2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« ブルゴーニュ・リヨン一人旅2日目③ボーヌBEAUNEでお祭パレード | トップページ | ブルゴーニュ・リヨン一人旅3日目②予定外のディジョンDijonへ »

2012年12月 8日 (土)

ブルゴーニュ・リヨン一人旅3日目①静けさのボーヌBEAUNE

Lys0501
11/19月曜日の朝、ホテルの窓から外を眺めると、ホテルの名前の通り“Remparts”(城壁)をみることができる。窓を開けて、朝の空気を吸う。

Hotel des Remparts(ホテル デ ランパール)
http://www.hotel-remparts-beaune.com/

Lys0502
フランスで、私の朝の習慣は、朝はテレビをつけてTF2の“Télématin(テレマタン)”を見ること。久しぶりのウイリアム(William Leymergie=ウイリアム・レイメルジ)!
http://telematin.france2.fr

テレマタンで必ずその日の天気予報、メテオ(météo)をチェックして、その日の行動を考える。私の旅は大きな移動はあらかじめ決めているけど、その日をどう過ごすかはいつも決めていない。そのため、天気予報を見て、雨だったら、美術館や博物館などを多くしてみたり、天気によっても観光する場所が変えてみたりもする。

Lys0503
朝食は部屋のある離れから、レセプションのある棟まで歩いて行く。カフェと暖かい牛乳をもらう。

Lys0504
発酵バターとジャムをたっぷりとパンにつけただけで最高においしいと感じてしまう。朝のカフェオレの香り、クロワッサンを口に含んだときに鼻に抜けるバターの香り、フランスの朝は幸せ。

Lys0505
そのままチェックアウトして、お祭りのあとのボーヌを歩いてみることにする。お祭りが終わったカルノ広場(Place Carnot)は、すっかりと屋台もなくなっており、閑散とした雰囲気。普通のフランス・ブルゴーニュ地方の小さな町の雰囲気に戻っている。

Lys0506
普通の地方都市に戻ったボーヌも、なかなか雰囲気があっていい。本当は朝早くボーヌを去ろうかと思っていたんだけど、普通のボーヌを見てみたくてボーヌを去るのを少し遅らせて散策してみる。

Lys0507
オークションの行われた市場やオテル・デュー(Hôtel-Dieu)も今日は静けさの中にある。

Lys0508
ワイン市場“Marché aux Vins”では、朝9:30からワインの試飲ができるけど、なんとなく朝からワインという雰囲気ではなかったのと、ワインの町であることは昨日十分に堪能したから、立ち寄らないことにする。

Lys0509
昨日は人通りが多くて賑やかだった町も、お祭りが終わり静かな雰囲気。どちらかといえば、今日が日常的なボーヌの風景なんだろうなぁ。

Lys0510
再び、ノートルダム教会へ。ガイドブックを読み直すとタペストリーが有名みたいだけど、昨日はたまたま訪れた時が昼休み中なので中に入らなかった。

Lys0511
しかし、タペストリーが見られるのは曜日が決まっているらしく、昨日見ておくべきだった・・・。事前準備が甘いので、毎回こんなことになってしまう。格子越しに写真を撮ってみるけど、全部は見られない・・・。

Lys0512
ブルゴーニュの秋を感じる。

Lys0513
日だまりのベンチに腰をかけ、しばらくぼーっと小鳥の鳴き声を聞きながら、フランスの秋に浸る。のどかで平穏な風景は、心を平穏にさせてくれる。

Lys0514
昨日は屋台が並んでいた通りも、普通の町に戻っている。

Lys0515
旧市街の入口にあたる聖ニコラ門に到着。

Lys0516
町を散策していると、ボーヌは本当にワインカーヴが町の中にたくさんある。

Lys0517
つたの紅葉とワイン樽のある風景。

Lys0518
ワイン博物館(Musée du Vin de Bourgogne)を訪れると月曜日は休館日。やっぱり、昨日訪れておくべきだった。「地球の歩き方」には火曜日休館と書いてあったのに、休館日を変更した様子。しかし、外観だけの見学でも十分に趣のある建物。

Lys0519
時計塔の前の小さな広場も昨日は屋台がたくさんあったけど、今日は静かな秋を感じる風景。

Lys0520
落ち葉の積もるブルゴーニュの秋。

Lys0521
昨日、ボーヌのワイン選びの相談に乗ってくれたカルノ広場の入口にあるワイン屋さん“Denis Perret”。
http://www.denisperret.fr

このワイン屋さんの向かいには、昨日、パンデピス(Pain d'Epices de Dijon)を買ったお菓子屋さん“Mulot&Petitjean”のボーヌ支店。
http://www.mulotpetitjean.fr

Lys0522
昨日、たくさん試飲させてくれたワイン屋さん。“La Boutique des Domaines Beaune”
http://www.boutiquedesdomaines.com

Lys0523
散策のあとはカルノ広場のカフェで一休み。

Lys0524
カウンターでエスプレッソを。カフェに立ち寄ったときには必ずトイレも済ませてしまう。ケチなのかもしれないけど、有料トイレでお金を払うなら、カフェで楽しむためにお金を支払った方がいいでしょ?

Lys0525
祭のあとの町を散策し、普段の静かなボーヌを知り、SNCFの駅に向かう。ツタの紅葉が美しい。

Lys0526
城壁を出て石畳の道が終わると、もう駅が見えてくる。ボーヌの町は小さな町。

Lys0527
ボーヌ駅に到着。普段の旅行だと、ホテルに大きな荷物を置かせてもらって、ホテルに立ち寄ってピックアップしてから駅に向かうんだけど、今回の旅行、大きな荷物がないのでとても身軽。個人旅行の大変なところは、大きな荷物を持ってしまうと、移動が大変なこと。その不自由さが今回はないのだから、ある意味では運がいいのかもしれない。荷物の到着が遅延(ロスバケ)になってしまったこと自体は不運なのかもしれないけど、シャルルドゴール空港からリヨンを経由してボーヌまで、大きな荷物を運ばずに身軽に旅ができたし、そして、今日もボーヌからリヨンまで大きな荷物を運ばなくて済むのだから、考えようによってはラッキーなんじゃない?

Lys0528
今回の旅行を準備するときに、航空券を取った時には、実はボーヌを訪問するつもりではなかったんだけど、たまたま「栄光の三日間(Les Trois Glorieuses)」のお祭りがあることを知り、急遽、旅程に加えたボーヌ。しかし、なかなかボーヌは楽しかった。もう何泊かして、ぶどう畑を見たり、ワインセラー巡りをしても楽しいかもしれないなぁ。でも、それは次回の時のお楽しみにする。列車がやってきたので、楽しんだボーヌを去る。

« ブルゴーニュ・リヨン一人旅2日目③ボーヌBEAUNEでお祭パレード | トップページ | ブルゴーニュ・リヨン一人旅3日目②予定外のディジョンDijonへ »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

栄光の三日間がメインかと思ったら、こっちはオマケだったの。
でも季節も天気もいいし、ホテルもがわいいしワインは美味しいし
短い滞在だけど充実してましたねo(*^▽^*)o
次は美食の街リヨンですね。期待してますよ~

ユリコさん
当初の予定では、リヨンに3泊連泊してそこから2カ所くらい日帰り旅行をするつもりでした。お祭りがなければ、ボーヌも行くとしてもリヨンからの日帰り旅行になっていたと思います。ボーヌ、もう少しゆっくりと、のんびりブドウ畑やワイナリーを見て歩くのもよかったかなぁ?と本当に思うすてきな町でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/56277508

この記事へのトラックバック一覧です: ブルゴーニュ・リヨン一人旅3日目①静けさのボーヌBEAUNE:

« ブルゴーニュ・リヨン一人旅2日目③ボーヌBEAUNEでお祭パレード | トップページ | ブルゴーニュ・リヨン一人旅3日目②予定外のディジョンDijonへ »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ