2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅3日目④・4日目シンガポール航空の機内食 | トップページ | 不全感の残るエンディング。 »

2013年4月21日 (日)

プジョー208との生活:雨上がりの名栗湖

プジョー208との生活
La vie avec Peugeot 208

201304211
2013年4月21日、日曜日。午前中は雨が降っていたけど、午後には雨がやんだので、雨上がりのドライブ。飯能から名栗湖(有間ダム)を目指す。

201304212
「プジョー208との生活」も今日でちょうど3週間。そろそろ新しい相棒のくせもつかんできて、自分の思うように加速することができるようになってきた。馬力のあるエンジンではない、プジョー208アリュールの82馬力の1200ccのエンジンでは、マニュアルのギア操作でいかにパワーを出すかが勝負。小さなクルマで、馬力に限りのあるエンジンの力を発揮して、いかに楽しく走るか。プジョー208は、乗れば乗るほど運転していて楽しいクルマ。

201304213
山を眺めるとてっぺんには雪がかかっている。昨日から今朝にかけては4月半ばを過ぎたというのに奥多摩や秩父も雪が降った様子。

201304214
名栗湖のすぐそばにある日帰り温泉施設「さわらびの湯」に立ち寄ることにする。

201304215
「さわらびの湯」の露天風呂に入り、新緑の香りがする空気を深呼吸。森の静けさの中に鳥の鳴き声が聞こえ、ゆったりとした気分。

201304216
温泉から出て、空を見上げると、雲が切れて青空がのぞいている。

明日はきっと晴れ。

« 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅3日目④・4日目シンガポール航空の機内食 | トップページ | 不全感の残るエンディング。 »

プジョー208との生活」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/57219189

この記事へのトラックバック一覧です: プジョー208との生活:雨上がりの名栗湖:

« 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅3日目④・4日目シンガポール航空の機内食 | トップページ | 不全感の残るエンディング。 »

Link

無料ブログはココログ