2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのバスク旅行3日目(1)バイヨンヌへ | トップページ | 初めてのバスク旅行3日目(3)聖ヤコブの貝 »

2012年3月23日 (金)

初めてのバスク旅行3日目(2)サン・ジャン・ピエ・ド・ポーへ

Bas0801
バイヨンヌ駅11:51発のローカル列車に乗って、サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(St Jean Pied de Port)を目指すことにする。この路線、1日5本程度しか走っていなくて、1本前の列車は8:19発で、1本後の列車は15:05発とちゃんとダイヤを調べて行かないと危険。ディーゼル気動車1両のみ。トイレはついている。

Bas0802
このローカル線、速度が遅い。サンジャンピエドポーまでは1時間20分の所要時間だけど、最高速度は自動車に負けている。でも、その分、車窓からは羊をみることができたり、のんびり列車の旅も楽しい。

Bas0803
途中、4つほど駅に停車。なにもないような途中駅のホテルも、田舎っぽい風景で楽しい。

Bas0804
ニーヴ川“La Nive”沿いを列車は進む。そう、このニーヴ川はプチ・バイヨンヌとグラン・バイヨンヌの間を流れている川の上流。列車はニーヴ川沿いをゆっくりと走る。

Bas0805
13:09にサン・ジャン・ピエ・ド・ポー駅に到着。ローカル線らしく、かわいらしい小さな駅。

Bas0806
駅は町のはずれにあり、まずは「地球の歩き方」に地図も載っていないので、地図を手に入れようと町の中心のインフォメーション(観光案内所)を目指す。ところが、インフォメーションはお昼休み中で、14時までインフォメーションが閉まっていて、地図を手に入れることができない・・・。

Bas0807
どうしようかと考えながら、ニーヴ川に架かる橋から風景を眺めてみる。今日は晴れていて日差しが暖かい。美しい風景を眺めていると、ふとレストランのテラスで食事をしている人が目に入る。そうだ、13時半なのでインフォメーションが開くまでの間、お昼ごはんを食べよう!

Bas0808
というわけで、今回はニーヴ川沿いのテラス席の風景に惹かれて、レストランに入ることにする。私のレストラン選びなんて、こんなものなので、あまり当てにしてはいけない。

Relais de la nive
http://www.relais-de-la-nive.com/

Bas0809
もちろん、このレストランに入ったからには、テラス席!日差しが暖かく、なかなか居心地がいい。

Bas0810
11ユーロの前菜とメイン料理の日替わり定食を注文。ワインを飲みながら料理がくるのを待つ。日替わり定食の内容は、レストランの入口の黒板を参照。

Bas0811
前菜は、ポテ(ポトフ)に似ている野菜スープ“Garbure”(ガルビュール)。とても優しい味で、おいしい。なかなか頼もうと思っても、野菜がたっぷり入ったこんなスープ頼めない。私としては当たりメニュー。

Bas0812
そして、メインは牛肉の煮込み、“Boeuf Bourgignon”(ブフ ブルギニヨン)。とろとろに煮込まれた肉はやわらかく、定番の味だけど、今日の日替わりメニューには大満足。これで11ユーロ。今のレートなら1100円の定食なんて幸せすぎる。

Bas0813
遅めのランチだったので、食事が終わる頃には他のお客さんは出てしまっており、テラス席をひとりで独占。日差しは暖かく、のどかな雰囲気で至福のひととき。

Bas0814
エスプレッソを飲みながら、暖かな日差しを浴び、風を感じて、おいしかった食事の余韻にひたる。

Bas0815
観光案内所で地図を手に入れて、町歩きスタート。サン・ジャン・ピエ・ド・ポーは、巡礼地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう街道沿いの宿場町。フランスからスペインへ入る峠を超える前の宿場町で、旅人が休息をした場所。今でも、徒歩で巡礼路を越える人がおり、バイヨンヌからのローカル線にも大きなバックパックを持った人が何人かいた。真ん中の標識の“Chemin de St Jacques”というのが巡礼路を示している。そして、地名にはバスク語が併記されている。

Bas0816
スペイン門から町の中心部に向かうことにする。町の中心に街道が通っており、その両側には宿屋やお店などが並んでいる。

Bas0817
ニーヴ川を渡る橋には時計塔のついたノートルダム門。

Bas0818
左手を眺めると、先ほど食事したレストランのテラスが見える。

Bas0819
川沿いの建物もなかなかいい感じ。

Bas0820
門をくぐると一本道が上っている。

Bas0821
右手に教会“Eglise Notre-Dame-du-Bout-du-pont”がある。

Bas0822
ゴシック様式の教会は13世紀の建てられたもの。

Bas0823
あっ!サン・ジャン・ド・リュズの教会のように木製のバルコニーがある!やっぱり、この地域特有の様式?

Bas0824
石造りの建物が並ぶ坂道。今回のバスクの旅、ビルバオ、サンセバスティアン、サンジャンドリュズ、バイヨンヌ、そしてサンジャンピエドポーと雰囲気が異なり、どの町も楽しすぎる。

Bas0825
サン・ジャン・ピエ・ド・ポーの町も歩いていて、なかなか楽しい。

Bas0826
さらにシタデル通りの坂道を登り、町を見下ろすことができるシタデルを目指す。

« 初めてのバスク旅行3日目(1)バイヨンヌへ | トップページ | 初めてのバスク旅行3日目(3)聖ヤコブの貝 »

バスク」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今回の旅はきいたことのない地名がたくさん出てきて
とても興味深いです。
前回フランスのときにはすでに次回はバスク地方にって決めてましたよね。
大正解でしたね。とても楽しそうです!
本日2個目のケーキは?

ユリコさん
バスク地方は「まだ知られていない」だけで、今回までに登場したビルバオ、サンセバスティアン、サン・ジャン・ド・リュズ、バイヨンヌ、サン・ジャン・ピエ・ド・ポーのどの町もすばらしく、かなり魅力的なディスティネーションです。今のところ、バスク地方を巡る団体パッケージツアーはほとんどないですが、いずれ、各旅行会社がプロモーションをかけてもおかしくないくらい魅力的な地域です。

さぁ、2個目のケーキはいつ出てくるのでしょうか!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/54292582

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのバスク旅行3日目(2)サン・ジャン・ピエ・ド・ポーへ:

« 初めてのバスク旅行3日目(1)バイヨンヌへ | トップページ | 初めてのバスク旅行3日目(3)聖ヤコブの貝 »

Link

最近の記事

無料ブログはココログ