2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ブルゴーニュ・リヨン一人旅3日目④リヨンLyonでの再会 | トップページ | ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目②リヨンのブッション「カフェ・デ・フェデラシオン」“Le Café des Fédérations”でお昼ごはん »

2012年12月20日 (木)

ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目①リヨンの市場“Les Halles de Lyon Paul Bocuse”

Lys0901
2012年11月20日、火曜日。リヨン・ペラーシュ駅そばのホテル「オテロ」の朝食。服をちゃんと着て外に出るのが面倒なのでホテルで朝食をとったけど、量が少ないのでカフェでとった方がいいかも。それでも、私にはカフェオレと発酵バターとジャムがあれば十分。

Lys0902
このホテルの良いところは、ペラーシュ駅(LYON Perrache)のトラム乗り場まで1分と言っても過言ではないくらい駅に近いこと。1日券を買って、まずはリヨン・パーデュー駅(LYON Part-Dieu)へ向かう。トラムの車窓から、まずはリヨンの全体像を頭の中に入れる。

Lys0903
リヨンの町歩きのスタートは、リヨン・パーデュー駅(LYON Part-Dieu)から。今日の計画はまずはパーデュー駅からリヨンの「へそ」といえるベルクール広場(Place Bellecour) まで歩いてみる。私は旅行に出るとひたすら歩く。歩くことで、自分の目で見て、耳で聞き、空気を肌で感じ、その町を感じる。

Lys0904
旧市街に近いペラーシュ駅とは異なり、駅前には巨大なショッピングセンターがある。ギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette)もあれば、カルフールもC&AもGo Sportも入っており、何でもそろっている。

Lys0905
ショッピングセンターはすっかりクリスマスの雰囲気。

Lys0906
ショッピングセンターを抜けるとリヨンの屋内市場“Les Halles de Lyon Paul Bocuse”に到着。さすがはリヨン。市場にポールボキューズの名前がついている。なぜ、ベルクール広場に近いペラーシュ駅から町歩きをスタートせずに、パーデュー駅からスタートしたかと言えば、今回は最初から市場を目指していたから。それに、朝のTF2の“Télématin(テレマタン)”の天気予報を見る限り、今日のリヨンは午後まで霧が晴れそうにない。天気の悪いときには町歩きよりも、屋内施設を見学した方がいい。

Lys0907
今回の旅で初めての市場。やっぱり、市場が好き。

Lys0908
市場は季節の食べ物を教えてくれる。11月の八百屋さんは、きのこがいっぱい。

Lys0909
リヨン郊外のBourg En Bresseが産地の「ブレス鶏」。

Lys0910
そして、秋のフランスと言えばジビエ!

Lys0911
奥で寝ているリエーブル(Lièvre)とは野ウサギのこと。

Lys0912
フランスの市場はどこでも一緒じゃない。フランスは地方によって雰囲気が異なるし、食文化も異なる。だからこそ、フランス地方旅行は楽しい。リヨンの魚屋さんには海の魚だけではなく、淡水魚のマスやサンドル(Sandre)も並べられている。サンドルはスズキ科の淡水魚。

Lys0913
牡蠣がおいしい季節。現在のフランスの牡蠣はほとんどは日本産のマガキがルーツ。

Lys0914
そして、お総菜屋さんを見るのも楽しい。

Lys0915
あっ!大好きなグラタン・ドフィノワ!

フランスでレストランに行くと、たまに料理のつけ合わせで、じゃがいものグラタン、グラタン・ドフィノワ“Gratin Dauphinois”がついてくることがある。これがおいしくて、大好き。そうか、グラタンドフィノワをお総菜屋さんで買って、つけ合わせとしてではなく、これだけをたっぷりホテルで食べるのも幸せかも。

Lys0916
市場の中のお菓子屋さんで、気になるのが赤いプラリネ“Pralines Lyonnaises”。市場巡りは、地方特有の食材やお菓子が見つけられるので、やっぱり楽しい。

Lys0917
楽しい市場巡りを終えて、ベルクール広場(Place Bellecour)を目指す。思ったよりもリヨン・パーデュー駅から川までは距離があり、かなり歩いてローヌ川を渡る。

Lys0918
レピュブリック広場“Place de la République”に到着。広場にはメリーゴーランド。

Lys0919
そして、マルシェ・ド・ノエル(Marché de Noël)の小屋が設置されているけど、やっぱり、時期が少し早かったみたい・・・。

Lys0920
広場には人工雪が作られている。もうしばらくすれば、雪の広場になるんだろうなぁ。12/6から9まで開催されていたリヨンの光の祭典“La Fete de lumiere”に来ればよかったかなぁ?

Lys0921
レピュブリック通り“Rue de la République”は、FNACやプランタン百貨店などのショッピングストリート。

Lys0922
ようやく、リヨンの「へそ」にあたるベルクール広場に到着。実はホテルから直接歩けば、15分くらい、ペラーシュ駅から地下鉄に乗ってしまえば2駅5分で着いてしまうんだけど、ずいぶんと遠回りしたものだ。旅程はいつも駆け足でも、町歩きはのんびり遠回りが好き。

Lys0923
ベルクール広場の中央にはルイ14世の像。

Lys0924
観光案内所でようやくリヨンの地図をもらう。

Lys0925
うーん、まだ霧が晴れそうにない。フルヴィエールの丘の上にあるノートルダム・ド・フルヴィエール聖堂がまだ霧の中ではっきりと見えない。

Lys0926
まだお昼ごはんの時間には早いけど、リヨンのブッション文化を知るために、レストラン街であるマロニエ通り“Rue des Marronniers”を散策。

Lys0927
そして、メルシエール通り“Rue Merciere”へ。メルシエール通りは、本当にレストランだらけ。

Lys0928
リヨンで食事ができるのは今日のお昼ごはんと夕ごはんだけ。町歩きのついでに、良さそうなレストランがないか探すことにする。いつもこんな感じで、いつも町歩きをしながらレストランをチェックしている。おいしい食事をとるためには、いかに町を歩き回って、町を知ることが大切。

Lys0929
メルシエール通りを散策していて、雰囲気的にちょっとよさそうだなと思ったのは“Le Merciere”。

Lys0930
雰囲気も良さそうだし、“Authentique Bouchon Lyonnais”のプレートが貼ってあるし、ゴーミョー“Gault Millau”の黄色いプレートも張ってある。

でも、まだお昼ごはんの時間には1時間くらいあるので、もう少し町歩きを続けることにする。

« ブルゴーニュ・リヨン一人旅3日目④リヨンLyonでの再会 | トップページ | ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目②リヨンのブッション「カフェ・デ・フェデラシオン」“Le Café des Fédérations”でお昼ごはん »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/56345886

この記事へのトラックバック一覧です: ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目①リヨンの市場“Les Halles de Lyon Paul Bocuse”:

« ブルゴーニュ・リヨン一人旅3日目④リヨンLyonでの再会 | トップページ | ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目②リヨンのブッション「カフェ・デ・フェデラシオン」“Le Café des Fédérations”でお昼ごはん »

Link

無料ブログはココログ