2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ラッフルズホテルに泊まるシンガポール一人旅 1日目(4)ラッフルズホテルのプールでのんびり読書。 | トップページ | ラッフルズホテルに泊まるシンガポール一人旅 2日目(1)ラッフルズホテルで朝ごはん。 »

2014年11月 2日 (日)

ラッフルズホテルに泊まるシンガポール一人旅 1日目(5)ラッフルズホテルでの夜は、ロング・バーでシンガポール・スリング。

Sin140501
しばらくソファで東野圭吾の「マスカレード・ホテル」を夢中で読み続け、せっかくラッフルズホテルに来ているのに、まるで自分の家のようにくつろぐ。旅行しているのに、こんなにくつろいでしまっていいのか?と思いつつ、夕ごはんの時間になったので、夕ごはんを食べにいくことにする。ホテル内で食事をしようとメニューを見ると、やっぱりそれなりのお値段。今日は、お昼ごはんのチリクラブにだいぶお金をかけてしまったし、軽いものが食べたいかも。

Sin140502
ホテル内を探検していると、ふとハッピーアワー“Happy Hour”の看板がふと目につき、足を止める。まだ明るいし、ラッフルズホテル内のバーにもかかわらず10ドルもしないし、食事の前にビールでも飲もうかなぁ。ラッフルズホテルの敷地内にある「ハリア」“Halia”というバーにふらっと立ち寄ってみることにする。

Sin140503
ラッフルズホテル内のバー“Halia”で、ビールを飲む。部屋でくつろいで、ふらっと手ぶらで中庭に出て夕方にビールを飲む。ラッフルズホテルのホテルライフは心地よくて仕方がない。

Sin140504
目の前でシンガポール・スリングがつくられていくのを眺めているのがおもしろい。のんびりとした気分で一人でビールをちびちび飲んでいると、周囲が暗くなっていく。

Sin140505
夕ごはんを食べる場所を探しに、ホテルの外に出てみる。ラッフルズホテルのすぐ裏手に、「正瑞記」というチキンライスのお店を発見。チキンライスかぁ、それでもいいな。今回のシンガポール旅行のテーマは、シンガポール名物をできる限り食べて見ること。前回のシンガポール旅行でも食べているけど、初日の夕食はホテルのレストランではなく、チキンライスにしてみる。雰囲気は、ごく普通の食堂という感じ。

Sin140506
メニューを見て、1人用の7.8ドルのセットメニューを注文する。

Sin140507
若い女性が飲み物を勧めてくるので、タイガーの缶ビールを頼む。実は、会計の時に初めて気がつくことになるんだけど、食事と飲み物は別会計。

Sin140508
本日の夕食はチキンライス。これで、今日はバクテー、チリクラブ、チキンライスとシンガポール名物と呼ばれる料理を3つクリア。黒いどろっとした調味料はなんだろう?でも、これにチキンをつけて食べるのが美味しい。

Sin140509
チキンライスのスタンダードがわからないから、どこのお店が普通で、どこのお店が美味しいのかがわからないし、そもそもそんなに繊細な味覚を持っていないので、ラッフルズホテル裏のチキンライスはなかなか美味しい。

Sin140510
再び、ラッフルズホテルの中庭に戻ってくる。

Sin140511
ラッフルズホテルに泊まっていると、自分の家の中のようなもの。地下鉄やタクシーに乗らずに、手ぶらで歩き回り、エレベータに乗ればすぐに自分の部屋に戻れてしまう。せっかく、ラッフルズホテルに来たんだから、シンガポール・スリングが飲みたい気分。中庭にあるバーもいいかもしれない。

Sin140512
だけど、やっぱり、ロング・バーでしょう。

Sin140513
階段を上がり、2階にあるロング・バーへ。

Sin140514
宿泊客は優先席があるのか、すぐにテーブル席に案内される。

Sin140515
ロング・バーは、ラッフルズホテルのロビーの静かな雰囲気とは違って、賑やかな雰囲気。

Sin140516
テーブルの上に載せられているのはロング・バー名物の殻付きピーナッツ。

Sin140517
前回来た時は、昼間だったので気がつかなかったけど、床はピーナッツの殻だらけ!ロング・バーでは、ピーナッツの殻を床に捨てるのがルールらしい。

Sin140518
もちろん、ここで飲むのはシンガポール・スリング。

Sin140519
今回のシンガポール旅行、そもそも、「与えられた」ディスティネーションで、ばりばり観光するつもりはないし、せっかくラッフルズホテルに泊まるんだから、いつもは味わえないホテルライフを楽しんでしまおうという気持ちでいるんだけど、こんなにリラックスしている旅行は今までにないかも。

Sin140520
会計はホテルにつけておいて、ロング・バーを出て中庭を歩く。ラッフルズホテルのホスピタリティが高いのか、自分の家以上にのんびり、リラックスしている気がする。

Sin140521
ホテルショップのそばにある宿泊者しか操作できないエレベータに乗り、2階に上がる。

Sin140522
ロング・バーの賑やかな雰囲気と違って、宿泊者のみしか入れないホテルに入ると静かな雰囲気。

Sin140523
廊下を歩き、自分の部屋に向かう。

Sin140524
自宅の部屋よりも何倍も広くて快適なラッフルズホテルの自分の部屋に入る。うーん、本当にこの部屋を一人で使うというのはもったいない。一緒に行ってくれる人がいたら無料で連れて来られたのに、一緒に行く人が誰もいない自分というのもなさけない。こんなにのんびりと幸せな気分に浸れるのに、幸せを一緒に共感できる人がほしい。

Sin140525
ベッドの前の家具の扉が開けられており、テレビが登場。

Sin140526
部屋でなにをするかと言えば、ソファに寝そべって推理小説の続きを読む。本当に、そんなことは日本でもできるのに、なんて贅沢な時間なんだろう。だけど、その時間が最高に心地よかったりする。

Sin140527
私が海外旅行でバスタブがある部屋に泊まったときには、必ず行うことがある。それは、バスジェルをバスタブに投入して、映画に出てくるような、泡だらけの浴槽にしてしまうこと。

Sin140528
ラッフルズホテルのホスピタリティのすごいところは、ドアを閉めないと気がつかないんだけど、お風呂に入るためにドアを閉めると、そこにガウンがつるされていること。次の行動が先読みされている。キングサイズの広すぎるベッドを一人で使って、心地よく眠りにつく。

« ラッフルズホテルに泊まるシンガポール一人旅 1日目(4)ラッフルズホテルのプールでのんびり読書。 | トップページ | ラッフルズホテルに泊まるシンガポール一人旅 2日目(1)ラッフルズホテルで朝ごはん。 »

シンガポール」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/60582608

この記事へのトラックバック一覧です: ラッフルズホテルに泊まるシンガポール一人旅 1日目(5)ラッフルズホテルでの夜は、ロング・バーでシンガポール・スリング。:

« ラッフルズホテルに泊まるシンガポール一人旅 1日目(4)ラッフルズホテルのプールでのんびり読書。 | トップページ | ラッフルズホテルに泊まるシンガポール一人旅 2日目(1)ラッフルズホテルで朝ごはん。 »

Link

最近の記事

無料ブログはココログ