2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« エティハド航空の口コミ情報 | トップページ | 弾丸ドゥブロヴニク大作戦、まさかのティヴァト空港。 »

2014年7月13日 (日)

弾丸ドゥブロヴニク大作戦、発想の転換のベオグラード。

私はいつも5日間か6日間の短い旅程しか日程が取れない。仕事の様子を見ながら間際の予約になってしまうので、安い予約クラスの航空券を早い時期に購入できない。休みが取れたとしても、航空券に20万円もかけられるだけの予算がない。ということで、時間もなくて、お金もない中でなんとか旅行に出るためには、体力とアイディアで勝負するしかない。なんとかして、ドゥブロヴニクに行く方法はないのか。なんとかアイディアで乗り切ることはできないのか。このところ、ずっとドゥブロヴニク行きのルートを検討している。

前回検討したエティハド航空のドゥブロヴニク行きのルートを見て、気がついたことがある。エティハド航空はアブダビからザクレブには便がないけどアブダビからベオグラードへの便はある。問題は帰路にドゥブロヴニクからベオグラードへの同日乗り継ぎができないところのみ。ということは、なんとかして7/26ベオグラード発アブダビ行き13時発のエティハド航空EY72便に乗ることができれば、今回の「弾丸ドゥブロヴニク大作戦」が決行できるのではないか?

ということで、7/26にベオグラードまでの旅程はあとで考えるとして、行きはドゥブロヴニク、帰りはベオグラード発のオープンジョーでエティハド航空のWEBサイト直販で航空券を調べて見ると、\111,120円。

エティハド航空
http://www.etihad.com/ja-jp/

(行き)
7/22 EY871 NRT AUH 21:20 04:35+1
7/23 EY5995 AUH BEG 08:35 12:05
7/23 EY6016 BEG TIV 13:45 14:35
(帰り)
7/26 EY72 BEG AUH 13:00 20:15
7/26 EY878 AUH NRT 22:05 13:15+1

※EY=エティハド航空 NRT=成田AUH=アブダビ BEG=ベオグラード DBV=ドゥブロヴニク

あとはドゥブロヴニクとベオグラードをつなぐ作戦を考える。ベオグラードを拠点としている航空会社はエアセルビア(JAT航空)。そのベオグラードを拠点としているエアセルビア(JAT航空)は、実はエティハド航空が49%も出資している事実上の子会社なので、エティハド航空とエアセルビアの組み合わせは相性がいい。エアセルビアが飛んでいるドゥブロヴニク以外の空港はないのかなぁ?

Air Serbia(JAT)
http://www.airserbia.com

今回の旅行は、発想の転換でドゥブロヴニクに行くのにベオグラードを拠点して考えてみる。おそらく、国家という「概念」で物事を考えるからうまくいかない。ドゥブロヴニクはクロアチアだから、クロアチアの首都であるザクレブを拠点として考えがちだけど、あえてセルビアの首都のベオグラードを中心として組み立ててみる。先入観や概念で物事を考えるから、大事なことを見落としているのかもしれない。

今回のエティハド航空を使用するルートの問題点は、帰路にドゥブロヴニクからベオグラードに行くフライトが1日1便しかなくてうまく乗り継げないこと。ドゥブロヴニクから他の都市に移動して周遊旅行にしてしまえばいい。エアセルビアが飛んでいる空港を探せば、きっと道は開けていくはず。ドゥブロヴニクはクロアチアの中でも飛び地のような僻地にあるから、モンテネグロの首都ポドゴリツァや、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボまでも遠くない。調べて見ると、この発想は正解かもしれない。

○サラエボ
7/26 SJJ BEG JU8433 06:00 06:45 ※Opereted by B&H Airlines JA376
※SJJ=サラエボ BEG=ベオグラードJU=エアセルビア(JAT航空)

B&H Airlines
http://www.bhairlines.ba

○ポドゴリツァ
7/26 TGD BEG JU171 08:40 09:40
※TGD=ポドゴリツァ BEG=ベオグラードJU=エアセルビア(JAT航空)

調べて見ると、やっぱりエアセルビアの便があるし、朝の便でベオグラードに飛んでしまえば、乗り継ぎ時間は十分にあるので、別切り航空券でも乗り継ぎができる。そもそも、エアセルビアでさえも十分に怪しいのに、ボスニア・ヘルツェゴビナのフラッグキャリアであるB&H Airlines(JA)なんてどうなんだろう?という心配はあるけれど、7/25のうちにドゥブロヴニクからサラエボに移動してしまえば、「弾丸ドゥブロヴニク大作戦」は実行可能。

さらには、エアセルビアはエティハド航空の子会社なので、念のために調べて見ると、ポドゴリツァであれば、エティハド航空がコードシェアしており、エティハド航空のみの単独手配が可能で、\125,870円。

(行き)
7/22 EY871 NRT AUH 21:20 04:35+1
7/23 EY5995 AUH BEG 08:35 12:05
7/23 EY6008 BEG DBV 13:45 14:40
(帰り)
7/26 EY6046 TGD BEG 08:40 09:40
7/26 EY72 BEG AUH 13:00 20:15
7/26 EY878 AUH NRT 22:05 13:15+1

※EY=エティハド航空 NRT=成田AUH=アブダビ BEG=ベオグラード DBV=ドゥブロヴニク TGD= ポドゴリツァ

この旅程であればオープンジョーでエティハド航空のみで手配が完結してしまう。「弾丸ドゥブロヴニク大作戦」はこれで実行可能。いよいよゴールが見えてきた。あとは、移動手段を確認するのみ。

« エティハド航空の口コミ情報 | トップページ | 弾丸ドゥブロヴニク大作戦、まさかのティヴァト空港。 »

クロアチア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/59977486

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸ドゥブロヴニク大作戦、発想の転換のベオグラード。:

« エティハド航空の口コミ情報 | トップページ | 弾丸ドゥブロヴニク大作戦、まさかのティヴァト空港。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ