2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

  • ◇デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

にほんブログ村

Voyages

« 初めての道後温泉1泊2日一人旅 2日目(3)松山城からみた城下町へ。 | トップページ | 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅3日目(2)コリウールからペルピニャンへ »

2013年12月14日 (土)

初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅3日目(1)コリウールの城塞シャトー・ロワイヤル。

Lan1101
2013年10月21日(月曜日)。フランスで迎える初めての朝は、いつもの通り、テレビをつけてTF2の“Télématin(テレマタン)”を見る。久しぶりのウイリアム・レイメルジ“William Leymergie”!

前回も書いたような気がするけど、私はテレマタンで必ずその日の天気予報、メテオ(météo)をチェックして、その日の行動を考える。大きな移動は決めているけど、その日にどこにいくかは天気予報しだい。短い滞在期間だけど、できる限り天気に合わせて行動する。

Lan1102
ホテル“Le Mas des Citronniers”の朝食レストラン。あらかじめ、席にパンがセットしてある。

Lan1103
カフェオレとパンだけだけど、私にはフランスの朝食はこれだけでも十分に幸せ。バターの香りがふわっと鼻に抜けるクロワッサン。そして、バゲットは、無塩バターとジャムをたっぷり塗って食べると、最高に美味しい。

Lan1104
チェックアウトの時間まで時間があるので、部屋にスーツケースを置いて、昨日、行けなかった城塞シャトー・ロワイヤルを目指す。

Lan1105
サマータイムの終わりの頃になるとなかなか太陽が昇らない。9時前なのに、まだ太陽が昇ったばかりの夜明け直後の早朝の雰囲気。

Lan1106
昨日、さんざん歩いたコリウールの風景だけど、太陽の光によって感じ方が全然違う。朝の風景は、昨日とぜんぜん違う。

Lan1107
朝の光のコリウールが新鮮で、城塞シャトー・ロワイヤルの海辺の散歩道を歩いてみる。昨日は賑わっていた海辺のカフェも、月曜日の朝は静かな雰囲気。朝の美しい風景を見てコリウールに宿泊してよかったなぁと感じる。

Lan1108
ここにも「額縁」がある。

Lan1109
昨日はコリウールに到着したのが日曜日の夕方で観光案内所が閉まっていて、コリウールの地図を手に入れられなかったので、観光案内状に立ち寄る。

Lan1110
階段を上り、城塞シャトー・ロワイヤルに向かう。

Lan1111
高台から見た旧港の風景もまた美しい。

Lan1112
城塞の中を歩き始める。

Lan1113
朝日に照らされた城壁。

Lan1114
海辺にこれだけ堅牢な城塞を築くなんて、いかにコリウールが要衝の地であったのかを再び感じさせる。

Lan1115
城塞の中に入る。

Lan1116
城塞の見学ルートを歩くと、城壁の中の狭い通路を歩く。

Lan1117
長い狭い通路を出ると広場に出る。広場の周囲の建物は、美術作品の展示室になっており、作品が展示されている。

Lan1118
建物にはツタの葉が絡んでいる。

Lan1119
ツタは、ちょうど赤く紅葉しかかっている。朝日を浴びて、なんて美しいんだろう。

Lan1120
城塞の一番高い場所から眼下を見下ろす。

Lan1121
朝日の暖かい光を浴びながら、潮騒の音を聞き、風を肌で感じる。しばらく、風に当たりながら、深呼吸してみる。

Lan1122
しばらく立ち止まり、城塞から風景を眺める。やっぱり、コリウール、どこを見ても美しい。城塞(サン・テルム要塞)“Fort Saint-Elme”や“Cloitre des Dominicains”の方向を眺めると、霞がかかっているのが朝の風景を感じて美しい。ずっとここに立ち止まり、風景を眺めていたいくらい。

Lan1123
ノートルダム=デ=ザンジュ教会の奥には、チャペル・サンヴァンサン“Chapelle St Vincent de Collioure”が見える。コリウール、美しい町だなぁ。

Lan1124
城塞の内部の建物を見下ろす。石積みの建物、オレンジ色の屋根が美しい。

Lan1125
城塞から、旧港そして旧市街を眺める。

Lan1126
浜辺沿いのカフェには太陽を浴びる人。

Lan1127
城塞から見た風景を楽しんだあとは、旧港に降りる。パラソルの下に人が集まっている場所を発見。なにがあるんだろう?興味を持ったら、立ち寄ってみる。

Lan1128
小さな漁船に親子が乗っている。マルセイユの旧港のように、漁師が捕ったばかりの魚を売っている様子。

Lan1129
今朝、網をあげたばかりなんだろうなぁ。まだ、網から魚を外して作業中。

Lan1130
この魚はボラかなぁ?

Lan1131
この魚はなんだろう?コリウールに宿泊したからこそ味わうことのできる朝の散策は、昨日と異なるコリウールの風景を感じられて、ますますコリウールに魅了されていく。

« 初めての道後温泉1泊2日一人旅 2日目(3)松山城からみた城下町へ。 | トップページ | 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅3日目(2)コリウールからペルピニャンへ »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

建物は歴史を感じさせますね。今までも、そして今後も同じような景観でいるのでは?と思いました。
ネットの普及で海外の情報が気軽に手に入るようになりましたが、実際の空気を感じるにはやはり足を運ばないとわかりませんね。

西さん
情報は気軽に入る時代ですが、マスメディアによる偏見も残念ながら植え付けられています。自分の目で見て、音を聞いて、肌で風を感じないと現実はわかりませんが、それでも、偏見の目を持ったままで風景を見ても、けっきょく偏見というフィルタ越しで現実を見る形になり、「やっぱり」偏見の通りだったという結論になりかねないのが難しいところです。

どんなに小さな町でも、ニュートラルな視点でその町の良さや特徴を探しながら旅をしてみると、どんな町でも町歩きは楽しくなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/58750968

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅3日目(1)コリウールの城塞シャトー・ロワイヤル。:

« 初めての道後温泉1泊2日一人旅 2日目(3)松山城からみた城下町へ。 | トップページ | 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅3日目(2)コリウールからペルピニャンへ »

Link

無料ブログはココログ