2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月28日 (水)

日本・トルコ航空当局間協議の結果について

昨年11月からターキッシュエアラインズは、ダブルデイリーに増便となり、成田空港発深夜便が増便となったことは、以前にもこのブログで触れた通り。

2013年8月20日 (火)東京成田発ヨーロッパ行き、2013年11月から新しい深夜便(トルコ航空増便!)
http://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/201311-6875.html

TK53/NH6637 NRT IST 22:00 05:00+1(増便)
TK52/NH6638 IST NRT 01:00 18:30(増便)
※TK=ターキッシュエアラインズ NH=全日空 NRT=東京成田 IST=イスタンブル

ところで、そんなに新しい情報ではないんだけど、国土交通省の新着情報を見ていると、気になる情報が掲載されている。それは、「日本・トルコ航空当局間協議の結果について」という情報。どのような内容かというと以下の通り。

-------------------------------------------------
日本・トルコ航空当局間協議の結果について
平成26年5月16日

日本とトルコとの航空当局間協議が、5月13日(火)から14日(水)の間、イスタンブールにおいて開催され、以下のとおり合意した。

1.航空当局間協議の出席者
日本側 代表  :小林 太郎 航空局航空交渉室長 ほか
トルコ側 代表 :バーリ・ケシチ 航空局次長 ほか

2.主要合意事項
羽田空港の深夜早朝時間帯について、日本・トルコ双方が、1日1便ずつの運航を可能とする枠組みを設定。

http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku03_hh_000230.html

-------------------------------------------------

この協議により決定した内容は、日系航空会社とトルコ系航空会社がそれぞれ1便ずつ、羽田空港の深夜早朝枠(23時から6時)に運航可能となる。もちろん、航空会社からの要望を受けたからこそ政府間協議になったと思われるんだけど、運航される見通しはあるのだろうか。

もしも、ターキッシュエアラインズ深夜便TK53/52を成田空港から羽田空港へ移管させるとすれば、復航便として羽田空港からイスタンブルに向かう時間は遅くなってもよいとして、イスタンブルから羽田空港に向かう便の到着時間を 深夜早朝枠に合わせて23:00以降に設定しなければならず、そうなるとイスタンブル出発を現在よりも4時間半遅れの早朝5:50出発にしなければならない。そうすると、イスタンブルでのヨーロッパからの乗り継ぎが悪くなり、現在のTK深夜便を移管させるのは現実的ではないかも。

逆に日系航空会社であれば、可能かもしれない。「空想フライト」を考えてみる。といっても私は専門家ではないので、既存のフライトの時間数で計算しているので、実際に利用する機材などで所要時間は変わってくるけど、わりと現実的かもしれない。イスタンブルだけに需要があるとも思えないので以遠需要を考えると、運航会社はJALではなく、TKとコードシェアでANAというところかな?

NHxxx HNDIST 00:30 07:05
NHxxx ISTHND 12:00 05:15+1
※NH=全日空 HND=東京羽田 IST=イスタンブル

この組み合わせだと、成田空港発のTK便ともコードシェア便で組み合わせることができるから、イスタンブルから成田行きの2便と合わせて3便から選べることになるので使い勝手がよいかもしれない。

2014年5月22日 (木)

空想旅行のすすめ

※まだ知らないどこかへWEB版の文章を再編集したものです。

まだ知らないどこかへWEB版
http://madadoko.web.fc2.com

通勤電車に乗っているときなどに、ふとディスティネーションが思い浮かび、目的地まで行くにはどのようなルートがあって、航空券の価格がどれくらいするのかを知りたくなるときがある。そんなときに、スカイスキャナーのアプリをスマートフォンに入れておくと、通勤電車の中で旅程を考えて、まるで旅行をしたような気分になれる。

そんな「空想旅行」を繰り返していると、いつの間にかフライトのスケジュールが頭の中にインプットされてくる。そうなると、実際に旅行を組み立てる時に、目的地に向かうフライトを組み立てる時に役に立つ。行ってみたつもりになる「空想旅行」を繰り返せば、個人手配旅行のシミュレーションとなる。

Skyscanner

大まかな旅程のアイディアが思い浮かんだら、実際に、自分の予定している目的地に向かうには、どのようなフライトがあるのか、航空券の価格はいくらくらいなのか、自分が想定した旅程は実現可能なのかを調べてみる。個人手配旅行の場合は、航空券を確保してしまえば、ほとんど手配は完了となる。フライトを探して、時期によっては予算よりも料金が高いので経由便で妥協するか悩んでみたり、当初考えていた旅程を微調整したり、イベントが重なっていてホテルが取れないので逆回りにしてみたり、旅行のプランニングの中で、往復の航空券を探すことは、面倒だけど、旅程をつくる中で一番楽しい瞬間。

これから書く方法は、私が普段、個人手配旅行を組み立てる時に使うサイトを紹介しているだけで、あくまで私のやり方で、他にも便利なサイトがあるかもしれない。

私の場合はまずはスカイスキャナーでフライトのあたりをつける。まずは出発地は、東京の場合は「東京 指定なし」を設定。“TYO”と入力すると「東京 指定なし」、“NRT”と入力すれば成田空港、“HND”と入力すれば羽田空港と日本語で入力しなくとも候補が出てくる。ちなみにパリは“PAR”。あとは目的地を入力し、出発予定日と現地出発日(帰国予定日ではないので注意!)を入力し、人数、座席の種類を入力するだけ。

深夜便を使用する場合、0時を超えると翌日になりますので出発予定日を調整すること。このように、私はまず予定している日程で、単純往復で検索をかけてどのようなルートがあるのか、どのような航空券があるのかを調べる。スカイスキャナーで調べて見ると、大まかな航空券の価格がわかってくる。もしも、日程を調整できる場合は、日程をずらして再建策をかけてみると、1日ずらすだけで、航空券の価格は大きく違ってくるので、日程をずらして検索をかけてみるのもポイント。

すぐには旅行に行けないかもしれない。具体的な日程は決まっていない。だけど、いつかは行ってみたい。そんな自分が行きたいと思った場所に行くには、どのようなフライトがベストなのか。私は空想旅行として、旅程を組んでみることを勧める。スカイスキャナーのアプリ版をスマートフォンに入れておけば、通勤や通学中でも空想旅行ができてしまう。ぜひ、すぐに旅行に行く予定がなくても、空想旅行を組んでみてほしい。

2014年5月20日 (火)

プジョー208との生活:思いつきで富士山ドライブ。

2014052001
2014年5月20日火曜日。中央自動車道談合坂サービスエリア。

2014052002
朝、ちょっとだけ職場に寄らなければならない用事があって、職場に寄る。職場の人に、テレビで本栖湖の芝桜が今が見頃だと放送されていたと聞き、今日は予定はないので、富士山が見えるかは微妙だけど、見に行ってみるか。思いつきで、一人でプジョー208を走らせる。プジョー208アリュール、エンジンパワーが不足している部分はギアチェンジで力を出すのが楽しい。パワーがあるクルマを運転するよりも、普通のエンジンの力を引き出す方が好き。

2014052003
天気予報はあまりよくない予報なので富士山は見られないかもしれないなぁと思いながら、大月インターから河口湖インターを目指すと富士山が見える。西側に雲がかかってしまっているので、富士山を見るために河口湖よりも東寄りの山中湖を目指す。思ったよりも晴れているし、風もさわやかで心地よい。

2014052004
高台にあるホテルの駐車場にプジョー208を停める。

2014052005
富士山を眺めながらコーヒーでも飲もうかと思ってホテルマウント富士に入ってみるけど、時間は11時前だけど、レストランがお客さんもいないし、ティータイム営業をしているかはっきりしない感じだったので、そのまま素通り。ゆったりと富士山を見ながら、お茶だけをしに来る人はいないのかなぁ?

2014052006
本当は富士山を眺めながらお茶する予定だったけど、中庭に出る。

2014052007
ホテルマウント富士は高台に建てられていて、富士山がよく見える。すっきり晴れている日だったら最高にきれいだろうなぁ。

2014052008
窓を開けて走ると、風が気持ちよいので、そのまま山中湖を走る。キビキビ走るプジョー208アリュール、運転していて楽しい。

2014052009
山中湖から見た、なだらかな富士山。

2014052010
天気が微妙な感じだけど、今年は今が見頃だという本栖湖のそばにある「富士芝桜まつり」を見に行く。

富士芝桜まつり
http://www.shibazakura.jp

2014052011
駐車場から芝桜が咲いている場所に行くにはけっこう歩く。

2014052012
面積的には秩父・羊山公園よりも大きいかもしれないなぁ。

2014052013
残念ながら、パンフレットやホームページでは、バックに富士山が見えるはずなんだけど、今日は残念ながら雲の中・・・。

2014052014
代わりに本来ならば富士山が見えるはずの展望台から、芝桜の富士山を眺める。

2014052015
平日なのにけっこうな人。

2014052016
グルメコーナーもあり、富士宮やきそばや甲州鳥もつ煮、吉田うどん、ほうとうなどのブースが並んでいる。

2014052017
せっかくなので、甲州鳥もつ煮を食べてみる。

2014052018
池もあって、ホームページやパンフレットでは池越しに富士山がきれいに見えるはずなんだけど、休暇と天気は合わせることができないから残念。それでも、山が連なる風景はなかなかいい。

2014052019
クマガイソウが花を咲かせている。

2014052020
スミレってあまり見ないよなぁ。

2014052021
帰り道に河口湖そばの「ほうとう不動」に立ち寄る。

2014052022
このお店、メニューで悩む必要はない。

2014052023
鍋いっぱいの「ほうとう」が運ばれてきた。湯気がすごい。久しぶりの「不動」のほうとう、おいしい。思いつきで相棒プジョー208との富士山を見る旅、なかなか楽しい休日。

2014年5月17日 (土)

「まだ知らないどこかへWEB版」ホームページ作成中

実は4月下旬からブログのレイアウト変更を試みていて、このブログから私が普段、旅行を組み立てているときに使用しているWEBサイトにリンクを飛ばせれば便利だなぁと思い始め、かといってホームページのタグの知識もないので、手っ取り早い方法として、簡単にリンクが張れる「アフィリエイト」のバナーを導入してみた。

「アフィリエイト」というと金儲けの印象があるかもしれないけど、このブログから何かを購入したり、航空券を手配することはほとんどないわけで、私自身はこのブログで一儲けしようとは考えていないし、できるとも思っていない。単にリンクを張るときにきれいなバナーがあったほうが格好がいいからというだけで貼って見たんだけど、広告を載せるとやはり商業的なイメージがついてしまうので、やっぱり外そうかと思っている。

そんな試行錯誤の中で、当初の思いつきである、自分が旅行を手配するときに、自分自身が使うWEBサイトにリンクが張ってあったら便利かもしれないなぁと思い始め、ブログでは制約が多すぎるので、ホームページを立ち上げてみようと考えはじめた。だけど、私にはホームページの詳しい知識はないし、複雑なものはできないので、まずは手始めに簡単なホームページを作成。記事もまだまだ書いていないし、肝心な旅行の手配に便利なサイトにはまだまだほど遠い。

まだ知らないどこかへWEB版
http://madadoko.web.fc2.com

まだ、実験段階なので記事も少ないけど、旅行手配のノウハウについて、どのあたりがわからないのか教えてくれれば、WEB版に反映させて行きたいと思っているので、ご意見があったらぜひ。最終的に目指すのは、私が自分自身で使用しているWEBサイトにリンクをかけて、自分自身が手配旅行をするときにも使えるサイトを作ること。ホームページはブログと違って、自由な面も多い分、勉強しなければならないことも多く、まだまだ、ちゃんとしたページになるのは先は長い・・・。

素敵な、フレンチかぶれ。

& Premium (アンド プレミアム) 2014年 06月号 [雑誌]

タイトルを見つけたら、すぐに注文して取り寄せた雑誌だけど、けっこうおもしろくて、この1ヶ月楽しませてもらった。フレンチカルチャーについて、知っていることもあればこの雑誌で知ったこともあり、「フレンチかぶれ」ならば、必読の雑誌。私も「フレンチかぶれ」だとは思うけど、実は他者の「フレンチかぶれ」って実は好きではない。特にパリのリピーターで「パリなら私の方が知っている」というように知識の自慢話を語る人が好きではない。パリなんて滞在している人もたくさんいるし、知識合戦で優劣をつけるのなんてばかばかしい。フランス文化って奥が深くて、この雑誌を見ているだけで、まだまだ私も立派な「フランスかぶれ」とは言えないなぁ。

最近、雑誌というメディアをほとんど見ることがないけれど、フレンチカルチャーについて横断的に知ることができる、なかなか楽しめる雑誌だった。もしも、あなたが「フレンチかぶれ」ならば、絶版にならないうちに購入した方がいいかも。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ