天気。明日は晴れるといいんだけどなぁ・・・。

« 南フランス・プロヴァンス一人旅2日目(3)雨のアヴィニョン、サン・ベネゼ橋。 | トップページ | Je suis Charlie »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ラコスケさん、はじめまして。
はなと申します。

フランス語でも天ぷらはtempraって言うのですね。

アルザスの旅を計画している時に
アルザス 弾丸・・・と検索していたらラコスケさんのページに
辿り着きました。

おそらくラコスケさんは私と同級生だと思うのですが、
訪れている場所やお店がびっくりするぐらいかぶっていて
最初は女性のサイトだと思って読んでいました。(笑)
それぐらいどの記事も楽しく拝見しています。

ちなみに私もお酒とスウィーツ大好きです。
ババ・オ・ラムなんて最高に好きです!

真冬のフランス旅のおすすめの場所ってありますか?
良かったら教えて下さい。

はなさん、はじめまして。

そもそも、男性らしい旅行、女性らしい旅行というポイントが私にはわからないのですが、私は「まだ知らない」価値観に触れるのが好きで、気になることがあると「なんだろう?」と立ち止まって考えてみたり、寄り道をしたり、ガイドブックでは感じることのできない雰囲気を伝えているだけなのですけどね・・・。

私は本文でも書いていると思いますが、フランスのどこのパティスリーでも置いてある基本的なお菓子が好き。タルト・オ・シトロンが一番好きで、レストランで食べるならババ・オ・ラム。そして、フランス風エクレール、フランも好きですね。そして、最近は、地方の素朴なお菓子を買って帰るのが趣味です。地方の素朴なお菓子は、あまり他人に評価されないのでもっぱら自分用ですが・・・。

真冬のフランス旅行でしたら、真冬だけど春を感じるコートダジュールじゃないでしょうか。夏と違って静かだけど、波の音だけが聞こえる碧い海。ニースのカーニバルや、マントンのレモン祭を見てみたり。そして、ミモザの黄色い花がかわいらしく、そして美しい。マントンに、タルト・オ・シトロンの食べ歩きだけのためにもう1回、訪れてもいいかな?と思っているくらいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/60939466

この記事へのトラックバック一覧です: 南フランス・プロヴァンス一人旅2日目(4)アヴィニョンで夕ごはん。:

« 南フランス・プロヴァンス一人旅2日目(3)雨のアヴィニョン、サン・ベネゼ橋。 | トップページ | Je suis Charlie »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ