2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのバスク旅行2日目(3)サン・ジャン・ド・リュズへ | トップページ | 初めてのバスク旅行3日目(2)サン・ジャン・ピエ・ド・ポーへ »

2012年3月21日 (水)

初めてのバスク旅行3日目(1)バイヨンヌへ

Bas0700
2012年2月28日火曜日、サン・ジャン・ド・リュズ。ホテル“Les Almadies”の朝食レストランで、カフェオレとクロワッサンを食べて、フランスにいることを実感。

Bas0701
9:18発の列車に乗らないと、次の列車は12:40までないので、8:30にホテルをチェックアウトし、駅へと向かう。でも、その前に、サン・ジャン・ド・リュズの屋内市場“Les Halles”を発見!市場を発見したら、立ち寄ってみるのが私の旅のルール!

Bas0702
フランス側のバスク地方も、スペインと同様にハムなどが名産品。

Bas0703
フランスは地方によって市場のお店の品揃えが異なり、楽しい。チーズも地方色を感じやすい。

Bas0704
様々な種類のチーズが並べられている。フランスは地方色が豊かだから、市場をのぞいても地方によって異なるから、本当に楽しい。

Bas0705
カウンターにはサクランボのジャム“Cerise Noire”が並べられている。そう、ガトーバスクに入れられているのはこのジャム。もちろん、1つお買い上げ。

Bas0706
市場の中のガトーバスクやさん。

Bas0707
ホテルで朝ごはんを食べたばかりなのに、ガトーバスクがおいしそう。

Bas0708
スーツケースを転がしながらの市場散策だったけど、やっぱり市場は楽しい。市場を後に駅に向かう。

Bas0709
サン ジャンドリュズ 駅“St-Jean-de-Luz-Ciboure”で切符を自動券売機で買って、バリデーションをして列車を待つ。

Bas0710
実は、けっきょく、マルシェのガトーバスク屋さんで、ガトーバスクを買ってしまった・・・。今日1つめのガトーバスクは、サクランボのジャム入り。今日からはケーキは1日2個までの自主規制をするつもりなのに、すでに朝9時で1つめ・・・。

Bas0711
ダックス“Dax”行きのローカル列車に乗り、バイヨンヌを目指す。

Bas0712
25分ほどでバイヨンヌに到着。今回のホテルは、バイヨンヌ駅前ホテルの「ホテル・コートバスク」で、本当に駅のロータリーに隣接しており列車での移動には便利なホテル。

Bas0713
朝10時前だけど部屋が空いていたようでチェックインさせてくれる。部屋はロータリー側に面しており、駅前ロータリーがよく見える。Wifiは無料で、受付でIDとパスワードを個別にもらうタイプ。セッションが切れると毎回IDとパスワードを入れるようなのでちょっと面倒。

ホテル コート バスク
Hôtel Côte Basque
http://www.hotel-cotebasque.fr

Bas0714
荷物を部屋に置いて、いざバイヨンヌの町へ向かう。駅前からバイヨンヌの旧市街に向かうには、アドゥール川にかかるサンテスプリ橋を渡る。旧市街の中心にサントマリー教会の尖塔が見える。

Bas0715
橋を渡るとHôtel de villeの建物。案内に従って、インフォメーション(観光案内所)を目指すことにする。そう、私の町歩きの方法は、まずはインフォメーションに行って町の地図をもらうこと。

Bas0716
インフォメーション(観光案内所)はちょっと歩く。パリとは違って、「地球の歩き方」などでもバイヨンヌのページは見開き2ページ程度しかないので、地図を手に入れることは重要。そして、地図にはたいてい町歩きのモデルコースが載っていたり、観光名所のリストが載っている。

Bas0717
観光案内所でもらったバイヨンヌの町歩きモデルコース1番。城跡“Le Chateau Vieux”は、なんだか入ってはいけなそうな雰囲気だと思ったら、冊子にも“Ne se visite pas”と書いてあるじゃん・・・。

Bas0718
そして、モデルコース2番目。バイヨンヌの町の中心にそびえ立つサントマリー教会。13世紀に建てられたものらしい。

Bas0719
ゴシック様式のカテドラル。サンジャンドリュズの「サン・ジャン・バティスト教会」に見られたような木製のバルコニーはバイヨンヌの教会には見られない。教会に入ったら、沈黙の中でしばらくひとりで、ぼーっとしているのが好き。

Bas0720
モデルコース3番は、サントマリー教会の回廊。無料で中に入ることができる。

Bas0721
回廊から教会を眺める。今日はよい天気。

Bas0722
バイヨンヌの町並みは、サン・ジャン・ド・リュズとはまた違った雰囲気。かといって、ビルバオとも違うし、サンセバスティアンとも違う。

Bas0723
町歩きをしていると、ニーヴ川沿いに屋内市場“Les Halles”を発見!市場を発見したら、立ち寄ってみるのがマイルール!

Bas0724
サン・ジャン・ド・リュズの市場と同様に、この地方の名産品が並ぶ。この地方の特産物と言えば生ハム。

Bas0725
フランス南西部が特産であるフォアグラを扱うお店。

Bas0726
バスクを象徴する緑色と赤色の旗がなびいている。

Bas0727
バイヨンヌもなかなかかわいらしい建物が並んでいる。スペインと違うことは、色合いがかわいらしい。

Bas0728
かといって、フランスの他の都市の雰囲気とも異なる。観光名所を巡るよりも、その町特有の雰囲気を感じるのが好き。

Bas0729
バイヨンヌの旧市街は大きな町ではなく、ときおり、町の中心にある教会の尖塔が見える。

Bas0730
実は今日はこれから11 :51発の列車に乗って、「聖ヤコブの道」の街道沿いにある町、サン・ジャン・ピエ・ド・ポー“St Jean Pied de Port”を目指す予定のために、ここで駅にUターン。なにしろ、1日5本しかないサン・ジャン・ピエ・ド・ポーへの鉄道ダイヤにあわせるために、わずか2時間程度のバイヨンヌの町歩きだったけど、やっぱり、今回の旅行、バスク地方としての共通性も見ることができるけど、どの町も特徴があって、どの町も魅力的。バスク地方の旅、なんて楽しいんだろう。

« 初めてのバスク旅行2日目(3)サン・ジャン・ド・リュズへ | トップページ | 初めてのバスク旅行3日目(2)サン・ジャン・ピエ・ド・ポーへ »

バスク」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

初めまして!
市場はおもしろいですよね。
とは言っても、スーツケースをころがしながら市場巡りは
なかなか大変でしょう?尊敬致します!

ババッ〜と読ませてもらったので・・・(^-^;
違ったらごめんなさいm(_ _)m 一人旅ですか?
だとしたら、うらやましい!というか・・・
食事とか、大変じゃないですか?

ゆっくり過去記事も読ませて頂きます。

saiko3さん
はじめまして。一人旅でもレストランに普通に入れるようになってしまい、最近では困ることも少なくなってしまいました。そこで寂しさを感じないからいつまでも一人旅なのかもしれませんけどね!

こんにちわ。偶然このサイトを見つけました。この7月(2015年7月)にトウールーズからバイヨンヌ、ボルドー方面を旅行します。参考にさせていただきます。あるサイトからホテル・
コート・バスク バイヨンヌを予約しまた。予約済みのメールには、「こちらの施設は受付が別にあり、そちらで鍵の受け渡しが必要になる可能性がある」と返事をもらいました。要は、メールや電話で、自身で施設に確認してください、とのこと。旅行記を読ませていただいて、そのようなわずらわしさはなさそうですが、なにかご存知でしたら教えてください。

さつきさん、はじめまして。

バイヨンヌの駅前ホテルは、普通にホテルの建物でチェックインしました。変わりがなければ、特に心配する必要はないかと思います。トゥールーズは好きな町の1つです。トゥールーズから、おそらくルルド、ポーを経てバイヨンヌですね。

Bon voyage!

ラコスケ様

バイヨンヌのホテルの件で、早々に返事をいただき、ありがとうございました。
トゥールーズ方面は初めていくエリアです。楽しみにしています。

ラコスケさん 先程はメッセージ途中で失礼しました。

できればお食事ご一緒したいくらい、素敵なレストランをお選びになっていますね。私もフランスの見たことない、たべたことない、行ったことのないものに触れたいです。これからも拝見させていただきます。

dankeさん、こんばんは。

フランスの魅力は地方によって建物も違えば、名物料理もワインもチーズも違い、地方色豊かなところ。パリだけがフランスではなく、地方に行けばまだ知らないフランスをまだ見つけられると思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/54277852

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのバスク旅行3日目(1)バイヨンヌへ:

« 初めてのバスク旅行2日目(3)サン・ジャン・ド・リュズへ | トップページ | 初めてのバスク旅行3日目(2)サン・ジャン・ピエ・ド・ポーへ »

Link

最近のコメント

無料ブログはココログ