2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅4日目(3)モンペリエへ。 | トップページ | 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅5日目(1)港町セット“Sète”とプジョー208。 »

2014年1月13日 (月)

初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅4日目(4)モンペリエの凱旋門。

Lan1901
ホテルで荷物を片付けて、夕方からのモンペリエの町歩きスタート!まずはコメディ広場から旧市街に向けて、歩行者天国のロジュ通り“Rue de la Loge”を歩き始める。ロジュ通りは歩行者天国になっており、たくさんの人で賑やかな感じ。

Lan1902
ロジュ通りの入口にあるパティスリーでふと立ち止まる。あの奥にある機械は、なんだろう?スペインからフランスに入っても、オレンジジュースを搾る機械はついチェックしてしまう。

Lan1903
しばらく歩くと小さなジャン・ジャウレ広場“Place Jean-Jaurès”があり、オープンカフェは夕方を過ごす人々のおしゃべりで賑やか。

Lan1904
広場の反対側の建物を見ると、この雰囲気は屋内市場の雰囲気。市場を見つけたら、立ち寄ってみるのがマイルール。

Lan1905
カステラーヌ市場“Halles Castellane”は、生鮮食品などを売っているマルシェで、夕方でもやっている。

Lan1906
日本ではあまり見かけない、しわしわのキャベツ。

Lan1907
この時期は「洋なし」がおいしいのかなぁ?市場は季節感を教えてくれるし、やっぱり市場は楽しい。

Lan1908
モンペリエの旧市街は中央の道を貫いてしまえば、10分程度で歩けてしまう。もう、旧市街の反対側の入口が見える。

Lan1909
コンパクトな町なのに、お店も並んでおり、町歩きが楽しい。路地の奥には教会が見える。

Lan1910
モンペリエの凱旋門が近づいてきた。モンペリエの街灯、凱旋門とはマッチングしない気もするけど、ちょっとかわいい。

Lan1911
クリーム色とオレンジ色のモンペリエの凱旋門、かわいらしい感じがして好きかも。でも、造られたのは17世紀末。

Lan1912
凱旋門をくぐるとペイルー広場“Place royale du Peyrou”。

Lan1913
ペイルー広場の中央には、ルイ14世の像が立っている。

Lan1914
奥にある建物に向かって歩いてみる。

Lan1915
池の真ん中に建つ建物は、“Château d'eau”と呼ばれるもの。

Lan1916
建物の中をのぞいてみると、大きなタンクがあるだけ?

Lan1917
タンクの反対側を見ると、サンクレマン水道橋“Aqueduc Saint Clément”がまっすぐに伸びている。

Lan1918
でも、この水道橋はローマ水道ではなく、実はHenri Pitot de Launayが1754年にポン・デュ・ガールからインスピレーションを受けて造ったもの。260年は経っているけど、ローマ時代のものと比べれば、つい最近できたもの。

Lan1919
今日は細かくモンペリエの町を探索するつもりではなく、全体像をつかめればいいかと思って、Uターン。再び、凱旋門をくぐり、旧市街を歩く。

Lan1920
広場や公園が多く、県庁の建物の奥にある“Place du Marché aux Fleurs”にはレストランが並んでいる。

Lan1921
モンペリエの町歩き、歩き回れるコンパクトな旧市街の中にお店もいっぱい並んでいて、歩いていて楽しい。

Lan1922
スタート地点のコメディ広場に戻る。

Lan1923
ギャラリー・ラファイエットやモノプリ、Fnacなども入るポリゴン“Polygone”という大きな近代的なショッピングセンターもあり、モンペリエはとても便利な町。

Lan1924
デパートを見て歩き、一度ホテルに戻って休憩すると、そろそろ夕食の時間。モンペリエでの夕食は1回のみで、今回の旅行で最後の夕食となるので、ちゃんとしたレストランにしようかと思って「地球の歩き方」掲載のレストランに行ってみることにする。

Lan1925
ファーブル美術館前にあるモダンな建物のレストラン・ランサンセ(アンサンセ)“L'Insensé”へ。いつものように予約なし、一人で開店と同時にお店に入る。

Lan1926
前菜、メイン、デザートで32ユーロのコースを注文

Lan1927
前菜は、パセリ風味のナス、パルメザンチーズ、トマトのマーマレードをのせて。
L'aubergine persillée au parmesan,condimentée d'une marmelade de tomate acidulée.
お昼ごはんのマグロのステーキに添えられたズッキーニといい、野菜料理が美味しい。

Lan1928
いかのルイユ、セート風。白いごはんを添えて。
La rouille de seiche comme à Sète,riz blanc nature.
このルイユかけごはんが、最高に美味しい。

Lan1929
いちごのサブレ、「メルバ」風。
Le sablé aux fraises façon <melba>.

Lan1930
おいしいごはんを食べて、幸せな気分。コメディ広場の夜景を楽しむ。

Lan1931
コメディ広場の真ん中にある三美神の噴水“Fontaine des Trois Grâces”。

Lan1932
22時を過ぎているけど、カフェには語らう人々が。

Lan1933
カラフルなトラムが夜遅い時間でも走っている。トラムの線路の奥にあるホテルに戻る。モンペリエ、なかなかコンパクトな町で楽しかったなぁ。今回のフランス旅行も宿泊は今日が最後となり、明日の夕方には空港に向かい、帰らなければならない日。そして、明日は、どんな天気でもセットに行く予定。はたして、明日は今日よりも天気が回復するだろうか。それとも、今日と変わらないだろうか。悪化して雨が降ってしまうだろうか。明日の天気を心配しながら、ベッドに入る。

ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle

« 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅4日目(3)モンペリエへ。 | トップページ | 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅5日目(1)港町セット“Sète”とプジョー208。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

新着から失礼します。
ヨーロッパ大好き!で旅行記楽しく読ませていただきました(^^)
勝手ながら読者登録とお気に入り登録させてもらいました。
よろしくお願いします(^^)

あくあくぅさん
はじめまして。
興味のままに歩いているので、旅行記としては脱線していると思いますが、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/58934275

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅4日目(4)モンペリエの凱旋門。:

« 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅4日目(3)モンペリエへ。 | トップページ | 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅5日目(1)港町セット“Sète”とプジョー208。 »

Link

最近のコメント

無料ブログはココログ