2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 弾丸フランス・アルザス一人旅3日目(1)コルマール(Colmar)へ | トップページ | 弾丸フランス・アルザス一人旅3日目(2)コルマールのプティット・ヴェニス(Petite Venise)へ »

2014年2月27日 (木)

プジョー208との生活:プジョー208アリュール1年点検(プジョー2008を試乗する)。

プジョー208との生活
La vie avec Peugeot 208

2014022701
2014年2月27日木曜日。プジョー所沢。

プジョー所沢
http://tokorozawa.peugeot-dealer.jp

2014022702
プジョー208アリュールは1年点検のためにドッグイン。

2014022703
点検の間にプジョー2008に試乗させてもらうことにする。

2014022704
5ドアの後部座席に座ると、ヘッドクリアランスが208よりも大きくて、ゆったりと座れる。208は後部座席の天井はそんなに高くないのに・・・。

2014022705
なぜだろう?と外から見ると納得。レールでデザイン的には気がつかないけど、車体後部の方が盛り上がっている。後部座席の居住性をあげるこの工夫はいいかも。

2014022706
運転席に座るとプジョー208と変わらない。5速ETGのパドルがハンドルの左右に設置されている。シフトレバーに触らなくても、ギアチェンジが行える。

2014022707
シフトレバーは、オートモードとマニュアルモードがある。マニュアルモードで試乗してみるけど、ギアチェンジの際にアクセルを踏まなければ、ギアチェンジはスムーズ。おそらく、コツさえつかめれば、ほぼマニュアルのようなキビキビとした走りができるんじゃないかなぁ?

だけど、マニュアルの走りを望む人は3ペダルのマニュアルを購入すると思うので、途中からオートモードを試してみる。最近の国産車はCVTも普及しており変速がスムーズなので、慣れるまではシングルクラッチのギアチェンジが気になるかも。オートモードでもギアチェンジは可能なので、力がほしいときのみ操作することもできる。

プジョー208より重い、プジョー2008で、1.2NAのエンジンが非力だという意見もあるようだけど、たしかに「概念」で考えればアンダーパワーかもしれないけど、試乗の範囲では街乗りなので気になることはないかなぁ。

2014022708
タッチスクリーンは208と少しデザインが変わっている。

2014022709
オーディオの画面も変更。

2014022710
アイドリングストップ機能がついており、ブレーキを離せば復活する。アイドリングストップ中は“ECO”の青ランプが点灯。まあ、最近の国産車では当たり前なので、特筆すべきことではないけど、私のプジョー208アリュールは、エンジンを切るとBluetoothが全部初期化されてしまって面倒なので、これはいいかも。

2014022711
サイドブレーキの形状が208と異なり、ライオンの足のような形状に変更。

2014022712
天井にLEDが埋め込まれていて、夜間はラインが出るらしい。こういう半ば実用的ではないところにこだわるのも、プジョーらしくていい。逆に言えば、国産車にはないデザインがフランス車に乗る楽しみでもあったりする。

2014022713
ショールーム内に入り、引き続きPeugeot2008を見る。

2014022714
リアはすっきりしたデザイン。

2014022715
ハッチを開ける。

2014022716
けっこう収納スペースがある。

2014022717
後部座席のヘッドクリアランスのゆったりさを確認するために天井をみると、やはり天井があげられている。

2014022718
プジョー208プレミアムも、1.6リットルから1.2リットルのエンジンにダウンサイジング。自動車税が年間5000円ほど安くなる。プジョー所沢の担当者のお話では、今プジョー208は人気が出ており、現在発注をかけても納車は6月になってしまうほど好調な販売らしい。かわいらしさの中に上品さを持つプジョー208、フランスの町を走っていても絵になるクルマ。ディーラーで実車をみればその魅力がわかるはず。

2014022719
今回から燃費基準達成車になった様子。

2014022720
たしかに、フランスで見かけても、かわいらしさと同時に品がある顔立ちをしているし、内装の質感などは、2008でも触れたけど、必要性からみたら微妙なところにLEDが光っていたり、国産車の実用的な内装とは違う魅力。フランス車の魅力は、実用的なクルマはたくさんあるけど、乗っていることが楽しいクルマって、今の国産車でも、ドイツ車でもなかなかないでしょ?

2014022721
ミッションも伝統のAL4から、5ETGに変更。ほとんど売れないだろうけど、よく残ったなぁと思うけど、アリュールの3ペダルマニュアルが残留し、継続して販売中。フランス本国で見かけるプジョー208はほとんどが5ドアなんだから、どうせなら5ドアの3ペダルマニュアル車も入れたらおもしろいのに。

2014022722
2時間弱ほどで1年点検が完了。メンテナンスプログラムの中に入っているのでオイル交換も含めて1年点検は無料。

2014022723
ナビゲーションのバージョンアップも実施。これは点検前のナビの画面。左上の所に白い線が入ってしまっている。

2014022724
テレビ画面にも同じく左上に白い線が今までは入っていた。

2014022725
今回のバージョンアップで画面もすっきり。3ヶ月程度、ナビとつき合ってきたけど、基本的にはフランスで考えられたシステムに、無理にパナソニックのナビを適合されているので、慣れが必要なこともあるけど、日常的には問題なく普通に使えている。

2014022726
テレビ画面からも左上に白い線がなくすっきり。プジョー208は、せっかく7インチのタッチスクリーンがあるんだから、ナビを導入して満足している。だって、このタッチスクリーンをナビとして有効に利用することで、せっかくフランス車特有の内装を生かすことができる。

2014022727
テレビはほとんど見ないけど、テレビの音声をオフするには、ナビ画面から“AUDIO OFF”させないといけないとか、細かいところでは慣れが必要だけど、そんなのは些細なこと。95%はうまくできているけど、些細なことがダメだから全部ダメということではないと私は思っている。欠点も少しはあるかもしれないけど、普通に使えるんだから、それでいいじゃん。私は、人やものを判断するときに、あら探しをして欠点ばかりをつつく人を好きになれない。人間だって、たしかに誰でも欠点はあるかもしれないけど、いいところだって沢山あるでしょ?どうして、いいところを探そうとはしないの?他人のいいところを見つけることこそが能力なんじゃない?

そのような視点で私は普段から考えているので、どこへ旅行に行っても、その町のよいところを探そうとするし、人と巡り会ってもその人のすてきなところを探そうとするので、実はある意味で偏っているので、あまり私の言うことは当てにならないかも。

ということで、プジョー208の純正ナビはたしかに値段は高いと思うけど、プジョー208の内装デザインのよさを殺すことなく、当たり前だけどナビとしても普通に使えるので、私としては「あり」だと思ってる。

2014022728
思ったよりも早く作業が終了したので、家に帰る途中のブーランジェリーに立ち寄る。

2014022729
入間市と狭山市の市境にあるブーランジェリー“PANJA”(パンジャ)。私の家の近所では、ここのバケットが一番私の好みに合っている。

2014022730
そんなに朝早くに行くことはないんだけど、朝7時から開店しているところもいいじゃない。炊きたてのごはんが美味しいように、朝焼きたてのパンを朝食べたら美味しいじゃない。

PANJA
http://www.go-panja.com

2014022731
ここのバケットが好き。堅めだけど、もちもち感があって、小麦の味を味わうことが出来る。力が強いハムやチーズにも負けない小麦の味の強さがあってサンドイッチにしても美味しい。

2014022732
自宅に戻り、今日、プジョー所沢でもらったマグカップにコーヒーを注ぐ。ふたつきでちょっと便利かも。

2014022733
PANJAのサンドイッチ、ハムの力強さ、チーズの力強さ、パンの力強さがマッチしており、美味しい。

2014022734
そして、キッシュ。少し温めると部屋中がバターと炒めた玉ねぎの香りが広がる。アルザスで食べたオニオンのタルトのように美味しい。プジョー208と過ごす、ちょっとだけフランス気分の休日のお昼ごはん。

« 弾丸フランス・アルザス一人旅3日目(1)コルマール(Colmar)へ | トップページ | 弾丸フランス・アルザス一人旅3日目(2)コルマールのプティット・ヴェニス(Petite Venise)へ »

プジョー208との生活」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。
 先月初め、妻の208に純正ナビを装着してもらいました。
 確かに使い勝手は若干悪いですが、タッチスクリーンを生かすためにはこれが正しい選択でしょうね。
 テレビの音声が2段階でしか切り替えられないというのが、最大の欠点と思いますが、(弱にしても大きすぎます!)我が家もほとんどテレビを使わないのでまあ良いかと。
 バージョンアップされたとのことですが、我が家のは白い線は入っていないので一応最新バージョンなのかな。
 納車から1ヶ月。
 妻は208の内外装全てがお気に入りの様子で、通勤時間が大変楽しくなったと言っています。

こんにちは。
前回はバルセロナのブログを拝見させて頂きまして、やはりパリ以外にもイイ場所って
あるんだなぁと、思いました。
ただ、私地方に住んでいますので、都会を回りたいのです。
東京に10年居たんですが、やはり都会ってイイなぁと思います。

さて私206SWから2008に乗り替える為に試乗をし、先月購入契約を交わしました。
納車待ちです。2008のスペックも良く考えず、カッコイイか?ワクワクするか?を基準に
決めました。
当初は3008も候補でしたが
パリの路地裏に停まってるコンパクトカーを見ると、コンパクトカーで
キビキビ走ってくれたら、車ってそれでイイのかも?と思いましたし、
嫁と私しか乗りませんし、普段は1人で乗りますから、私には大きい車は不要かと。

ただ、今回ナビをオプションで購入したんですが、CDが聞けないって言われまして
え?っと思いましたけど、実際CD聞く機会も少ないですし、
これを機にアイチューンズをダウンロードを覚えたり
ブルートゥースを活用しようと思いました。(^_^;)

次はいつ買い換えるか?解りませんが1007の次の候補を探しています。

208XY(YG)さん
白い線が入らなければ最新バージョンです。このタッチスクリーンを活用しない限り、ダッシュボードにオンダッシュ形のナビを装備するしかありません。その場合、画面が並ぶことになり、せっかくのプジョー208の、国産車とは異なる内装の美しさが損なわれますので、せっかくのデザインの意図を生かすには、私は良かったと思っています。

ちよんさん
私は、地方と都市という基軸ではなく、東京と北海道と四国、そして沖縄では文化がそれぞれ異なっておもしろいと感じるのと同様に、同じ「地方」と言っても北海道と九州では文化が異なる。フランスも日本同様に地方色が豊かであるというところが気に入っています。まぁ、たしかに都市は東京と同様になんでもそろうので便利ですけどね。

私はプジョー208に乗り始めてから、逆にブルートゥースの便利さに気がつきました。音楽を外で聴くときに、なにを使っているかと考えたときに、今はCDウォークマンを持ち歩く人ってほとんどいませんよね。最近はおそらくiPhoneやスマートフォン、ソニーウォークマン、iPodなどですよね。それらはBluetoothで飛ばしたり、USBで接続すれば208でも音楽を聴くことが出来ます。そのほうが沢山の音楽を持ち歩けますし便利です。さらに自宅のオーディオもブルートゥースで接続すればいいんじゃないかと思うくらい、ブルートゥースを活用するようになりました。

ですが、ディーラーの営業の方も話していましたが高齢者などでCDの需要はあるでしょうね。本国では“Lecteur CD ”が110ユーロでオプションでつけられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/59207437

この記事へのトラックバック一覧です: プジョー208との生活:プジョー208アリュール1年点検(プジョー2008を試乗する)。:

« 弾丸フランス・アルザス一人旅3日目(1)コルマール(Colmar)へ | トップページ | 弾丸フランス・アルザス一人旅3日目(2)コルマールのプティット・ヴェニス(Petite Venise)へ »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ