2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのカタルーニャ・南フランス・ランドック一人旅2日目(3)フィゲラスからフランス国境へ | トップページ | 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅2日目(5)もっと有名になってもおかしくない魅力的なコリウール。 »

2013年11月19日 (火)

初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅2日目(4)セルベールからコリウールへ

Lan08001
2013年10月20日、日曜日。スペインのポルトボウ駅を出発し、トンネルを抜けるとそこはフランス領のセルベールという小さな町。

Lan08002
ポルトボウ駅と同じように、フランスは1435ミリの標準軌とスペインは1668ミリのイベリアゲージと線路の幅が違うために相互乗り入れできないためか、フランス側でも電気機関車がたくさんある。

Lan08003
フィゲラスから30分ほど列車に乗って、午後1時半にはスペイン国鉄の列車はフランスのセルベール駅に到着。この列車は乗客を降ろしたあとは、乗客を乗せずにスペインへ回送される。セルベールからスペイン領のポルトボウに行く場合は、フランスSNCFの列車がポルトボウまで乗り入れる。出口は1つしかなく、歩いて出口に向かうと、そこにはフランスの簡単な入国検査が行われる。といってもブースがあるわけではなく立っている警察官にパスポートを見せるだけ。パスポートを見せると、いつ入国したのかをスタンプを探している。

最近でこそ、ちゃんとスタンプを押してくれるようになったけど、フランスのパリ・シャルルドゴール空港の入国審査官は気まぐれなので、以前はスタンプを押してくれない時もあった。もしも空港でスタンプを押してくれなかったら、シェンゲン協定国内に入ったスタンプがないと面倒だったかも。しかも、シャルルドゴール空港の入国審査官は、気まぐれなページにスタンプを押すので、前のページに重ねて押したらしく今回も該当するスタンプを探すのが大変・・・。

Lan08004
セルベールでSNCFの列車に乗り換えるんだけど、14:39発の列車までには1時間程度の時間がある。コインロッカーはあるけど使用できなくなっている。うーん、スーツケースが邪魔なので観光は厳しいけど、駅前にカフェでもあれば、そこでお茶して待てばいいか。

Lan08005
その前に今日の目的地のコリウールまでの切符を買っておこうと思ったら、だれも係員がいない・・・。

Lan08006
12:30から14時までは休憩中の様子・・・。もっとも、バルセロナからジローナ、フィゲラス・ビラファント駅(Figueres-Vilafant)を経て、ペルピニャンまでLGV(新幹線)が開通して、TGVが運行しているので、在来線のポルトボウからセルベールに抜ける鉄道ルートはもはやマイナーなのかもしれないなぁ。

Lan08007
出発時間を確認。14:39発のアヴィニョン行きの列車“Transport express régional”に乗ればOK。

Lan08008
駅前のカフェでエスプレッソでも飲もうかと思って、セルベール駅を出てみる。レストランかカフェがあったのだろうけど、つぶれているみたいで、この駅自体が廃れている印象。

Lan08009
セルベール駅前にはカフェもお店もなにもない。スーツケースを転がしながら、ちょっとだけ探検してみることにする。

Lan08010
5分くらい歩いて踏切を渡ると“Hotel”の文字がかすかに見えるけど廃墟となっている雰囲気の建物を見ると、よけいに廃れた町の印象を感じさせる。

Lan08011
海が見えてきた。階段を下りるとセルベールの町に行けそうだけど、スーツケースをもってこの階段は降りたくはないし、それに下りたあとに登りたくない。1時間程度しか時間もないことだし、町に出てカフェでお茶する計画は断念。コインロッカーにスーツケースを預けることができたら、探検したと思うけど・・・。

Lan08012
坂を下ればレストランのような感じの建物もあるし、さすがにカフェやお店がある町の中心部に行けるのはわかるんだけど、スーツケースを持っての移動は帰りが大変なので、地中海を見られる場所に行って、地中海を見るだけで断念。

Lan08013
ベンチがあったので、波の音を聞き、海の風を感じ、潮の香りを感じてぼーっとする。やっぱり、海は感じるのはいい。

Lan08014
しばらく海を感じて気分をリフレッシュしてから駅に戻る。すでに列車が停車しているので乗れるかもしれない。

Lan08015
なんにもないセルベール駅に戻ってくる。やっと切符売り場の窓口が開いたようで列ができている。ユーレイルパスを持っている若者が多く、ほとんどが旅行者。この駅でTGVの切符の予約をしている人がほとんどで、1つしかない窓口はなかなか順番が来ない。

Lan08016
ホームに向かう。手前の線路はフランス仕様の標準軌だけど、奥の線路は先ほど、スペインの列車が入線した広軌(イベリアゲージ)の線路。横からだと線路の幅の違いがわからないけど・・・。

Lan08017
TERの車両は新しいタイプの車両。トイレもきれい。

Lan08018
セルベール“Cerbere”からコリウール“Collioure”までは3.5ユーロ。

Lan08019
フランスに入るとオレンジ色の屋根の家が並んでいる。バニュルス・シュル・メール (Banyuls-sur-Mer)などを通過してコリウールに向かう。

Lan08020
バニュルスは食前酒としても飲まれる甘口の赤ワイン「バニュルス」の産地。

Lan08021
列車はコリウール駅に到着。

Lan08022
コリウール駅の駅舎もオレンジ色でかわいい。時刻は3時5分前。

Lan08023
駅前には駐車場しかなくて寂しい雰囲気。

Lan08024
坂道を5分くらい、スーツケースを転がしながら下る。

Lan08025
坂を下り終わると公園があって、日曜日の公園はのどかな雰囲気。

Lan08026
南フランスらしく、おじいちゃんたちはペタンク(Pétanque)に夢中。高齢者の男性が仲間と夢中になれるゲームって、すばらしい。日本の男性高齢者は地域のつながりが弱いから、日本でも男性高齢者のコミュニティ形成のためにもペタンクが流行ればいいのに。公園とボールがあれば簡単にできそうだし。

Lan08027
町の中心部まで来たようで、観光客で賑わっている。

Lan08028
市街地への入口だけど、通りをのぞいてみると、なかなか楽しそうな町の雰囲気で心がワクワクしてくる。早くホテルに荷物を置いて町歩きしたい気分になってくる。

Lan08029
今日のホテルは、コリウールにある“Le Mas des Citronniers”という小さなホテル。

Le Mas des Citronniers
22, av. de la République
66190 Collioure
http://fr.hotel-mas-des-citronniers.com

Lan08030
2階の部屋に上がるにはエレベータはないけど、部屋はかわいらしい雰囲気。

Lan08031
バスルームは、シャワーオンリーで最近流行しているシャワーカーテンなしのガラスのタイプ。さっそく着替えなどの荷物をクローゼットに収納して、ホテルの部屋を自分の部屋にしてから、コリウールの町に出る。今回の旅行中、フランスで初めての町歩きへ。

« 初めてのカタルーニャ・南フランス・ランドック一人旅2日目(3)フィゲラスからフランス国境へ | トップページ | 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅2日目(5)もっと有名になってもおかしくない魅力的なコリウール。 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

初めまして、こんにちは!素敵な旅のご様子、いつも楽しみに拝見しています(^.^)
「市街地への入り口~」のお写真に写っているクルマ、もしかして、
208のような気が、、、するのです。
我が家も208なので、そうだと嬉しいな~っと思いまして(^^ゞ

Byunさん、はじめまして。
208ですね。フランスではプジョー208はたくさん走っていますよ。205も元気に走っています。この旅行記の後半のほうでプジョー特集はしていきたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/58584661

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅2日目(4)セルベールからコリウールへ:

« 初めてのカタルーニャ・南フランス・ランドック一人旅2日目(3)フィゲラスからフランス国境へ | トップページ | 初めての南フランス・ランドック-ルシヨン一人旅2日目(5)もっと有名になってもおかしくない魅力的なコリウール。 »

Link

無料ブログはココログ