2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日)

エールフランスのストライキ、ようやく終了。

ル・モンドから引用すれば、9/15からずっと続いていたストライキがようやく終了し、9/30火曜日より通常運行になる様子。今回のストライキは、格安航空会社との競争が激しいヨーロッパ内路線で、運航コストの安い系列の子会社のTransaviaにパイロットを移籍させるという会社の提案から勃発している。この問題は、移籍したパイロットの給与が下がること。記事を読む限り、今回の2014年9月のストライキは終わるが、根本的な問題は解決していない様子。ということは、これからしばらくの間、フランス旅行、ヨーロッパ旅行をする際に、エールフランス航空を選択した場合に、どのような意味を持つかということは自分自身で判断してほしい。

Air France : fin de la grève, retour à la normale à partir de mardi
Le Monde.fr avec AFP | 28.09.2014 à 06h36 • Mis à jour le 28.09.2014 à 15h33

Il aura fallu quatorze jours pour que le conflit à Air France prenne fin, mais le trafic devrait revenir progressivement à la normale à partir du mardi 30 septembre.

« Les vols d'ores et déjà annulés dimanche 28 et lundi 29 septembre resteront annulés. Le retour à la normale s'effectuera progressivement à partir du mardi 30 septembre en raison de contraintes opérationnelles et réglementaires », a indiqué la compagnie aérienne dimanche.

Plus tôt, le Syndicat national des pilotes de ligne (SNPL, majoritaire) avait annoncé la fin du mouvement social, malgré l'échec de nouvelles discussions dans la nuit.

« Les conditions du dialogue social ne sont aujourd'hui pas réunies, nous avons décidé de prendre nos responsabilités en levant le mouvement de grève », a affirmé le porte-parole du syndicat, Guillaume Schmid, disant vouloir « poursuivre les discussions dans un cadre plus serein ».

La direction d'Air France s'est félicité de la fin de la grève, mais a déploré l'absence d'accord avec les syndicats de pilotes :

« Air France se félicite de la levée du mouvement. [...] Cette grève aura été coûteuse et dommageable. [...] La compagnie déplore que malgré de très longues négociations depuis le début du conflit [...], le protocole de fin de conflit, équilibré et raisonnable, proposé par la direction n'ait pas été signé par les organisations représentatives. »

LE GOUVERNEMENT « AUX CÔTÉS DE LA COMPAGNIE ET DE SES SALARIÉS »

Le premier ministre Manuel Valls s'est lui aussi réjoui de cette annonce, vantant la « ligne de fermeté du gouvernement » dans ce conflit. Une ligne qui a, selon lui, « permis de réaffirmer la stratégie de développement de l'entreprise » :

« Il appartient désormais à toutes les parties de cette belle entreprise qu'est Air France de reconquérir la confiance de tous et de reprendre au plus vite son développement, notamment au travers de sa filiale Transavia France qui représente un atout indéniable sur le marché en plein essor du low cost. »

Le gouvernement restera « aux côtés de la compagnie et de ses salariés, que cet épisode a plongé dans l'inquiétude, pour les soutenir dans leurs efforts », a-t-il conclu.

Le secrétaire d'Etat aux transports, Alain Vidalies, a de son côté réagi sur Twitter :

Fin de la grève des pilotes, heureux qu'#AirFrance puisse retrouver un fonctionnement normal au plus vite.

« UN TEXTE QUI NE CONVIENT PAS »

Une nouvelle négociation, débutée samedi soir entre la direction et les pilotes, s'est achevée dans la nuit tout en aboutissant « à un texte qui ne nous convient pas », a toutefois tenu à souligner le SNPL.

Depuis le 15 septembre, les pilotes en grève protestent contre les conditions de développement de la filiale à bas coûts d'Air France. S'ils ont obtenu l'abandon du projet de Transavia Europe, ils réclament des garanties sur les conditions de travail à Transavia France.

« On avait fait des concessions sur les conditions de travail mais ce qu'on voulait, c'était que tout le monde conserve un contrat Air France car on voulait pouvoir maîtriser un même groupe de pilotes », a affirmé Guillaume Schmid.

La direction n'a pas cédé sur ce point, proposant, selon le SNPL, « un texte non satisfaisant, avec des doubles contrats, qui aurait été une usine à gaz ». Sans contrat unique, les pilotes craignent de voir fondre les avantages du statut Air France au profit du statut Transavia, moins généreux.

Selon la direction, la situation d'Air France était devenue « extrêmement délicate », la compagnie perdant chaque jour « 20 millions d'euros ». Les professionnels du secteur (aéroports, voyagistes, etc.) ont eux souligné que cette grève était « catastrophique pour le secteur aérien français ». La compagnie aérienne avait prévu d'assurer 48 % de ses vols dimanche.

エールフランス航空よりお知らせ
2014年9月28日 15:00更新

パイロット組合によるストライキならびにそれに伴う欠航便に関するお知らせ   

2014年9月15日-30日の間エールフランス航空のパイロット組合によるストライキが実施されています。
これを受け、エールフランス航空運航便の一部のフライトの欠航が決定しております。
なお、HOP、KLMオランダ航空、デルタ航空等の他社運航によるエールフランス便は通常通り運航予定です。

現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。 (日付は出発地ベース)

9月30日(火)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌10月1日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00
9月29日(月)
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌30日 4:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌30日  08:35
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌30日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌30日  08:10

9月28日(日)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌29日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌29日  06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌29日  18:20

9月27日(土)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌28日  08:35
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌28日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌28日  08:10

9月26日(金)
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌27日  08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌27日  06:00

9月25日(木)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌26日 4:00

AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌26日  08:10

9月24日(水)
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌25日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌25日  08:35
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌25日  18:20

9月23日(火)
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌24日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌24日  06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌24日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌24日  08:10

9月22日(月)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌23日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌23日  06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌23日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌23日  08:10

9月21日(日)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌22日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌22日  08:35
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌22日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌22日  08:10

9月20日(土)
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌21日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌21日  08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌21日  06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌21日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌21日  08:10

9月19日(金)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌20日 4:00

AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌20日  06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌20日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌20日  08:10

9月18日(木)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌19日  08:35
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌19日  18:20

9月17日(水)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌18日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌18日  08:35
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌18日  08:10

9月16日 (火)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌17日  08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌17日  06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌17日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌17日  08:10

9月15日(月)
AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌16日  08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌16日  06:00
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌16日  08:10

その他の路線につきましては、ウェブサイトの 「運航情報 」からご確認ください。

Diard法の適用により、ストライキが施行される48時間前までに、ストライキを実施するパイロットのより正確な人数が事前に把握できる見込みです。
今後のフライトにつきましてはご出発時間の24時間前までに、運航スケジュールの調整を行い、告知をさせて頂きます。ご予約記録にご連絡先を頂いている場合は、SMSもしくはEメールでお知らせ申し上げます。

9月15日から9月30日の間にエールフランスの運航便をご利用予定のお客様につきましては、下記の条件でご予約の変更を承ります。

-10月16日までの間に運航されるフライトに変更される場合には、ご購入いただきました航空券と同じキャビンクラスへ無料でご変更いただけます。お客様ご自身でウェブサイトの 「 予約の確認・変更 」、モバイルサイト、もしくは航空券をご購入頂いたところで変更いただけます。

※ご注意
エールフランス運航便へ変更をされる場合はご出発の24時間前に運航状況が更新されます。

-10月17日以降への旅程変更、出発地または目的地の変更、もしくは旅行の中止をされる場合は、エールフランス航空及びKLMオランダ航空便でご利用いただけるクーポン(1年間有効)の発行をさせていただきます。航空券をご購入頂いたところまでお申し出ください。

ご予約のフライトがキャンセルまたは5時間以上の遅延の場合、航空券の払戻しを致します(ただし航空券発券時の手数料は除きます)。 航空券をご購入されたところへお申し出ください。エールフランスのウェブサイト及びコールセンターで航空券をご購入された場合は、お客様ご自身でウェブサイトの 「 予約の確認・変更 」より払い戻しのお手続きをしていただけます。

当該期間にフライトをご利用予定のお客様は、ご利用便の運航に影響が生じた際に最新のご案内をさせていただくため、下記のいずれからご連絡先の情報(携帯電話番号、Eメールアドレス)をご登録もしくは更新いただきますようお願い申し上げます。

弾丸ドゥブロヴニク大作戦3日目(4) コトルの城壁巡り。

次に「ラッフルズホテルに一人で泊まるシンガポールの旅」が控えているけど、まずはドゥブロヴニクの旅を完結させなければ・・・。今回の旅行記、たくさんの写真を使って、雰囲気を伝えたいと思って書き始めたらペースが遅くなってしまっている。だけど、モンテネグロのコトルについても、引き続きお話のペースはゆっくりめに紹介する。

Dbc1701
すでに時間は1時半を過ぎているので、荷物を簡単に片付けて、「ホテル マリア」を出て、お昼ごはんを食べるレストランを探すことにする。

Dbc1702
ホテルの裏手には小さな教会がある。

Dbc1703
ホテルマリアの3階の真ん中の部屋が、私の部屋。ホテルマリア、日本語の口コミ情報も発見できなかったのでどういうホテルか心配だったんだけど、なかなか旧市街にあるかわいらしいホテル。1階はレストランになっている。

Dbc1704
小さな町は少し歩くとまた別の教会がある。かわいらしい聖ルカ教会。

Dbc1705
城壁の手前にある「バスティオン」というレストランのオープンテラスに座る。コトルは小さな町なので、のんびりした雰囲気。

Dbc1706
ネコものんびり。

Dbc1707
日差しが強いので、ビールをもらう。

Dbc1708
前菜は魚のスープ。

Dbc1709
メイン料理の付け合わせのサラダ。旅行をしていると、たまに生野菜を食べたくなる。

Dbc1710
メイン料理は、近海の海の幸の盛り合わせ。イカやエビ、魚がグリルされていたり、揚げられたりして、なかなか幸せな盛り合わせ。

Dbc1711
レストラン・バスティオンのすぐ横は、城壁になっている。城壁の外に少しだけ出てみることにする。

Dbc1712
海から近いのに、川が流れているようで、城壁の外は橋になっている。橋から風景を見渡すと、なんといっても切り立った岩山が美しい。そして、城壁は切り立った岩山にも張り巡らされている。

Dbc1713
山から流れる川の水は透き通っているけど、どことなく緑がかった色をしている。

Dbc1714
まず、町を探検する前に城壁を登ってみることにする。コトルの城壁は、ドゥブロヴニクの城壁とは違って、岩山を登っているので、体力があるうちでないと厳しい。

Dbc1715
町並みは石造りの家が並んでいる。

Dbc1716
城壁の入口を目指して坂を上りはじめる。

Dbc1717
3ユーロを支払って、城壁を登りはじめる。石の階段になっている。

Dbc1718
少し登ったところで、コトルの町を眺める。町を歩いていると気がつかないんだけど、ドゥブロヴニクのようにオレンジ色の屋根で統一されている。

Dbc1719
コトルの町は岩山に囲まれたコトル湾の最も奥に位置しており、城壁で守られた要塞のような町。

Dbc1720
さらに階段を上る。この日は日差しが強く、もう途中で暑くて登るのが辛くなってきた。

Dbc1721
岩山の山腹にある救世聖女教会に到着。岩山の上の方までハイキングコースは続いているけど、もう日差しに負けて、これ以上登る気力はない・・・。

Dbc1722
ということで、写真を撮るために、もっと高い位置に登りたかった気もするけど、ここからコトルの町を眺めることにする。コトルの町は城壁に囲まれた町だけど、全体的には小さい。小さな町だけど、オレンジ色の屋根の石造りの建物が縦並び、なかなかかわいらしい。

Dbc1723
そして、なによりも岩山とコトル湾の風景がすばらしい。この風景を見ただけでも、モンテネグロに来てよかったと思う。なによりも、岩山と海の風景がいい。今回、フライトの都合でコトルに立ち寄って見たんだけど、ドゥブロヴニクからコトルに向かうバスの車窓の風景といい、モンテネグロの風景が気に入っている。だって、ずっと眺めていても、美しいじゃない。

Dbc1724
コトルの町を見渡してみる。旧市街の奥には町が広がっている。左側の真ん中にある青い建物がコトルのバスターミナル。奥に見える山の向こうがティヴァトの町だけど、こんな岩山ばかりの場所に本当に空港があるのだろうか。コトルから4キロくらいしか離れていないはずなんだけど・・・。岩山だらけの場所にあるティヴァト空港は、たしかに「最も離着陸が難しく危険な空港の1つ」なのかもしれないなぁ。

Dbc1725
2つの塔が特徴的な聖トリプン教会。

Dbc1726
路地は複雑に入り組んでおり、町を歩くのが楽しそう。だけど、本当に小さな町なので、風景にひかれて地図を見ないで歩いても、何とかなりそうな感じ。

Dbc1727
モンテネグロの風景をゆっくり眺めて、汗も引いてきたので、救世聖女教会に入ってみることにする。

Dbc1728
気持ちが落ち着いたところで、「救世聖女教会」の中に入り、深呼吸。

Dbc1729
頂上まではとても行く気になれず、残念ながら今回はここで断念・・・。もう少し涼しい時期だったら、がんばったかもしれないけど、7月の日差しに負ける。

Dbc1730
ふと、山を下りようと思って振り返ると、モンテネグロという国名は「黒い山」という意味みたいだけど、本当に海沿いなのに切り立った岩山が美しい。

Dbc1731
下山して、コトルの町の町歩きに向かう。

2014年9月24日 (水)

【速報版】突然のシンガポール

10月の誕生日前に神様がプレゼントをくれたみたいで、今はシンガポール。


しかも、泊まっているホテルは、ラッフルズホテル。


プールで小説を読んだり。


もちろん、夜はピーナッツのからだらけのホテルのバーでシンガポールスリングを飲んだり。あまり観光をせずにホテルの滞在を楽しむといういつもの旅と違う旅を満喫中。残念なことは、広すぎるラッフルズホテルのスイートルームだけど、一人旅だということ…。

2014年9月21日 (日)

エールフランス、2014年9月のストライキ、まさかの延長戦。

当初予告されていたストライキはパリ時間で2014年9月15日から22日まで。したがって、影響があるのは日本発着で9月23日までと思われていたが、どうやらストライキは延長されそうな気配。労働組合からストライキの通告がされており、ストライキは延長戦に入る。

今回のストライキは、今日9/21の日本発のエールフランス運航便4便が、すべて欠航するなど、日本路線の欠航率が高い。昨日9/20にパリを発ち、日曜日に帰国する予定だった旅行者は、昨日のパリ発日本行きのエールフランス運航便4便は、すべて欠航なので、月曜日には会社に出勤できず途方に暮れていることだろう。さらに、祭日をみこして9/23に帰国しようと予定していた旅行者は、AF276便成田行きの1便しか飛ばないので、たまたまAF276便の予約を持っていた人以外は、やはり帰国できずに9/24の出勤は難しい。

ちなみに私も2008年11月にストライキにあたり、パリに足止めとなった経験がある。その時に、Eメールで以下のような通知が自動的に来るので、メールを受信できる環境であればEメールをチェックした方がいい。しかし、自動的にKLM便などに割り当ててくれるけど、このときも11/14の予定が、11/16のKLM便で2日間も足止めの提案。もちろん、時間がある人なら、足止めでパリを楽しんでしまうという割り切った考えもいいと重いけれど、社会人だとちょっと厳しい。内容を見ても、まあストライキが原因なので会社のせいではないという考え方なのか、謝罪の言葉は一言も入っていない。

************************************
To lacosuke MR
Booking reference xxxxxx
We inform you that the flight AF278 14/11 is replaced.
We have made a new booking for you on flight KL2008 16/11 departure PARIS CDG 1135
arrival AMSTERDAM 1255connecting flight KL861 16/11 departure AMSTERDAM 1515 arrival TOKYO NRT 1035.
You may proceed directly to the Air France check in area with your ticket.

We thank you for your understanding and wish you a pleasant flight.

************************************

このときのことを書いたブログは以下の記事。

11月のパリは“Grève”(ストライキ)の季節?
http://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/11grve-e2fd.html

Le monde
http://www.lemonde.fr/economie/article/2014/09/20/une-semaine-de-greve-de-plus-pour-air-france_4491246_3234.html

Une semaine de grève de plus pour Air France
LE MONDE | 20.09.2014 à 10h27 • Mis à jour le 20.09.2014 à 15h00

Air France se dirige tout droit vers une semaine de grève supplémentaire ! Samedi 20 septembre, au sixième jour du conflit des pilotes d'Air France, alors qu'à nouveau la compagnie aérienne a annulé près de six vols sur 10 (55 %), le syndicat des pilotes de ligne (SNPL) a déposé un nouveau préavis de grève de quatre jours du 23 au 26 septembre. Le SNPL a été suivi par le syndicat des pilotes d'Air France (SPAF) qui a annoncé, vendredi, la reconduction de son préavis de grève pour deux jours, les 23 et 24 septembre.

LA GRÈVE S'ENLISE

Aucune amélioration ne se fait jour dans le ciel de la compagnie aérienne. Elle est en passe de battre le record de la plus longue grève de ses pilotes depuis 1998. Tout indique que le mouvement devrait se durcir. Avant même la publication des résultats du référendum organisé auprès des pilotes sur la poursuite du mouvement samedi, l'issue du scrutin ne faisait aucun doute pour le SNPL qui se félicitait d'une participation massive des navigants avec plus de 70 % de votants. Les pilotes du SNPL ont finalement voté à 80,93 % pour la prolongation du mouvement,

Pour parer, par avance, toutes critiques sur la sincérité du vote, le syndicat fait savoir que « la consultation a été menée par un cabinet indépendant et le résultat certifié ». Sur le terrain, le SNPL s'emploie à conforter l'unité syndicale. Le syndicat majoritaire chez les pilotes, pourtant habitué aux tête-à-tête avec la direction, a invité le SPAF à le rejoindre autour de la table des négociations vendredi.

TRANSAVIA RESTE LE POINT D'ACHOPPEMENT DES DISCUSSIONS ENTRE SYNDICATS ET DIRECTION

Ce front commun syndical n'a, pour l'instant, eu aucun effet. Le nouveau round de « négociations n'a rien donné », déplore le SNPL. Même discours du côté du SPAF qui n'a constaté aucune avancée. Le développement de Transavia, filiale low cost d'Air France, reste le point d'achoppement des discussions entre syndicats et direction.

Si les premiers affirment ne pas refuser une montée en puissance de Transavia, ils veulent, disent-ils, prévenir toute tentative de « délocalisations » ou de « dumping social ». Et réclament, à cet effet, la constitution d'un groupe unique de pilotes, pour Air France et Transavia, aux conditions, meilleures, d'Air France.

Inenvisageable, répond la compagnie. A en croire le SPAF, « la direction craindrait un effet de contagion auprès des autres catégories de personnels ». A la place, elle a proposé de reconduire « l'accord temporaire » qui permet déjà aux pilotes d'Air France de voler aux couleurs de Transavia. Une avancée rejetée par les syndicats faute de pérenniser la « prime de compensation » des pilotes volontaires pour rejoindre Transavia.

Pour le SNPL, la « direction fait traîner le mouvement » pour qu'il s'arrête de lui-même. Un pari très risqué. La grève des pilotes d'Air France est, au contraire, en passe de recevoir le soutien des syndicats de navigants d'autres marques du groupe Air France.

UNE ADDITION SALÉE

« Le combat des pilotes est juste », souligne Armand Simon, vice-président de la section SNPL de Regional, une des trois compagnies régionales réunies sous la marque Hop ! d'Air France. « Nous attendons un geste du SNPL d'Air France, qu'il nous appelle à l'aide. Mais déjà nous nous interrogeons sur la pertinence de rejoindre le mouvement. »

Les pilotes de Transavia France ne partageraient pas cet élan de solidarité. « Je ne crois pas qu'ils rejoignent le mouvement », regrette Antoine Amar, pilote d'Air France qui vole aux couleurs de Transavia.

Pour l'heure, Air France fait ses comptes. La compagnie perdrait de « de 15 à 20 millions d'euros par jour de grève ». Une addition salée qui comprend le manque à gagner pour Air France duquel elle déduit « la baisse de ses coûts, et les économies de carburant et les salaires des pilotes grévistes ». Et pourrait, aux dires d'Alexandre de Juniac, le PDG d'Air France-KLM, empêcher la compagnie de redevenir bénéficiaire en 2014 comme prévu.

AVEC LA GRÈVE, LE PRIX D'UNE CHAMBRE À ROISSY EST PASSÉ DE 131 À 189 EUROS

Le conflit a aussi des conséquences pour tout l'écosystème autour d'Air France. Aéroports de Paris (ADP) redoute que la baisse du trafic ait un impact négatif sur le chiffre d'affaires de ses galeries commerciales. En effet, Air France détient 77 % de parts de marché des vols domestiques.

D'autres, au contraire, se frottent les mains. Le comparateur de prix d'hôtels Trivago a noté une forte hausse du prix des chambres à Roissy et à Orly. En cette première semaine de grève, « les tarifs hôteliers sont en hausse de 44 % à Roissy et de 36 % à Orly », a précisé, vendredi, Mélanie Prusker, chargée de la communication du site. Mauvaise surprise pour les passagers bloqués. Avec la grève, le prix d'une chambre à Roissy est passé de 131 à 189 euros, et de 130 à 177 euros à Orly.

La SNCF aussi est gagnante. Dès lundi 15 septembre, elle a vendu 3 % de billets en plus. Elle a ajouté 10 500 places de TGV vers la Méditerranée et l'Atlantique. EasyJet, pour sa part, se réjouit « car cela nous permet de toucher de nouveaux clients et de les fidéliser », signale la compagnie à bas coûts. Elle a ajouté 1 300 places sur ses deux dessertes majeures Paris-Nice et Paris-Toulouse. « Tous nos avions sont complets sur ces deux lignes », détaille la compagnie.

エールフランス航空よりお知らせ
http://www.airfrance-japan.jp/info_sep2014/info_ja.htm

パイロット組合によるストライキならびにそれに伴う欠航便に関するお知らせ
2014年9月21日 10:00 更新

2014年9月15日-22日の間エールフランス航空のパイロット組合によるストライキが実施されております。
2014年9月23日-26日の期間についてもストライキの延長が予定されており、フライトの運航に影響が出る可能性がございます。
ストライキの影響を受け、エールフランス航空の一部のフライトの欠航が決定しております。
なお、HOP、KLMオランダ航空、デルタ航空等の他社運行によるエールフランス便は通常通り運航予定です。

本日現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。 (日付は出発地ベース)

9月23日(火)
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌24日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

9月22日(月)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌23日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌23日  06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌23日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌23日  08:10

9月21日(日)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌22日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌22日  08:35
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌22日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌22日  08:10

9月20日(土)
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌21日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌21日  08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌21日  06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌21日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌21日  08:10

9月19日(金)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌20日 4:00

AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌20日  06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌20日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌20日  08:10

9月18日(木)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌19日  08:35
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌19日  18:20

9月17日(水)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌18日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌18日  08:35
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌18日  08:10

9月16日 (火)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌17日  08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌17日  06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌17日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌17日  08:10

9月15日(月)
AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌16日  08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌16日  06:00
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌16日  08:10

その他の路線につきましては、ウェブサイトの 「運航情報 」からご確認ください。

Diard法の適用により、ストライキが施行される48時間までに、ストライキを実施するパイロットのより正確な人数が事前に把握できる見込みです。
今後のフライトにつきましてはご出発時間の24時間前までに、運航スケジュールの調整を行い、告知をさせて頂きます。ご予約記録にご連絡先を頂いている場合は、SMSもしくはEメールでお知らせ申し上げます。

9月15日から9月26日の間にエールフランスの運航便をご利用予定のお客様につきましては、下記の条件でご予約の変更を承ります。 

-10月12日までの間に運航されるフライトに変更される場合には、ご購入いただきました航空券と同じキャビンクラスへ無料でご変更いただけます。お客様ご自身でウェブサイトの 「 予約の確認・変更 」、モバイルサイト、もしくは航空券をご購入頂いたところで変更いただけます。

※ご注意
9月26日までのエールフランス運航へ変更をされる場合はご出発の24時間前に運航状況が更新されます。

-10月13日以降への旅程変更、出発地または目的地の変更、もしくは旅行の中止をされる場合は、エールフランス航空及びKLMオランダ航空便でご利用いただけるクーポン(1年間有効)の発行をさせていただきます。航空券をご購入頂いたところまでお申し出ください。

ご予約のフライトがキャンセルまたは5時間以上の遅延の場合、航空券の全額の払戻しを致します(ただし航空券発券時の手数料は除きます)。 航空券をご購入されたところへお申し出ください。

上記に基づくご予約の変更・払い戻しにつきましては、10月12日までにお手続きください。

当該期間にフライトをご利用予定のお客様は、ご利用便の運航に影響が生じた際に最新のご案内をさせていただくため、下記のいずれからご連絡先の情報(携帯電話番号、Eメールアドレス)をご登録もしくは更新いただきますようお願い申し上げます。

弾丸ドゥブロヴニク大作戦3日目(3) モンテネグロの風景。

Dbv1601
バスはヘルツェグ・ノビ“Herceg Novi”のバスターミナルを出発し、モンテネグロを走る。モンテネグロの風景って、一体どのような風景なんだろう?

Dbv1602
2時間半ほどのバスの旅だけど、このモンテネグロの風景を見ながらのバスの旅は、車窓から見る風景がすばらしい。車窓からは露店でスイカが売られているのを眺める。のんびりした雰囲気。

Dbv1603
モンテネグロのアドリア海は、複雑な地形の中でコトル湾は内海になっており、波は穏やかで海の色もドゥブロヴニクの色とは違う。

Dbv1604
そして、山が近い。海なのに、湖みたい。

Dbv1605
コトル湾は外海から深く入り込んでいるので、波が静か。静かな浜辺でのんびりと過ごす様子を見ていると、心がのんびりしてくる。

Dbv1606
リゾート施設があるわけではなく、ただ山を見ながら海でのんびりする。

Dbv1607
しばらく進むと、小さなフェリーが見える。

Dbv1608
コトル湾は深く入り込んでおり、空港のあるティヴァト“Tivat”に行くには、このレペテイン・カメナリ・フェリー“Kamenari - Lepetane Ferry Line”を使用した方が近道。

Dbv1609
だけど、このバスはコトルに向かうので、コトル湾の奥へとさらに進む。

Dbv1610
なにもないと言えばなにもない風景だけど、波が穏やかな静かな海のモンテネグロの風景がどことなく気に入っている。

Dbv1611
こんな風景をずっと見ながら、のんびりとただビーチに座って過ごすのも幸せじゃない?

Dbv1612
平らな陸地はほとんどない。明日、ティヴァト空港からベオグラードに向かうんだけど、こんな山ばかりの場所に滑走路があるのだろうか。「最も離着陸が難しく危険な空港」は、どのような場所にあるのだろう。

Dbv1613
モンテネグロのガイドブックなんて持っていないんだけど、島のような場所に建物がある。

Dbv1614
教会のような建物だけどなんだろう?

Dbv1615
山と海の間にへばりつくように町がある。小さな町だけど、ちょっと立ち寄ってみたいような趣のある町。もうそろそろ、コトルに到着してもいい時間だけど・・・。

Dbv1616
コトル湾沿いにバスは走り、コトル湾の最も奥にあるコトルの町に入る。ようやくバスはコトルに到着。時間は午後1時近い。ドゥブロヴニクからコトルまでは、途中で信号もないのにバスで2時間半以上かかる。

Dbv1617
バスはコトルのバスターミナルに到着。

Dbv1618
ドゥブロヴニクからコトルへのバス旅、モンテネグロの海と山の風景を見ることができて、楽しかった。コトルに来ようと思って正解だった。このドライブだけでも、十分に旅を楽しめた気がする。

Dbv1619
バスターミナルは、城壁で囲まれた旧市街をちょっと過ぎた場所にあるので、歩いて旧市街に向かうことにする。

Dbv1620
コトルのバスターミナルから旧市街へは徒歩5分くらい。町のすぐ裏は切り立った山になっている。この写真だけ見たら、海のそばの風景とは思えない。

Dbv1621
その岩山に城壁が築かれている。コトルは、コトル湾のもっとも奥まった場所にあり、城壁で守られた町。

Dbv1622
町の入口の池にはドラゴンのオブジェがある。

Dbv1623
右側の城壁の中は旧市街。町の入口はもう少し。

Dbv1624
花の名前を知っていたらもっと旅が楽しめるのに・・・といつも思う。

Dbv1625
コトル旧市街は、城壁の外側に沿って市場が開かれている。

Dbv1626
市場と言うよりも、ほぼ常設の八百屋さんのような感じ。

Dbv1627
野菜がきれいに並べられている。コトルの周辺は、平らな畑はあるのかなぁ?バスの車窓から眺める限り、切り立った山と海の間しか人が住めそうな土地はない感じ。そして、コトルに到着して、はたして、ここから5キロしか離れていない場所に空港があるということが信じられない。

Dbv1628
果物屋さん。手前には干したきのこが売られている。

Dbv1629
そして、旧市街の入口に到着。いよいよコトルの旧市街へ。

Dbv1630
コトル旧市街に入ると、入口には趣のある時計塔があり、時間は午後1時10分を指している。旧市街の裏にはすぐに山が迫っている。

Dbv1631
広場にはカフェが並んでいる。まずは、スーツケースを置くために、ホテルを探す。今回は旧市街の城壁の中にホテルを確保。

Dbv1632
路地にホテル・マリア“Hotel Marija”の看板を発見!
ホテル マリア
Hotel Marija
http://www.hotelmarija.me

Dbv1633
さっそくチェックインして、部屋は空いたようで、3階にある部屋に階段で上がる。窓が開けられており、外から風が入り気持ちがよい。

Dbv1634
バスルームはシャワースペースのみ。

Dbv1635
テラスがあり、テラスから外を眺めてみる。

Dbv1636
ホテルの部屋の窓からは教会、そして切り立った山が見えるなかなかの風景。なかなかおもしろそうな町じゃない?早く町の風景が見たくて、荷物を置いて、すぐにコトルの町の散策に出発。

2014年9月18日 (木)

エールフランス、2014年9月19日、東京発パリ行き全便欠航。

今回のストライキは収まる気配がない。このままだと、9/22パリ発便まで継続しそうな勢いで、秋分の日を当て込んで帰国する予定の旅行者は帰国できないという事態になりそうな雰囲気。今日のパリ発東京行きは2便しか掲載されていないけど、実は9/18パリ発AF272便の運行はもともとないので、今日9/18のエールフランス運航便での東京便は全便欠航になっている。ということは、明日9/19はAF272便の折り返し便である羽田朝便AF279便の運行はないので、9/19の東京発パリ行きのエールフランス運航便については全便欠航となる。

ここで、成田空港に朗報。9/19パリ発成田行きが今回のストライキ開始後、初めて運航される。しかも、9/19のパリ発の便は、羽田便2便、関空便は欠航になっており、9/19に日本に向かうエールフランス運航の唯一の便となる。ということは、9/20土曜日にパリに向かうエールフランス運航便は、成田空港発AF275便しかない。

Le monde
http://www.lemonde.fr/economie/article/2014/09/18/air-france-55-des-vols-annules-vendredi_4489989_3234.html
Air France : 55 % des vols annulés vendredi
Le Monde.fr avec AFP | 18.09.2014 à 14h45 • Mis à jour le 18.09.2014 à 15h04

La direction d'Air France, qui fait face depuis lundi à une grève suivie par 60 % de ses pilotes selon elle (75 % selon le SNPL AF Alpa, le syndicat majoritaire), a annoncé une légère amélioration du trafic pour la journée de vendredi.

« Nos prévisions sont d'assurer plus de 45 % de nos vols, avec un taux de grévistes pilotes inférieur à 60 % », a indiqué Catherine Jude, directrice du Centre de contrôle des opérations d'Air France.

Lire aussi : Les pilotes d'Air France menacent d'étendre leur grève

L'ETAT DU TRAFIC « PLUS OU MOINS IDENTIQUE » JEUDI

Au quatrième jour de la grève, jeudi, au moins six avions sur dix de la compagnie restent cloués au sol. Dans les aéroports parisiens, le trafic est « plus ou moins identique » à celui des journées précédentes, d'après des sources aéroportuaires.

A Roissy, 200 vols ont été annulés jeudi à l'arrivée et 144 au départ, soit « un peu moins de 60 % ». A Orly, la moitié des vols au départ et à l'arrivée ont été annulés, soit 140 vols en tout.

Mercredi, la direction a proposé de conclure avec les syndicats un accord sur le partage des activités de Transavia France, Hollande et Europe.

エールフランス航空よりお知らせ
http://www.airfrance-japan.jp/info_sep2014/info_ja.htm

パイロット組合によるストライキならびにそれに伴う欠航便に関するお知らせ
2014年9月18日 12:00 更新

2014年9月15日-22日の間エールフランス航空のパイロット組合によるストライキが予定されております。これを受け、エールフランス航空の一部のフライトの欠航が決定しております。
なお、HOP、KLMオランダ航空、デルタ航空等の他社運行によるエールフランス便は通常通り運航予定です。

本日現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。 (日付は出発地ベース)

9月20日(土)
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌21日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

9月19日(金)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌20日 4:00

AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌20日  06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌20日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌20日  08:10

9月18日(木)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌19日  08:35
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌19日  18:20

9月17日(水)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌18日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌18日  08:35
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌18日  08:10

9月16日 (火)
AF275便  成田発 11:45   パリ着   17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着   13:20
AF291便  関西発 11:30   パリ着   17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌17日  08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌17日  06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌17日  18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌17日  08:10

9月15日(月)
AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌16日  08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌16日  06:00
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌16日  08:10

その他の路線につきましては、ウェブサイトの 「運航情報 」からご確認ください。

Diard法の適用により、ストライキが施行される48時間までに、ストライキを実施するパイロットのより正確な人数が事前に把握できる見込みです。
今後のフライトにつきましてはご出発時間の24時間前までに、運航スケジュールの調整を行い、告知をさせて頂きます。ご予約記録にご連絡先を頂いている場合は、SMSもしくはEメールでお知らせ申し上げます。

9月15日から9月22日の間にエールフランスの運航便をご利用予定のお客様につきましては、下記の条件でご予約の変更を承ります。 

-9月23日から10月8日の間に運航されるフライトに変更される場合には、ご購入いただきました航空券と同じキャビンクラスへ無料でご変更いただけます。お客様ご自身でウェブサイトの 「 予約の確認・変更 」、モバイルサイト、もしくは航空券をご購入頂いたところで変更いただけます。

-10月8日より先の旅程変更、出発地または目的地の変更、もしくは旅行の中止をされる場合は、エールフランス航空及びKLMオランダ航空便でご利用いただけるクーポン(1年間有効)の発行をさせていただきます。航空券をご購入頂いたところまでお申し出ください。

ご予約のフライトがキャンセルまたは5時間以上の遅延の場合、航空券の全額の払戻しを致します(ただし航空券発券時の手数料は除きます)。 航空券をご購入されたところへお申し出ください。

上記に基づくご予約の変更・払い戻しにつきましては、9月30日までにお手続きください。

当該期間にフライトをご利用予定のお客様は、ご利用便の運航に影響が生じた際に最新のご案内をさせていただくため、下記のいずれからご連絡先の情報(携帯電話番号、Eメールアドレス)をご登録もしくは更新いただきますようお願い申し上げます。

2014年9月17日 (水)

弾丸ドゥブロヴニク大作戦3日目(2) ドゥブロヴニク発モンテネグロ・コトル行きのバス。

Dbv1501
ホテルを発つ前に、最後にホテル・ペトゥカのベランダからグルージュ港を眺める。チェックアウトして、バスターミナルに向かう。

Dbv1502
豪華客船はオランダ船籍の“NIEUW AMSTERDAM”号。

Dbv1503
宿泊していたホテル・ペトゥカよりも大きい。10階建てのビルくらいの大きさなのかなぁ?

Dbv1504
スーパーマーケットの“KONZUM”は、そこそこ大きなスーパーなんだけど、豪華客船の横だと小さく見える。

Dbv1505
スーツケースを転がしながらドゥブロヴニクのバスターミナルに到着。

Dbv1506
すでに2日前にバスの切符は買ってあるので、あとは10:00発のコトル行きのバスに乗るだけ。

Dbv1507
今回の旅行を企画する時に、なかなかバスの時刻表がインターネット上で見つからなくて、この張り紙に掲載されている情報を見つけるのが大変だった。先行研究のブログなどで10:00のバスがあるらしいことがわかり、今回の旅程にゴーサインを出す形になったんだけど、インターネットで情報が手に入らない時代は、地球の歩き方などのわずかな情報を頼りに、現地で情報収集していたわけで、不確定の要素が少しはあったほうが旅は楽しいのかもしれない。

Dbv1508
もう1枚はバス別の国際線バスの時刻表。バスは経由しながら目的地に向かう。コトルへ行く10:00のバスは、ヘルツェグ・ノビ“Herceg Novi”、コトル“Kotor”、ティヴァト“Tivat”を経由して、最終的にはブドヴァ“BUDVA”へ行く。モスタルに行くには8:00のバスがあり、そのバスは最終的にはサラエボに向かう。

Dbv1509
こちらは国内線のバスの時刻表。スプリット行きは朝5:00から運行されている。スプリットを経由してザグレブへ向かうバスも10本以上ある。クロアチア国内はバスが頻繁に運行されており、スプリットに抜ける旅程は組みやすいかも。

Dbv1510
バスターミナル内には手荷物預かり所もある。

Dbv1511
4:30から22:30までの営業で、手荷物1つにつき、最初の1時間は5クーナ。次の1時間からは1.5クーナがかかる。1クーナは約20円。

Dbv1512
バスターミナルのトイレは有料で3クーナ。

Dbv1513
売店もあるけど、買い物をするなら、バスターミナルの手前にあるスーパーマーケット“KONZUM”のほうが安いかも。最後のあまったクーナで水を買う。

Dbv1514
3番乗り場にブドヴァ“BUDVA”行きのバスが停車している。

Dbv1515
ヘルツェグ・ノビ、コトル、ティヴァトを経由して最終目的地のブドヴァに向かう。運行会社はコトルの“Jadran Ekspres”というバス会社。

Dbv1516
いよいよバスに乗りこむ。手荷物は1ユーロまたは10クーナを運転手に渡して預ける。運転手から手荷物預かり証と思われる紙をくれる。コトルまでのバス運賃は145.3クーナ。切符はレシートのような紙切れのみ。

Dbv1517
切符の見方は、ドゥブロヴニクからコトル行き。日時は2014年7月25日の10:00発。3番乗り場で、このときのバスは1台しかないので関係ないけど1番バス。そして、重要なのは、全席座席指定になっており“21番”の座席に座る。

Dbv1518
21番の指定席は、進行方向右側の窓際の座席だった。ちょうど真ん中の乗降口のうしろ。

Dbv1519
売店で買った水が大きすぎて、せっかくテーブルにくぼみがあるのに、はまらない・・・。

Dbv1520
このバス、かなりのオンボロらしく、天井が編み目になっている場所から、水がぽたぽた落ちてくる。クーラーから出る水がうまく排水できていない。真下にいる乗客は、編み目から出てくる水をティッシュで拭き取ったりして対応するものの、水は落ち続ける。そして、一人の乗客が強めに編み目をたたくと、悲劇が訪れる。まるで、コント番組を見ているかのように、編み目からバケツをひっくり返したように水がジャーとこぼれ落ちてくる。後部座席には被害はなく、その様子を見て隣に座っていたスペイン人のおばちゃんと大笑い。

Dbv1521
バスは定刻に出発し、クーラーからぽたぽた落ちてくる水も、コントのオチは終わったらしく、たまに落ちてきていたけど、バスが動き始めると安定してくる。

Dbv1522
巨大客船が周囲の風景に比べて、いかに巨大なものか。周囲の風景と調和しないくらい大きい。

Dbv1523
高台の道からドゥブロヴニクの城壁に囲まれた旧市街が見える。この風景ももう見納め。

Dbv1524
どんどん遠ざかるドゥブロヴニクの町。さようなら、ドゥブロヴニク。もっとゆっくりしたかったなぁ。また、いつか訪れるからその時まで待っていてくれよな。そして、その時は、きっと一人ではなく!

Dbv1525
なにも指定せずに切符を買ったんだけど、進行方向右側の座席で正解だったかも。アドリア海がよく見える。

Dbv1526
空港のあたりまで海沿いの道を走ると、バスは内陸に入っていく。

Dbv1527
そして、バスはクロアチアとモンテネグロの国境へ。まずはクロアチアの出入国管理所。

Dbv1528
当然、出国審査のために運転手がパスポートを回収して、しばらく待つ。

Dbv1529
出国審査が終わったらしく、バスは出発。

Dbv1530
パスポートは運転手が最前列の乗客に全員分のパスポートを託したらしく、最前列に座っていた乗客がパスポートを配っている。

Dbv1531
クロアチアの出国スタンプ。クルマのマークは初めてかも。

Dbv1532
次はモンテネグロの入国審査。運転手がまたパスポートを回収に来る。こんなにすぐに回収に来るのなら、いったん返さなければいいのに・・・。

Dbv1533
そして、入国審査が終わり、バスは再び走り始める。パスポートは、またしても乗客代表にまとめて渡され、乗客が国籍ごとにパスポートを仕分けて配る作業が始まる。乗客が協力して、全員にパスポートが返却されたときには、バス中、ごくろうさまの拍手があふれる。コトル行きのバス、旅行者が一緒に旅行しているという一体感があり、楽しかったなぁ。バスはオンボロでクーラーから水が漏れてくるし、パスポートの扱いの雑さから、誰もがいいかげんな運転手で「大丈夫なのか?」と怪しんでいる。だけど、バスの乗客はだれも怒りもしなければ、いいかげんな運転手に託した旅をみんなで楽しんでいる。

Dbv1534
再び、海が見えてきた。

Dbv1535
ヘルツェグ・ノビ“Herceg Novi”のバスターミナルに到着。だれもここで降りる乗客はいない。そして、再びバスは出発して、次はコトルを目指す。

2014年9月16日 (火)

エールフランス、2014年9月17日、日本発パリ行き全便欠航。

今回のストライキは明日2014年9月17日も、ルモンドによれば、本日と同様に60%が欠航となる様子。運航便が60%ではなく、欠航が60%のわけで、半分以下しか運航していない。9/17の日本路線については、昨日すでに発表されているとおり、エールフランス自社運航便については、羽田発の2便、成田発1便、関空発1便の全便が欠航となる。また、9/17パリ発の自社運航便については、羽田便の2便については運航される見込み。

パリ単独往復であれば旅行は可能かもしれないが、9/22までにパリを出発する便で帰国予定であれば、帰国便がキャンセルになる危険性を覚悟しなければならないし、エールフランス運航便での接続便がある場合は、パリで足止めになる可能性が高い。その場合も、当然ながら予定通りに帰国できない可能性がある。

どの便が運航されるかを観察してみると、9/17のエールフランス自社運航便をみると、羽田線を重視していることがわかる。少し前に書いたとおり、10/26からAF279 便が羽田13:40発に変更になると、いずれ成田便であるAF275便が毎日の就航からヌメア接続便のある日のみの運航となり、さらにエールフランスが成田空港撤退という日が来るような気がする。

ちなみに、以前に私がストライキに遭遇したときには2日後のKLM便に振り替えられていたのを思い出し、今のKLMの日本路線を再確認してみる。

KL861 AMSNRT 14:40 09:30+1
KL863 AMSNRT 17:50 12:00+1
KL867 AMSKIX 14:55 08:40+1
KL869 AMSFUK 14:45 08:20+1 月水金日
※AMS=アムステルダム NRT=成田 KIX=関空 FUK=福岡

もしも、交渉するのであれば、週4便だけど、福岡行きがあることを覚えておいてほしい。福岡まで帰れれば、あとは国内線でどうにでもなる。なお、フライト検索は、明日パリから脱出する片道便も手配可能なスカイスキャナーが便利。もしも出発前だったら、今からスカイスキャナーで航空券を取り直しても旅行に間に合うはず。

Skyscanner
Le monde
http://www.lemonde.fr/economie/article/2014/09/16/air-france-prevoit-l-annulation-de-60-des-vols-mercredi_4488361_3234.html

Air France prévoit l'annulation de 60 % des vols mercredi
Le Monde.fr avec AFP et Reuters | 16.09.2014 à 13h56

Au deuxième jour de grève à Air France, dont 60 % des vols étaient annulés mardi 16 septembre, les négociations tendues entre la direction et les syndicats de pilotes ne laissaient pas augurer une sortie de crise immédiate. Les pilotes de la compagnie ont déposé un préavis de grève du 15 au 22 septembre pour protester contre la stratégie de développement de la filiale à bas coûts Transavia.

Près de 60 % des vols Air France seront à nouveau annulés mercredi, en raison de la grève des pilotes, annonce la direction de la compagnie. « Nous prévoyons d'assurer au moins 40 % des vols, comme aujourd'hui, avec un taux de grévistes qui est stable, de 60 % », a déclaré lors d'un point presse Catherine Jude, directrice opérationnelle de la compagnie. « Il n'y aura pas blocage », a-t-elle ajouté.

« Hier comme ce matin, nos clients ont bien respecté les consignes (...) Nous n'avons pas assisté à une cohue dans les aéroports », a assuré Mme Jude. Elle a précisé qu'Air France avait envoyé près de neuf cent mille messages à ses clients pour les avertir des annulations de vol. Selon la compagnie, quelque cinquante-cinq mille appels de passagers ont été reçus lundi en France, « soit 10 % de plus qu'en temps normal ». « Nous avons renforcé de manière considérable les call centers [centres d'appel] de manière à faire face à ce volume d'appels considérable », a dit Mme Jude.

La grève est encore massivement suivie : 60 % selon la direction, 75 % selon le syndicat SNPL. Outre le SNPL, le SPAF (deuxième syndicat) a appelé à adhérer au mouvement jusqu'au 20 septembre et Alter (non représentatif) jusqu'au 18. Les pilotes redoutent que Transavia se développe au détriment d'Air France.

エールフランス航空よりお知らせ
http://www.airfrance-japan.jp/info_sep2014/info_ja.htm

パイロット組合によるストライキならびにそれに伴う欠航便に関するお知らせ(9月16日更新)
2014年9月16日 10:00 更新

2014年9月15日-22日の間エールフランス航空のパイロット組合によるストライキが予定されております。これを受け、エールフランス航空の一部のフライトの欠航が決定しております。

なお、HOP、KLMオランダ航空、デルタ航空等の他社運行によるエールフランス便は通常通り運航予定です。

2014年9月15日現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。 (日付は出発地ベース)

9月15日(月)
AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌16日 08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌16日 06:00
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌16日 08:10

9月16日 (火)
AF275便  成田発 11:45   パリ着  17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着  13:20
AF291便  関西発 11:30   パリ着  17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌17日 08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌17日 06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌17日 18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌17日 08:10

9月17日(水)
AF275便  成田発 11:45   パリ着  17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着  13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌18日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着  17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌18日 08:35
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌18日 08:10

9月18日(木)
AF275便  成田発 11:45   パリ着  17:10
AF291便  関西発 11:30   パリ着  17:00

その他の路線につきましては、ウェブサイトの 「運航情報 」からご確認ください。

Diard法の適用により、ストライキが施行される48時間までに、ストライキを実施するパイロットのより正確な人数が事前に把握できる見込みです。
今後のフライトにつきましてはご出発時間の24時間前までに、運航スケジュールの調整を行い、告知をさせて頂きます。ご予約記録にご連絡先を頂いている場合は、SMSもしくはEメールでお知らせ申し上げます。

9月15日から9月22日の間にエールフランスの運航便をご利用予定のお客様につきましては、下記の条件でご予約の変更を承ります。 

-9月14日ならびに9月23日から9月30日の間に運航されるフライトに変更される場合には、ご購入いただきました航空券と同じキャビンクラスへ無料でご変更いただけます。お客様ご自身でウェブサイトの 「 予約の確認・変更 」、モバイルサイト、もしくは航空券をご購入頂いたところで変更いただけます。

-9月30日より先の旅程変更、出発地または目的地の変更、もしくは旅行の中止をされる場合は、エールフランス航空及びKLMオランダ航空便でご利用いただけるクーポン(1年間有効)の発行をさせていただきます。航空券をご購入頂いたところまでお申し出ください。

ご予約のフライトがキャンセルまたは5時間以上の遅延の場合、航空券の全額の払戻しを致します(ただし航空券発券時の手数料は除きます)。 航空券をご購入されたところへお申し出ください。

上記に基づくご予約の変更・払い戻しにつきましては、9月30日までにお手続きください。

当該期間にフライトをご利用予定のお客様は、ご利用便の運航に影響が生じた際に最新のご案内をさせていただくため、下記のいずれからご連絡先の情報(携帯電話番号、Eメールアドレス)をご登録もしくは更新いただきますようお願い申し上げます。

2014年9月15日 (月)

エールフランス、2014年9月16日パリ発日本行き全便欠航、9/17日本発パリ行き全便欠航。

今回のエールフランスのストライキは、かなり大規模なものになっている様子。Le mondeによると、明日9/16は60%に当たる便が欠航となる。逆に言えば、40%しか運航されない。昨日、ストライキの時でも東京路線については通常、1本は運航される傾向にあることを書いたばかりだけど、今回のストライキは9/16のエールフランス自社運航便は、パリ発日本行きは東京便だけではなく、大阪・関空便を含めて全便欠航となる。したがって、翌9/17は、日本からパリに向かうエールフランス自社運航便については羽田線、成田線だけではなく関空線も含めて全便欠航となる。もしも、パリからさらに乗り継ぎで他の都市に向かうのであれば、残念ながらパリに到着できたとしても、そこから先のフライトが不確定であり、全便他社便での「パリを経由しない」振り替え輸送とならない限りは、今週のエールフランス航空を使った旅行は厳しいかもしれない。



Le monde
http://www.lemonde.fr/economie/article/2014/09/15/greve-a-air-france-moins-d-un-vol-sur-deux-lundi_4487314_3234.html

Grève à Air France : moins d'un vol sur deux lundi et mardi
Le Monde.fr | 15.09.2014 à 06h26 • Mis à jour le 15.09.2014 à 11h57

Au moins la moitié des avions de la compagnie Air France sont cloués au sol lundi 15 septembre en raison d'une grève des pilotes, une proportion qui peut grimper à huit appareils sur dix, selon un des syndicats engagés dans ce mouvement. Ainsi à Toulouse, 80 % des vols étaient annulés.

60 % de vols Air France annulés mardi

Pour ce premier jour de grève, la compagnie aérienne estime qu'elle est en mesure d'assurer près de la moitié des vols (48 %), après avoir recensé environ 60 % de grévistes. Pour la journée de mardi, la situation risque d'empirer, la compagnie prévoyant 60 % de vols annulés.

A Roissy, selon des sources aéroportuaires, 212 vols étaient annulés lundi, sur quelque 500 prévus. La situation était calme, sans retards prévus, ni annulations inopinées. Sur le panneau d'affichage, un seul vol (pour La Havane à 13 h 50) était annulé à chaud.

A Orly, il y avait 64 vols annulés, sur 140 pour une journée normale. Comme à Roissy, la situation était « calme » sans annulation à chaud, ni retard.

Cependant à Marseille, Toulouse et Lyon, les annulations étaient plus importantes que prévu. A Marseille-Provence (Marignane), trois vols Air France sur quatre (60 vols sur les 80 quotidiens) étaient annulés.

Selon le tableau d'affichage, au départ de Toulouse-Blagnac, 32 vols Air France, toutes destinations confondues, ont été annulés sur un total de 41 prévus, soit près de 80 %.

A Lyon, l'aéroport Saint-Exupéry a fait état de 71 % des vols Air France annulés : 12 au départ sur 18 programmés et 12 à l'arrivée sur 16 programmés. Sur le site internet de l'aéroport, on décomptait cependant 17 vols annulés sur 18 au départ et 14 sur 16 à l'arrivée.


エールフランス航空よりお知らせ
http://www.airfrance-japan.jp/info_sep2014/info_ja.htm

パイロット組合によるストライキならびにそれに伴う欠航便に関するお知らせ(9月15日更新) 
2014年9月15日 10:00 更新

2014年9月15日-22日の間エールフランス航空のパイロット組合によるストライキが予定されております。これを受け、エールフランス航空の一部のフライトの欠航が決定しております。
なお、HOP、KLMオランダ航空、デルタ航空等の他社運行によるエールフランス便は通常通り運航予定です。

2014年9月15日現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。 (日付は出発地ベース)

9月15日(月)
AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌16日 08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌16日 06:00
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌16日 08:10

9月16日 (火)
AF275便  成田発 11:45   パリ着  17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着  13:20
AF291便  関西発 11:30   パリ着  17:00

AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌17日 08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌17日 06:00
AF274便  パリ発 23:25   羽田着 翌17日 18:20
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌17日 08:10

9月17日(水)
AF275便  成田発 11:45   パリ着  17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着  13:20
AF293便  羽田発 22:15   パリ着  翌18日 4:00
AF291便  関西発 11:30   パリ着  17:00

その他の路線につきましては、ウェブサイトの 「運航情報 」からご確認ください。

Diard法の適用により、ストライキが施行される48時間までに、ストライキを実施するパイロットのより正確な人数が事前に把握できる見込みです。

今後のフライトにつきましてはご出発時間の24時間前までに、運航スケジュールの調整を行い、告知をさせて頂きます。ご予約記録にご連絡先を頂いている場合は、SMSもしくはEメールでお知らせ申し上げます。

9月15日から9月22日の間にエールフランスの運航便をご利用予定のお客様につきましては、下記の条件でご予約の変更を承ります。 

-9月14日ならびに9月23日から9月30日の間に運航されるフライトに変更される場合には、ご購入いただきました航空券と同じキャビンクラスへ無料でご変更いただけます。お客様ご自身でウェブサイトの 「 予約の確認・変更 」、モバイルサイト、もしくは航空券をご購入頂いたところで変更いただけます。

-9月30日より先の旅程変更、出発地または目的地の変更、もしくは旅行の中止をされる場合は、エールフランス航空及びKLMオランダ航空便でご利用いただけるクーポン(1年間有効)の発行をさせていただきます。航空券をご購入頂いたところまでお申し出ください。

ご予約のフライトがキャンセルまたは5時間以上の遅延の場合、航空券の全額の払戻しを致します(ただし航空券発券時の手数料は除きます)。 航空券をご購入されたところへお申し出ください。

上記に基づくご予約の変更・払い戻しにつきましては、9月30日までにお手続きください。

2014年9月14日 (日)

エールフランス、2014年9月15日から22日までストライキ。

実は一週間前からストライキ予告は出ていたんだけど、明日9/15から22日まで、エールフランスがストライキのために欠航便が出る様子。ストライキに当たってしまった場合でも、過去のストライキ時の運航便をみても、たいてい東京・パリ便については1日1便の運航はすることが多く、今回も羽田便のAF293/274便は回避している。

従来の成田2便体制の時には、AF277/278便が間引かれてAF275/276便が生き残るパターンが多く、私はストライキの危険性があるときには、本当であればAF278便のほうが現地滞在時間を長く取れて休暇を最大限に活用できるんだけど、あえて帰路はストライキ時の危険回避のためにAF278便を避けていた時期があった。

羽田2便、成田1便体制になって、今回が初めてのAFのストライキ。どの便が残るのかと注目していたら、羽田発深夜便が残った。欠航にならない便の予約を持っていれば、ストライキ時も問題なく、パリに飛べて、東京に帰ることができる。今回のストライキ、新ダイヤになって、どの便を運航するのかに注目していきたい。

Skyscanner

エールフランス航空よりお知らせ

2014年9月15日-22日の間エールフランス航空のパイロット組合によるストライキが予定されております。これを受け、エールフランス航空の一部のフライトの欠航が決定しております。
なお、HOP、KLMオランダ航空、デルタ航空等の他社運行によるエールフランス便は通常通り運行予定です。

2014年9月14日現在、欠航が決まっている日本発着便は以下となります。 (日付は出発地ベース)

9月15日(月)
AF276便  パリ発 13:40   成田着 翌16日 08:35
AF272便  パリ発 10:50   羽田着 翌16日 06:00
AF292便  パリ発 13:35   関西着 翌16日 08:10

9月16日 (火)
AF275便  成田発 11:45   パリ着  17:10
AF279便  羽田発 07:35   パリ着  13:20
AF291便  関西発 11:30   パリ着  17:00

その他の路線につきましては、ウェブサイトの 「運航情報 」からご確認ください。

Diard法の適用により、ストライキが施行される48時間までに、ストライキを実施するパイロットのより正確な人数が事前に把握できる見込みです。
今後のフライトにつきましてはご出発時間の24時間前までに、運航スケジュールの調整を行い、告知をさせて頂きます。ご予約記録にご連絡先を頂いている場合は、SMSもしくはEメールでお知らせ申し上げます。

9月15日から9月22日の間にエールフランスの運航便をご利用予定のお客様につきましては、下記の条件でご予約の変更を承ります。 

-9月14日ならびに9月23日から9月30日の間に運航されるフライトに変更される場合には、ご購入いただきました航空券と同じキャビンクラスへ無料でご変更いただけます。お客様ご自身でウェブサイトの 「 予約の確認・変更 」、モバイルサイト、もしくは航空券をご購入頂いたところで変更いただけます。

-9月30日より先の旅程変更、出発地または目的地の変更、もしくは旅行の中止をされる場合は、エールフランス航空及びKLMオランダ航空便でご利用いただけるクーポン(1年間有効)の発行をさせていただきます。航空券をご購入頂いたところまでお申し出ください。

ご予約のフライトがキャンセルまたは5時間以上の遅延の場合、航空券の全額の払戻しを致します(ただし航空券発券時の手数料は除きます)。 航空券をご購入されたところへお申し出ください。

上記に基づくご予約の変更・払い戻しにつきましては、9月30日までにお手続きください。

当該期間にフライトをご利用予定のお客様は、ご利用便の運航に影響が生じた際に最新のご案内をさせていただくため、下記のいずれからご連絡先の情報(携帯電話番号、Eメールアドレス)をご登録もしくは更新いただきますようお願い申し上げます。

弾丸ドゥブロヴニク大作戦3日目(1) 港のそばの市場へ。

Dbv1401
2014年7月25日金曜日。今日はモンテネグロのコトルに向けて旅立つ日。ドゥブロヴニク最後の朝、ホテル・ペトゥカのベランダからグルージュ港を眺める。

Dbv1402
フェリーが入港してきた。このフェリーはどこから来たのだろう?そんな想像をしながら港を眺めるのって楽しい。

Dbv1403
フェリーはターミナルに着き、自動車が降りてくるのを眺める。ドゥブロヴニクから船でどこかへ渡るというのもおもしろいかもしれないなぁ。

Dbv1404
ふと、グルージュ港の入口を見ると、さらに巨大な船が接近している。

Dbv1405
舳先はこちらに向かってこないので、どこにいくのだろう?入り江があるみたいだけど、ここ以外にあの巨大客船が停泊できる場所があるのかなぁ?

Dbv1406
時間がかかりそうなので、巨大客船を眺めるのを中断して、ホテル・ペトゥカの朝食会場に向かう。

Dbv1407
昨日はなかった、このお好み焼きのようなものは何だろう?

Dbv1408
2日目になると、ビュッフェの内容がわかってくるので、あまり食べ過ぎなくなる。でも、どうしても、お好み焼きのようなものが気になって取ってみる。

Dbv1409
小麦粉の生地を焼いたもので、ソースこそかかっていないけれど、やはりお好み焼きのような料理方法。

Dbv1410
朝食を済ませて、ふたたびベランダに出る。いつの間にか、豪華巨大客船は着岸している。しかも、こちら側が船のおしり。入り江に舳先を突っ込んで、自動車の車庫入れのように、バックして着岸したということなんだろうけど、こんなに巨大な船を操船できるのってすごい。

Dbv1411
今日はホテルをチェックアウトして、コトルにバスで向かう予定。だけど、バスの時刻は10時だし、すでにバスのチケットも購入済みなので、ホテルの周辺を散歩してみることにする。

Dbv1412
もちろん、目的地は昨日の朝、バスで旧市街に向かう時に見えた市場!

Dbv1413
旧市街の青空市場よりも規模が大きい。

Dbv1414
市場のお花屋さんも好きで、どのような花が売られているのかも楽しいし、国によってアレンジメントの方法が違うので、それもおもしろい。ドゥブロヴニクの花束のアレンジメントもおもしろいでしょ?

Dbv1415
昨日夕方にここに来たときは、寂しい雰囲気だったのに、多くの人で賑わっている。

Dbv1416
ずいぶんと大きなすいか。

Dbv1417
昨日も旧市街の青空広場で観察したけれど、この時期は桃や杏などが多い。

Dbv1418
野菜の並べ方も国や場所によって違うから楽しい。

Dbv1419
旧市街の青空市場よりも規模が大きいし、売られているものも観光客向けではなく、本当に地元の人が買うようなものばかり。

Dbv1420
旅をしていて、少しでもその地域で生活する風景に触れたいといつも思っている。市場は、その土地でなにが取れるのか。今はなにが旬なのか。その土地のことが少しでもわかるような気がして、やっぱり大好き。

Dbv1421
昨日は気がつかなかったんだけど、屋内にも市場があるみたい。

Dbv1422
人々で賑わっている場所があるのでのぞいてみる。

Dbv1423
建物の中は魚市場になっていて、並んでいる先にあるものは新鮮そうなイワシ!

Dbv1424
ドゥブロヴニクの市場は様々な魚が並べられており、レストランで魚が美味しいのも納得できる。

Dbv1425
新鮮な青魚が売られている場所って、魚がおいしい。この市場の魚って、色々な国の市場を見ているけど、本当に新鮮な感じ。

Dbv1426
なんておいしそうなアジ。

Dbv1427
マグロが解体されている。

Dbv1428
だけど、どことなく雑な感じ。きっと、トロなんて珍重されていないんだろうなぁ。

Dbv1429
鯛も売られており、本当に様々な種類の魚が売られている。アドリア海って豊かな海なんだなぁ。

Dbv1430
市場でスーパー袋いっぱいに魚を買って帰る人々。

Dbv1431
市場をあとにして、ホテルに向かう。ドゥブロヴニク滞在最後となる、朝の市場巡り、なかなか楽しかった。

Dbv1432
フェリーターミナルをのぞいてみる。

Dbv1433
フェリーターミナルには出入国管理所がある。私がもう少し休みが取れれば、ドゥブロヴニクにもう何泊かしてのんびりした後に、ここから国境線をまたいで、船の旅をしてみたかったなぁ。さすがに、巨大客船には乗れないけど・・・。

2014年9月10日 (水)

弾丸ドゥブロヴニク大作戦2日目(7) ホテル・ペトゥカのそばで夕ごはん。

Dbv1301
夕方になっても7月のヨーロッパはまだまだ明るい。そろそろ、ドゥブロヴニク旧市街に別れを告げる。明日はバスターミナルからコトルに向かってしまうので、昨日の夕方から何度も通ったプラツァ通りともこれでお別れ。

Dbv1302
最後に、昨日と同じく「ドルチェ・ビータ」“Dolce Vita”でピスタチオのアイスを買って、歩きながら食べる。

Dbv1303
ピレ門から出て、城壁都市ドゥブロヴニクの旧市街とはこれでお別れ。夕方になっても、まだ多くの観光客で賑わっている。

Dbv1304
バス停でバスを待つ。

Dbv1305
昨日、下りたバス停はホテル・ペトゥカの手前だったので、その次のバス停まで乗ってみることにする。やっぱり、グルージュ港が見えてすぐのバス停で降りたほうがいいみたい。うーん、ホテル・ペトゥカをかなり通過して、行き過ぎ・・・。

Dbv1306
バスターミナルまで行ってしまう。でも、おみやげを買いにスーパーマーケットに寄るつもりだったから、これでいいんだけど。

Dbv1307
バスターミナルから歩いてホテルに帰るときに、大きめのスーパーKONZUMがある。

Dbv1308
けっこう大きめのスーパーなので楽しい。水なども旧市街の小さなKONZUMよりも安く売られている。スーパーマーケットも大好きで、いかにその国らしいものを見つけるかが楽しいんだけど、フランスだと地方によって地方らしいお菓子なども見つかるんだけど、これぞクロアチア産!というような特徴があるお菓子が見つからず、おみやげ探しに苦戦する。

Dbv1309
ウェハースのお菓子が多く、職場のおみやげにはウェハースを購入。ウェハースというと、ウィーンで買ったMannerが美味しかったなぁ。文化圏としてつながっているのかなぁ?

Dbv1310
ホテル ペトゥカ“Hotel Petka”に到着。いったん、スーパーマーケットで買ったおみやげを置くためにホテルに戻ることにする。

Dbv1311
のどが渇いたので、KONZUMで買ったアイスティーを飲む。ヨーロッパでアイスティーといえば、これ。炭酸入りのアイスティーも好きなんだけど、ここにはないみたい。

Dbv1312
クロアチアの通貨「クーナ」のコインって、人物画ではなく、鳥や魚や熊が描かれていて、かわいい。

Dbv1313
19時過ぎに夕食を食べるために、再びホテルを出る。

Dbv1314
ホテル・ペトゥカには少し手前だけど、グルージュ港が見えて最初にある、このバス停で降りるのが便利。

Dbv1315
お菓子屋さんかなぁ?と思ってのぞいてみる。こういう、ごく普通の小さなお店って好き。

Dbv1316
ドーナッツみたいなものと、パイのようなものが並べられている。ちょっと食べてみたいけど、これから夕ごはんを食べに行くのでさすがに我慢。

Dbv1317
小さなKONZUMがあるけど閉まっている。

Dbv1318
えっ?このKONZUM、7:00-14:00という不思議な営業時間。

Dbv1319
というのも、今朝、バスで通りかかったときに車窓から見えたけど、この広場では市場が開かれている。たぶん、市場の開催されている時間帯に合わせてお店を開けるのだろう。明日朝、市場が開いていたら見に来ようかな。

Dbv1320
今回のドゥブロヴニク滞在では、少なくとも大はずれはしないだろうと思って、ずっとガイドブック「地球の歩き方」掲載店。ホテルに一番近い掲載店の、ビストロ・グロリイェット“Bistro Glorijet”へ。

Dbv1321
店内は落ち着いた雰囲気。ガイドブックによると「観光客よりも地元の人の利用者が多い」ということだけど、私の他には日本人2組しかいない・・・。そう、日本人で貸し切り状態。ホテル・ペトゥカ自体も日本人が多いし、そのホテル・ペトゥカから一番近いガイドブック掲載のレストランだから、まぁ仕方がないか。しかも、あまりお手頃の価格ではないと思うけど・・・。どうもドゥブロヴニクの物価って観光地価格なのか、物価が安い気がしない。

Dbv1322
今回の旅行は、暑い日差しの中を歩き回ったから、やっぱりビール。

Dbv1323
前菜はアンチョビのレモンジュース和え。これで50クーナ。1クーナはこのときのレートで約18円くらい。

Dbv1324
そして、メインは焼き魚。最初は、「時価」のショーケースの中の魚を頼もうとしたら、1匹だと1人では多いと言うので、90クーナのフィレで頼む。おもしろいのは、フィレが3切れ。1匹分と半身だけど、残ったもう半身はどうするんだろう?新鮮な魚は単純な料理方法が一番美味しいので、焼き魚にして正解!以前に、リスボンで食べたイワシの炭火焼きも美味しかったなぁ。

Dbv1325
デザートにダルマチア風プリンの「ロジャータ」があったので、頼もうかどうか悩んだんだけど、普通のプリンのような気がして頼まずに外に出る。ドゥブロヴニクのレストラン、総じて食後のデザートはどうします?とは聞いてこない。フランスのレストランのように聞いてくれれば、「それじゃあ、お願いします」と頼んだのに・・・。ようやく太陽が沈む時間。

Dbv1326
グルージュ港には、遊覧船が停泊している。

Dbv1327
デザートを頼まなかったのは、実は先ほど見かけたお店のドーナッツを食べてみたかったから。でも、想像した通りの、中にジャムが入っている揚げドーナッツ。

Dbv1328
ここでも、釣り人が。ドゥブロヴニクでは、釣り竿を使わない手釣りが普通なのかなぁ?でも、釣っている人がいるんだから、きっと釣れるんだろうね。

Dbv1329
帰り道にベーカリーの看板が目にとまる。ホテルのすぐそばにもベーカリーがあるんだ。

Dbv1330
お店をのぞいてみると、パイのようなケーキが置いてある。ウィーンだったかなぁ?ドイツだったかなぁ?こんなケーキを見かけたような気がする。もう、興味を持ってしまうと、試してみたくなってしまう。

Dbv1331
ホテルに戻り、レストランで食べなかったデザートを食べることにする。

Dbv1332
「シュトゥルドゥラ」と呼ばれるケーキ、クリームが挟まれていて、なかなか美味しい。

Dbv1333
そして、ホテルのバルコニーに座り、ホテル・ペトゥカから眺めるグルージュ港の夜景。楽しかったドゥブロヴニクの余韻に浸る。ドゥブロヴニクは、滞在していて、どこかのんびりできる町。しばらく、ここに滞在してのんびりしたい気分になってくる。そんな町の雰囲気を、200枚以上の写真で伝えてきたけど、少しはドゥブロヴニクの町の魅力をつたえることができただろうか。しかし、この町は写真で満足するのはもったいない。写真よりも、自分の目でぜひこの風景を見て、アドリア海に降り注ぐ太陽の光を浴びて、アドリア海の海風を感じてほしい。私も、次回はもう少しドゥブロヴニクに滞在して、さらにドゥブロヴニクの町を味わいたい。できれば、その時は隣に美しい景色を共感できる人と一緒に。

2014年9月 7日 (日)

弾丸ドゥブロヴニク大作戦2日目(6) ドゥブロヴニクのビーチへ

Dbv1201
民族学博物館を出て、坂を下る。石段に腰かけて、その場で刺しゅうを作りながら、売っているおばちゃんがいる。ドゥブロヴニクではよく見かける光景。

Dbv1202
小さな教会の隣にマリン・ドゥルジッチの家がある。マリン・ドゥルジッチは、ドゥブロヴニク出身の作家であり、スポンザ宮殿のそばにある鼻が金色に輝く銅像の人物。この小さな博物館も、ドゥブロヴニク・カードで無料。ちなみに、マリン・ドゥルジッチにはあまり興味はないけれど、この小さな博物館はエアコンがよく効いており、とても涼しい。

Dbv1203
人々で賑わう路地を進む。

Dbv1204
セビリア正教会の建物は、開いておらず中には入れない。独立戦争展示館で見たとおり、戦争をした相手国だからかなぁ?

Dbv1205
路地を進むと見慣れた青空市場に出る。さすがに午後の時間になると野菜などの屋台はなくなっている。

Dbv1206
ルジャ広場に戻る。これで、ほぼドゥブロヴニクの城壁内は巡ることができたかなぁ?たぶん、見逃しているところもあるんだろうけど、観光スポット巡りは終了。

Dbv1207
ドミニコ会修道院の手前には、刺しゅうをその場でつくる民族衣装を着たおばちゃんがいる。

Dbv1208
プロチェ門から城壁の外へ向かう。

Dbv1209
スルジ山の山頂から見たビーチをどうしても見てみたくなって、歩いてビーチに向かう。だって、上空から見る限り、海が透き通っていてきれいだったんだもの。

Dbv1210
近くでビーチを見ると、想像通り、美しいアドリア海の奥にドゥブロヴニク旧市街が浮かんでいる美しい風景。

Dbv1211
海の水がなんて透き通っているんだろう。海水浴の準備はしていないけれど、ビーチに下りてみることにする。

Dbv1212
旧市街の城壁を見ながら、ここでのんびりすることができたら最高だろうなぁ。ドゥブロヴニクは、1週間くらいのんびり滞在したほうがいいのかもしれない。

Dbv1213
ビーチの手前側は、ビーチベッドはなく砂浜にシートを引いて寝そべっている。ヨーロッパの人って日光浴が大好き。きっと、バカンスの時期に太陽を求めて様々な国から来ているんだろうなぁ。

Dbv1214
海沿いの岩の上に腰をかけて、美しいアドリア海を感じる。波の音を聞き、潮風を感じる。今回の旅行、ここに来てよかったなぁ。旅行に出て、美しい風景を眺めながら、ぼーっとしているときほど幸せなときはない。でも、この美しさを共感できる人が隣にいないのがちょっと寂しい。

Dbv1215
アクティビティもあるみたい。やっぱり、ビーチで丸1日のんびりするという旅程を時間があれば組みたかったなぁ。

Dbv1216
しばらく岩に腰かけて美しいアドリア海を見て、ビーチから再び旧市街に向かう。

Dbv1217
旧市街では、ベーカリーとかケーキ屋をなかなか見つけることができなかったんだけど、ふとベーカリーを発見。ふとプロチェ門の前のベーカリーに立ち寄ってみる。

Dbv1218
旧港を見渡せるベンチを発見。

Dbv1219
先ほどのベーカリーで名前はよくわからないけど、美味しそうに感じてケーキを1つ買ってみる。今回の旅行で、初めてのちゃんとしたケーキ。パイ生地の中にカスタードクリームがたっぷり入っていて美味しい。

Dbv1220
旧市街に戻る途中で、花嫁さんかなぁ?こんなところで結婚式を挙げたら素敵だろうなぁ。相手がいれば、新婚旅行をかねて結婚式はドゥブロヴニクで!

Dbv1221
夕方になってもまだ日が高いので、旧港から50分間のミニクルーズに参加してみることにする。沢山のカウンターが並んでいるけど、どの船がよいのかわからないので、出発時間が迫っている、一番待ち時間が少ない船に乗ることにする。

Dbv1222
「パノラマ、パノラマ」と宣伝しているので、なにがパノラマかと言えば、グラスボートになっている。

Dbv1223
けっきょく、乗客は私を含めて4名だけなので、のんびりとしたクルーズに。

Dbv1224
いざ、船は出航。左手に岩山を見ながら、船は港を出る。

Dbv1225
堅牢な要塞で守られた旧港を出る。

Dbv1226
船は城壁に沿って進む。船に乗って海側から見ると堅牢な高い城壁で町が守られていることがよくわかる。

Dbv1227
先ほど立ち寄った、海辺のカフェが見える。

Dbv1228
船は城壁沿いに進み、スルジ山が見えるボカール要塞付近でUターンし、今度はロクルム島を目指す。

Dbv1229
ロクルム島は、岩がちの島だけど、自然溢れるおもしろそうな島。何日かドゥブロヴニクに滞在するなら遊びに行ってみたいけど・・・。

Dbv1230
ロクルム島の船乗り場のあたりは湾になっており、波も穏やか。家族でボートに乗って来ているのかなぁ?

Dbv1231
ロクルム島を離れると、海沿いにぽっかり洞窟のようになっている場所がある。シーカヤックのツアーがあるみたい。シーカヤックツアーもちょっと、おもしろそう。

Dbv1232
先ほど潮風に当たり、のんびりしていたビーチが近づいてくる。

Dbv1233
そして、ボートは旧港に向かう。時間があれば、ドゥブロヴニクは楽しめる場所や、アクティビティが沢山ある。今回は、5日間の休暇で行く弾丸旅行なので、ドゥブロヴニクに滞在できるのは今日1日だけだけど、今度、ドゥブロヴニクを訪れるときは、ここでのんびり過ごしたいなぁ。そして、その時は一人旅ではなく!

2014年9月 4日 (木)

2015年2月1日、ヴァージンアトランティック航空、日本撤退。

2014年9月3日に、すでにヴァージンアトランティック航空のWEBでも発表になっている通り、ヴァージンアトランティック航空は、2015年2月1日をもって日本から撤退する。主要株主がシンガポール航空からデルタ航空に代わり、デルタ航空とのパートナーシップにて大西洋路線を充実させるために、日本路線から撤退する。

http://www.virgin-atlantic.com/gb/en.html

Skyscanner 【海外・国内格安航空券、ホテル検索サイト】

ヴァージンアトランティック航空は、現在ではどの航空会社も長距離線では普通になった、個人モニタとオンデマンドによるエンターテイメントシステムが、私がロンドン線に搭乗した2002年には導入されており、先端を行く航空会社だった。

その反面、ロンドンからヨーロッパ各地への路線を持たないために、bmiと提携していた時期もあったけど、けっきょくはロンドンに単純往復する以外は使い勝手が悪い。なので、イギリスに行く時以外は、サービスがよいのは認めるけれど残念ながらあまり利用価値がない。そのため、成田空港でエアバスA340-600を見られなくなるのが寂しいくらいで、それでは利用するかと言えば、たぶんイギリスに行く時以外は利用しないだろうなぁ。

今回のこの決断は、BAと対抗意識が強いリチャード・ブランソンらしくない。この決断は、日本路線でVSがBAに負けることを意味している。日本路線撤退に伴い、羽田空港でイギリスが持つ発着枠もBAに譲るのだろうか。機材を中型機のボーイングB787にすればいいだけで、日本路線を残す方法はなかったのか。

今回の撤退は、日本路線の問題というよりも、優先されたのはロンドン・ヒースロー空港(LHR)の発着枠の問題だろうなぁ。すでに飽和状態のLHRの発着枠を有効利用する際に、増便を行うためにはどこかを減便させなければならない。したがって、北米路線を増便するためには、スロットを空けなければならない。その際に採算性の悪い東京便がANAとコードシェアで代替できることもあり、対象となってしまったのだろう。

このヴァージンアトランティック航空の日本路線からの撤退、もしも羽田空港の発着枠をBAに譲るということになれば、現在、BAは羽田1便、成田1便で運行しているが、BA5/6便も羽田空港に移管されて羽田2便となり、もしかしたら、成田空港からロンドンに行く便が壊滅する可能性がある。そうなると、もっとも影響を受けるのは、ネットワークがどんどん縮小する成田空港なのかもしれない。

*****************************************************
Virgin Atlantic announces plans to strengthen its network and invest in customer experience

Posted Wednesday, 3 September 2014 at 10:30

Virgin Atlantic has announced its plans to grow to record levels of sustained profitability by 2018. Building on its existing two year recovery plan, which is on target to deliver an annual profit by the end of 2014, the airline is now shifting focus onto positioning its business for long term success.

In order to achieve this ambition, Virgin Atlantic plans to update its network and make significant investment into the Virgin Atlantic customer experience.

Virgin Atlantic Network Update:
Virgin Atlantic has identified opportunities for investment into its transatlantic schedule as it looks to maximise the benefits of its joint venture partnership with Delta Air Lines. Today it is outlining a programme of network changes that will significantly increase its presence in the key UK – US travel market, whilst it continues to fly to major strategic destinations in the rest of the world and retain a relevant global presence. The network changes will deliver up to five new daily transatlantic flights and see over 500 more Virgin Atlantic flights operate in summer 2015 compared to summer 2014.

The proposed changes include:

A new daily service from London Heathrow to Detroit*

An additional daily service from London Heathrow to New York, JFK

An additional daily service from London Heathrow to Los Angeles

An additional daily service during the summer season from London Heathrow to Atlanta

An additional summer seasonal service from London Heathrow to San Francisco flying five times a week

An additional daily service during the winter season from London Heathrow to Miami

A transfer of operations with joint venture partner Delta Air Lines that will see Virgin Atlantic fly a daily service between Manchester and Atlanta and Delta fly one of Virgin Atlantic’s existing London Heathrow to Newark services**.

In addition, Delta Air Lines will launch a new daily service between Manchester and New York JFK in Summer 2015.

In order to maximise these opportunities, further proposed changes will include:
A withdrawal of operations to Tokyo Narita with the final flight from London to Narita on 31 January 2015 and the final flight from Narita to London on 01 February 2015.

A withdrawal of operations to Mumbai with the final flight from London to Mumbai on 31 January 31st 2015 and the final flight from Mumbai to London on 01 February 2015.

The summer seasonal service from London Heathrow to Vancouver will not return after this season’s flying programme is completed on 11 October 2014.

The winter seasonal service to Cape Town will operate as planned in winter 2014/15 but will not be renewed the following winter. The final flight from London to Cape Town will be on 26 April 2015 and the final flight from Cape Town to London on 27 April 2015.

The intended changes will enable Virgin Atlantic to better utilise its fleet by flying routes which deliver maximum profit or strategic importance, whilst matching customer desire to travel to other global destinations. Virgin Atlantic remains deeply committed to all of its global destinations and its network will include a continued presence in South Africa through its Johannesburg service, a continued presence in India through its Delhi service, as well as flights to other key destinations in Asia, Africa, Caribbean and the Middle East.

The new route from London Heathrow to Detroit, and the new services from Heathrow to LA, New York JFK, Miami and San Francisco and the service from Manchester to Atlanta will all form part of Virgin Atlantic’s joint venture with Delta Air Lines. The increased transatlantic flying will enable the Virgin Atlantic and Delta partnership to grow and provide an even stronger competitor to other transatlantic alliances. Across the joint venture, Virgin Atlantic and Delta Air Lines will now offer ten daily services from London to the New York area, including eight daily services between London Heathrow and New York JFK, the world’s number one business travel route. There will be greater choice for customers, with the new service to Detroit offering over 100 connecting opportunities across North and Central USA to destinations such as Cincinnati, New Orleans, Memphis and Indianapolis.

Virgin Atlantic Chief Executive Craig Kreeger said:

“Our ambition is to be profitable for the long term, earn competitive returns, and invest those into providing the very best experience for our customers on the routes they most want to fly.
Transatlantic flying has always been at the heart of our network and our most financially successful region. Today’s announcement allows us to play to our strengths and focus our network on routes between the UK and US, as well as other critical global destinations that are most important to our customers.
We are confident that with this strengthened network, our new aircraft and our welcoming people delivering unrivalled service, we have all the right ingredients to achieve long-term success.”

Customer investment

Among the plans the airline has set out is a commitment to investing in customer experience. A major programme of work is already underway that will see £300m invested by the end of 2018, on the ground and in the air. The imminent arrival of Virgin Atlantic’s first Boeing 787-9 will continue a fleet modernisation programme of over £2bn that will give it one of the youngest fleets in the world.

Virgin Atlantic would like to thank its customers and staff in Tokyo, Cape Town, Mumbai and Vancouver for their loyalty and commitment to our services. In the future if Heathrow gains its long overdue expansion, Virgin Atlantic would love to re-enter Tokyo, Cape Town, Mumbai and Vancouver.

2014年9月 3日 (水)

羽田空港0:30発エールフランスAF293便。

すでに公式ホームページでも発表されていることだし、冬季スケジュールなんてずいぶん前に発表になっているので、まったく目新しい話題ではないんだけど、2014年10月26日から、エールフランス羽田便の時刻が変更となる。

Skyscanner 【海外・国内格安航空券、ホテル検索サイト】

*****************************************************

エールフランスの旅が、この秋からさらに便利に
エールフランス航空2014年冬期スケジュール

http://www.airfrance.co.jp/JP/ja/local/resainfovol/meilleuresoffres/winter_schedule.htm

2014年10月26日より、エールフランス航空の東京(羽田・成田)発着の運航時刻が、下記の通り変更となります。

都心からアクセスの良い羽田 - パリ路線は、お客様のニーズに応え、よりご利用しやすい時間帯からチョイスが可能です。

羽田空港 発 => パリ シャルル・ド・ゴール空港 着
• 午後発:日本各地から国内線からの乗継ぎも便利
• 夜発:仕事の後に余裕で出発、到着してから一日をフルに使えます

パリ シャルル・ド・ゴール空港 発 => 羽田空港 着
• ヨーロッパ各地からの乗継ぎにも余裕の時間帯
• 夕方・夜の出発で、現地での滞在をより長くお楽しみいただけます

パリ、そしてその先のヨーロッパの都市へ、東京(羽田・成田)から毎日最大3便を自社運航いたしております。
バカンスに、お仕事に、さらに便利になるエールフランス航空をぜひご利用ください。

※ 国土交通省認可申請予定
※ スケジュールは変更される場合がございます。最新のスケジュールは、ウェブサイトにてご確認ください。

エールフランス 羽田発着 運航スケジュール
(2014年10月26日~2015年3月28日)

(羽田→パリ)
AF279 HNDCDG 13:40 18:25 ※月木土日
AF293 HNDCDG 00:30 05:30

※2014年10月26日AF293便は、22:15羽田発、翌日03:25パリ着となります。2014年10月27日はAF293便の運航はございません。AF293便は2014年10月28日より上記スケジュールにて運航いたします。

(パリ→羽田)
AF272 CDGHND 16:10 12:10+1 ※水金土日
AF274 CDGHND 23:25 19:25+1

*****************************************************
旅行者にとっては、特に深夜便を利用する旅行者にとっては、今回のスケジュール変更は便利になったと感じている。

まず、今までは羽田7:35発だったAF279便が朝便から昼便に変更になり、成田発のAF275便と同じような時間帯に時刻変更になっている。さすがに羽田7:25発のAF279便に乗るためには、東京近郊であっても早朝の交通手段が確保できないので、使い勝手がよいとは言えなかったが、使いやすい時間帯になった。しかし、AF275便と変化をつけるために、以前に成田3便体制だったときの成田発AF279便は10:30発と早めだったので、パリ以遠の乗り継ぎを考慮して、AF275便よりも早めの10:30発の時間設定でもいいと思うけど。

しかし、このダイヤ設定だと、成田便であるAF275便と同じような時間帯になってしまい、いずれ羽田便であるAF279便がデイリー運行になって、成田便のAF275便がヌメア(ニューカレドニア)接続便のある日のみの運行になってしまうのではないだろうか。

次に、深夜便のAF293便は、以前に運行されていた日本航空JL41便とほぼ同じスケジュールになり、仕事帰りにたとえ残業しても余裕を持ってパリに行けるようになり、さらに以前は早朝4時前の到着で朝が早すぎたので、パリの到着時間も早朝5:30となり、パリ市内に出るにも、パリ以遠に乗り継ぐにも楽になった。

しかも、すばらしいのが、パリから羽田に向かうAF274便については変更がほとんどないということ。羽田空港到着が深夜ではないので、羽田空港到着後に、帰宅するために十分な時間があるということ。これで、AF293/274便を利用すれば、休暇を最大限に使用し、現地滞在時間を最大限にして、ヨーロッパを楽しむためには、さらによい便になった。その反面、日付をまたいでしまったので、安い予約クラスの航空券だと、最低滞在日数が3日という制限がついてしまうので、AF深夜便を使っての休暇4日間でヨーロッパに弾丸旅行に行くのは厳しくなってしまったけど・・・。あと30分繰り上げて、23:55発にしてくれればよかったのに・・・。

朝便だったパリ発羽田行きAF272便については、夏季スケジュールと同様に、早朝6時羽田到着のダイヤ、もしくは深夜早朝枠の時間帯に到着するダイヤでもよかった気がする。少しでも早くパリから東京に到着したい、東京に早朝に到着したいという需要もあるような気がする。羽田空港であれば、早朝到着して、そのまま職場に直行という方法も取れなくはないだろうし、ビジネス用途の人だったら、午前中の会議に出席するために早朝に東京に到着したいという人もいるだろう。以前のJL42便はどの程度の需要があったのだろうか。機材は以前の成田空港発AF279便のように、朝便として10:30発に折り返せばいい。

AF293便とAF272便を深夜早朝枠の時間帯に移せば、フランスが持っている昼間時間帯の発着枠が空くので、そこにヌメア(ニューカレドニア)便を持ってくる。そして、羽田空港でエアバスA380の運行が許可される。そうすれば、エールフランスが成田空港撤退という日が来るのかもしれないなぁ。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

Link

無料ブログはココログ