2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« プジョー208との生活:タッチスクリーン日本語化!プジョー208専用ナビ発売! | トップページ | プジョー208との生活:フランスでのプジョー208用タッチスクリーンアプリ。 »

2013年5月 9日 (木)

プジョー208との生活:スマートフォンでカーナビ実験

プジョー208との生活
La vie avec Peugeot 208

2013050901
2013年5月9日。平日休みの今日は、高速道路に乗って遠出のドライブ。その際に、アプリのMAPFANで、どれくらいカーナビゲーションが行えるのかを実験してみる。まずは、吸盤式のスマートフォン専用フォルダをダッシュボードに装着。

2013050902
目的地をセットして、案内開始。ブルートゥースで音楽をiPhone5から飛ばしているんだけど、音楽の音量をフェイドアウトして、音声案内をしてくれるので、とりあえずカーナビっぽくは動作する。だけど、高速道路優先で設定するとひたすら高速道路になんとしてでものせようとしたり、案内の精度はまだまだ微妙な感じ。それに、ずっと地図を表示し続けるので、電池の減りがものすごく早い。

2013050903
狭山・日高ICから、関越自動車道を北上し、赤城高原サービスエリアで休憩。藤の花がきれいに咲いており、遠くには雪山が見えてきれい。高速道路を100キロほど連続して走ったのは今回が初めて。1.2リットルのプジョー208アリュール、安定感があるので走りやすいし、回転数を上げてもエンジン音が気にならないし、高速道路ではプジョー206よりも確実にいい。

2013050904
関越道を月夜野インターで降りて、三国峠を登る。朝の三国峠は交通量が少なく、プジョー208はキビキビと登ってくれる。今日の目的地は、かぐらスキー場。今年はゴールデンウィークまで雪が降っていたので、まだ雪が残っていてスキーが滑れるんじゃないかと思って、昨日急に思い立つ。昨夜、急に準備を始めたんだけど、どうしてもスキー用の手袋が見つからず、現地で購入・・・。そして、春スキーの時は足が疲れるのでファンスキー(スノーブレード)。

2013050905
朝8時のみつまたロープウェイで、かぐらスキー場を目指す。ゴンドラに乗ると、木々は緑がかっていて、これから芽が出てくる雰囲気。水たまりには「ふきのとう」が花を咲かせているし、春を感じる風景。だけど、ゴンドラ山頂駅を降りると、まだまだ雪がたくさん残っている。雪質は春スキーの重たい雪質だけど、標高の低いスキー場だったら3月中でも同じような雪質なので、5月でこれだけ雪があるのはすごい。

2013050906
朝一番のゲレンデは圧雪したてで、人も少ないので「かぐらメインゲレンデ」は貸し切り状態。春の息吹を感じて、雪山はきれいだし、風は冷たくなく心地よい。春スキーは、たくさん滑るよりも、ひなたぼっこをしたり、心地よさを感じるのが好き。

2013050907
5/6でクローズしてしまったけど、田代エリアもまだ十分に雪が残っている。実は一人でスキーに来たのは今回が初めて。リフトやゴンドラでたくさん話しかけられて、本当に好きな人は一人で通っていて、けっこう一人スキーヤーの人とお話をする。最近、昔一緒にスキーに行った仲間はみんな結婚してしまい、20歳代のころは1月、2月は毎週末行っていたのが、いまや年間1回程度・・・。来シーズンからは、昔の映画の「私をスキーに連れてって」の三上博史のようにカロツー(カローラⅡ)ではなく、プジョー208で一人でスキー場に通おうかな。

2013050908
春スキーは雪質が重たいので足が疲れるので、気持ちとしてはもっと滑りたいんだけど、14時半まで滑ったところでロープウェイで山を下りる。再び、三国峠を下り、猿ヶ京温泉「まんてんの湯」へ。

2013050909
「まんてんの湯」は、さすがに露天風呂で写真を撮るわけにはいかないので、休憩室からの風景だけど、露天風呂から赤谷湖がきれいに見ることができて、くつろげる。

2013050910
iPhoneを縦に装着してみる。使い勝手はまだまだカーナビ専用機にはかなわない。現在位置の精度もずれる。案内の精度もまだまだ発展途上で、カーナビ専用機にはかなわない。だけど、使えないことはないかな?というのが感想。スマートフォンやタブレットPCにはGPSが搭載されている機種が多い。カーナビ専用機もソフトウェアで動いているわけだから、アンドロイドやiOSをベースにした優れたソフトウェアが開発されたら、私はポータブルナビは、いずれなくなるのではないかと感じている。

工賃込みで20万円する専用ナビを入れるべきか、ルート案内をしょっちゅう使うわけではないから、不安があるときはスマートフォンをカーナビ代わりに「無料」で代用できてしまうのか。もうしばらく、他のアプリやGoogleマップのアプリを含めて実験してみる。

« プジョー208との生活:タッチスクリーン日本語化!プジョー208専用ナビ発売! | トップページ | プジョー208との生活:フランスでのプジョー208用タッチスクリーンアプリ。 »

プジョー208との生活」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/57348010

この記事へのトラックバック一覧です: プジョー208との生活:スマートフォンでカーナビ実験:

« プジョー208との生活:タッチスクリーン日本語化!プジョー208専用ナビ発売! | トップページ | プジョー208との生活:フランスでのプジョー208用タッチスクリーンアプリ。 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ