2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2015年2月1日、ヴァージンアトランティック航空、日本撤退。 | トップページ | 弾丸ドゥブロヴニク大作戦2日目(7) ホテル・ペトゥカのそばで夕ごはん。 »

2014年9月 7日 (日)

弾丸ドゥブロヴニク大作戦2日目(6) ドゥブロヴニクのビーチへ

Dbv1201
民族学博物館を出て、坂を下る。石段に腰かけて、その場で刺しゅうを作りながら、売っているおばちゃんがいる。ドゥブロヴニクではよく見かける光景。

Dbv1202
小さな教会の隣にマリン・ドゥルジッチの家がある。マリン・ドゥルジッチは、ドゥブロヴニク出身の作家であり、スポンザ宮殿のそばにある鼻が金色に輝く銅像の人物。この小さな博物館も、ドゥブロヴニク・カードで無料。ちなみに、マリン・ドゥルジッチにはあまり興味はないけれど、この小さな博物館はエアコンがよく効いており、とても涼しい。

Dbv1203
人々で賑わう路地を進む。

Dbv1204
セビリア正教会の建物は、開いておらず中には入れない。独立戦争展示館で見たとおり、戦争をした相手国だからかなぁ?

Dbv1205
路地を進むと見慣れた青空市場に出る。さすがに午後の時間になると野菜などの屋台はなくなっている。

Dbv1206
ルジャ広場に戻る。これで、ほぼドゥブロヴニクの城壁内は巡ることができたかなぁ?たぶん、見逃しているところもあるんだろうけど、観光スポット巡りは終了。

Dbv1207
ドミニコ会修道院の手前には、刺しゅうをその場でつくる民族衣装を着たおばちゃんがいる。

Dbv1208
プロチェ門から城壁の外へ向かう。

Dbv1209
スルジ山の山頂から見たビーチをどうしても見てみたくなって、歩いてビーチに向かう。だって、上空から見る限り、海が透き通っていてきれいだったんだもの。

Dbv1210
近くでビーチを見ると、想像通り、美しいアドリア海の奥にドゥブロヴニク旧市街が浮かんでいる美しい風景。

Dbv1211
海の水がなんて透き通っているんだろう。海水浴の準備はしていないけれど、ビーチに下りてみることにする。

Dbv1212
旧市街の城壁を見ながら、ここでのんびりすることができたら最高だろうなぁ。ドゥブロヴニクは、1週間くらいのんびり滞在したほうがいいのかもしれない。

Dbv1213
ビーチの手前側は、ビーチベッドはなく砂浜にシートを引いて寝そべっている。ヨーロッパの人って日光浴が大好き。きっと、バカンスの時期に太陽を求めて様々な国から来ているんだろうなぁ。

Dbv1214
海沿いの岩の上に腰をかけて、美しいアドリア海を感じる。波の音を聞き、潮風を感じる。今回の旅行、ここに来てよかったなぁ。旅行に出て、美しい風景を眺めながら、ぼーっとしているときほど幸せなときはない。でも、この美しさを共感できる人が隣にいないのがちょっと寂しい。

Dbv1215
アクティビティもあるみたい。やっぱり、ビーチで丸1日のんびりするという旅程を時間があれば組みたかったなぁ。

Dbv1216
しばらく岩に腰かけて美しいアドリア海を見て、ビーチから再び旧市街に向かう。

Dbv1217
旧市街では、ベーカリーとかケーキ屋をなかなか見つけることができなかったんだけど、ふとベーカリーを発見。ふとプロチェ門の前のベーカリーに立ち寄ってみる。

Dbv1218
旧港を見渡せるベンチを発見。

Dbv1219
先ほどのベーカリーで名前はよくわからないけど、美味しそうに感じてケーキを1つ買ってみる。今回の旅行で、初めてのちゃんとしたケーキ。パイ生地の中にカスタードクリームがたっぷり入っていて美味しい。

Dbv1220
旧市街に戻る途中で、花嫁さんかなぁ?こんなところで結婚式を挙げたら素敵だろうなぁ。相手がいれば、新婚旅行をかねて結婚式はドゥブロヴニクで!

Dbv1221
夕方になってもまだ日が高いので、旧港から50分間のミニクルーズに参加してみることにする。沢山のカウンターが並んでいるけど、どの船がよいのかわからないので、出発時間が迫っている、一番待ち時間が少ない船に乗ることにする。

Dbv1222
「パノラマ、パノラマ」と宣伝しているので、なにがパノラマかと言えば、グラスボートになっている。

Dbv1223
けっきょく、乗客は私を含めて4名だけなので、のんびりとしたクルーズに。

Dbv1224
いざ、船は出航。左手に岩山を見ながら、船は港を出る。

Dbv1225
堅牢な要塞で守られた旧港を出る。

Dbv1226
船は城壁に沿って進む。船に乗って海側から見ると堅牢な高い城壁で町が守られていることがよくわかる。

Dbv1227
先ほど立ち寄った、海辺のカフェが見える。

Dbv1228
船は城壁沿いに進み、スルジ山が見えるボカール要塞付近でUターンし、今度はロクルム島を目指す。

Dbv1229
ロクルム島は、岩がちの島だけど、自然溢れるおもしろそうな島。何日かドゥブロヴニクに滞在するなら遊びに行ってみたいけど・・・。

Dbv1230
ロクルム島の船乗り場のあたりは湾になっており、波も穏やか。家族でボートに乗って来ているのかなぁ?

Dbv1231
ロクルム島を離れると、海沿いにぽっかり洞窟のようになっている場所がある。シーカヤックのツアーがあるみたい。シーカヤックツアーもちょっと、おもしろそう。

Dbv1232
先ほど潮風に当たり、のんびりしていたビーチが近づいてくる。

Dbv1233
そして、ボートは旧港に向かう。時間があれば、ドゥブロヴニクは楽しめる場所や、アクティビティが沢山ある。今回は、5日間の休暇で行く弾丸旅行なので、ドゥブロヴニクに滞在できるのは今日1日だけだけど、今度、ドゥブロヴニクを訪れるときは、ここでのんびり過ごしたいなぁ。そして、その時は一人旅ではなく!

« 2015年2月1日、ヴァージンアトランティック航空、日本撤退。 | トップページ | 弾丸ドゥブロヴニク大作戦2日目(7) ホテル・ペトゥカのそばで夕ごはん。 »

クロアチア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

更新、楽しみに見てます。

ドゥブロヴニク、やっぱいいですね。
海の色もとてもキレイ。かなり混雑してるようですが(^^ゞ
アドリア海とドゥブロヴニク旧市街、本当に現実を忘れさせてくれるような景色。
ぜひ行ってみたいです(≧∇≦)

以前、ドバイでの乗り継ぎについて質問させて頂きましたが
私も無事にマルタへ行ってきました。
乗り継ぎはギリギリ間に合ったという感じでした(^^ゞ

えりさん、こんばんは。

バカンスシーズンの一番よい時期ですからね。ドゥブロヴニクは2泊じゃあ、物足りない感じです。もう何泊かしてもいろいろと楽しめそうです。日本からは行きづらいですが、アドリア海の美しい海といい、行って見るべきでしょう。

私もエミレーツ航空を使って、マルタをディスティネーションの候補に考えたことがあります。その時は、キプロスにしてしまったのですけどね。マルタもいつか行ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/60274514

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸ドゥブロヴニク大作戦2日目(6) ドゥブロヴニクのビーチへ:

« 2015年2月1日、ヴァージンアトランティック航空、日本撤退。 | トップページ | 弾丸ドゥブロヴニク大作戦2日目(7) ホテル・ペトゥカのそばで夕ごはん。 »

Link

最近のコメント

無料ブログはココログ