2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 1泊2日のソウル旅行(トルチャンチに参加) | トップページ | 広蔵市場(カンジャンシジャン)でピンデトック(빈대떡) »

2012年4月24日 (火)

初めてのトルチャンチ(돌잔치)

Tc20120401
2012年4月21日土曜日、朝7時半。成田空港第1ターミナル南ウイングにあるユナイテッド航空ビジネスクラスラウンジ“United Club”。

Tc20120402
昨年からプライオリティパス“Priority Pass”でユナイテッドのラウンジが使えるようになったので、ユナイテッドクラブで朝食を。でも、今はプライオリティパスでは使えないデルタ航空スカイクラブのほうが食べ物は充実していた気がする。

Tc20120403
成田空港9:00出発、アシアナ航空OZ107便にてソウル仁川空港行きに搭乗。機材はボーイングB767。

Tc20120404
アシアナ航空のエコノミーの機内食。ソウルから運ばれたものではなく、成田空港で作って積んでいる様子。チューブ入りのコチュジャンがほしかったらリクエストでもらえるけど、日本で作られた機内食は味付けがしっかりしているので、必要ないと思う。

Tc20120405
最近、日本でもマッコリブームだけど、アシアナ航空では缶マッコリを積んでいる。

Tc20120406
朝10時からマッコリを。

Tc20120407
最近、ソウルに行くのは羽田空港から金浦空港行きを使うことがほとんどなので、2008年以来、実に4年ぶりのインチョン空港。今回は、ソウル市の北側にあるスユ(水踰)駅に向かうので、キルム(吉音)駅までのリムジンバスに乗って、ソウル市街をパスしてしまうことにする。バスの切符売り場で切符を買ってバス乗り場に並ぶ。

Tc20120408
もちろん、こんなマイナーなバス路線、日本人はいない。ソウル市街を迂回するので渋滞を回避できると思ったんだけど、土曜日は道路が混んでいて、1時間20分くらいかかり、キルム駅に到着。地下鉄に乗り換えて、スユ(水踰)駅に向かう。

Tc20120409
トルチャンチの会場は、シーフードレストラン。

Tc20120410
エレベータで会場に上がると、本日の主役、ヘヨンちゃんの写真が飾られている。

Tc20120411
パティションで区切られた会場がいくつか並んでいて、ほとんどがトルチャンチのパーティーが行われている。

Tc20120412
ヘヨンちゃんの写真が並べられている。

Tc20120413
トルチャンチのメインイベントである「占い」で、ヘヨンちゃんがなにを選ぶのかを事前に投票する仕組みになっている。裁判官、歌手、お金持ちなど、番号が書かれたカードを投票。私は裁判官にかけてみることにする。

Tc20120414
会場は自由席で、私のために現地に住む日本人女性、その韓国人の夫、日本に留学していた韓国人女性と同じ席に案内してもらう。

Tc20120415
会場の外がバフェ(ビュッフェ)になっており、シーフードレストランなので、寿司がある。

Tc20120416
刺身などの他にも、揚げ物や中華料理など様々な料理が並べられている。

Tc20120417
韓国のパーティーって、ものすごくゆるーい感じ。集合時間もバラバラで、来たら、仲間同士で、勝手に食事を取ってきて、食事をする。日本のように、始まりの時間が決まっていて、ずっと座りっぱなしで、式次第にそって進行するわけではないのよ。

Tc20120418
だから、子どもや両親と自由に話せる時間がほとんどなので、儀式だけで話す時間がないことなんてない。ちなみに、韓国の結婚式の後の結婚披露宴も同じような感じで、バフェでただ食事をするだけ。もしも日本人女子が日本の結婚式披露宴と同じように、きらびやかなドレスを着ていくと間違いなく浮く。

Tc20120419
1時間くらい経過したころに、ようやくテレビ画面にビデオが流されて、いよいよイベント開始。

Tc20120420
入場口から、両親と主役のヘヨンちゃんが登場。

Tc20120421
簡単な挨拶のあと、すぐに乾杯。

Tc20120422
その後はバースデーケーキのろうそくを吹き消し、しばらくすると、メインイベントの「占い」が始まる。箱の中には、マイクやハンマーが並べられている。マイクをヘヨンちゃんが選んだら、将来は歌手。ハンマーだったら裁判官。みんなが10000ウォン札を入れているので、調子に乗って日本の1000円札を入れてみる。

Tc20120423_2
そして、いよいよ、ヘヨンちゃんが選んだものは!?
※写真は加工してます。

Tc20120424
見たことがなくて珍しかったのか、なんと選んだのは日本の1000円札!野口英世のように世界を助ける医者に感銘を受けたのか?日本でお金持ちになるのか?それとも、頭がよくて、10000ウォンよりも1000円のほうがレートの関係で価値が高いことを知っていたのか?

Tc20120425
最初に入口のところで投票して、みごとに当てた人の中にプレゼントが送られて、メインイベントは終了。イベント終了後も、だらだら飲んでいる人もいれば、さっさと帰ってしまう会社関係の人もいたり、韓国のパーティーはゆるーい雰囲気。それでも90名以上集まったというんだから、すごい。

集合時間も終わる時間もいいかげんだけど、パーティーって、みんなで会って、話をするのが目的なんだから、気軽な雰囲気で「主役」である子どもと写真を撮れたり、主催者である両親と話をしたり、一緒に写真を撮ったりできるほうが、むしろ本来なんじゃないかな?日本文化で考えるから「ゆるい」と感じるけど、それは日本文化の価値観にとらわれるからで、日本の披露宴のほうが変に形式張っているだけなんじゃない?90人以上の人が集まって、おいしい食事をして、みんなとたくさん話ができるパーティーのほうが、本来のパーティーなんじゃないかなぁ?

トルチャンチのパーティー、なかなか楽しかったし、初めてヘヨンちゃんにも会うことができたし、1泊2日の日程で無理してでも来てよかった。

« 1泊2日のソウル旅行(トルチャンチに参加) | トップページ | 広蔵市場(カンジャンシジャン)でピンデトック(빈대떡) »

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
韓国ドラマを相当観ている私ですがトルチャンチって初めて聞きました。
婚約式や結婚式などの場面は多々観ていますが。
財閥が出てくる裕福系ドラマでもなかったです。
婚約式なども盛大にやっていますから、お祝い事は皆で幸せを分かち合おうという精神なのかもしれないですね。
両親も正装で晴れやかだし、今は何も覚えていない子供にとっても後から幸せを感じるのかも知れません。

ゆめこさん
韓国人って、親族のつながり、友人のつながりをとても大切にします。人と人のつながりが濃いのです。そう考えると、結婚式も盛大だと考えてしまいがちなのですが、日本の結婚式と結婚披露宴と比べるとあっさりしているので拍子抜けすると思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/54550136

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのトルチャンチ(돌잔치):

« 1泊2日のソウル旅行(トルチャンチに参加) | トップページ | 広蔵市場(カンジャンシジャン)でピンデトック(빈대떡) »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ