2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅3日目①ベンタイン市場を奥まで探検 | トップページ | プジョー208との生活:初めての高速道路、謎の狭山名物。 »

2013年4月 7日 (日)

プジョー208との生活:納車1週間、桜を探しに。

プジョー208との生活
La vie avec Peugeot 208
2013040701
2013年4月7日。春の嵐が過ぎ、1週間ぶりのお休みは、プジョー208に乗り、フィーリングを確かめる。すっかり東京では桜は終わってしまったけど、国道299号を走り、山に桜を探しに行く。国道299号線沿いでも、やはり平地では桜は終わってしまっているので、秩父盆地に降りるよりは、標高を高くすれば桜が咲いているかと思って、正丸トンネルを抜けたあとに芦ヶ久保から林道へ。

2013040702
ようやく桜に巡り会える。ところが、平地では晴れていたのに、標高を上げたら雲の中に入ってしまったらしく、天気は今ひとつ。

2013040703
ナビがないので、どこかにたどり着くだろうと思い、林道をクルマを走らせる。突然開けた場所になり、狩場坂峠という峠に到着。標高はそんなに高くないけど、雲の上から眺める景色は美しい。

2013040704
プジョー208、206よりもセカンドのギア比が高いのかもしれない。山道でのセカンドギアは206のほうが力があったような気がするし、エンジンブレーキもよく効いた気がする。山道を走り、新しい相棒のクセがだんだんわかってきた。

2013040705
風は強いけど、今日は晴れている。桜だけではなく、山を下りるといろいろな花が咲いていて美しい。

2013040706
どうしてもプジョー208で慣れないのは、アームレスト。ギア操作を行う時には、慣れないせいもあって邪魔な感じ。いつもアームレストをあげた状態にしてしまう。

2013040707
タッチスクリーンは埃や指紋がつきやすいので、液晶保護シートを探すようかも。燃費は、林道を走ったわりには15.6キロとまあまあかな。

タッチスクリーンのことをいろいろとわかってくると、多機能だと思っていたけど、実はトリップコンピュータ、オーディオの機能しかない。ブルートゥース“Bluetooth”でiPhoneなどのスマートフォンに接続するか、USBでiPodやMP3プレーヤーに接続すると曲名が表示されるくらいなら、はたして7インチの大画面は必要?やっぱり、パナソニックとプジョージャポンの共同開発の専用ナビCNZU500XAをつけない限り、せっかくの7インチタッチスクリーンは活用できないかも・・・。

« 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅3日目①ベンタイン市場を奥まで探検 | トップページ | プジョー208との生活:初めての高速道路、謎の狭山名物。 »

プジョー208との生活」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/57127704

この記事へのトラックバック一覧です: プジョー208との生活:納車1週間、桜を探しに。:

« 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅3日目①ベンタイン市場を奥まで探検 | トップページ | プジョー208との生活:初めての高速道路、謎の狭山名物。 »

Link

無料ブログはココログ