2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

  • ◇デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

にほんブログ村

Voyages

« ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目①リヨンの市場“Les Halles de Lyon Paul Bocuse” | トップページ | ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目③リヨンのローマ遺跡“Théâtres Romains de Fourvière” »

2012年12月24日 (月)

ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目②リヨンのブッション「カフェ・デ・フェデラシオン」“Le Café des Fédérations”でお昼ごはん

Joyeux Noël

Lys1001
メルシエール通りから、ベルクール広場に戻る途中でパサージュ“Passage de L’argue”を発見。もちろん、気になったら寄り道してみる。町歩きは常に気分しだい。気に入った場所があればゆっくり過ごし、ガイドブックに紹介されていようとも、さっと飛ばしてしまうこともある。マイペースに町歩きができることこそ、旅の楽しみ。

Lys1002
ということで、町歩きの途中で見つけたパサージュの両側にはお店が並び、なかなか雰囲気がいい。自分で町を歩き、町を感じることこそ、私の旅の楽しみ。

Lys1003
ベルクール広場に戻り、もうひとつの川であるソーヌ川“La Saône”を渡る。リヨンには、ローヌ川とソーヌ川と2つの川がほぼ並行して流れている。ソーヌ川を越えた辺りが、旧市街“Vieux Lyon”。

Lys1004
だいぶ霧が薄くなってきたけど、晴れるまではもう少しかな。

Lys1005
フルヴィエールの丘の上にあるノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂“Basilique Notre-Dame de Fourvière”がはっきりと見える。町を見下ろす大聖堂といえば、マルセイユの港を見下ろすノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂を思い出す。

Lys1006
旧市街の入口にあるのはサンジャン大司教教会“Primatiale Saint-Jean”。

Lys1007
教会前の広場から旧市街のメイン通りのサンジャン通り“Rue Saint-Jean”に進む。

Lys1008
町歩きの途中でパティスリーを見つけると、どうしても立ち止まってしまう。これからお昼ごはんなのでケーキを食べるのは我慢するけど、市場で見つけたプラリネと同じ赤色のケーキがある。他の地方では見かけないので、リヨンの名物なのかなぁ?このお店の名物なのかなぁ?そんな感じで、町歩きは気になるところがあると立ち止まる。

Lys1009
リヨンの旧市街は歩いていても雰囲気を感じる。ここもレストランが建ち並ぶ雰囲気の良い通り。

Lys1010
町歩きの途中で、またしてもお店の前で立ち止まる。

Lys1011
あっ、ギニョール“Guignol”だ。そう、人形劇のギニョールはリヨン生まれ。

Lys1012
指人形のギニョールだけではないけれど、立ち止まって人形に見入ってしまう。こんな感じで旅は各駅停車・・・。

Lys1013
「地球の歩き方」を見るとリヨン旧市街には、建物の中庭を通って路地と路地とを行き来できるトラブール“Traboules”と呼ばれる通路が数多く残っているというけど、どこがトラブールなのかよくわからない。建物の中庭に抜ける道を探してみると、こういうものなのかなぁ?とサンジャン通り28番地に勝手に入ってみる。

Lys1014
わりと長めの通路になっている。これがトラブール?

Lys1015
中庭に到着。

Lys1016
他にも入れる通路がないか観察していると、サンジャン通り22番地も中には入れそうな雰囲気。

Lys1017
先ほどと同様に長い通路。

Lys1018
中庭に到着。でも、はたしてこれがトラブールなのかは不明・・・。もっと、旅行前にトラブールについて調べてくればよかったかなぁ?

Lys1019
リヨン旧市街を散策していると、天気予報通り、青空が見えてきた。この調子だと午後は晴れる。わりと、ヨーロッパを旅していると、今日のように午前中は曇っていても、お昼ごろになると晴れてくることが多い。この調子だとここでお昼ごはん休憩を入れれば、午後には青空かもしれないなぁ。

Lys1020
リヨン旧市街の町歩き、なかなか楽しかった。観光名所よりも町の雰囲気を感じる町歩きが好き。だから、私の旅はひたすら歩く。

Lys1021
ソーヌ川を渡り、再びソーヌ川とローヌ川に挟まれた新市街へ。

Lys1022
市庁舎に到着。市庁舎の中は絵画の展覧会が開かれている。

Lys1023
午前中に見つけたレストランに戻るのが面倒なので、市庁舎そばのレストランでお昼ごはんをとってしまうことにする。「地球の歩き方」を見て、市庁舎から一番近いレストランを探すと、市庁舎のすぐそばにある「カフェ・デ・フェデラシオン」“Le Café des Fédérations”に入ってみることにする。

Le Café des Fédérations
http://www.lesfedeslyon.com

Lys1024
お店のボトルに入れられたコートデュローヌのワインを頼む。調子に乗って大きい瓶にしちゃったけど、昼間から飲み過ぎ?

Lys1025
前菜は頼まないのに自動的に4品出てくる。

リヨン風シャルキュトリー“Charcuterie lyonnaise”
ニシンのリエット“Rillette de harengs”
日替わりサラダは、セロリ。“La salade du jour”
レンズ豆“Caviar de la Croix Rousse”

Lys1026
“Caviar de la Croix Rousse”を直訳するとよくわからないけど、レンズ豆って好き。シャルキュトリーはワインにぴったり。リエットはパンにつけて食べると最高。セロリのサラダもおいしく、前菜だけでワインが進んでしまう。

Lys1027
お店は賑わっており、すぐに満席に。ちなみにこのお店は中に入るとメニューはなくて、注文は口頭での説明だけなので、ホームページで調べておくか、お店の外にあるメニューを見てメイン料理だけは予習しておいたほうがいいかも。

Lys1028
メインは、タブリエとかクネルとかのリヨン料理もあったけど、煮込み料理好きなので、豚ほほ肉のシチュー“Civet de joue de porc”

Lys1029
予想通り、肉も軟らかくておいしい。ワインがどんどん進む。

Lys1030
デザートは、お店の人がおすすめというので、プラリネのタルト“Tarte à la praline”にする。甘さが強いけど、今までに見たことのないタルトでおいしい。「カフェ・デ・フェデラシオン」の19.5ユーロの昼定食は、大満足。リヨン、やっぱり美食の町かも。

« ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目①リヨンの市場“Les Halles de Lyon Paul Bocuse” | トップページ | ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目③リヨンのローマ遺跡“Théâtres Romains de Fourvière” »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

トラブール、行き先がわからなくなりそうで怖い反面
どこに出るのかのワクワクもありそうですね。

私も来年あたり、フランスデビューしたいなぁと計画してまして
やはりパリからスタートかな、と思ってたのですが
ラコスケさんのブログを読むと、地方の小さな街歩きも魅力的ですね~!

あんが~るさん
もしも、フランスを訪れたことがないのであれば、最初はパリからでいいと思います。パリから日帰りでも、ルーアンやシャルトル、TGVを使えばランスなど、地方の旅を楽しむことができますよ。あとは、フランスのガイドブックを見て、自分の目で見たいと思ったところが目的地です。南仏コートダジュールなどもおすすめです。

はい、フランスはまだ訪れてないんです。
パリで美味しいクロワッサンが食べたいな~と思ってます☆

私の旅は「食」がメインなので、いつかリヨンも行ってみたいです(*^-^)

あんが~るさん
口に入れると、ふわっとバターの香りが鼻に抜けるクロワッサン、おいしいですよね。「食」の旅といえば、フランスではないですが、今年2月に行ったスペインのバスク地方のサンセバスティアンのバル巡りが楽しかったですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/56388753

この記事へのトラックバック一覧です: ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目②リヨンのブッション「カフェ・デ・フェデラシオン」“Le Café des Fédérations”でお昼ごはん:

« ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目①リヨンの市場“Les Halles de Lyon Paul Bocuse” | トップページ | ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目③リヨンのローマ遺跡“Théâtres Romains de Fourvière” »

Link

無料ブログはココログ