2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« プジョー208との生活:思いつきで富士山ドライブ。 | トップページ | 日本・トルコ航空当局間協議の結果について »

2014年5月22日 (木)

空想旅行のすすめ

※まだ知らないどこかへWEB版の文章を再編集したものです。

まだ知らないどこかへWEB版
http://madadoko.web.fc2.com

通勤電車に乗っているときなどに、ふとディスティネーションが思い浮かび、目的地まで行くにはどのようなルートがあって、航空券の価格がどれくらいするのかを知りたくなるときがある。そんなときに、スカイスキャナーのアプリをスマートフォンに入れておくと、通勤電車の中で旅程を考えて、まるで旅行をしたような気分になれる。

そんな「空想旅行」を繰り返していると、いつの間にかフライトのスケジュールが頭の中にインプットされてくる。そうなると、実際に旅行を組み立てる時に、目的地に向かうフライトを組み立てる時に役に立つ。行ってみたつもりになる「空想旅行」を繰り返せば、個人手配旅行のシミュレーションとなる。

Skyscanner

大まかな旅程のアイディアが思い浮かんだら、実際に、自分の予定している目的地に向かうには、どのようなフライトがあるのか、航空券の価格はいくらくらいなのか、自分が想定した旅程は実現可能なのかを調べてみる。個人手配旅行の場合は、航空券を確保してしまえば、ほとんど手配は完了となる。フライトを探して、時期によっては予算よりも料金が高いので経由便で妥協するか悩んでみたり、当初考えていた旅程を微調整したり、イベントが重なっていてホテルが取れないので逆回りにしてみたり、旅行のプランニングの中で、往復の航空券を探すことは、面倒だけど、旅程をつくる中で一番楽しい瞬間。

これから書く方法は、私が普段、個人手配旅行を組み立てる時に使うサイトを紹介しているだけで、あくまで私のやり方で、他にも便利なサイトがあるかもしれない。

私の場合はまずはスカイスキャナーでフライトのあたりをつける。まずは出発地は、東京の場合は「東京 指定なし」を設定。“TYO”と入力すると「東京 指定なし」、“NRT”と入力すれば成田空港、“HND”と入力すれば羽田空港と日本語で入力しなくとも候補が出てくる。ちなみにパリは“PAR”。あとは目的地を入力し、出発予定日と現地出発日(帰国予定日ではないので注意!)を入力し、人数、座席の種類を入力するだけ。

深夜便を使用する場合、0時を超えると翌日になりますので出発予定日を調整すること。このように、私はまず予定している日程で、単純往復で検索をかけてどのようなルートがあるのか、どのような航空券があるのかを調べる。スカイスキャナーで調べて見ると、大まかな航空券の価格がわかってくる。もしも、日程を調整できる場合は、日程をずらして再建策をかけてみると、1日ずらすだけで、航空券の価格は大きく違ってくるので、日程をずらして検索をかけてみるのもポイント。

すぐには旅行に行けないかもしれない。具体的な日程は決まっていない。だけど、いつかは行ってみたい。そんな自分が行きたいと思った場所に行くには、どのようなフライトがベストなのか。私は空想旅行として、旅程を組んでみることを勧める。スカイスキャナーのアプリ版をスマートフォンに入れておけば、通勤や通学中でも空想旅行ができてしまう。ぜひ、すぐに旅行に行く予定がなくても、空想旅行を組んでみてほしい。

« プジョー208との生活:思いつきで富士山ドライブ。 | トップページ | 日本・トルコ航空当局間協議の結果について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
ドバイでの乗り継ぎについて調べていたところ、こちらにお邪魔する事になりました。
海外へは何回も行ってらっしゃるようですが、飛行機の遅延などで
乗り継ぎに失敗したことなどは無いのでしょうか?
初めて一人で海外に行くので不安です(汗)

夏にマルタへ行こうと考えています。
英語はほとんど喋れないのですが( ̄ー ̄;

えりさん、はじめまして。

いいですねぇ、マルタ。私もマルタを検討して、けっきょくキプロスにしたのですが、今も変わっていなければ、ドバイからマルタ行きの飛行機は途中、キプロスのラルナカ空港に寄ってからマルタに向かいます。マルタまでの行きか帰りに途中降機してまずは滅多に行かないだろうキプロスに立ち寄るのもおもしろいですよ。私は日程が短すぎたので、マルタに行くのをあきらめましたが・・・。

エミレーツ航空については、行きはドバイでの乗り継ぎ時間も十分にあるのでまったく心配ないかと思います。帰りも乗り継ぎ時間は十分ですが、私がラルナカから乗ったときは、ドバイ空港の滑走路が混雑していてようでなかなか着陸できず、上空でぐるぐるを繰り返して到着が遅れたので、わりとぎりぎりの乗り継ぎでしたが、空港の売店を見たりラウンジでお茶する時間がなかった程度で、搭乗時間にはゲートに到着できていたので問題ないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/59688057

この記事へのトラックバック一覧です: 空想旅行のすすめ:

« プジョー208との生活:思いつきで富士山ドライブ。 | トップページ | 日本・トルコ航空当局間協議の結果について »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ