2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

  • ◇デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

にほんブログ村

Voyages

« 初めての道後温泉1泊2日一人旅 1日目(4)夕暮れの道後温泉 | トップページ | 初めての道後温泉1泊2日一人旅 2日目(1)道後温泉町歩き »

2013年12月 7日 (土)

初めての道後温泉1泊2日一人旅 1日目(5)ひとり温泉旅館で温泉三昧

Eh501

いよいよ道後温泉に到着。

Eh502
駅前にあるカラクリ時計は夕方の17時5分前。案内の人がまもなくカラクリ時計が動き始めることを知らせている。

Eh503
せっかくなので見てみることにする。17時ちょうどになると、カラクリ時計から人形が出てきて踊り出す仕組み。登場人物は「坊ちゃん」に出てくる人々らしいけど、夏目漱石では「こころ」は読んだけど、「坊ちゃん」を過去に読んだかどうか定かではない。

Eh504
おみやげ店が並ぶ道後ハイカラ通りを歩く。

Eh505

平日夕方の道後ハイカラ通りは閑散とした雰囲気。

Eh506
道後温泉本館に到着。現在の道後温泉本館は明治27年に改築されたもので、今年で120周年となる。とりあえず、道後温泉本館から徒歩1分という今日の宿を目指す。

Eh507
今回の宿は、3日前にじゃらん♪で予約した全8室しかない小さな宿の「道後湯の宿 さち家」。今回は、せっかく温泉旅館に泊まるからには、のんびりと夕食つきのほうがいいかと思って、普段は宿は寝るだけと割り切って安いホテルにしか泊まらないんだけど、今回は1泊2食つきの「☆源泉100%かけ流し☆さち家のスタンダートプラン♪」を選択。1人1室2食つきで16800円。旅館の相場は知らないので安いか高いかはよくわからないけど、5000円で夕食を外で食べたつもりで考えれば高くはないと思っている。

道後湯の宿 さち家
http://www.dogo-sachiya.com

Eh508
さっそく部屋に案内される。3階の部屋だけどエレベータはなくて、トイレは共同。お風呂は道後温泉本館からの源泉かけ流しとのこと。

Eh509
うーん、温泉旅館で一人になってしまうと一人で何をしていいかわからない・・・。なんだか、一人で座っていると無性に人恋しく寂しい気持ちになってきた。とりあえず、浴衣に着替えて、宿の温泉に入りに行く。柔らかいお湯の道後温泉、8室しかないということは、集中する時間でなければ、お風呂は貸し切り状態でのんびり温泉を楽しむ。

Eh510
温泉から上がって、18時半に広間に行って夕食タイム。浴衣を着たままくつろげる夕食。さっそくビールを注文。
先付 落花生豆腐
前菜 柿白酢和え、むかご銀杏松葉、鯛博多昆布巻、飯蛸の旨煮、長芋ねぎ味噌田楽

Eh511
ビールを飲みながら、つまむ料理、なかなか美味しい。

Eh512
鍋物 伊予の芋炊き 伊予美人 人参 蒟蒻 地鶏 厚揚げ。

Eh513
美味 名物 媛鯛の薄造り。愛媛県の県魚が「鯛」ということで、お昼ごはんに引き続き、鯛のお刺身。食感と淡泊なうまみが美味しい。

Eh514
温肴 名物 媛鯛のかぶと煮。魚の煮付けって、大好き。魚定食だったら、刺身よりも、煮付けを頼んでしまう。炊き加減もちょうどよく、おいしい。おいしいものを食べるって幸せ。幸せな気分を共有できる人がいないのがもったいない。

Eh515
ビールが空いてしまったので、地酒を3種飲み比べ。小富士、雪雀、石鎚の3種類。淡麗辛口の小富士も美味しいけど、雪雀も美味しいし、石鎚は純米吟醸もあとがすっきりして美味しい。

Eh516
強肴 伊予地鶏 二種焼き。
量が少なかったら、夜食に何か食べに行こうかとも思ったけど、もうお腹がいっぱい。

Eh517
油肴 海老と木の子きのこの天麩羅
止菜 鯛めし 赤出し
お昼ごはんに食べた鯛めしは、宇和島などの南予地方のもので、炊いてある鯛めしは中予地方の鯛めし。

Eh518
私は炊き込みごはんの鯛めしのほうが好きかも。鯛って、加熱した方がうまみが広がる気がする。

Eh519
水物 アイスと果実。料理がどれもおいしくて、量も多くて、大満足の「さち家」での夕食。すっかり、幸せな気分。フランスでコース料理を食べるくらいの1時間半かけてゆっくり食べる和食のコース料理、すばらしい。やっぱり、和食もいいなぁ。

Eh520
美味しい料理をたくさん食べて、部屋に戻ると、旅館ではおきまりの布団がさみしそうに1つだけ敷いてある。温泉に入って、お酒をちょっと飲んで、美味しい料理を食べて、もう満足だけど、道後温泉に来たのにまだあそこの中に入っていない。

Eh521
浴衣を着て、羽織を着て、下駄を履いて、旅館でタオルと石けんが入った籠を借りて、外に出る。温泉旅館に泊まったのは、浴衣と羽織姿で温泉街を歩きたかったから。

Eh522
そして、道後温泉本館で温泉に入る。道後温泉本館は、一番安いコースは銭湯のように「神の湯」に入浴するだけで400円。2階席休憩室での休憩と貸し浴衣で800円、「霊の湯」という浴室に入ると1200円など、いくつかのコースがあるけど、すでに浴衣を着ているので、一番安いコースを選択。

Eh523
まさに銭湯のような感じだけど、明治27年に建てられた建物として内部も風情があり、温泉でのんびり。道後温泉に来てよかったなぁ。

Eh524
千と千尋の神隠しに出てきたお風呂屋さんみたい。

Eh525
湯上がりに道後温泉本館の周囲を歩いていると、ジュース屋さんを発見。そういえば、スペイン旅行の時は、なぜかオレンジジュースにはまっていて、オレンジジュースを搾る機械を探し回ったなぁ。

Eh526
愛媛県もみかんが特産。様々な種類のみかんジュースがある。

Eh527
でも、今の時期は温州みかんでしょう。湯上がりの火照った身体に、みかんジュースは美味しい。

Eh528
道後ハイカラ通りを散策。浴衣姿の人が行き交っており、温泉街の雰囲気。

Eh529
愛媛に来て学んだことは、「愛媛産」みかんの中でも、ブランドがあること。どうやら「真穴(まあな)みかん」というのがブランドらしい。

Eh530
そして、愛媛県にはポンジュースのスパークリングがある。これって、果汁が30%も使われており、オランジーナよりも果汁が多く入っている。愛媛にはこんなにすばらしいジュースがあるのか。全国発売してくれればいいのに。なんだか「みかん県」に来て、スペイン旅行の時のようにオレンジジュース熱が再発してきた気がする・・・。

3日前に急遽手配した1泊2日の弾丸旅行だけど、なかなか1日目は楽しむことができた。愛媛に来て良かったなぁと思いながら、すでに布団が敷いてある宿に戻る。

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

« 初めての道後温泉1泊2日一人旅 1日目(4)夕暮れの道後温泉 | トップページ | 初めての道後温泉1泊2日一人旅 2日目(1)道後温泉町歩き »

中国・四国」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/58716046

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての道後温泉1泊2日一人旅 1日目(5)ひとり温泉旅館で温泉三昧:

« 初めての道後温泉1泊2日一人旅 1日目(4)夕暮れの道後温泉 | トップページ | 初めての道後温泉1泊2日一人旅 2日目(1)道後温泉町歩き »

Link

無料ブログはココログ