2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目③リヨンのローマ遺跡“Théâtres Romains de Fourvière” | トップページ | ブルゴーニュ・リヨン一人旅5日目エールフランス北京行きAF128便(中国東方航空MU8668便)の機内食 »

2012年12月30日 (日)

ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目④再びリヨン・フルヴィエールの丘へ

Lys1201
明日2012年11月21日は、朝9時には早くもリヨンを発たなくてはならないので、お買い物をするならば今日が最終日。リヨンのメトロに乗って、効率的にショッピングタイム。

Lys1202
フランクリン・ルーズベルト通り(Cours Franklin Roosevelt)にあるFoch駅でメトロを降りる。

Lys1203
目指すはショコラティエのベルナション“Bernachon”。

Bernachon
http://www.bernachon.com

Lys1204
スペシャリテは、パレドール“Palets d'Or”と呼ばれるチョコレート。なんと、ベルナションにも日本人の女性店員がいる。日本人店員が丁寧に説明してくれて、詰め合わせの中で、空輸すると壊れやすいチョコレートを交換してくれたりして助かったけど、リヨンまでチョコレートを買いにそんなに日本人が来るのかなぁ?

まぁ、昨年9月にブルターニュ地方のキブロン(Quiberon)を訪れた時に、キャラメリエのアンリー・ルルー“HENRI LE ROUX”本店にも日本人店員がいたのは驚いたけど、実はアンリールルーはヨックモックに買収されて子会社になっているので日本人がいても不思議ではないんだけどね。

Lys1205
再びメトロに乗って、リヨン・パーデュー駅前のショッピングセンターへ。私の場合はブランドものには興味がないし、ブランドものをプレゼントするべき相手もいないし、そもそもブランドもの好きの女性にも興味がないので、フランスで買うものと言えばモノプリで自分用に仕入れてくる食材が中心。先ほど買ったチョコレートも自分用なので、せめて、リヨンまで行かないと買えないチョコレートをプレゼントをする相手をみつけなくちゃ。

Lys1206
モノプリで購入した食材をホテルに置きにいくために今朝と反対側のトラムに乗り、リヨン・ペラーシュ駅を目指す。

Lys1207
一度ホテルに荷物を置き、再びトラムに乗ってお買い物へ。今日の朝、トラムでリヨン・ペラーシュ駅からパーデュー駅に向かっている途中に激安スーパーLIDLがあるのは気がついていたので、職場のおみやげはLIDLで調達。LIDLはたまに市街地でも見つけることがあるけど、もしも見つけた場合は、本当に激安なので、立ち寄るべし。

LIDL
http://www.lidl.fr

Lys1208
ホテルで荷物の整理をして、今度は歩かずにペラーシュ駅からメトロに乗って、ベルクール広場へ。フルヴィエールの丘の上にあるノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂はライティングされて、その存在を町に示している。

Lys1209
ベルクール広場の一角には、サンテグジュペリの像が建っている。サンテグジュペリはリヨン生まれ。

Lys1210
町の装飾はすっかりクリスマス気分。

Lys1211
クリスマス前のショッピングストリートのレピュブリック通りは賑やかな雰囲気。

Lys1212
夜のショッピング街の雰囲気を味わっていたら証券取引所(Bourse)までメトロの駅で一駅分歩いてしまった。

Lys1213
今回のブルゴーニュ・リヨン一人旅のフランスでの最後の食事は、ポール・ボキューズのカジュアル店の1つであるル・ノール“Le Nord”に行ってみることにする。

Le Nord
http://www.nordsudbrasseries.com

Lys1214
このレストラン、一人客には最高のレストランかもしれない。席数が多いので予約が必要には思えないし、座席数が多いので一人でも後ろめたい思いをしない。この雰囲気だったら、ひとりフレンチ入門者でも大丈夫な感じ。

Lys1215
今回の旅でフランス最後の食事は、典型的なフランス料理にする。メニューを見ていて、食べたいと思ったものを頼んでみる。フランスでオニオングラタンスープってあまり頼まない気がするので、前菜はオニオングラタンスープ(Soupe à l’Oignon Gratinée)。

Lys1216
表面のチーズがすごい。その下にはスープでひたひたになったフランスパンが入っていて、甘みのあるタマネギのスープがおいしい。

Lys1217
やっぱり、リヨンに来たからにはクネルを食べなくちゃ。クネルは、はんぺんまではいかないけど、ふわふわな食感の魚のすり身の料理。同じポール・ボキューズ系のレストランでも、日本の六本木にあるポール・ボキューズ・ミュゼで食べたクネルとはボリュームが全然違う。川カマスのクネル、ホワイトソース(Quenelle Mousseline de Brochet Sauce Nantua)、最高においしい。

(参考)国立新美術館でひとりフレンチ
http://lacosuke.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-2d4e.html

Lys1218
昨日のザリガニのグラタンと同様に、つけあわせはお米。

Lys1219
そして、デザートは定番中の定番で、大好きなババ・オ・ラム(Baba au rhum)。

Lys1220
ラム酒をボトルで持ってきてくれる。

Lys1221
ラム酒をたっぷりとブリオッシュにかけて、生クリームと一緒に食べれば、最高においしい。食後のエスプレッソを飲み、幸せな気分。ル・ノール“Le Nord”、トラディショナルなメニューを中心に頼んでみたけど、なかなかおいしい。

Lys1222
せっかくメトロ1日券があるので、メトロとケーブルカーを乗り継いで、再びフルヴィエールの丘に上がる。夜のノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂。

Lys1223
そして、フルヴィエールの丘からリヨンの夜景を眺める。

Lys1224
町から光があふれている。しばらく、一人でぼーっとリヨンからあふれる光を見つめる。

Lys1225
聖マリアは夜のリヨンの町を見守っている。

Lys1226
ノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂を見上げてみると、

Lys1227
聖ミッシェルもリヨンの町を見守っている。

Lys1228
ケーブルカーで麓駅に戻り、夜のサンジャン大司教教会“Primatiale Saint-Jean”。

Lys1229
教会前の広場からサンジャン通りをのぞくと、賑やかな雰囲気。

Lys1230
教会前の広場から、丘を振り返ると、聖マリアと聖ミッシェルがリヨンの町を見守っている。聖マリアと聖ミッシェルに見守られた町、リヨン。なんだか旅立つのが名残惜しい。

« ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目③リヨンのローマ遺跡“Théâtres Romains de Fourvière” | トップページ | ブルゴーニュ・リヨン一人旅5日目エールフランス北京行きAF128便(中国東方航空MU8668便)の機内食 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お土産のチョコレート。行き先がないなら協力しますけど~゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

リヨンの夜景っていつもこんなに綺麗なんでしょうか?
そうしたら光の祭典でしたっけ? そのときはどんなにキラキラなんでしょうねshine

ユリコさん
行くのが2週間早かったですね。「リヨン光の祭典」“Fête des lumières ”に合わせればよかったかもしれません。その頃には、マルシェ・ド・ノエルも開いているでしょうし、もっとリヨンを楽しめたかもしれません。

http://www.fetedeslumieres.lyon.fr

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/56429726

この記事へのトラックバック一覧です: ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目④再びリヨン・フルヴィエールの丘へ:

« ブルゴーニュ・リヨン一人旅4日目③リヨンのローマ遺跡“Théâtres Romains de Fourvière” | トップページ | ブルゴーニュ・リヨン一人旅5日目エールフランス北京行きAF128便(中国東方航空MU8668便)の機内食 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ