2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 南フランス・プロヴァンス一人旅1日目(2)エクス・アン・プロヴァンスへDroit Au But ! | トップページ | 2015年1月、阪急交通社などがエジプト団体パッケージツアーを催行再開。 »

2014年12月14日 (日)

南フランス・プロヴァンス一人旅1日目(3)エクス・アン・プロヴァンスは町中がマルシェ!

Pce0301
いよいよエクス・アン・プロヴァンスの旧市街の町歩きへ。まずは、メイン通りであるプラタナスの並木道の「ミラボー」通りを歩く。今日はマルシェが開かれていて、道の両側にお店が並んでいる。ミラボー通りのマルシェは、服などが多いみたい。

Pce0302
おみやげになりそうなマルセイユ石けんが売られている。

Pce0303
以前にマントンからアルルにかけて旅をしたことがあるので、その時もよく見かけたラベンダーの匂い袋。

Pce0304
生地も売られている。柄の色合いがきれい。

Pce0305
オリーブなどがプリントされた独特のプロヴァンス柄が美しい。

Pce0306
きっと食卓にプロヴァンス柄のランチョンマットがあるだけで気分はプロヴァンス。四隅をひもで結ぶとパンを入れる器になる“Corbeille à Pain”。

Pce0307
ふとミラボー通りにパティスリー“Bechard”を発見。今回の旅で最初のパティスリーを見つけてしまったら、吸い込まれてしまう。

Pce0308
ショーウインドウに飾られているのはエクス・アン・プロヴァンスの名物と言えばカリソン。パリで買って帰ったことがあるけど、アーモンドのマジパンという感じであまり美味しい印象はないんだけど、本場のパティスリーで買ったら美味しいのかなぁ?

Pce0309
お店の中に入ってみるとケーキが並んでいる。沢山のケーキの中から、どれにしようかとケーキを選んでいる瞬間って幸せな瞬間。

Pce0310
もちろん、誘惑に負けて10時のおやつにする。エクス・アン・プロヴァンスの町歩きを開始して10分もしないうちに、早くもベンチで休憩。

Pce0311
独創的なケーキも好きだけど、私が好きなのはフランスのどこのパティスリーでも置いてあるような基本的なお菓子。けっきょく選んだのは、大好きなタルト・オ・シトロン“Tarte au Citron”!

Pce0312
そして、いつもならエクレールなんだけど、目にとまってしまったのはシュー・ヴァニーユ“Choux Vanille”。フランスでは生クリームの入った“Choux Chantilly”はよく見かけるんだけど、カスタードクリームの入った日本で言う「シュークリーム」って、フランスの一般的なパティスリーで見つけるのって珍しい。

Pce0313
エクサンプロヴァンスの町には大小様々な噴水がある。

Pce0314
そして、エクス・アン・プロヴァンスの町はプラタナスの並木道が美しく、落ち着いた町。

Pce0315
もはや噴水の原型がよくわからないくらい、すっかりこけが生えてしまっている。

Pce0316
でも、ちゃんと苔むした噴水からも今でも水が湧いている。

Pce0317
ミラボー通りを突き当たりまで進む。

Pce0318
今まで歩いて来たミラボー通りを振り返る。プラタナスの木の葉の感じもいいし、まだ町歩きを始めてから1時間も経たないけど、エクス・アン・プロヴァンスの町はのんびり過ごすのにはいいかもしれない。

Pce0319
しばらく、エクスの町を風景にひかれるままに歩いて行く。高い建物はなくて、町中に緑があって、歩いていて心地よい町。

Pce0320
適当に歩いていたら裁判所前に到着。裁判所前のヴェルダン広場“Place de Verdun”でもマルシェが開かれている。エクス・アン・プロヴァンスの町は、町中がマルシェ。

Pce0321
プロヴァンス色の焼き物も美しい。かさばらなかったら、買っていきたいくらい。

Pce0322
裁判所前のマルシェは、雑貨屋さん系。編みかご“Panier”が売られている。

Pce0323
カラフルなプロヴァンスプリント、焼き物、そしてパニエ(編み籠)、プロヴァンスの名産品のすべてがかわいらしい。

Pce0324
向かいにあるプレシュール広場“Place des Prêcheurs”でもマルシェ!

Pce0325
プレシュール広場“Place des Prêcheurs”のマルシェは、農産物が中心。秋らしく「きのこ」が売られている。

Pce0326
フランス産のセップ茸は高級品。イタリアで「ポルチーノ茸」と呼ばれている。

Pce0327
セップ茸って、現物を見るのは実は初めて。

Pce0328
マルシェの屋台料理の定番と言えば「パエリア」。

Pce0329
訪れる季節で売られているものが違うから、果物屋さんを見るのも大好き。

Pce0330
このドライソーセージ“Saucisson Sec”があれば、ワインのつまみとしてこれだけでもいいくらい。一人旅だと、ワインを買って、ホテルの部屋で飲むこともないから、最近、食べることがないなぁ。これを買って、チーズ専門店で熟成したチーズ、そしてブーランジェリーで買ったバケット(フランスパン)があれば、あとはもうなにも要らない。だれか、私と一緒に旅してくれる人はいないのかしら。フランス旅行だと勝手を知ってしまっていることもあって、おいしいものを食べるからお金かかるけど・・・。

Pce0331
ジャムやチーズなども売られており、今回の旅行でまだ町歩きを始めて2時間も経たないうちに、町中にマルシェが広がる、エクサンプロヴァンスの町に魅了されている。エクスの町歩き、楽しすぎる。

Pce0332
それに、エクスの町は特別な観光名所はあまりないんだけど、緑が多いせいか、とてもゆったりした気分にさせてくれる。11月中旬だけどそんなに寒くもないし、今回の旅行の目的地をプロヴァンス地方にしてよかった。

Pce0333
こもれびの下でのエクサンプロヴァンスのマルシェ巡りは幸せ。

« 南フランス・プロヴァンス一人旅1日目(2)エクス・アン・プロヴァンスへDroit Au But ! | トップページ | 2015年1月、阪急交通社などがエジプト団体パッケージツアーを催行再開。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/60810941

この記事へのトラックバック一覧です: 南フランス・プロヴァンス一人旅1日目(3)エクス・アン・プロヴァンスは町中がマルシェ!:

« 南フランス・プロヴァンス一人旅1日目(2)エクス・アン・プロヴァンスへDroit Au But ! | トップページ | 2015年1月、阪急交通社などがエジプト団体パッケージツアーを催行再開。 »

Link

無料ブログはココログ