2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 弾丸フランス・アルザス一人旅3日目(4)ストラスブールでお昼ごはん、食後酒はミラベルで。 | トップページ | 今日3/14から日曜日3/16まで、パリやイル・ド・フランスのメトロや鉄道は無料に! »

2014年3月11日 (火)

弾丸フランス・アルザス一人旅3日目(5)パリに向かうTGVでスリに遭う?

Stb1201
いよいよストラスブールを発ち、パリに向かう。ノートルダム大聖堂からストラスブール駅に向かって歩く。おみやげ屋さんをのぞいてみる。

Stb1202
クグロフの型などが置かれていてちょっと楽しい。料理が趣味だったら、クグロフの型とかもおもしろいかもしれないなぁ。

Stb1203
ストラスブールのメイン通りの“Grand Rue”を歩き、ストラスブール駅に向かう。

Stb1204
昨日、ヴァンショーを飲んだカフェを過ぎ、オテル・ヴァンドーム“Hôtel Vendôme”に立ち寄ってスーツケースを引き取る。

Stb1205
パリに向かう時になって、いい感じの青空。こんなにきれいな青空が出るんだったら、もう一度、コルマールやストラスブールの町を歩いて写真を撮り直したくらい。

Stb1206
今回は旅程を組むのがぎりぎりだったのでTGVの事前割引の切符が買えなかったのと、ストラスブールを発つ時間は事前に決めたくなかったので、出発直前に黄色い自動券売機で切符を買うことにする。

Stb1207
慣れてしまえば、自動券売機で切符を買うのは簡単!ストラスブールを14:46発のTGVに乗れば、2時間20分ほどで、パリ東駅に17:05に到着する。

Stb1208
へぇ、ストラスブールから14:50発ブリュッセル南駅行きの列車が出ている。ルクセンブルクなどを経由してブリュッセルに向かうみたい。これでブリュッセルに行くのもおもしろいかも。でも、TGVでリール経由のほうが速そうだけど。

Stb1209
入線するホームが表示されたので、ホームに上がり、列車を待つ。

Stb1210
反対側のホームに停車中のTGVはどこにむかうのかな?

Stb1211
17号車がホームのどのあたりに停車するかを確認する。列車が入線して、TGVに乗り込むと、男性が急に私のスーツケースをTGVの荷物置き場に抱え上げてくれる。なぜ、他人の重たいスーツケースを親切にあげてくれるんだろう?しかも、女性ならまだしも、男なのに。重たいのはわかっていたので、私も手伝って無事に荷物を収容。でも、なぜ親切に荷物をあげてくれたんだろう?

Stb1212
私の青色のスーツケースは座席から見える位置に置く。この青色のスーツケースは、2012年秋のブルゴーニュ旅行の際はパリ・シャルル・ド・ゴール空港で行方不明となり、翌日にリヨンで再会した10年以上使っている愛着のあるエース製サムソナイトのスーツケース。

Stb1213
TGVは田園風景をパリに向けて走り抜ける。

Stb1214
テーブルを広げて、傾かないように大切に入れていた箱を取り出す。私のデイパックの中には、プラスチックのフォークが入っている。

Stb1215
ケーキの名前は覚えていないけど、クリスチャンのケーキ、なかなか美味しい。

Stb1216
そしてTGVはパリ東駅に到着。

Stb1217
ヨーロッパのターミナル駅はホームの端まで歩かなくちゃならないから、けっこう大変。

Stb1218
フランスには毎年来ているけど、実はパリに立ち寄るのは2年ぶり。最後にパリに立ち寄ったのは、たぶん2011年11月にモロッコに行った時。パリは買い物をするのには便利だけど、もはや、私はあんまりパリ観光をする気がないんだもん。

Stb1219
パリは曇り空。今回、パリのホテルは移動が面倒なのでパリ東駅前のホテルにする。理由はたった1泊しかしないのに、パリの中でメトロに乗っての移動が面倒だから。パリ東駅からRER-B線の空港行きのRERが出るパリ北駅まではメトロで1駅だし、今回は交通の便を重視。

Stb1220
たまたまキャンペーンで朝食つきで安かったので大型チェーンホテルのホリデーイン“Holiday Inn Paris - Gare De L'est”を予約。本当にパリ東駅の真ん前で、駅から見える。

Holiday Inn Paris - Gare De L'est
http://www.ihg.com/holidayinn/hotels/jp/ja/paris/parge/hoteldetail

Stb1221
チェックインをして、エレベータを上がると、ホリデーインのWEBから直接予約したためか、格安料金なのにエグゼクティブルームと書かれた部屋だった。

Stb1222
さすがエグゼクティブルーム。なかなか広いお部屋。

Stb1223
しかもバスタブ付き。

Stb1224
さすが世界チェーンのホテルだけあって、コンセントも様々なプラグに対応。だけど、ホリデーインパリ東駅の最大の欠点は、部屋にWIFIがない。部屋にLANケーブルが来ているのでPCを持っていればつなぐことができるのかもしれないけど、1階のロビーまで行かないとWIFIがつながらない。ビジネス客もいるだろう大型チェーンホテルなのに部屋でWIFIがつながらない。

部屋の準備も済んだので、食事に行こうとしたら、ズボンの前ポケットに入れていた小銭入れが見当たらないことに気がつく。

あれっ?気のせいかと思って荷物を再度整理してみるけど見つからない。

といってもストラスブール駅に行く途中でクグロフを買うときに小銭を5ユーロ分使ってしまったので、せいぜい3~4ユーロと細かい硬貨くらいしか入っていないし、日本円換算で5~600円分も入っていない。しかも、小銭入れそのものは100円ショップで買ったビニールケースなので、なくしても痛くもかゆくもない。うーん、それにしても、どこで落としたのかなぁ?

思い当たることと言えば、もしかして・・・。

唯一考えられるのが、ストラスブール駅でTGVに乗り込んだときに、男性にスーツケースを急に持ち上げられた時に男性と一緒にスーツケースを持ち上げたこと。他人のスーツケースを、しかも男性が男性のスーツケースを親切にあげてくれることがおかしいよね。あの男がスリだったんだろうなぁ。かといって、予測できない動作だし、急に持ち上げてくれたことを疑うわけにもいかないから、あの場は防ぎようがない。白人系の人で、服装もしっかりしており、ビジネスかばんを持っている人だったから、警戒心も薄かったなぁ。

そもそも、以前は、小銭は小銭入れなどに入れず、ズボンのポケットに直接入れていた。最近はポケットがジャラジャラするし、取り出しづらいから100円ショップのビニールケースに入れるようになっていた。利便性よりも、以前のようにポケットに入れておけば良かったかもしれないなぁ。やっぱり、「フランス旅行は慣れている」という油断があったんだろう。今回のアルザス旅行で「初心忘るべからず」と神様が教えてくれたんだろうなぁ。

Stb1225
まぁ、過ぎてしまったことはいつまで考えても仕方がないので、夕食を取るために外に出ることにする。わざわざメトロに乗ってレストランに行くのは面倒なので、パリ東駅前で適当にとることにする。

Stb1226
なにも考えずに名前の通りパリ東駅前にある“Café de l'est Paris”に適当に入ってしまう。

Café de l'est Paris
http://www.cafedelest.com

Stb1227
まだアルザスの気分なので、頼むのはビール。アルザス方面に向かう列車の発着駅であるパリ東駅前とあって、このレストランのスペシャリテはシュークルート。アルザスビールの代表的な銘柄といえば、クローネンブルグ“1664”だけど、そういえば今回の旅行ではストラスブールでは“1664”を飲んでいない気がする。

Stb1228
煮込み料理が食べたくて、仔牛の頭のココット煮込み“Tête de veau en cocotte , pomme vapeur , sauce gribiche”を注文する。パリの普通のレストランで内臓系の肉料理を食べるのって好き。写真だとさっぱりした感じだけど、これにマヨネーズみたいな「ソース・グリビッシュ」をつけて食べると、コラーゲンたっぷりの仔牛の頭、そしてじゃがいもがなかなか美味しい。

Stb1229
エスプレッソを飲みながら、考える。今日は小銭を失ってしまったけど、よく考えれば、なくなったのは、取られてもいいような額の小銭だけ。パスポートはもちろんのこと、ズボンの尻ポケットに入っていたクレジットカードの入った財布もiPhoneもカメラも取られていないから、必要な貴重品の防御はできていた。振り返ってみても、身なりも怪しい感じではなかったし、あの場では防ぎようがなかったし、貴重品は防御できていたし、怖い思いをしたわけでもないし、まぁ「初心」を気がつかせてくれた勉強代と思えば安いものかな。

1つの国に何度も旅行すると、いい意味での慣れと悪い意味の慣れが出てきて、慣れているがゆえに自分は何でも知っているというような「おごり」が出てくる時がある。そんな「おごり」があったのかもしれないなぁ。そのような「おごり」があると、ブログを書いても「私は何でも知っている」という鼻を突く自慢話になってしまう。

明日は、今回の旅行で最終日でありながら、ひさびさにパリを歩く日。明日はパリに初めて来たときのドキドキ感を思い出しながら、旅をしてみよう。今日はいろいろあったけど、初心に戻ってパリを楽しむ気持ちに気がつかせてくれた神様に感謝しよう。

« 弾丸フランス・アルザス一人旅3日目(4)ストラスブールでお昼ごはん、食後酒はミラベルで。 | トップページ | 今日3/14から日曜日3/16まで、パリやイル・ド・フランスのメトロや鉄道は無料に! »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ラコスケさん男性だったんですか〜 w(゚o゚)w
私、勝手に一人旅上手の女性だとばっかり。
だって、市場とかスイーツとか・・・
まさに女性(少々年は行ってますが)の私が好きな情報満載で!
思い込みって恐ろしいですねsweat01

スリは災難でしたが、最小限の被害で良かったですね。

いつか海外一人旅を、と思っているので参考にさせて頂くべく
これからも楽しみにしています!

こんにちは。
2008は既に納車されてる方も見えています。私は、まだ連絡がないので待機中です。
色はホワイト。パールホワイトだと6月納車と言われまして、ホワイトです。

スリですか?!お怪我無くて、良かったです。私は2年に1度パリに行きますが、その様な経験が無いのですが、やはり観光地区では多いみたいですね。
ヴェルサイユ宮殿でも私達の後ろの日本人観光客の団体がスリにあったんです。

パリで昨年地下鉄内のアナウンスでもスリに気をつけて下さいって日本語で言ってました
4年前のパリの地下鉄では聞きませんでしたけど、
アイフォンやスマホは盗られるって聞いてましたから、気をつけてましたよ。

1664私もパリで飲みます。
パリのスーパーで1664の缶を買い店員の若者に
幾ら?って聞いたら
1ユーロでイイよ、ってアバウトなバイト価格で
次の日行ったら、昨日まで無かった値札表示は2ユーロチョイでした。
こんなユルイ所もパリの魅力かも?と思っています。

はじめてコメントいたします
私もラコスケさんは女性と思って拝読していました
いつもフランスの地方旅行記楽しませていただいて
おります エアライン話も大好きです
先日エアフラにて真似をしてパスティスをオーダー
しまして…美味しかったので後悔はしませんでしたよー
ただCAさんがアニスのリキュール ファーストのキャビンまで
とりに行ってたので 少し面倒かけてしまいました。
あまりオーダーするお客さんはいないのかな……
今回は搭乗直前にビジネスにアップグレードさせて
頂きラッキーでした!
これからもバカンス気分にさせてくれるブログ期待してますね♪

saiko3さん

このブログのテーマは「偏見」や「思い込み」をなくして、まだ知らないどこかを感じてみよう。「偏見」や「思い込み」を消し去って、色眼鏡をかけずに風景を見てみよう。そうしたときにこそ、新しい発見や気づきがあるものだと思っています。でも、私がわからないのは「男性らしい」旅行、「女性らしい」旅行ってなんだろう?ということです。一人旅のテクニックは男性であろうと、女性であろうとあまり変わらないと思っています。

ちよんさん

たしかにパリのメトロで放送が流れていましたね。今回の件は、私は今まで運が良くて、道に迷ったり小さな失敗はたくさんありますが、怖い目に遭ったり、スリに遭ったことはなかったんですよね。まぁ、クレジットカードが入った財布や胸ポケットに入れていたiPhoneは無事で、強引な手段ではなく、パリに着くまで気がつかないあたりのさりげなさがプロですね。記事の通り、自分の中に「おごり」があったと気がつかせてくれたと考えています。

フランスはアバウトな国ですね。魅力的に感じる場合もあれば、いいかげんさに困ることもきっとあるかと思いますが、それが人間らしさを感じておもしろいですよね。

マルシェさん

はじめまして!パスティスを頼む人はあまりいないと思います。食前酒としては、シャンパンのほうがスマートです。私もセルジュ・ゲンズブールが愛飲していたというあたりから、パスティスを飲み始めたのですが、最初は薬みたいに感じていたのですが、香りが好きで、なくなりそうになるとパリ・シャルル・ド・ゴール空港の免税店で買ってきます。「パスティス51」という銘柄は日本ではまず買えません。AFのビジネスにアップグレードなんて、それはラッキーですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/59276912

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸フランス・アルザス一人旅3日目(5)パリに向かうTGVでスリに遭う?:

« 弾丸フランス・アルザス一人旅3日目(4)ストラスブールでお昼ごはん、食後酒はミラベルで。 | トップページ | 今日3/14から日曜日3/16まで、パリやイル・ド・フランスのメトロや鉄道は無料に! »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ