2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« プジョー208との生活“La vie avec Peugeot 208” | トップページ | 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅2日目④命がけの横断歩道 »

2013年4月 2日 (火)

初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅2日目③昼食はエレファントフィッシュ

Sgn0701
メコン側の中州の森の中をしばらく歩くとレストラン。

Sgn0702
暑い気候にはやっぱりビールでしょ。

Sgn0703
ひとり旅のツアーの食事はもちろん相席。大学生2年生の3人組と一緒にテーブルに着く。しばらくすると食事が運ばれてくる。揚げ春巻きと、中央にはエレファントフィッシュの姿揚げ。昨日のフォーもそうだったけど、ベトナム料理にはハーブの葉っぱの盛り合わせが欠かせないのかな?

Sgn0704
メイン料理のエレファントフィッシュの姿揚げ。

Sgn0705
魚をほぐし、ライスペーパーに載せて、よくわからないハーブの葉っぱを載せてくるんで食べる。ライスペーパーが固いけど、おいしい。淡泊な味のエレファントフィッシュ、なかなかおいしいじゃん。

Sgn0706
その後に、一人ずつ豚肉ごはんが運ばれてくる。

Sgn0707
スープも透き通っており、安心できる味でおいしい。ベトナム料理、基本的に辛くなくてマイルドな味付けなので、なにを食べてもおいしい。

Sgn0708
男1人、女2人の大学2年生の3人組は、これからカンボジアに行って、タイを周遊して帰るらしい。パッケージツアーで移動のみ旅行会社の手配で滞在都市ではフリー。とても感じの良い3人組なんだけど、このうちの男子がアジアごはんが全然ダメで、食事にほとんど手をつけない。ベトナムに来たのに、やさしい女子2人は男子に合わせて洋食メニューを食べている様子・・・。プノンペンにいったら、なにを食べるのだろう?と心配になってしまう。一人旅に慣れすぎてしまっているので、グループ旅行で自分の友人がこんな感じだったら、自分はどう行動するのかなぁ?と、ふと考えさせられる。反面、一人旅はやっぱり気楽ということを実感。

Sgn0709
昼食が終わると、ふたたび森の中の道を歩く。

Sgn0710
再び船に乗って、ミトーの町を目指す。水面が太陽でキラキラ輝いていて美しい。

Sgn0711
対岸の町が見えてきた。

Sgn0712
船を下りて、メコン川ともお別れ。メコン川で過ごした時間は、のんびりできて、とても癒やされる時間。

Sgn0713
バスに乗り、ミトーの町にある寺院を見学するらしい。このツアーは旅程表なんてないので、次は何があるのかはそのときのお楽しみだし、それが逆に楽しいんだけど、当然、寺院の名前なんて言われたけど覚えていない。

Sgn0714
その名前を覚えていない仏教寺院に到着。

Sgn0715
けっこう大きな寺院。名前はわからないけど・・・。まぁ、ネット社会なので検索すればすぐにわかるんだけどね。

Sgn0716
大仏様も笑顔でかわいい。表情を見て、心がほっとするのはなぜなんだろう。

Sgn0717
とても心地よさそうに健やかな顔で寝ている。最近、仕事が忙しいので、自分は他人に健やかな顔をみせられているのかなぁ?他人を癒やす表情ができているのかなぁ?他人に安心を与えることができているのかなぁ?他人を幸せにできているのかなぁ?ふと、大仏様に気がつかされる。

Sgn0718
寺院の敷地は広く、公園のような感じ。

Sgn0719
このお寺ものんびりした雰囲気で、心が癒やされる。

Sgn0720
お寺の中に入ると、お祈りしている人がいる。

Sgn0721
トイレに行って、集合時間まで時間があるので、私が行くところと言えば・・・。

Sgn0722
寺院の前の怪しいカフェはバスを降りるときから気になっていた。こういうところは、「えいっ」と入ってしまうとなんとかなるもの。

Sgn0723
練乳の入ったアイスミルクコーヒーを飲みながら木陰でまったり。

Sgn0724
たぶんツアーバスがたくさん来るだろうに、観光客向けの感じではなく、雑然とした雰囲気であまり商売をやる気のない感じが好き。もちろん、店内はベトナム人のおっさんしかいなくて、そんな中でまったりしている時間は、最高に幸せ。

Sgn0725
楽しかった時間もそろそろ終わりに近づいてくる。ホーチミン市内に向けてバスは出発。車窓から見る町の風景も楽しい。軽トラックみたいなクルマには何人乗っているんだろう?

Sgn0726
車窓から見る風景が楽しくて、帰りのバスでも眠らない。

Sgn0727
雲の流れが怪しいと思っていたら、やっぱり雨が降ってきた。路肩にあるお店は、一斉に雨がっぱをつるし始めている。

Sgn0728
とうとうホーチミン市街に戻ってきて、再び喧噪の雰囲気。

Sgn0729
信号もないのに、交差点を曲がれるバスの運転手ってすごいなぁ。

Sgn0730
最後にツアー会社による全員の記念撮影。TNKトラベルの格安メコンデルタ日帰りツアー、全体的にまったりしており、メコン川の流れに癒やされる。今回の旅は、最近、仕事に追われすぎていて、無理に日程を作ってでも、とにかく、のんびりしようというのが目的だったので、参加して本当によかった。そして、ミトーの名前の知らない仏教寺院の大仏様に気がつかされて、少しだけだけど、他人に癒やしを与えられるような笑顔になれた気がする。

« プジョー208との生活“La vie avec Peugeot 208” | トップページ | 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅2日目④命がけの横断歩道 »

ベトナム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/57088882

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅2日目③昼食はエレファントフィッシュ:

« プジョー208との生活“La vie avec Peugeot 208” | トップページ | 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅2日目④命がけの横断歩道 »

Link

最近の記事

無料ブログはココログ