2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅4日目(4)モンペリエの凱旋門。 | トップページ | 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅5日目(2)セット“Sète”の「海辺の墓地」で。 »

2014年1月14日 (火)

初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅5日目(1)港町セット“Sète”とプジョー208。

プジョー208との生活
La vie avec Peugeot 208

Lan2001
2013年10月23日(水)。今日はフランスを発たなくてはならない日。昨日、今回の目的地であるセット行きを天気が悪いから今日に順延したけど、はたしてその判断が正しかったのか。心配しながらホテルの窓を開けて、空を見ると、雲は多いけど雲の切れ間から青空が見える。昨日よりはましかな?

Lan2002
オテル・デ・ラ・コメディ“Hôtel de la Comédie Montpellier”の朝食。クロワッサンを口に含んだときに鼻に抜けるバターの香りとカフェオレの香りだけで十分に幸せ。

Lan2003
天気予報を最終確認。昨日よりはよさそうだけど、微妙なところかなぁ?

Lan2004
ホテルをチェックアウトして荷物を預けて、コメディ広場に出てみると路面が濡れている。昨夜は雨が降った様子。そして、空はどんよりと曇っている。昨日よりも天気が悪いみたい・・・。昨日の決断は失敗だったかなぁ。

Lan2005
モンペリエ駅からセット(セート)“Sète”駅を目指す。乗る列車は、今回の旅程を思い出させるようなスペインのポルトボウ“PORTBOU”行き。

Lan2006
車内にてモンペリエ駅前でもらった無料新聞を読む。

Lan2007
そして、セット駅に到着すると、澄み切った青空が!

Lan2008
駅前から観光案内所を目指して歩き始める。でも、まだ反対側の空は雲が多い・・・。

Lan2009
駅前から運河になっていて、なかなか風情のある風景。

Lan2010
あっ!プジョー208“Auto-école”(教習車)仕様。

Lan2011
水のある風景ってやっぱり好きかも。

Lan2012
セット、歩き始めから美しい風景。

Lan2013
運河にはヨットがたくさん稽留されている。

Lan2014
セットは思っていたよりも大きな町で、町の中心部までなかなかたどり着かない。

Lan2015
右奥に見える小高い丘の麓あたりが旧市街。駅から10分くらいあるいてもたどり着かない。もっと小さな港町だと思っていたのに・・・。

Lan2016
だけど、歩きながら見る風景がすばらしい。青空があるからこそ、コントラストが美しく見えるし、昨日じゃなくて今日にしてよかった。急遽、訪問先をニームに変更した昨日の決断は正しかった。

Lan2017
フランスに入ってから、あまり気にしていなかったんだけど、セットでは、やたらにプジョー208が目につく。けっこう、ちゃんとフランス本国では走っているじゃない。

Lan2018
水辺に立つ時計台のある建物がいい。

Lan2019
それにしても、セットではプジョー208をよく見かける。他の町でもこんなにプジョー208が走っていたのかなぁ?

Lan2020
コリウール、ペルピニャン、ニーム、モンペリエと歩いて来たけど、気がついていなかっただけ?

Lan2021
旧市街に入ると、小高い丘に向かって道が延びている。観光案内所まではもう少し歩くようだけど、風景に惹かれて運河沿いの道から路地を入ってみる。

Lan2022
路地を進むと、賑やかな雰囲気。

Lan2023
やっぱり、公園に屋外マルシェを発見。市場を発見したら、のぞいてみるのが私の旅のマイルール!

Lan2024
生鮮食品のマルシェではなく、服飾系のマルシェの様子。

Lan2025
フランス人のおしゃれの基本は、ブランド品だからではなく、普通にマルシェで売られている服でもかわいく着こなせるからなんだろうなぁ。

Lan2026
このあたりがセットの中心部の様子。まだ、観光案内所までたどり着いていないので、再び、運河沿いの様子を目指す。だいぶ歩いたけど、観光案内所はどこにあるんだろう?

Lan2027
あっ!また、プジョー208を発見。生活に密着したBセグメントのクルマらしく、フランスで普通に見かけるプジョー208は5ドアばかり。

Lan2028
運河沿いにある小さなお店、“Tielles & pizzas Paradiso”。

Lan2029
お店の中をのぞいてみると、ピザのようなトマトソースの香ばしい香り。ティエル“Tielles”ってなんだろう?

Lan2030
わからなかったら食べてみる。これがティエル“Tielles”。焼きたてをくれたみたいで、アツアツ。

Lan2031
はふはふしながら食べてみると、トマトソースにイカだかタコがごろっと入っていて、トマトソースにも香りがついていて、海の味がして最高に美味しい。セット、運河のある風景も美しいし、大規模なマルシェも開催されていて賑やかだし、セット名物のティエルも最高に美味しいし、なかなかいい町じゃない。セットに来てよかった。

« 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅4日目(4)モンペリエの凱旋門。 | トップページ | 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅5日目(2)セット“Sète”の「海辺の墓地」で。 »

フランス」カテゴリの記事

プジョー208との生活」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/58947115

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅5日目(1)港町セット“Sète”とプジョー208。:

« 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅4日目(4)モンペリエの凱旋門。 | トップページ | 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅5日目(2)セット“Sète”の「海辺の墓地」で。 »

Link

最近の記事

無料ブログはココログ