2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月28日 (水)

初めてのカナダ・ケベック一人旅4日目④モントリオール、楽しいマルシェ・ジャン・タロン“Marché Jean-Talon”!

Qb1301
メトロのジャン・タロン駅で降りてみるけど、どこに市場があるかよくわからない。駅に向かう人の荷物が市場帰りの雰囲気だったり、人の流れで、マルシェ・ジャン・タロン“Marché Jean-Talon”に到着。このジャン・タロン・マーケットは、かなり大きくて、市場好きの私には最高の場所!

Qb1302
入口のところには、カキを剥いて食べさせるオイスターバーがある。夏だけど大丈夫なのかな ?

Qb1303
魚屋さんもちゃんとあり、この地域でどのような魚が食べられているのかを見るのが大好き。

Qb1304
モン・ロワイヤルでハイキングのあとに水分補給をしておらず、ものすごくのどが渇いているところにジューススタンド発見!

Qb1305
オレンジとグレープフルーツのミックスジュース“Citrus Doux”に惹かれて、大きいサイズで注文。

Qb1306
絞りたてのジュースはのどが渇いたときには生き返る、最高のおいしさ。絞りたてジュースは大好きで、何年前かは忘れたけど、スペインのアンダルシアに行ったときはオレンジジュースを毎日飲んでいたっけ。そういえばモロッコのマラケシュでも飲んでいたなぁ。

Qb1307
市場は屋内市場で、ものすごく広い。モントリオールって、歴史的な町並みもあるし、近代的なショッピングモールもあり、モン・ロワイヤルのような自然に触れられるし、そしてジャン・タロン市場のような巨大な市場があるなんて、私の旅の楽しみがすべて詰まっている。

Qb1308
様々な野菜や果物が並べられており、見て歩くのがなんて楽しいんだろう。

Qb1309
どのような野菜があるのかを知るだけではなく、その陳列方法を見るのも好き!

Qb1310
ケベックシティで食べたイチゴのタルトに入っていたルバーブも売られている。

Qb1311
イチゴやブルーベリーも7月の今の時期に売られている。

Qb1312
そして、今の時期に一番売られている物は、桃やスモモ、プラム、杏。

Qb1313
どこの果物屋さんでも、試食用の桃が置かれており、桃やスモモが食べ放題!?豊かな大地で作られた果物はおいしくて、日本に持ち帰りたいくらい。

Qb1314
やっぱり、市場巡りが好き。

Qb1315
生鮮食料品だけではなく、パティスリーやケベック名産品を売るお土産店など、いろいろなお店が並んでいる。歩いていると、ついパティスリーに引き込まれていく。

Qb1316
素朴なタルトだけど、素材の果物に力があるから、絶対においしいに決まっている。素材に力があるときは、シンプルな料理方法が一番おいしい。もしも日本に持ち帰れるのならば、ホールで買って帰りたいくらい。

Qb1317
様々な大きさのメイプルシロップのタルトを発見。

Qb1318
今回の旅行は、あまりおやつを食べていないので、片手サイズの一番小さいメイプルシロップのタルトを買ってみる。もちろん、すぐにベンチを探して食べてみるけど、おいしい。

Qb1319
大満足でジャン・タロン市場巡りを終えて、ジャン・タロン駅に向かうと、駅の向こうにスーパーマーケットの“METRO”を発見。でも、やっぱり、あまりカナダらしいものは見つからず・・・。

Qb1320
ジャン・タロン駅から一度ホテルに戻り、おみやげを置いて、今回の旅行で最後の夕食に向かう。

Qb1321
最後の夕食はモントリオール旧市街で探すことにする。空が紺色に染まり始めた、少し日が傾いてきた時のノートルダム大聖堂。

Qb1322
夕暮れ時のサン・ポール通りは人通りも多く、賑わっている雰囲気。

Qb1323
味付けが素朴なケベック料理ではなく、最後の食事くらいはフランス料理にしようかなと思って、またしても「地球の歩き方」に掲載されているジャック・カルティエ広場に面するフレンチレストラン、「シェ・ク」“Chez Queux”に入ってみる。

Chez Queux
158 St-Paul Est, Montréal, H2Y 1G6
http://chezqueux.com

Qb1324
お店に入ってみて案内されてから、フレンチレストランでもかしこまった雰囲気で高級感があり、場違いだったかな?と感じ始める。メニューをみると、一番安いコースでも40カナダドル。まぁ、新宿の居酒屋などで友達と飲んでも4~5000円かかるんだから、旅の最後はお金のことは気にしないことにする。といっても、このときは旅の終盤なので現金は小銭を含めて70ドルくらいしかないので実は気にしてたんだけど・・・。40ドルの7月の月替わりスペシャルコースが一番食べてみたい感じなので、それを注文。

Qb1325
前菜の前にアミューズが運ばれてくる。

Qb1326
前菜はクレソンのスープ“Soupe de cresson aux cuisses de grenouilles”。フランス語メニューは、いつもすべて読解はできていないので、半分くらいしか理解しないで注文することもある。今回も、現地では“aux cuisses de grenouilles”の部分はわからずに「クレソンのスープ」としか理解していなかったけど、「カエルのモモ肉」だったらしい・・・。美味しかったから問題ないし、たぶん読解できていても「偏見」に支配されるのは嫌いなので頼んだけどね。

Qb1327
そして、シーザーサラダ“Salada César”は、目の前でサラダが盛られて、ドレッシングを目の前で調合してくれる凝った演出。おひとり様なので、私だけのための演出なのがもったいない。

Qb1328
目の前で作られたシーザーサラダ、ちょっとニンニクが強いけど、美味しい。

Qb1329
そして、なぜ私がこのコースを頼んだかと言えば、オマールが食べたかったから。もっと言えば、レストランに入る前に入口に貼られたメニューを見て、オマールが食べたい!と思ってこのレストランに入ったようなもの。「オマールのテルミドール」“Homard Thermidor”、最高に幸せ。

Qb1330
そして、デザートはイチゴのデザート。“Fraise au poivre rose”。胡椒のアクセントがいい。

Qb1331
旅の最後を飾るのにふさわしく、美味しい夕食だったなぁ。けっきょく、現金でもぎりぎり足りたけど、カードでお支払い。

Qb1332
9時近くなって、ジャック・カルティエ広場はようやく夕暮れの雰囲気だけど、土曜日の夜とあって、賑わっている。

Qb1333
ベンチに座って語り合ったり、オープンカフェでお酒を飲みながら夕暮れ時を楽しんでいる。「連れ」がいたら、夕暮れ時にベンチに座って語り合うのもいいかもしれないなぁ。私の一人旅は、たまに寂しさがふと湧いてくる。

Qb1334
夕暮れ時のジャック・カルティエ広場には、似顔絵描きのブースが広場に両側にたくさん出ている。

Qb1335
モンレアル(モントリオール)、なかなか楽しい町だったなぁ。旧市街あり、新市街あり、落ち着いた住宅街あり、自然あり、市場あり。私が旅を感じるすべての要素がここにある。モンレアルでは、フランスではないカナダ・ケベック州を十分に感じることができた気がする。旅の最後に、ノートルダム大聖堂の夜景を見て、ホテルに戻る。

2013年8月25日 (日)

初めてのカナダ・ケベック一人旅4日目③モントリオール、モン・ロワイヤル公園でハイキング

Qb1201
2013年7月13日、土曜日。まだまだモントリオールの町歩きは続く。ドルチェスター広場のそばにある世界の女王マリア大聖堂は、バチカンにあるサン・ピエトロ大聖堂の1/4の大きさで作られたという教会。

Qb1202
サン・ピエトロ大聖堂には、たしか2回くらい行っているけど、1/4の大きさでも十分に大きい。

Qb1203
そろそろ、遅めのお昼ごはんをとることにする。だけど、周辺はビル街でレストランは見つからないので、メトロBonaventure駅からメトロに乗って、モン・ロワイヤル“Mont-Royal”駅を目指す。

Qb1204
モン・ロワイヤル“Mont-Royal”駅に到着。駅前広場の周辺には大きな商業施設もない様子で落ち着いた雰囲気。でも、こういう普通の街の雰囲気を歩くのって好き。

Qb1205
駅から道に迷わないように方向を確かめて町歩きを始めると、低層の建物が建ち並ぶ住宅街の雰囲気。

Qb1206
今回の旅行、「ケベック料理」を目指すとどうしてもガイドブックを参照せざるを得ないので新しい情報提供はできないんだけど、「地球の歩き方」に掲載されている「ラ・ビネリー・モン・ロワイヤル」“La Binerie Mont-Royal”へ行くことにする。

Qb1207
レストランは大衆食堂の雰囲気。こういう現地にどっぷり浸る感じの食堂って好き。昨日の昼食から3回連続して、今回もカウンター席に座る。カウンターは料理を作っているところが見えるし、大好き。

Qb1208
壁に貼られたメニューをみるけど、あれ?ケベック州ではデジュネ“Déjeuner”が朝食の意味なのかな?同じフランス語でも、フランス本国では“Petit Déjeuner”だけど、ケベック州では違うのかなぁ?パイは昨日、ケベックシティで食べたので、ミートボールを注文する。

Qb1209
まずは豆のスープが出てくる。ケベック料理って昨日も食べたけど、わりと素材を生かす味。

Qb1210
そして、メインのミートボールは、シナモンの風味がよく効いていて、日本の味付けとは違う感じ。

Qb1211
コーヒーと一緒にパンケーキにシロップがかけられた感じの“Pouding”が出てくる。壁に貼られたメニューの“Pouding chômeur”と呼ばれるものだと思うけど、直訳すると失業者のプリン!?

Qb1212
モン・ロワイヤル駅前に戻って、駅の裏手にあるバス停でモン・ロワイヤル公園へ向かう11番バスを待つ。1日券を買っておくと、バスに乗るのも簡単。

Qb1213
市バスに乗って、モントリオール市街の西側にある小さな山、モン・ロワイヤル“Mont-Royal”を目指す。バスは案内放送なんてないので、どこのバス停で下りるのかはがわからないのがバスの難しいところ。

Qb1214
バスはぐんぐんと山道を登っていき、「地球の歩き方」には3番目のバス停で下りると書いてあるけど、最初の展望台のバス停の次の2番目のバス停で下りる人が多かったので一緒に下りてしまうことにする。

Qb1215
バスを降りると、公園の中は緑が豊かな遊歩道。バス停から展望台へは10分もかからないくらいだけど、緑の中を歩くのはなかなか気持ちがいい。

Qb1216
しばらく歩くと、シャレー・デ・ラ・モンターニュ“Chalet de la montagne” に到着。

Qb1217
シャレーの中に入ってみると、なにもなくてびっくり。けっこうお客さんがいるんだから、レストランとかカフェ、売店があってもいいのに・・・。

Qb1218
シャレーの前は広場になっていて、奥にはモントリオールの街が見える。

Qb1219
展望台からはモントリオールの町並みが一望できる。

Qb1220
考えてみれば、町を高いところから一望できる風景って好きかも。町歩きをしたあとだったら、自分がどこを歩いて来たのかなぁ?と風景をたどってみる。

Qb1221
ケベックシティからモントリオールに向かうバスの中で最初に見たのは、この遊園地。手前の橋を右から渡ってきたんだっけ。

Qb1222
モントリオールの市街地には高いビルが並んでいるけど、川を渡ると高い建物はなく、緑が広がっている。奥には山も見えるし、自然も豊かでモントリオールは暮らすにもいい町に感じる。

Qb1223
公園の中の遊歩道をさらに山頂にあるという十字架に向かって歩いてみる。モントリオール、旧市街あり、賑やかな新市街あり、落ち着いた住宅街があり、そして自然もあるし、けっこう楽しいかも。

Qb1224
木陰にベンチを見つけたら、もちろん休憩。

Qb1225
遊歩道を歩きながら、実をつけた木を見ると、立ち止まる。

Qb1226
山の上に立つこの「十字架」を目標に歩いたら、なかなかたどり着かなくて、でも逆に自然の中を歩いて気分転換。

Qb1227
のんびりとした気分だからこそ、歩いていても、花が咲いていることに気がつき、立ち止まり、花を愛でることができる。普段の生活だと、ふとした美しさに立ち止まる余裕がないような気がする。

Qb1228
けっきょく十字架から戻ってくるのも結構な距離で、遊歩道をトータル1時間くらい歩いたのかなぁ。晴れて気温は高いけど湿度は感じず、すがすがしい気候の中でのハイキング、なかなか楽しかった。バス停で11番バスを待つ。

Qb1229
今度は、バスは山道を下っていく。

Qb1230
メトロのモン・ロワイヤル駅に到着。7月のカナダは太陽が沈むのが遅いので、夕方になってもまだまだモントリオール町歩きは続く。

2013年8月22日 (木)

初めてのカナダ・ケベック一人旅4日目②7月のモントリオール新市街はお祭り気分

Qb1101
サン・ポール通りを歩くとボンスクール・マーケット“Marché Bonsecours”に到着。

Qb1102
その隣にはノートルダム・ド・ボンスクール教会“Chapelle Notre-Dame-de-Bon-Secours”が建つ。

Qb1103
中に入ると素朴な雰囲気で、作られた美しさのノートルダム大聖堂よりも好きかも。

Qb1104
もちろん、教会に行ったら、座って、教会の静寂を味わう。

Qb1105
ノートルダム・ド・ボンスクール教会は船乗りの教会として船がつるされている。

Qb1106
石造りの建物は歴史を感じ、モントリオールの旧市街も雰囲気がよくて好きかも。

Qb1107
再び、サン・ポール通りを歩き、私の旅は“マルシェ”と名がつくところは必ず立ち寄るのがマイルールなので、マルシェ・ボンスクールに入ってみることにする。

Qb1108
マルシェといっても、生鮮食品は売っておらず、ギャラリーやおみやげ物屋さんが並んでいる。

Qb1109
民芸品、工芸品などを扱うおみやげ物屋さん。

Qb1110
おみやげ物仕様のものだけではなく、ギャラリーをのぞくとかわいらしいものもたくさんあって、見ていると意外と楽しい。

Qb1111
そして、外にはメイプルシロップが。それにしても、ケベックシティからいろいろとカナダらしいおみやげを探しているけど、カナダのお土産はメイプルシロップしかないのかなぁ・・・。

Qb1112
ジャック・カルティエ広場“Place Jacques-Cartier”に戻る。カフェは花に彩られて、美しい。

Qb1113
ケベックシティのトレゾール通りのように絵を売っている通りを発見。

Qb1114
プティンが売られているけど、ポテトなので食べてしまうとお腹いっぱいになって、ちゃんとした食事が食べられなくなるので、悩む。でも、ケベックでの食事もあと昼食と夕食のたった2回だけだから、ここはちゃんとした食事を目指して我慢・・・。

Qb1115
カフェやレストランはまだ準備中。お昼過ぎにはオープンカフェが並び、賑やかになるんだろうなぁ。

Qb1116
「地球の歩き方」にも掲載されているメイプルシロップの専門店「レ・デリス・ド・レラーブル」“Les Délices de l'Érable”で、おみやげ用のメイプルシロップを購入。専門店だけあって、いろいろあるけど、それなりのお値段。

Les Délices de l'Érable
http://www.mapledelights.com/sirop-erable/index.aspx

Qb1117
旧市街を離れ、“Place d’Armes”駅の前を通り、新市街へと向かうとそこはチャイナタウン。

Qb1118
だけど、建物の雰囲気が中国の雰囲気ではないので、ごちゃっとした感じもなく、すっきりしている。

Qb1119
チャイナタウンの片隅で見つけたドラえもん風やリラックマ風のバック。

Qb1120
中華街らしく門が建っている。

Qb1121
中華街を通り抜けて、このまままっすぐ進めば、新市街に出るはずと信じて方向感覚だけで進む。私は方向感覚を信じて歩くことが多いんだけど、たまに方向を見失って遠回りするはめになったりもする。

Qb1122
歩行者天国の道路を発見。雰囲気から新市街のメインストリートのサント・カトリーヌ通り“Rue Sainte-Catherine”に違いない(よく標識を見ると書いてあるけど)。ちゃんと地図を確かめないで繁華街の「雰囲気」を感じたら進んでみる。たいていは「雰囲気」だけで当てるんだけど、たまに失敗もあるけど・・・。

Qb1123
7月のモントリオールはお祭り気分。サン・カトリーヌ通りに面するアート広場“Place des Arts”には大きな気球があげられている。

Qb1124
サント・カトリーヌ通りは歩行者天国になっていて、今日7/13土曜日はお祭りなのか、パフォーマンスを見ることができる。

Qb1125
サン・カトリーヌ通りには繁華街なのに、セント・ジェームス・ユナイテッド教会などの教会が建っていたりしておもしろい。

Qb1126
さすがに中心街とあって「ラ・ベー」“La Baie”という大きなデパートも並んでいる。

Qb1127
繁華街なんだけど、やっぱりビルの谷間にはクライスト・チャーチ教会。

Qb1128
サン・カトリーヌ通りの両側には出店が並び、人がごった返している。

Qb1129
出店をのぞいてみると、どうやらバーゲンセールの様子。私はあまり買い物には興味がないけど、「女子」だったら楽しいんだろうなぁ。

Qb1130
事前にはなにも調べてなかったので偶然の要素が大きいけど、7月のケベック旅行、「夏祭り」の雰囲気で、賑やかで町歩きが本当に楽しい。

Qb1131
お祭りと言えば、食べ物屋の屋台も並んで楽しそうな雰囲気。

Qb1132
でも、人が多くてちょっと疲れたので、ドルチェスター広場のベンチで一休み。モントリオールの町歩き、なかなか楽しくて、幸せな気分。

2013年8月20日 (火)

東京成田発ヨーロッパ行き、2013年11月から新しい深夜便(トルコ航空増便!)

実は新しい情報ではないけれど、2013年11月4日から、成田空港22 :30発と会社帰りに成田空港に向かってヨーロッパに向かうことができる新しい深夜便が就航する。もちろん羽田発のJLパリ便、NHフランクフルト便、EKドバイ便はあるけど、成田空港を夜に発ち、ヨーロッパに向かうことのできる便はエールフランスAF277便のほかには、中東系エアライン3社(エミレーツ航空EK319便、カタール航空QR805便、エティハド航空EY871便)しかない。そこに、新しく2013年11月からトルコ航空がダブルデイリーの増便として就航する。

2013/11/4~
TK51/NH6635 NRT IST 12:55 18:10
TK53/NH6637 NRT IST 22:30 04:20+1(増便)

TK52/NH6638 IST NRT 00:50 19:30(増便)
TK54/NH6636 IST NRT 17:10 11:30+1
※TK=トルコ航空 NH=全日空 NRT=東京成田 IST=イスタンブル

以前より、トルコ航空の関空便は深夜便で、夜に東京から関空経由でヨーロッパに向かう裏技としてチェックしていたけど、ダブルデイリー化によって東京でも「裏技」ではなく普通に選択することができる。例えばパリに向かう場合、イスタンブルで翌朝7 :45発のTK1821便に乗り継げば、パリに午前中の10 :25に到着できる。これは、中東系エアラインのエミレーツ航空だとドバイでEK73便に乗り継いでもパリ到着は昼頃の12 :25と、トルコ航空の方が2時間も早く到着。帰路もトルコ航空ではパリ18 :25発のTK1828便まで滞在できるのに対して、エミレーツ航空ではパリ14 :25発EK74便と4時間も長く滞在できる。

さらに、トルコ航空でストップオーバーを使えば、行きか帰りにトルコに入国してしまい、ちょっとだけイスタンブルで遊ぶこともできる。ということで、今年の秋以降に仕事帰りにヨーロッパに行くには、トルコ航空を要チェック!

もう1つだけ気になることがある。それは、ニューカレドニア・ヌメア行きのエアカランのスケジュールが変更になること。東京・ヌメア便はフランスからのAF277/278便に今までは接続していたんだけど、今回のスケジュール変更で接続便がAF275/276便に変更になる。

2013/10/27~(火・木・土・日)
SB801/AF238 NRT NOU 12:00 22:30
SB800/AF237 NOU NRT 01:00 08:10

そうなると、10月下旬からAF277/278便は成田空港でのエアカランとの接続がなくなることになる。ということは、AF277/278便の成田空港発着の意味が少なくなる。憶測だけど、AF277/278便が羽田空港に引っ越してくるのかもしれないなぁなんて、思ってみたりしている。でも、深夜の発着制限がない羽田空港発着になれば、出発時間を遅らせてパリに早朝3 :20に到着なんていう早すぎる到着も是正できるし、旅行者にとってはメリットが大きいので、エールフランス航空の動向を今後は要チェック!

ヨーロッパへ飛ぶ航空便は、スケジュールや運賃なども含めて常にチェックしているけど、気になった情報を2つほどチェック!

2013年8月18日 (日)

初めてのカナダ・ケベック一人旅4日目①モントリオール旧市街“Vieux Montréal”へ。

Qb1001
2013年7月13日土曜日、モントリオール。早くも自由に観光できるのは今日が最後の日。やっぱり5日半の短い休暇での旅行は、あっという間に終わってしまう。朝、目覚めて、ホテル「オーベルジュ・ル・ポメロール」“Auberge Le Pomerol”の部屋のドアを開けると、各部屋にバスケットがつるされている。

Qb1002
バスケットをベッドの上に置いてみる。

Qb1003
バスケットを開くと、そこにはオレンジジュース、クロワッサンやマフィン、チーズ、ジャム、そしてヨーグルトなどが詰まっている。ちゃんと保冷剤も入っていて、オレンジジュースやヨーグルトは冷たい状態。

Qb1004
部屋にはコーヒーメーカーも用意されているので、部屋でコーヒーをわかすと、部屋の中はコーヒーの幸せな香り。

Qb1005
折りたたみ椅子とテーブルを取り出し、朝食の準備完了。ちゃんと着替えなくてもいいし、部屋でのんびりとしながら、入れたてのコーヒーとともに食べる朝食はなかなかいい。

Qb1006
テレビは、多くの犠牲者を出したラック・メガンティック“Lac-Megantic”の事故についてを報じている。原油が積み荷の無人の貨物列車が坂道を自然と下り、坂の下の町であるラック・メガンティックで脱線し爆発炎上したという大きな事故。ケベック州では毎日のように報じられていた大事故だけど、日本人にとっては、たった1ヶ月前のことなのにすでに忘れられているだろう。

Qb1007
いざ、モントリオールの町歩きスタート。街路樹があるところは昨日の日暮れ時に多くの人がくつろいでいたデュピュイ広場“Place Dupuis”。バスターミナルには、信号を1回渡るだけで到着できるなど、ホテル「オーベルジュ・ル・ポメロール」“Auberge Le Pomerol”の立地条件は最高によい。

Qb1008
ホテルの向かいには、メトロのベリ・ウカム(Berri-UQAM)駅の入口がある。

Qb1009
自動券売機で切符を購入。私の場合、その町をめいっぱい観光しようと思った時には、たいてい1日券を購入してしまう。そのほうがバスでもメトロでもいちいち切符を買う手間もないし、モントリオールの場合は1回券が3カナダドルなので、9カナダドルの1日券は3回乗れば採算がとれてしまうのでお得。

Qb1010
STM(Société de transport de Montréal)の1日券は紙の切符だけど、Suicaのような非接触式のカードになっている。

Qb1011
パリのメトロと同じようなゴムタイヤ式の列車がやってきた。メトロに乗って、まずはモントリオール旧市街“Vieux Montréal”を目指す。

Qb1012
たった2駅分だけメトロに乗って“Place d’Armes”駅に到着。さすがケベック州、出口の案内表示はフランス語の“SORTIE”のみで英語の併記はなし。フランス語の標識に従って、地上に出る。

Qb1013
駅の出口を出て、どちらの方向に進めばよいのか少し迷う。駅を出て左手側はホリデーインホテルが中華街のような装飾だったので、反対側の右手に進むと、坂の上に教会のような建物が見えてきた。

Qb1014
ケベックシティの中心部の広場と同じ名前のモントリオールのアルム広場(地球の歩き方では「ダルム広場」と表記)“Place d’Armes”にはカレーシュ“Calèches”と呼ばれる馬車が停まっている。

Qb1015
モントリオールのノートルダム大聖堂“Basilique Notre-Dame de Montréal”に到着。朝はちょうど逆光で写真を撮るのはつらい環境だけど、しばらく広場の真ん中に立ち、教会を眺める。

Qb1016
教会の中に入ると、青い光の中に祭壇が置かれており、光の演出がすごい。幻想的な雰囲気の中で、いつものように座って、しばらく教会の雰囲気を味わう。

Qb1017
奥へ進むとモダンな感じのサクレクール礼拝堂“Chapelle Notre-Dame du Sacré-Coeur”も、落ち着いた雰囲気で好きかも。

Qb1018
ノートルダム大聖堂の裏手がモントリオール旧市街。旧市街を東西に貫くサン・ポール通りを歩く。

Qb1019
低層の建物が並び、歴史ある雰囲気。ようやくモントリオールに到着してからは、フランスらしさを見つける偏見を捨てて、まだ知らないケベックを先入観や偏見なしに感じられるようになってきた。

Qb1020
旧市街の中心にあるジャック・カルティエ広場“Place Jacques-Cartier”に到着。広場とはいっても、旧港にむかってなだらかな坂道になっている。

Qb1021
広場に面して立つカフェやホテルは、坂道なので段々になっている。

Qb1022
初めて訪れた町で私がまず初めに行うこととは観光案内所“Informations touristiques”で地図や資料をもらうこと。やっぱりモントリオールでも、フランス本国では“Office de Tourisme”なのに“Informations touristiques”と表現されている。観光案内所で手に入れた資料にはガイドブックには載っていない観光名所が掲載されていることもある。

Qb1023
白とピンクのカレーシュもかわいらしい。

Qb1024
ちょっとだけ、ジャック・カルティエ広場の木陰で一休み。観光案内所でもらった地図をみて、これからどこに行こうかを考える。私の町歩きは、こんな感じでいつも行き当たりばったり。最初からルートは決まっていない。

Qb1025
モントリオール市庁舎“Hôtel de Ville”は土曜日はお休みなので外観のみの見学。

Qb1026
その向かいに立つシャトー・ラムゼイ博物館に入ってみることにする。昔の生活が感じられる博物館は大好き。

Qb1027
シャトー・ラムゼイはモントリオール総督クロード・ラムゼイの邸宅として建築された建物。部屋ごとに音声ガイドがあり、日本語もあるので、各部屋で音声ガイドを聞きながらゆっくりと進む。

Qb1028
開拓地としての生活はどのようなものだったんだろうなぁ。音声ガイド聞いて想像しながら見学するとなかなか楽しい。

Qb1029
博物館を出るときに、中庭がすばらしいから見ていくようにと言われて、中庭に向かう。

Qb1030
旧市街の中心部、ジャック・カルティエ広場のすぐそばなのに立派な庭園。

Qb1031
庭園には、様々な花が咲いており、ゆっくりと散策しているとゆったりとした気持ちになれる。

Qb1032
実をつけた木もたくさん植えられている。これはなんの実だろう?美しい庭園を見学してゆったりとした気持ちになり、まだまだ、旧市街の散策は続く。

2013年8月14日 (水)

Bunkamuraル・シネマで「ノーコメント by ゲンズブール」“Je suis venu vous dire... (Gainsbourg par Ginzburg)”

2013081401
2013年8月14日、朝から渋谷東急Bunkamuraル・シネマへ。7月27日に封切りになっていて、早く見たいと思っていたけど、仕事が忙しくてなかなか来られず、やっと調整できて、久しぶりの渋谷へ。

2013081402
あっ、ル・シネマには無料のフランス情報誌「BONZOUR」が置いてある。愛読しており毎月読みたいんだけど、なかなか都区内にしっちゅう出没していないと手に入れられない・・・。

2013081403
今日、見に来たのはPierre-Henry Salfati監督の「ノーコメント by ゲンズブール」というセルジュ・ゲンズブールのドキュメンタリー映画。

2013081404
過去のセルジュ・ゲンズブールの映像や音声を編集し、まるでゲンズブールが自らを語っているようなドキュメンタリーに仕上がっており、なかなかおもしろい。ロシアへの思いなんて今までは知らなかったし、醜男への思い、“Gainsbourg”と“Ginzburg”をジキルとハイドにたとえていたり、ゲンズブールの自らの言葉で語られるストーリーはおもしろかった。だけど、この映画、きっと事前にセルジュ・ゲンズブールやフランス・ギャル、ブリジット・バルトー(BB)やジェーン・バーキンのことを少しは知らなければおもしろくないだろうなぁ。

2013081405
映画を見終えると、邦題の「ノーコメント by ゲンズブール」よりも、フランス語の原題“Je suis venu vous dire... (Gainsbourg par Ginzburg)”のほうがしっくりくる気がする。

2013081406
実は午後からお盆の8月14日だというのに会社で14時から会議があるので、映画を見終えるとすぐに会社に向かわなければならないので、本当は映画の余韻に浸りたいんだけど、
VIRONで昼食を調達して仕方なしに会社に向かう。

2013081407
せめて、フランス気分を感じようと思ってVIRONでジャンボン・フロマージュのサンドイッチを購入。

2013081408
口の中に刺さる感じのバケットサンドはパリを思い出す。ブーランジェリーの安い簡単なバケットサンドでも最高においしいんだよなぁ。なんだか、VIRONのバケットサンドを食べたらフランスが恋しくなってきた。やっぱり、VIRONのバケットはおいしいし、そのバケットの小麦の味に負けないくらいチーズもハムも力があるものが入っていて、久しぶりにフランスを感じるバケットサンドで少しだけ幸せな気分。

2013年8月13日 (火)

初めてのカナダ・ケベック一人旅3日目③モントリオールで初めてのプティン(プティーヌ)。

Qb0901
ケベックシティからのバスは、セント・ローレンス川を渡り、モントリオール中心部へと向かっていく。サンテレーヌ島“Île Sainte-Hélène”には、橋の上から見ているとジェットコースターだけでも数種類ある巨大遊園地、ラ・ロンド“La Ronde”が見える。

Qb0902
モントリオール市街に入り、バスは近代的なバスターミナルに到着。

Qb0903
バスを降りて、モントリオールのバスターミナル内に入る。へぇ、ケベックでは、バスターミナルは“Gare routière”じゃなくて“Gare d'autocars”なんだ。同じフランス語なんだけど、表現が違う場合があっておもしろい。

Qb0904
バスターミナルを出て、いよいよ初めてのモントリオールの町歩きがスタート。でも、まずはスーツケースを置きにホテルまで歩くことにする。

Qb0905
今回、ケベックシティからモントリオールまではバスで移動しようと思っていたのと、空港行きのバスの起点がこのバスターミナルだったので、バスターミナルから徒歩3分くらいの場所にホテルを確保。迷うことなく、ホテル「オーベルジュ・ル・ポメロール」“Auberge Le Pomerol”に到着。

オーベルジュ・ル・ポメロール
Auberge Le Pomerol
819, boul. de Maisonneuve Est
Montréal (Québec) H2L 1Y7
http://www.aubergelepomerol.com

Qb0906
さっそくチェックインを済ませて、まずは部屋のセッティング。私はホテルに着くと、まずはハンガーに服をかけて、タンスがあれば引き出しに着替えをしまって、ホテルの部屋を自分の部屋にしてしまう。メトロのベリ・ウカム(Berri-UQAM)駅の入口も目の前だし、部屋も雰囲気がよいので、想定していたよりもホテル代が高かったけど、よかったかも。荷物を整理して、いざ、初めてのモントリオール町歩きスタート。

Qb0907
メトロのベリ・ウカム(Berri-UQAM)駅のUQAMは“L'Université du Québec à Montréal”ケベック大学モントリオール校のことで、ホテルの周囲は学生街になっている。ホテルから大きな通りを渡るとまずは図書館“Bibliothèque et Archives Nationales du Québec”がある。そして、学生たちの集まる、その名も「カルティエ・ラタン」という地区を歩く。

Qb0908
モントリオールでも7月3日から14日までは夏のフェスティバルのようで、カルティエ・ラタンではサーカスのイベントが開催されている様子。事前に調べたわけじゃないんだけど、7月のケベック旅行、正解だったかも。

MONTRÉAL COMPLÈTEMENT CiRQUE
http://montrealcompletementcirque.com

Qb0909
カルティエ・ラタンのメインストリートのサン・ドニ通りに入ると、歩行者天国になっており、賑わっている。

Qb0910
サン・ドニ通りにはカフェやレストランが並んでいる。

Qb0911
ケベックシティのテラス・デュフランのように、人が輪になっているところを発見。大道芸のパフォーマンスが行われている。

Qb0912
歩いていると、通りのあちらこちらでパフォーマンスが行われている。

Qb0913
お祭の中心を外れてみると、サン・ドニ通りは低層の建物がならび、落ち着いた雰囲気。

Qb0914
モントリオールにもパリのヴェリブ“ Vélib' ”のようなレンタル自転車のシステムがあるみたい。

Qb0915
坂を登ると、サン・ルイ広場に到着。ベンチには市民が座り、夏の夕暮れを楽しんでいる。地下鉄の駅でいうと1駅分歩いたことになるけど、そんなには歩いていないので、モントリオールの町はそれほど大きくないことが自分の足で歩いてみてわかる。

Qb0916
この辺りは、プラトーモンロワイヤル地区と呼ばれている場所で、低層の住宅街になっている。

Qb0917
サン・ルイ広場からプリンス・アーサー通りを歩いてみると、街路樹もあり落ち着いた雰囲気のカフェやレストランが並んでいる。

Qb0918
サン・ドニ通りはフェスティバルもあって賑やかな感じだったので、このあたりのカフェで落ち着いてお茶するのもいいかも。

Qb0919
でも、時間的には7時を回り、夕食の時間。今日の夕食は「地球の歩き方」を見て、サン・ロラン通りにあるシュワルツでスモークミート“Viande Fumée”にしようと決めていた。ガイドブックに掲載されている人気店とあって外まで行列ができている。

Schwartz's
http://schwartzsdeli.com

Qb0920
狭い店内は満員。一人客だったので早めにカウンターに案内される。今日2度目のカウンターでの食事。現地の雰囲気にどっぷりとつかるのって大好き。

Qb0921
メニューをみて、スモークミートを注文する。サイドメニューもいくつかあるけど、あらかじめ予習をしておかないと頼めないかも。このメニューのボードもいい感じじゃない。こういうお店こそ、まだ知らないケベックを、まだ知らないモントリオールを感じることができる気がする。

Qb0922
ということで、予習をしておけばサイドメニューにコールスローとか頼めたかもしれないけど、スモークミートとコーラ。

Qb0923
たしかに、ほぐれるように柔らかいスモークミートおいしい。

Qb0924
8時を過ぎるとようやく夕暮れの雰囲気。ホテルに向かって戻ることにする。

Qb0925
夕暮れの雰囲気のプラトーモンロワイヤル地区を歩く。緑が多く静かな住宅街。

Qb0926
低層の住宅は独特の雰囲気を持っていて、なかなかよい雰囲気。

Qb0927
ホテルのそばにはデュピュイ広場“Place Dupuis”は公園になっていて、芝生には夕暮れを楽しむカップルやグループでいっぱい。

Qb0928
モントリオールはカナダ第2の大都市。当然、大都市にはホームレスらしき人たちがおり、公園の片隅で炊き出しの活動を目にすることができる。むしろ、こういう光景があってこそ普通の風景。かといって、デュピュイ広場周辺がホームレスのたまり場になっていて治安が悪い雰囲気かというとそうではなく、一つ前の写真のように広場には夕暮れを楽しむ人々でいっぱい。

Qb0929
ホテルに戻ろうとしたけど、サン・ドニ通りに戻る。今日の夕食はスモークミートだけだったので、今日ならもう少し食べられそうな感じなので、サン・ドニ通り沿いのフリット・アロー“FRITE ALORS”というフライドポテト専門店に入ってみることにする。

FRITE ALORS
http://fritealors.com

Qb0930
もちろん、ここで頼むのはケベック名物のB級グルメ、プティーヌ(プティン)“ Poutines”。フライドポテトの上にチーズを載せて、グレービーソースをかけてあり、とてもハイカロリーな雰囲気。でも、これが感動的においしい!日本に帰ってからも、どこかで食べられるところはないのかなぁ?

Qb0931
おいしかったプティーヌ(プティン)に感動し、夕暮れのサン・ドニ通りを歩く。

Qb0932
9時近くになってもお祭り気分で賑やかなサン・ドニ通り。パフォーマンスを楽しみながら、ホテルに戻る。今日も朝から夜まで充実した1日だったなぁ。明日はメトロに乗ってモントリオールを歩き回る予定。

2013年8月 9日 (金)

初めてのカナダ・ケベック一人旅3日目②ケベックシティからモンレアル(モントリオール)へ。

Qb0801
ケベック神学校“Séminaire de Québec”の建物を見ながら、再びロウワータウンを目指す。

Qb0802
モンモランシー公園“Parc Montmorency”にはサン・ローラン川に向けられた大砲が並んでいる。

Qb0803
首折れ階段ではない場所でアッパータウンからロウワータウンに下りてみようと思ったら、下りる道がなくて遠回り・・・。そう、私の旅は近道をしようとして失敗したり、かなり行き当たりばったり・・・。でも、遠回りして偶然見つけた風景が好き。人生、時には失敗や遠回りも必要なもの。遠回りしたからこそ、発見できた風景だってあるじゃない?

Qb0804
ケベックシティでの最後の食事はサン・ポール通りにあるビュフェ・ド・ランティケール“Buffet de L'Antiquaire”へ。「フランス気分」だった昨日の反省から、今日は「ケベックらしさ」を味わうことにする。

Buffet de L'Antiquaire
95 rue Saint-Paul
Vieux-Port, Québec, G1K 3V8

Qb0805
お店に入るとカウンターに座ると、目の前の鉄板で料理を作られている。昨日までの「フランス気分」とは違って、手軽な食堂の雰囲気。これがケベックの食堂の雰囲気なのかなぁ?料理が作られる様子が眺められるカウンター席は大好き。

Qb0806
今日もたくさん歩いたのでビールと、ミートパイと豆の煮込みのセット“L'ASSIETTE QUÉBÉCOISE ”をスープ・コーヒーつき(16.45ドル)で注文すると、まずは豆のスープが運ばれてくる。

Qb0807
メインのミートパイは、思っていたよりも薄味で味付けのクセもない。目の前で作られるベーコンとカリカリに炒められたジャガイモがおいしいし、豆が煮込まれた料理も好き。ケベックに来てから、初めてケベックらしい料理を食べる。味は、この写真を見て想像した通りの味かな?

Qb0808
お腹いっぱいになって、そろそろケベックシティを去らなければならない時間。荷物をピックアップするためにサン・ルイ通りにあるホテルに戻る。

Qb0809
かわいらしいプチ・シャンプラン地区もこれでお別れ。

Qb0810
最後の「首折れ階段」。今回のケベックシティ滞在中、何回上り下りしたんだろう?

Qb0811
ケベックシティのランドマーク、フェアモント・ル・シャトー・フロントナックもこれで見納め。わずかな滞在期間だったのに、ここを離れるのがさみしい気分。ケベックシティ、居心地のよい町だったなぁ。

Qb0812
テラス・デュフランのベンチに腰かけて、太陽の光を浴びて、風を肌で感じ、ぼーっとサン・ローラン川を眺める。

Qb0813
港には昨日はいなかった大型客船が停泊している。どこから来たのかなぁ?と想像するのが楽しい。風景を見ながらいろいろと想像するのが好き。

Qb0814
馬車があるアルム広場(地球の歩き方では「ダルム広場」と表記)はのどかな雰囲気。

Qb0815
最後に、ホテル「フェアモント・ル・シャトー・フロントナック」にロビーだけでも入ってみることにする。

Qb0816
といってもロビーの装飾をみて、雰囲気を感じるだけだけど・・・。次にケベックシティに来るときには、一人ではなく「連れ」と一緒にここに宿泊するぞ。

Qb0817
ケベック州のナンバープレートには「私は(私を)忘れない」“Je me souviens”の標語が書かれている。私もケベックで感じたことは忘れない。

Qb0818
ホテル「オーベルジュ サン・ルイ」“Auberge St-Louis”に戻り、スーツケースをピックアップして駅に向かう。タクシーで向かおうかとも思ったけど、下り坂だし15分も歩けば着いてしまいそうなので、歩いて駅に向かうことにする。

Qb0819
さようなら、ノートルダム大聖堂“Basilique-Cathédrale Notre-Dame de Québec”。

Qb0820
この「シェ・アシュトン」“chez Ashton”というお店、「地球の歩き方」に「プティーヌ(プティン)」の専門店として紹介されているけど、けっきょくケベックシティでは「プティーヌ(プティン)」を食べる機会がなかったなぁ。おやつにするには、おなかいっぱいになりそうだし・・・。

Qb0821
駅に向かう道はなだらかな下り坂。右手の建物はオテル・デュー“Hôtel-Dieu”。オテル・デューと聞くと、昨年訪れたブルゴーニュ地方のボーヌを思い出す。

Qb0822
なんとなく坂を下りたら、旧港市場“Marché du Vieux-Port”前に出てきてしまった。あとはまっすぐ進んで、近代的な建物の駅に向かうだけ。

Qb0823
ケベックシティの鉄道駅であるパレ駅“Gare du palais”に到着。

Qb0824
パレ駅はVIA鉄道の鉄道駅と同時に、バスターミナル“Terminus d'autobus de la Gare du Palais”も併設している。“Autocars”の表示に従って進む。

Qb0825
オルレアン・エキスプレス“Orléans Express”のカウンターでモンレアル(モントリオール)行きの切符を購入。昨日、観光案内所ではもらえなかったので、時刻表があるか聞いてみるけど、「ない」とのこと。観光案内所でも、けっきょくホームページを見てメモしてくれたので、時刻表はないみたい。まぁ、30分~1時間の高頻度で運行されているので、私のように行き当たりばったりでも問題ないけど、時刻をきっちり決めたい人は、出発前に時刻表をホームページで調べておくのがおすすめ。

Orléans Express
http://www.orleansexpress.com

Qb0826
片道切符は56.8ドルと安くはない。切符には時刻も座席も指定されていないので、バスは自由席。

Qb0827
出発案内を見て、切符売り場ですでにモンレアル(モントリオール)行きは2番乗り場と教えてくれたけど、乗り場を確認してあとはバスの到着を待っているだけ。

Qb0828
バスターミナルはけっこう広くて、食堂や売店、コインロッカーもある。

Qb0829
13:30出発の10分前にバスが到着。荷物を自分でバスのトランクに入れて、バスに乗り込むと乗客は定員の半分くらい。えっ?定刻5分前なのに、バスは出発。早めにバスターミナルに着いて、バスに乗った方がいいかも。

Qb0830
さようなら、ホテル「フェアモント・ル・シャトー・フロントナック」。しまった、失敗したかも。滞在中にいろいろなアングルを探したけど、このあたりから写真を撮るのが一番きれいだったかも・・・。

Qb0831
バスはサン・ローラン川(セント・ローレンス川)を渡り、3時間の旅。

Qb0832
途中の道はひたすら田園風景。カナダの大地が広いことを体感する。時間はかかるけど、飛行機とは違って大地を走るバスもいい。

Qb0833
田園風景が終わり、正面に高層ビルの影が見えてきた。なにもない大地を走り続け、地平線の彼方から町の影がだんだん近づいてくるのって、どことなくわくわくする。そして、いよいよ、モンレアル(モントリオール)へ!

2013年8月 6日 (火)

初めてのカナダ・ケベック一人旅3日目①ケベックシティでタルト・オ・シトロン。

Qb0701
2013年7月12日金曜日。昨日のケベックシティでの1日だけでも充実した1日。今日は、モンレアル(モントリオール)に移動する予定。ケベックシティからモンレアル(モントリオール)まではバスが30分~1時間の高頻度で運行しており、時刻は昨日観光案内所で調べてもらっているけど、予約はいらないようなので適当に昼過ぎに移動予定。今日の朝食はフレンチトースト。もちろん、今日もメイプルシロップをたっぷりかけて幸せな気分。

Qb0702
もう1日あれば、レンタカーを借りるかバスでモンモランシーの滝でも行ってみたいところだけど、今回はパス。次回に「連れ」と来た時のお楽しみにとっておくことにする。今日は、昨日は「フランス気分」を求めすぎていた気がするので、フランスではない「まだ知らない」カナダ・ケベック州を先入観や偏見なしに感じてみる。旧市街を離れ、「地球の歩き方」に掲載されている新市街のマルシェ、アール・ド・プチ・カルティエ“Halles du Petit Quartier”を目指して、ホテルがあるサン・ルイ通りから城壁外のグランダレ通り“Grande Allée”を目指す。

Qb0703
朝のグランダレ通りは落ち着いた雰囲気。

Qb0704
グランダレ通りには、教会がたくさんある。でも、この建物は元は教会だけど、古本を売っている。

Qb0705
ケベックバプティスト教会。教会の建築様式が異なるのがおもしろい。

Qb0706
そして、聖ドミニコ教会など、宗派が異なる教会が並んでいる。

Qb0707
地図を見ながら、ル・プチ・カルティエ“Le Petit Quartier”に到着。ガイドブックと名称が違うけど、たぶんここのことだろう。カルティエ通りは、この建物以外にもお店が並んでおり、商店街の雰囲気だけど、旧市街の商店街とはだいぶ雰囲気が異なるみたい。

Qb0708
ごちゃっとしたマルシェを楽しみにして中に入ってみると、どちらかというと近代的なショッピングセンター。確かに、魚屋や肉屋、小さなスーパーマーケットは入っているけど、想像と違う雰囲気。

Qb0709
ブーランジェリーなどがあり、生活は垣間見えるけど、昨日の旧港のマルシェのほうがおもしろかったなぁ。

Qb0710
そういえば、今回の旅行はパティスリーでまだケーキを食べていない。うーん、まだ、どうしても「フランスらしさ」を求めている自分がいるけど、カナダらしさって何だろう?カナダ特有の食べ物ってなんだろう?

Qb0711
周囲は住宅街になっており、女性が押すベビーカーは4人乗り!

Qb0712
昨日から気になっていたのは、カナダ全域がそうなのか、ケベック州だけがそうなのかは調べてないんだけど、ケベックシティで見るクルマは、フロントのナンバープレートがない!

Qb0713
次の目的地に向かって、ショートカット。大劇場“Grand Théâtre de Québec”の横を通り抜けるのは予定通り。でも、たまにショートカットしたつもりで迷子になったことも何度かあるんだけど・・・。

Qb0714
大きな通りを渡り、サン・ジャン通り“Rue Saint-Jean ”を目指すと教会が見えてくる。

Qb0715
サン・ジャン通りは、旧市街のサン・ルイ通りとは異なり、エピスリーなどの生活に密着したお店が並んでいる。このあたりの建物の雰囲気は昨日歩いた旧市街とは少し異なっていて、むしろこの通りの雰囲気がカナダらしいのかなぁ?

Qb0716
カナダらしさとはなにかを探しに、ガイドブックにも載っている食料品店“J.A.Moisan”に入ってみるけど、メイプルシロップ製品以外に、特徴がある特産品が見つけられない。うーん、カナダ独自の文化ってなんだろう?だけど、いろいろなものが置いてあり、日常生活を垣間見る意味ではおもしろかったけど。

Qb0717
けっきょくなにも買わずにサン・ジャン通りを旧市街に向かって歩き始める。雰囲気のいい教会があるので、中に入ってみると。

Qb0718
ここも本屋さんになっている。

Qb0719
こんなところで日本のビールブランド“SAPPORO”のパラソルを目にするとは、サッポロビール、カナダでがんばっている気がする。

Qb0720
サン・ジャン通りを歩いていると中型スーパーマーケットを発見!スーパーマーケットを発見したら、立ち寄ってみるのが私の旅のルール!生活を感じることはできるから十分楽しいんだけど、やっぱり、カナダらしさを探していてみるけれど、お菓子もインスタントスープもカナダらしいものが見つからない。けっきょくメイプルシロップが入ったお菓子などしか見つからない。

でも、このスーパー、おみやげになるメイプルシロップのクリームが挟まれているクッキーが安く買えるので、もしもケベックシティに行って、おみやげをお土産物屋価格ではなく、スーパーマーケット価格で購入したければ、おすすめ!

Qb0721
サン・ジャン通りから北側は緩やかな坂道になっている。のどかな感じの緑が多い住宅街が広がっている。この自然が豊かで、平和でのどかな感じが、カナダらしさなのかなぁ?生活するとしたら、住みやすそうな町だけど。

Qb0722
サン・ジャン門が見えてきた。右手はフェスティバルのステージになっている。

Qb0723
サン・ジャン門をくぐれば旧市街。

Qb0724
サン・ジャン門あたりには石積みの城壁が残されている。

Qb0725
カナダらしさを求めながら歩いていると、パヤール“Paillard”というブーランジェリーを発見。カナダらしさは見つからないし、歩き疲れたのでお茶することにする。

Café-boulangerie Paillard
http://www.paillard.ca

Qb0726
お店の中はイートインできるカフェになっており、広々している。

Qb0727
へえ、このお店だけかもしれないけど、フランスだとパン・オ・ショコラ“Pain au chocolat”だけど、名前がショコラティーヌ“Chocolatine”って書かれている。

Qb0728
そのショコラティーヌと、タルトの中から私が選ぶのはもちろん、タルト・オ・シトロン!相変わらず、シトロンの私の発音が悪いから一発では伝わらないけど。

Qb0729
歩き疲れたときに、甘酸っぱいタルト・オ・シトロン、最高においしい。うーん、でもけっきょく「フランス気分」を感じる旅から抜けられない・・・。

2013年8月 3日 (土)

初めてのカナダ・ケベック一人旅2日目⑤ケベックシティでシルクドソレイユの無料公演を見て感動。

Qb0601
オーザンシアンカナディアン“Aux Anciens Canadiens”での夕食を終えて外に出ると、夜20時をすぎて、ようやく夕暮れが近づいてきた。フェアモント・ル・シャトー・フロントナックが夕日色に染まる。

Qb0602
最近、こんなにきれいな夕日色に染まる風景を見たことがあったかなぁ?普通に生活をしていると、夕日に染まる風景をぼーっと眺めることなんて、あまりない。日本での普段の生活の中だと、立ち止まって風景をぼーっと眺める気持ちの余裕ってないのかもしれない。普段の生活の中で通り過ぎている美しい風景ってたくさんあるのかもしれないなぁ。仕事の忙しさで通り過ぎてしまっているけど、時には立ち止まることも必要なのかもしれない。

Qb0603
テラス・デュフランからサン・ローラン川(セント・ローレンス川)を眺める。もう、今日はなんどもここからサン・ローラン川を眺めているけど、夕暮れの風景はまた違って美しい。

Qb0604
再び首折り階段を下りて、ロウワータウンへ。

Qb0605
ロワイヤル広場の「勝利のノートルダム教会」も夕刻の風景もまたよい雰囲気。

Qb0606
シルク・ド・ソレイユ“Cirque du Soleil”のショーの看板を発見。入口まであと250メートル。シルク・ド・ソレイユの無料公演があることは出発前に知っていて、ケベックサマーフェスティバル“Festival d'été de Québec”のライブもいいけど、知らないアーティストの公演を聞くよりは、実はちゃんと見たことがないサーカスのスペクタクルのほうがいいかと思って、今朝、観光案内所で開催される場所と時間を確認して、パンフレットももらってきた。2013年の公演は6月23日から9月1日まで。詳しくはWebを参照を。

Cirque du Soleil
http://www.cirquedusoleil.com/fr/events/chemins-invisibles/show.aspx

Qb0607
旧港“Vieux-Port”を歩く頃には、そろそろ日没の時間。

Qb0608
クルーズ船のターミナルの奥には、フェアモント・ル・シャトー・フロントナックの姿がある。21時15分から始まるショーを見るために1時間前くらいから列に並び始める。さすがに「無料」とあって列は結構長くて、座れるかどうかちょっと心配。もっと早く来ればよかったかな?

Qb0609
無事に旧港にあるアゴラにある会場に入り、着席できる。

Qb0610
開門して着席した30分前の20時45分くらいから、開演前だけどショーはなんとなく始まっている感じなので、座席と言ってもコンクリートの段に座るだけだけど、座りたければ開演1時間~45分前には並んでおいた方がいいかも。立ち見でよければ、ぎりぎりでも入場できないということはなさそうだし、しかも立ち見席はアリーナ内なので、逆に臨場感を感じたければアリーナで立ち見もいいかも。

Qb0611
大型クレーンから客席めがけて荷物が下りてきたり、開始前から楽しませてくれる。

Qb0612
サーカスのスペクタクルって、実は恥ずかしながら私は自分の目で見たことがない。

Qb0613
サーカスのショー、しかもシルク・ド・ソレイユのショーを、45分間の公演だけど、無料で見られるなんて、すごくない?45分間の公演だったら、アリーナで立ち見でも臨場感を感じておもしろかったかも。

Qb0614
ステージは移動式になっており、アリーナの中央までせり出してくる。実際のパフォーマンスはアリーナ中央で行われるので、それに会場そのものが小さいので、よく見える。

Qb0615
空中ブランコのパフォーマンスなど、順番に様々なパフォーマンスが見られて、かなり感動。この感動をだれにも伝えられないのがもったいないくらい。ものすごく感動する反面、一人旅って、ふいに寂しくなることがある。次回、ケベックシティに来るときには「連れ」とこの感動を分かちあうぞ。

Qb0616
本当に無料でいいの?というくらい、目の前でパフォーマンスを見ることができて、幸せな気分。うーん、サマーフェスティバルや、無料でシルク・ド・ソレイユのショーが見られるなら、ケベックシティを観光するのは夏でよかったかも。

Qb0617
大満足で公演を見終わったあとは、余韻を味わいながら22時過ぎのケベックシティを歩く。町は人通りもあり、タクシー運転手の言葉通り、安全な町の雰囲気。ロワイヤル広場の夜景も美しい。

Qb0618
夜のプチ・シャンプラン地区も雰囲気がいいじゃない。ケベックシティ、なんてかわいらしい町なんだろう。

Qb0619
ケベックシティ観光、朝から夜まで本当に楽しかった。シルク・ド・ソレイユの公演もおもしろかったなぁ。

Qb0620
今日、3回目の首下り階段を上がる。手をつなぐ恋人たちの風景が、ちょっとだけ一人の自分が寂しく感じる。

Qb0621
首下り階段の上からプチシャンプラン通りを眺めるとまだまだ観光客や恋人たちで人通りも多い。

Qb0622
階段を上ると、ライトアップされたフェアモント・ル・シャトー・フロントナックも美しい。湿気のない涼しい夜風に当たりながら、ベンチに座ってしばらくぼーっとながめる。

Qb0623
22時過ぎになってもテラス・デュフランでは大道芸人のパフォーマンスが行われており、人だかりができている。

Qb0624
サン・ルイ通りをフェアモント・ル・シャトー・フロントナックを振り返りながらホテルに向かう。

Qb0625
いつかは行ってみたいと思っていたケベックシティ。朝から夜まで本当に楽しくて、本当に充実した1日だった。過去のこのブログ「まだ知らないどこかへ」の旅行記の中でも、1日の中でパート5まで載せたことは、今回が初めてじゃないかな?

でも、やっぱり今日は自分の中に「先入観」や「偏見」があって、ケベックにフランスを求めている自分がいる。先入観や偏見の目で旅をしてしまって、本当のその土地らしさに気づかずに終わってしまってはもったいない。明日からは、「まだ知らない」カナダ・ケベックで「まだ知らない」価値観を感じてみようと思う。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ