2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 【速報版】突然のシンガポール | トップページ | エールフランスのストライキ、ようやく終了。 »

2014年9月28日 (日)

弾丸ドゥブロヴニク大作戦3日目(4) コトルの城壁巡り。

次に「ラッフルズホテルに一人で泊まるシンガポールの旅」が控えているけど、まずはドゥブロヴニクの旅を完結させなければ・・・。今回の旅行記、たくさんの写真を使って、雰囲気を伝えたいと思って書き始めたらペースが遅くなってしまっている。だけど、モンテネグロのコトルについても、引き続きお話のペースはゆっくりめに紹介する。

Dbc1701
すでに時間は1時半を過ぎているので、荷物を簡単に片付けて、「ホテル マリア」を出て、お昼ごはんを食べるレストランを探すことにする。

Dbc1702
ホテルの裏手には小さな教会がある。

Dbc1703
ホテルマリアの3階の真ん中の部屋が、私の部屋。ホテルマリア、日本語の口コミ情報も発見できなかったのでどういうホテルか心配だったんだけど、なかなか旧市街にあるかわいらしいホテル。1階はレストランになっている。

Dbc1704
小さな町は少し歩くとまた別の教会がある。かわいらしい聖ルカ教会。

Dbc1705
城壁の手前にある「バスティオン」というレストランのオープンテラスに座る。コトルは小さな町なので、のんびりした雰囲気。

Dbc1706
ネコものんびり。

Dbc1707
日差しが強いので、ビールをもらう。

Dbc1708
前菜は魚のスープ。

Dbc1709
メイン料理の付け合わせのサラダ。旅行をしていると、たまに生野菜を食べたくなる。

Dbc1710
メイン料理は、近海の海の幸の盛り合わせ。イカやエビ、魚がグリルされていたり、揚げられたりして、なかなか幸せな盛り合わせ。

Dbc1711
レストラン・バスティオンのすぐ横は、城壁になっている。城壁の外に少しだけ出てみることにする。

Dbc1712
海から近いのに、川が流れているようで、城壁の外は橋になっている。橋から風景を見渡すと、なんといっても切り立った岩山が美しい。そして、城壁は切り立った岩山にも張り巡らされている。

Dbc1713
山から流れる川の水は透き通っているけど、どことなく緑がかった色をしている。

Dbc1714
まず、町を探検する前に城壁を登ってみることにする。コトルの城壁は、ドゥブロヴニクの城壁とは違って、岩山を登っているので、体力があるうちでないと厳しい。

Dbc1715
町並みは石造りの家が並んでいる。

Dbc1716
城壁の入口を目指して坂を上りはじめる。

Dbc1717
3ユーロを支払って、城壁を登りはじめる。石の階段になっている。

Dbc1718
少し登ったところで、コトルの町を眺める。町を歩いていると気がつかないんだけど、ドゥブロヴニクのようにオレンジ色の屋根で統一されている。

Dbc1719
コトルの町は岩山に囲まれたコトル湾の最も奥に位置しており、城壁で守られた要塞のような町。

Dbc1720
さらに階段を上る。この日は日差しが強く、もう途中で暑くて登るのが辛くなってきた。

Dbc1721
岩山の山腹にある救世聖女教会に到着。岩山の上の方までハイキングコースは続いているけど、もう日差しに負けて、これ以上登る気力はない・・・。

Dbc1722
ということで、写真を撮るために、もっと高い位置に登りたかった気もするけど、ここからコトルの町を眺めることにする。コトルの町は城壁に囲まれた町だけど、全体的には小さい。小さな町だけど、オレンジ色の屋根の石造りの建物が縦並び、なかなかかわいらしい。

Dbc1723
そして、なによりも岩山とコトル湾の風景がすばらしい。この風景を見ただけでも、モンテネグロに来てよかったと思う。なによりも、岩山と海の風景がいい。今回、フライトの都合でコトルに立ち寄って見たんだけど、ドゥブロヴニクからコトルに向かうバスの車窓の風景といい、モンテネグロの風景が気に入っている。だって、ずっと眺めていても、美しいじゃない。

Dbc1724
コトルの町を見渡してみる。旧市街の奥には町が広がっている。左側の真ん中にある青い建物がコトルのバスターミナル。奥に見える山の向こうがティヴァトの町だけど、こんな岩山ばかりの場所に本当に空港があるのだろうか。コトルから4キロくらいしか離れていないはずなんだけど・・・。岩山だらけの場所にあるティヴァト空港は、たしかに「最も離着陸が難しく危険な空港の1つ」なのかもしれないなぁ。

Dbc1725
2つの塔が特徴的な聖トリプン教会。

Dbc1726
路地は複雑に入り組んでおり、町を歩くのが楽しそう。だけど、本当に小さな町なので、風景にひかれて地図を見ないで歩いても、何とかなりそうな感じ。

Dbc1727
モンテネグロの風景をゆっくり眺めて、汗も引いてきたので、救世聖女教会に入ってみることにする。

Dbc1728
気持ちが落ち着いたところで、「救世聖女教会」の中に入り、深呼吸。

Dbc1729
頂上まではとても行く気になれず、残念ながら今回はここで断念・・・。もう少し涼しい時期だったら、がんばったかもしれないけど、7月の日差しに負ける。

Dbc1730
ふと、山を下りようと思って振り返ると、モンテネグロという国名は「黒い山」という意味みたいだけど、本当に海沿いなのに切り立った岩山が美しい。

Dbc1731
下山して、コトルの町の町歩きに向かう。

« 【速報版】突然のシンガポール | トップページ | エールフランスのストライキ、ようやく終了。 »

クロアチア」カテゴリの記事

モンテネグロ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/60391187

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸ドゥブロヴニク大作戦3日目(4) コトルの城壁巡り。:

« 【速報版】突然のシンガポール | トップページ | エールフランスのストライキ、ようやく終了。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ