2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 長引いているフランス国鉄SNCFのストライキ | トップページ | 代官山で1000円ひとりフレンチ。 »

2014年6月22日 (日)

プジョー208との生活:カラドブルーのタッチペンを購入

プジョー208との生活
La vie avec Peugeot 208

2014062201
2014年6月22日日曜日。夕方、プジョー所沢に立ち寄る。

プジョー所沢
http://tokorozawa.peugeot-dealer.jp

2014062202
自宅の花壇にドアをぶつけ、ドアエッジの塗装がはげてしまう。そんなに目立つ場所ではないけれど補修しようと思って、プジョー所沢にタッチペンのお取り寄せを頼んでいて、今日は注文していたタッチペンを引き取りに行く。

2014062203
プジョー208のカラーコードは、左側のドアを開けたところに表示されている。カラドブルーのカラーコードは“KUC”。

2014062204
タッチペンは、税抜き1800円。こんなことなら1月にパリのプジョー本社で買っておけばよかったなぁ。

2014062205
フランス語では“Styro de retouche”なので、「タッチペン」の意味。

2014062206
中には2本の塗料が入っており、1本はカラドブルーの塗料で、もう1本はクリアラッカー。今回のような小さな補修であれば、クリアラッカーを使わなくても大丈夫とディーラーの整備士さんに教わる。

2014062207
塗料はドイツ製。ボディーと同じで、カラーコードは“KUC”と書かれている。整備士さんの話では、あまりに真夏の炎天下には行わない方がいいらしい。さっそく、自宅に戻って、作業開始。使い方は、まず1~2分ほどシェイク。塗料が乾くのには30分ほどかかる。キャップをひねると刷毛がついており、整備士さんに教わったように、ぼたっと塗料が落ちないように逆さに刷毛をを持ち、ちょっとずつ塗っていくと、さすがは純正品だけあってぴったりの色。

2014062208
ところで、ディーラーに立ち寄ってみて、7月から始まる「クリアビュー&フレッシュエア」キャンペーンに目がとまる。工賃込みで3,890円?簡単に交換できたプジョー206とは違って、208のワイパーブレードは高いので、金額的に手軽に交換できる値段ではない。

2014062209
プジョー208のワイパーブレードは通常のディーラー価格では部品代だけで6,800円とかするらしい。前回の1年点検の時にリアも含めると1万円近くかかると言われて、もう少し様子を見ることにしたけど、このキャンペーンはお得じゃない?「クリアビュー&フレッシュエア」キャンペーンは、2014年7月3日(木)~8月31日(日)まで。

« 長引いているフランス国鉄SNCFのストライキ | トップページ | 代官山で1000円ひとりフレンチ。 »

プジョー208との生活」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/59860364

この記事へのトラックバック一覧です: プジョー208との生活:カラドブルーのタッチペンを購入:

« 長引いているフランス国鉄SNCFのストライキ | トップページ | 代官山で1000円ひとりフレンチ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ