2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 弾丸ドゥブロヴニク大作戦4日目(2) ベオグラード航空博物館。 | トップページ | ラッフルズホテルに泊まるシンガポール一人旅。 »

2014年10月12日 (日)

弾丸ドゥブロヴニク大作戦4・5日目 エティハド航空搭乗記2014。

Dbv2201
2014年7月26日土曜日。ベオグラード空港でエティハド航空EY72便アブダビ行きのチェックイン。預けてある荷物のタグを見せて、ちゃんと手続きされているか調べてもらう。無事にチェックインを済ませ、プライオリティパスを使えるラウンジBusiness Clubへ。

Dbv2202
お昼時のラウンジは空いている。プライオリティパスはパリ・シャルルドゴール空港で使えるラウンジがないのが欠点だけど世界中でどの航空会社を利用しても使えるので便利。

Dbv2203
13:00発のEY72便に乗れば、すぐに機内食が出るだろうと思って、ビールを飲みながら、軽めにスープとチーズをつまむ。

Dbv2204
ベオグラード空港は、出発客と到着客が混在する同一フロアで、手荷物検査は各ゲートで行われる。エティハド航空EY72便は定刻通りの出発予定。

Dbv2205
機材はエアバスA319。

Dbv2206
搭乗が始まり、機内へ。エアバスA320シリーズは単通路形なので3-3のコンフィグ。

Dbv2207
ストライプ模様の毛布とヘッドフォンが置いてあるけど、アメニティグッズはなし。

Dbv2208
単通路形のエアバスA319でもオンデマンドシステムの個人モニタがある。行きのエアセルビアのA319はなにもなかったので退屈だったけど、これでアブダビまで退屈しない。

Dbv2209
出発の前にお経のような放送と画面には文字が。このお経を聞き終わると、いよいよセルビアを飛び立つ。クロアチア、モンテネグロの風景は、短い滞在だったけれど、のんびりできる風景で楽しかったなぁ。

Dbv2210
機内食。スモークチキン、アップルサラダとともに。エティハド航空はメイン料理は3種類の中から選べるようになっており、アラビア風チキンを選択。ちなみに、そのほかの選択は牛肉のブレゼ、フェットチーネ・アラビアータ。デザートはチョコレートムース。

Dbv2211
通常の航路は知らないけれど、シリア上空を避けるようにアブダビに向かう。

Dbv2212
アブダビ国際空港に到着する。当然ながら今回も沖止めで、バスでターミナルに向かう。

Dbv2213
アブダビ空港ターミナル3に到着。ターミナル3は出発客と到着客が別れているので、手荷物検査がある。左側のパネルの外ではきっと増設工事がされているとは思うんだけど、乗り継ぎのための手荷物検査のブースが少なく、行列ができている。エティハド航空は乗り継ぎ客で成り立っているようなものなのだから、スムーズに乗り継ぎできないと厳しい。だけど、思ったよりも列は進んで10分くらいで通過できる。

Dbv2214
乗り継ぎ時間は1時間50分だけど、けっこうタイトな感じでターミナル1にあるラウンジには行けそうにない。時間があったら、またシャワーを浴びようと思っていたのに・・・。

Dbv2215
東京・成田行きはターミナル3の44番ゲートだというので、44番ゲートを目指すと、見覚えのある光景が見える。この通路を曲がると言うことは、向かう先はバスゲート・・・。

Dbv2216
やっぱり、エティハド航空東京・成田空港行きEY878便は沖止め・・・。今回のアブダビ空港、東京から到着時、ベオグラードに出発時、ベオグラードから到着時、そして東京へ出発時、4回ともすべて沖止め。ちなみに、このバス専用ターミナルはワイドボディの長距離便が発着するくせに、トイレは1ヶ所しかなくブースの数が少ないので、女性は外まで並んでいたので、ここに来る前にメインゲートでトイレを済ませておいた方がいい。

Dbv2217
エティハド航空EY878便は定刻通りの出発。これで、今回の旅行はすべてスケジュール通り。

Dbv2218
搭乗が始まり、アブダビ空港で4回目のバスに乗る。

Dbv2219
機材は行きと同じくエアバスA330。

Dbv2220
電源も各席についているし、USBから充電もできるし、エティハド航空のシートはよくできている。残念ながら、帰国便は満席で行きのようにエコノミーフラットどころか、すべての席が埋まる。

出発時間が過ぎてほぼ出発準備が完了してからもプッシュバックが始まらないなぁと思っていたら、日本人の若い女性2人組が遅れて入ってくる。状況としてはゲートクローズされたと私も思い込んでいた状況なので、すでにその席には別の外国人の乗客が他の座席から移動してきて座っており、この女性2人組はぶつぶつ文句を言っている。

「むかつく。うちら、いつも席を取られていない?」

外国航空会社のフライトでは、ゲートクローズ後に空いている席に移動するのはわりと見かける風景なので別に珍しいことではないし、そもそも、すでにだいぶ出発時間を過ぎており状況的には「あれ?まだゲートクローズしていなかったんだ・・・。」というくらいの時間。うーん、放送で呼び出しをかけられたんじゃないかなぁ。たぶん、この2人を待つために、この飛行機は出発を遅らせている。しかも気になるのは「いつも」という言葉。この人たちは「いつも」飛行機の出発を遅らせているのかなぁ?そのことに気がついていなくて、他人のことを「むかつく」と文句を言っているこの2人は、とても幸せな人。

ここで、HISの口コミ情報を思い出す。なにしろ、エティハド航空を選択する日本人はサウジアラムコさん(千葉県  20代  女)の口コミを引用すると「手癖の悪い貧乏人」もいるくらいの最低の客層なので、幸せな日本人乗客を目撃しても、私もサウジアラムコさん(千葉県  20代  女)いわく「安かろう、悪かろう」な選択をした最低の客層の一人だから文句は言えない。

※HISの航空会社口コミ情報
http://e.his-j.com/static/kuchikomi/

Dbv2221
この日本人女性2人組が席に着くと、まもなくプッシュバックが始まったので、やはりこの飛行機はこの日本人女性2人組のご搭乗をお待ちしていた様子。無事に離陸すると水とウェットティッシュが配られる。

Dbv2222
夕食のメインは3択。和風セットメニュー、チキンのマンディ(アラビア風)、クリームトマトソースのペンネから、ペンネを選択する。前菜はミックス野菜サラダ。デザートはパイナップルケーキ・ヴァニラムース。ドリンクは、アルザスビールのクローネンブルグ1664。パスタの選択が味としては正解かもしれない。

Dbv2223
エティハド航空だけど、総合的な感想とすれば普通に快適なフライト。乗り継ぎもすべて成功しているし、日本人女性2人組による遅延以外に会社側の要因による遅延もない。機内サービスは、私はエールフランスの「放置プレイ」に慣れてしまっているので評価が偏っているかもしれないけど、とりとめて悪い感じはない。機内食だって、エコノミーとしては売り切れがなければ3種類から選択できるし、がんばっているほうじゃない?唯一、HISの航空会社口コミ情報が役に立ったのは行きの成田からアブダビに向かう飛行機は寒かった。だけど、帰りの便はそうでもない。全体的には、エミレーツ航空がエアバスA380を東京便に再就航させれば別だけど、エミレーツ航空のB777-300ERの3-4-3の詰め込み型コンフィグに乗るくらいならば、けっして「安かろう、悪かろう」ではなく、価格の割には快適なフライトだし、またエティハド航空を利用してもいいかな。ただし、日本人乗客の中に「手癖の悪い貧乏人」がいたとしても、それは航空会社の責任ではないし、自分も数ある選択肢の中から「安かろう、悪かろう」選択をしたことは忘れずに。

Dbv2224
北京を通過し、朝食の時間。朝食も3種類から選択できる。和朝食のお粥、プレーンオムレツか、シャクシュカと仔羊肉のコフタの3種類。エジプトに行ったときに食べたような気がするシャクシュカを選択。そういえば、最近、パッケージツアーでもエジプトツアーって見かけなくなってしまったなぁ。

Dbv2225
ドリンクはマンゴーネクター。これがなかなかおいしい。

Dbv2226
シャクシュカは卵料理で、どのように出てくるかと思えば、こんな感じ。

Dbv2227
2014年7月27日、日曜日。無事に成田空港に到着。たった5日間の短い滞在の旅行だったけど、とても充実していたような気がする。「まだ知らない」ドゥブロヴニクも、モンテネグロのコトルも、ずっと滞在していたいと思うくらい、心をのんびりさせてくれる町だった。短い滞在でも、のんびりできる「休暇」を味わえた。それとともに、旧ユーゴスラビア諸国は、まだ知らない魅力が沢山あるような気がしてきた。日本人にまだ知られていないだけで、モンテネグロの岩山やコトルの町のようにすばらしい風景があるのではないか。旧ユーゴスラビアそしてアルバニアを含めて、また訪れてもいい気がする。それに、ドゥブロヴニク、コトル、ベオグラードで見かけたあのクリームパイは、旧ユーゴスラビアの全地域で食べられているのかなぁ?次回は、「旧ユーゴスラビア、クリームパイを探す旅」というのもおもしろいかもしれないなぁ。

Dbv2228
今回は、行きと同じく帰りも成田空港発スカイアクセス特急で日暮里駅を目指す。

Dbv2229
ティヴァト空港で交渉してスルーチェックインにしてもらった、ベオグラード(BEG)、アブダビ(AUH)、成田(NRT)と印字されているタグが貼られたスーツケースも無事に受け取る。

Dbv2230
東京の天気は曇り。いよいよ東京の下町に入り、スカイツリーが見えてきた。

Dbv2231
次に京成パンダに会うときは、まだ知らないどこかへ旅立つとき。その時までごきげんよう、京成パンダ。(弾丸ドゥブロヴニク大作戦おしまい)

« 弾丸ドゥブロヴニク大作戦4日目(2) ベオグラード航空博物館。 | トップページ | ラッフルズホテルに泊まるシンガポール一人旅。 »

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

クロアチア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ドゥブロブニク大作戦面白かったです。
私も何故かエディハド航空に縁があってhappy01
へ~ 最低の客層なのか・・・と思いつつねっ。

1話前は博物館でしたけど、本当に幅広く色々な知識があるし
ブログがストーリー仕立てになっているので読んでいて楽しいです。
写真も上手だしねnotes
私も早く京成パンダに会いたいです~

ユリコさん

エティハド航空は、普通に快適で、けっして「安かろう、悪かろう」のサービスではありません。実際に航空券価格が安いので、どうしても「安かろう、悪かろう」という「偏見の目」で評価するのでひどい口コミをする人もいますが、まぁ、普通に快適でしたね。遅延や欠航に遭遇した場合は運が悪かったとしか言いようがありません。エティハド航空は、「エティハド・エアウェイズ・パートナーズ」としてスイスのダーウィン・エアライン、ドイツのエア・ベルリン、セルビアのエア・セルビア、セイシェルのエアセイシェル、インドのジェットエアウェイズの5航空会社だけではなく、アリタリア航空も傘下に収めましたので、買収で会社を大きくするという、エミレーツ航空とは異なる発展をするでしょう。

京成パンダは、東急クマよりも、私は好きです。埼玉県人の私は、京成パンダを見るときは、成田空港に向かうときか、京急線乗り入れ車両として羽田空港に向かうときにしか会わないので、事実上、旅行に行くときにしか会いません。

突然ですみません。大変参考にさせていただきました。
実はEH便でBEG経由のブログを探していたら本当にここだけヒットしたんです。
(おととい我々は帰国しました/少しルートは変えましたが・・・・)
私も普通にEH良かったですよ。我々は中年オバサン+老齢夫婦でしたが皆さん親切(CA)だったし遅延よりいずれも便も早く着いてびっくりしました。
(口コミがひどかったので心配しましたが)
私たちはブドヴァを起点にし観光をするルートをとり、ベオグラードからポトゴリッツァ空港を利用しブドヴァに入りました。でもティバト空港でもよかったかなって今、後悔してます。(笑)ベオグラードからの料金は(モンテネグロ航空利用)いずれの空港でも同じだったんですがEHのベオグラード到着が5:45で荷物のピックアップ考えるとどうしても余裕がほしくて8:50発を選択しました。(荷物はモンテネグロ航空に事前にメールで確認したらBEG空港でのピックアップのほうが安全といわれました)ドブロブニクも日帰りでバスが毎日出ていたので短い時間でしたが楽しめました。(お写真とは違う会社BOZERというもっとおんぼろバスでした本当にひどい運転でしたまぁいい思い出です。)ブドヴァもよかった(宿泊費が安く)ので是非次回ご検討いただいては?私たちはもう無理でしょうから・・・・・遠いなぁ~アドリア海!!では失礼いたしました。

tunaさん、こんばんは。

まだ知られていないだけでモンテネグロの風景はとてもすばらしく、あと数日休みが取れればブドヴァも回りたいくらいです。モンテネグロを含む旧ユーゴスラビア周遊は実は本気で再訪を考えています。

荷物のスルーチェックインは、もちろん別切り航空券の場合は、航空会社の回答の通りの方がロスバケの可能性は低くなります。私は行きが成功していたので、ベオグラード空港を信頼してみました。それに、帰りに荷物がディレイしても、自宅まで送ってくれるでしょうから。

アドリア海は路線を選べば、直行便がないだけで遠くはないですよ。ヨーロッパの他の地方都市に飛ぶのと同じです。エティハド航空を選んだ以上は、アドリア海だけではなく、パリだって、ロンドンだって遠くなります。しかし、それはわかりきっていること。数ある航空会社からエティハド航空を選択したのは自分自身。その判断には時間がかかることは計算した上で選択して、契約したわけなので、「遠い」というのは、HISの口コミ情報のレベルと同じになってしまいます・・・。

でも、まぁ実際は頭の中でわかっていても中東経由の南回り便で行くのは遠いですけどね。私は、夏の航空券の高い時期でなければ、やっぱり中東経由は身体が疲れるので、ヨーロッパ系航空会社にしちゃいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/60464397

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸ドゥブロヴニク大作戦4・5日目 エティハド航空搭乗記2014。:

« 弾丸ドゥブロヴニク大作戦4日目(2) ベオグラード航空博物館。 | トップページ | ラッフルズホテルに泊まるシンガポール一人旅。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ