2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのカタルーニャ・南フランス・ランドック一人旅2日目(1)フィゲラス駅の荷物預かり所 | トップページ | 初めてのカタルーニャ・南フランス・ランドック一人旅2日目(3)フィゲラスからフランス国境へ »

2013年11月14日 (木)

初めてのカタルーニャ・南フランス・ランドック一人旅2日目(2)フィゲラスのダリ劇場美術館“Teatre-Museu Dalí ”

フィゲラスのダリ美術館“Teatre-Museu Dalí ”については、紹介しているブログが山ほどあるので、私が紹介しなくてもGoogleで検索をかければいくらでも知ることができる。なので、私が紹介する必要はないかもしれない。だけど、今回私がフィゲラスを訪れたのは、このダリ劇場美術館を見てみたかったから。だって、ヨーロッパの格安航空会社とバルセロナ情報では老舗と言うべきシトラスさんのWebを見たら、一生に一度はダリ美術館に行って、自分の目で見たいとずっと思っていた。

世紀のエンタテインメント・ミュージアム:「ダリ美術館」
http://barcelona.s28.xrea.com/sightseeing/shorttrip/dalimuseum.htm

ちなみにダリ美術館を紹介するこれ以上の記事は私には書けません・・・。

Lan06001
正面玄関の前に立ってみて「なにかが違う」と感じる。ダリ美術館といえば、屋上にタマゴのようなものがある外観のはず。別の美術館があるのかと思って、外周を一周してみると、ガイドブックに載っている風景。これぞダリ美術館!

Lan06002
ピンク色の建物にタマゴと像が並んでいる。もう、ダリ美術館では、どうしてだろう?と理屈で考えるのはやめて、ダリの世界観を感じるしかない!

Lan06003
ピンク色の壁にある、このオブジェはなんだろう?

Lan06004
気を取り直して、美術館の入口に向かう。入口のところにあるこのおっさんはなに?目から人形が顔を出しているのはいいとしても、大きなタマゴと無数の小さなタマゴはいったいなに?

Lan06005
元は市立劇場だったという美術館に入るといきなり吹き抜けになっている。クルマの上に像が立っていて、頭上には船底から水滴が垂れているようなオブジェ。奥には、舞台幕のようなものが見える。

Lan06006
建物は中庭をぐるっと半円状に囲んでおり、先ほど、外周にタマゴと一緒に立っていた像が取り囲んでいる。

Lan06007
中庭から建物に戻り、作品を鑑賞するけど、この真ん中のもじゃもじゃはなに?

Lan06008
すべてが意図して奇をてらったものではないと感じる作品もある。

Lan06009
風景画もあり、ちゃんとしているじゃん!と思わせる作品ももちろんある。

Lan06010
有名なピカソの肖像画。

Lan06011
そして、美術の教科書に載っているのを見たことがあるダリの自画像。

Lan06012
中庭から見えた劇場の舞台幕のような作品。

Lan06013
この前はホールになっていて、リンカーンの肖像をモザイクにしたような作品が飾られている。

Lan06014
でも、よく見てみると、裸体?ガラ夫人がモチーフらしい。

Lan06015
オブジェもよくわからないし。

Lan06016
天井を見上げれば、なにかあるし・・・。

Lan06017
日本の羽子板を使った作品もある。

Lan06018
これも有名な「女優メイ・ウエストの部屋」と呼ばれる作品。

Lan06019
階段があって階段を上ると、そこには大きなレンズがあり、そこからのぞいてみると、ちゃんと髪の毛までついてくる。

Lan06020
黒い点が見えて、なにかと思って、よく見てみると蟻!でも、首に巻かれたスカーフがかわいい。

Lan06021
階段から展示室に向かう通路も楽しい。

Lan06022
2階のロビーに行くと、巨大な足が。ダリとガラ夫人の足ということらしい。ガラ夫人をダリはよほど愛していたんだろうなぁ。

Lan06023
ベッドが置いてある部屋がある。ここでダリが休んでいたのかなぁ?

Lan06024
このタペストリーの作品も教科書で見たことがある気がする。

Lan06025
使われた感じのするソファーがある。ここにダリが座っていたのかなぁ?

Lan06026
上からは巨大なオクトパスが!

写真に納めたのは作品のごく一部で、ダリ劇場美術館、なかなか楽しかった。私は美術館を訪れても、全部をしっかり見ると疲れて飽きてしまうので、基本的にはさっと見てインスピレーションを感じた作品しかじっくり見ないんだけど、ここはダリのトリックを純粋に楽しむことができて、おもしかった。

Lan06027
美術館を出て、観光客向けのカフェテリアがあったので、たくさん作品を見て疲れたので休憩することにする。

Lan06028
なぜ、この観光客向けのカフェテリアに立ち寄ったかと言えば、例の機械を見つけてしまったから。

Lan06029
オレンジの絞りかすは両側に捨てられて、絞りたてのオレンジジュースは中央に注がれるようになっている。すっかり店員さんの作業の様子を見入ってしまう。この機械、よくできているなぁ。

Lan06030
絞りたてのオレンジジュースはやっぱり美味しい。ちなみに、奥に見えるのはダリ宝石美術館の入口なんだけど、チケットはあるのにすっかり入り忘れる。どうして、目の前に入口があるのに見逃したんだろう。のんびりオレンジジュースを飲みながらぼーっとしている暇はホントはないのに・・・。まぁ、見たかったのは美術館そのもので宝石には興味がないから別にいいけど・・・。

« 初めてのカタルーニャ・南フランス・ランドック一人旅2日目(1)フィゲラス駅の荷物預かり所 | トップページ | 初めてのカタルーニャ・南フランス・ランドック一人旅2日目(3)フィゲラスからフランス国境へ »

スペイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

↓バスターミナルの荷物預かり所の件、了解です!
でも小心者の私は、預けなくてもいいような旅程を組みそうです。

ダリ美術館のピンクの壁と卵の飾り、やっぱり私も探しました。
そして宝石館に入るのも忘れました。
でも、娘が思い出してくれて引き返して入りましたけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/58552455

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのカタルーニャ・南フランス・ランドック一人旅2日目(2)フィゲラスのダリ劇場美術館“Teatre-Museu Dalí ”:

« 初めてのカタルーニャ・南フランス・ランドック一人旅2日目(1)フィゲラス駅の荷物預かり所 | トップページ | 初めてのカタルーニャ・南フランス・ランドック一人旅2日目(3)フィゲラスからフランス国境へ »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ