2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 出会いは突然に。 | トップページ | 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅1日目①シンガポール・世界三大がっかり名所へ »

2013年3月17日 (日)

初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅0日目 旅のはじまりは品川駅から

仕事の関係で連続した休暇が取れず、なんとか4連休を確保できる見通しが立ったのが2週間前の2月下旬。せめて5日間確保できるんだったら、ヨーロッパに飛んでもいいんだけど、4日間だと短すぎる。しかも、ぎりぎりの出発だと、航空券は安くないし、方面によっては航空券が満席で取れなかったりもする。いろいろと航空券の空き状況も調べた結果、今回はパリには行けないけど、東洋のプチパリ、ベトナム・ホーチミンを目指すことにする。ぎりぎりの出発なので、航空券だけで8万円も出費・・・。でも、ここで高いからとあきらめてしまったら、旅行なんて一生行けない。そう、旅行なんてどこかで無理しないと絶対に一生行けない。今回は仕事の関係で多少の出費は仕方がないとあきらめて、飛ぶことを優先する。

Sgn01001
2013年3月13日水曜日、この日は南風が強い日で、日中は強風のために成田空港に着陸できずにダイヤが大幅に乱れていた。普通に19時半まで職場にいて仕事をしてから、品川駅へ。京浜ホテルがパチンコ屋になってしまい、駅の雰囲気が少し違う。

Sgn01002
交差点を渡り、坂道を登る。

Sgn01003
このシンガポール料理店「シンガポール シーフードリパブリック」も、だいぶ前にできたけど、おいしいのかな?そもそもシンガポール料理ってどのようなものなのだろう?

Sgn01004
プチパリに行く前に軽く食事を取ることにする。プチパリに行くんだから、やっぱりオーバカナル高輪店でしょ?

Sgn01005
オーバカナルは安くてフランスぽい気分を味わうことができるので好き。夜21時のオーバカナルは外国人もいるけど、日本人グループが騒いでいて賑やかな感じ。フレンチカフェだと気取ることなく、気軽に人々が話すことのできる雰囲気こそが、夜のフランスのカフェっぽい。そう考えると、オーバカナルは東京でもっとも気取らずにフランスのカフェの雰囲気を味わえるのかも。

Sgn01006
このお店、東京でパスティス51を置いてある貴重なお店だったんだけど、入らなくなってしまったそうで、リカールを。

Sgn01007
夜21時を過ぎているので、軽めにキッシュ・ロレーヌを。これがちゃんとバターの香りがして、おいしい。

Sgn01008
料理は軽めにしたけれど、ここに来たからには、やっぱりメレンゲの載ったタルト・オ・シトロンを食べなくちゃ。レモンクリームがおいしい。

Sgn01009
すっかりフランスぽい気分を味わい、京浜急行品川駅へ。傘を使うほどではないけど、雨がぱらついてきた。

Sgn01010
京成線の車両だけど、羽田空港国際線ターミナルを目指す。

Sgn01011
羽田空港国際線ターミナルに到着。今回、手配がぎりぎりだったのと、時間の有効利用のために、仕事帰りの深夜便をねらっていたので、今回は人生初のシンガポール航空。

Sgn01012
羽田空港のショップも22時を過ぎると開いているお店が少なく、品川駅で食事をして正解だったかも。

Sgn01013
3月13日は、日中は嵐のような南風。羽田空港に到着するとすっかり雨が降ってくる。

Sgn01014
翌3月14日0:30発のSQ633便。

Sgn01015
機材はボーイングB777-300。

Sgn01016
ボーイングB777の3-4-3の横10列のコンフィグは、エールフランスやエミレーツ航空で慣れてしまっているので、シンガポール航空の3-3-3の9列のコンフィグは横幅に余裕があるし、通路にも余裕がある。エンターテイメントシステムは、エミレーツ航空と比べてしまうと、シンガポール航空のB777の画面はそんなに大きくないかも。深夜便なので、映画を見ることなく、寝てしまうから別にいいけど。

Sgn01017
機内食は、手巻き寿司1本。出発が0:30であまり食べたくないし、早く寝たいのでこれで十分!むしろ、深夜便の機内食、なくてもいいくらい。

Sgn01018
朝食は和食をセレクト。メインは魚の西京味噌焼き。もちろん、東京から積んだ機内食は機内食としてはそこそこおいしい。

Sgn01019
3月14日木曜日。朝6:50定刻に初めてのシンガポール・チャンギ国際空港に到着!シンガポールからホーチミンシティまではシンガポール航空はシンガポール9:50発のSQ172便と、17:40発SQ186便の1日2便がある。私が今回、シンガポール航空の深夜便を選択した理由は、すぐにホーチミンシティに向かわずに、わざと遅めの17:40発の便を手配して、乗り継ぎ時間にシンガポール観光をしようと思ったから。4日間の短い休暇でシンガポールとホーチミンシティの2都市周遊をしてしまおうという作戦。

Sgn01020
ということで、イミグレーションを通過して、朝7時から17時までの10時間を利用しての初めてのシンガポール観光へ。市内へ向かうMRTの乗り場を目指す。

« 出会いは突然に。 | トップページ | 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅1日目①シンガポール・世界三大がっかり名所へ »

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

シンガポール」カテゴリの記事

ベトナム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

東京でフランス気分」カテゴリの記事

コメント

ベトナム。ツアーなら安いのに・・・
こだわりのラコスケさんやっぱり個人手配で行くんですねー。

ベトナムは以前から少し興味があったので 
ブログ楽しみにしてました。
サボらないで毎日アップしてくださいね(*^^)v

ユリコさん
たしかにJTB旅物語のツアーは半額くらいですからね。仕事の関係で、ぎりぎりに手配せざるを得ないのと、航空券手配をするときにはついでに乗り継ぎの空港から町に出て観光をすることもできるし、トラブルはあっても、やっぱり、自分で移動手段を考えたり、道に迷ったり、休館日を確かめなかったり、小さな失敗はたくさんあるけど、失敗は失敗で帰国後にはいい思い出になります。だから、やっぱり手配旅行が好きですね。

オーバカナル高輪店行ってきました。
人と待ち合わせだったのですが、少し早めに行って
おひとりさま気分を味わってみました。
天気が良かったのでテラス席、気持ちよかったですよ。
タルトオシトロンはやっぱり酸っぱかったhappy01

ユリコさん
オーバカナルは手頃な価格で、フランスのカフェ気分が味わえるのでおすすめです。オープンカフェ、からっと晴れた時は最高に気持ちよいですよね。タルト・オ・シトロンは私は大好きですが、自分の直感で食べてみたいものを食べてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/56975459

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅0日目 旅のはじまりは品川駅から:

« 出会いは突然に。 | トップページ | 初めてのプチパリ・ホーチミン市ひとり旅1日目①シンガポール・世界三大がっかり名所へ »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ