2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月23日 (木)

ストライキより怖い天候不良

いよいよ2/25土曜日の夜、エールフランスAF277便でバスクに旅立つ。冬の旅行で注意しなければならないのは、悪天候。実は2009年12月に、ミラノ・マルペンサ空港で空港閉鎖に遭遇し、帰れなくなるかの思いをしたことがある。

Mxp01
2009年12月20日、チュニス・カルタゴ空港から3時間遅れでミラノへ。アリタリア航空のフライトナンバーだけど、運航はAirOneという航空会社。 ミラノ・マルペンサ空港に着陸すると、飛行機が遅れた理由がわかったような気がする。

そう、おりしも、この年、2009年12月17日からのヨーロッパの寒波は、18日にはユーロスターが英仏海峡の海底トンネルの中で立ち往生するなどの大寒波。内陸部のミラノもその影響下にあり、沖止めでタラップを降りて、バスに乗るけど、外を歩いた時の寒さは、間違いなく氷点下の寒さ。チュニジア・チュニスの地中海沿いの温暖な気候から、一気に氷点下の世界に来ると何倍も寒さを感じる。
Mxp02
翌12/21、ミラノ観光の最初はやはりドォーモ。地下鉄の階段を上がると、ドォーモ広場に出る。広場に出て感じることは、ドォーモの圧倒的な存在感。迫り来るようなファサードの迫力に圧巻される。全体像を見るためには、かなり後方に下がらないとわからない。

クリスマス直前ということもあり、ドォーモ広場には大きなツリーが飾られている。夜にはライトアップされるのかなぁ。そんな想像をしながらも、圧倒的な存在感のドォーモをしばらく見上げる。

Mxp03
そして、ガッレリア。床のモザイク、天井の絵もすばらしいが、おそらくクリスマスシーズンだからだと思うけど、電飾が美しい。

Mxp04
ドォーモ広場からスフォルツァ城を目指して歩き始めると、クリスマスマーケットが開かれている。クリスマスの雰囲気たっぷりで、お店をゆっくり眺めながら歩く。市場を見つけたら、立ち寄ってみるのがマイルール!

Mxp05
スフォルツァ城へ。ミラノの天候は曇りだが、どんよりとした曇り空で、ものすごく寒く、確実に氷点下の世界。

Mxp06
スフォルツァ城の手前にある噴水、よく見てみると、凍っている。水の流れが凍った様子は、考えようによっては美しいが、とにかく寒さを感じる。

Mxp07
スフォルツァ城をまっすぐ突き抜けると公園があり、即席スキー場がある。ただでさえ寒くて、スキーに行ったときのゲレンデ前のような寒さなのに、スキー場を見たら余計に寒くなる。

Mxp08
ドォーモ広場からちょっと歩いたところにあるトラットリアへ。13時ごろに入ったときは、だれも客はいなかったけど、その後にほぼ満席に。なかなか雰囲気のよいトラットリア。

Mxp09
いろいろなものを試してみたい気はするけど、今回のミラノ滞在は今日1日。もう明日には飛行機に乗らなくてはいけないので、ミラノ名物である「オッソブーコ」とミラノ風リゾットがセットになったものを注文する。リゾットは、日本人には芯があると思うくらいがアルデンテ。サフランで色づけられているリゾットは、コンソメ味がおいしい。そして、オッソブーコは、牛すね肉を煮込んだもの。骨の中にある、コラーゲンたっぷりの骨髄をパンにつけて食べるとおいしい。

Mxp10
そして、今回、ミラノを訪れた際にぜひとも買いたかったものが「マロングラッセ」。事前に調べる限り、ドォーモ広場のすぐそばにある「ジョヴァンニ・ガッリ(Giovanni Galli)のマロングラッセがミラノで一番おいしいらしい。ミラノで一番おいしいということはイタリアで一番おいしいかもしれないし、もしかしたら世界で一番おいしいかもしれない。

Mxp11
小さなお店だけど、ショーウインドにはお菓子が並べられており、注文には列ができている。
Giovanni Galli
http://www.giovannigalli.com/

Mxp12
事前に調べておいて、今回のミラノ滞在の目的のひとつでもあった「マロングラッセ」、帰国後に食べるけど、たしかに最高においしい!観光地としてのミラノは、見どころはいま一つのような気がするけど、アリタリア航空を利用した時には、この「マロングラッセ」のためにミラノにストップオーバーしてもいいかも!

Mxp13
どうも寒いと思ったら、午後から雪が舞い始める。

Mxp14
夕方になると雪は強くなり、道路は大渋滞。明日の空港行きのバス乗り場を確認するために、ミラノ中央駅に向かうと、バスを待っている人があふれており、空港バスが明日の帰国時にちゃんと走るのかどうか不安になってくる。

そもそも、ここまで降り積もってしまうと、空港は大丈夫なのだろうか。部屋に帰り、テレビをつけると、「大雪」のために、鉄道や航空が大混乱になっていることは報道されている。パッキングを始めるが、外を眺めると降り積もる雪。帰国できるのだろうかという不安が増してくる。

深夜0時頃に外を見ると、雪は積もっているものの、降り止んでいる。もしも、日本の新千歳空港だったら、雪が止んでいれば夜を徹して除雪すれば朝から飛ぶに違いないと期待して、寝ることにする。でも、ここはイタリア。夜を徹して除雪するはずはないんだけど・・・。

Mxp15
そして、帰国日の12/22。アリタリア航空14:45発のフライトで、空港までの所要時間はバスで1時間だけど、前日の大渋滞を目撃してしまったので、朝から空港に向かうことにして、朝8時前に、だいぶ早めにチェックアウト。まず、空港バスについては、通常通り1時間で空港までたどり着き、9時には空港に着く。

Mxp16
ミラノ・マルペンサ空港に到着してスケジュールやアナウンスを聞いていると、除雪作業を行うために午前中は一便も離発着せず、なんと「空港閉鎖」状態。窓から外を見ると、除雪のための車両が動き回っている。出発便を見ると、ほとんどが「欠航」で、テレビのニュースで見るような、空港のロビーの床に寝ている人たちが。自分も、今晩はこのような状況になってしまうのだろうかと不安がよぎる。

空港閉鎖状態での待機は初めてだったけど、いつ空港閉鎖が解除されるのか、自分の乗る便がいつ搭乗手続きは始まるのか、時間の予測ができないのが難しい。カウンターで聞こうにも、とても順番が回ってきそうもない長蛇の列。出発便の案内の掲示板とアナウンスだけが頼りで、それを逃したら置いていかれるのは確実なので、出発ロビー内にいるしかないので、スペースを見つけて床に座り込む。除雪作業が順調に進みますように!

Mxp17
午後になり、滑走路が1本使えるようになり、長距離フライトのニューヨーク行きが飛んだので、成田行きも飛んでくれないかと祈るような気持ちで、滑走路を眺めながら待つ。14時、ふとアナウンスに「トーキョーナリタ」の単語を聞き取る。この単語を聞いた時にどんなにほっとした気持ちになったことか。どんなに遅れても今日中には飛ぶ!!

その後、チェックインに1時間半も並んだり、搭乗してから2時間も離陸しなかったり、けっきょく3時間遅れのフライトだったけど、帰国できればそれでいい! ありがとう、アリタリア航空!

ストライキと違って、悪天候による欠航の場合は、ほかの航空会社に振り替えようにも、どの航空会社も飛んでいない。ストライキならば、航空会社側の責任なのでホテル代なども含めて、強く航空会社と交渉することができるけど、天候の場合は航空会社の責任ではないし、ある意味、自然の成り行きに任せるしかない。

このマルペンサ空港での空港閉鎖に遭遇してから、遅延については「その日のうちに飛んでくれれば、それだけで十分」と思うようになった。飛行機のダイヤなんて、多少遅れても、結果的に運んでくれればそれでいいのだ。

でも、これから1週間、ヨーロッパの天候が平穏でありますように!

2012年2月16日 (木)

所沢で焼きだんご

Toko01
埼玉県所沢市にある航空公園駅前には、国産旅客機YS-11が展示されている。航空公園は、日本で最初の「飛行場」だった場所で、日本の航空発祥の地。たしか、YS-11は、年に何回か無料で機内を見学できたはず。

Toko02
今日は「所沢税務署」にて「寄付金控除」の手続き。毎日50円ずつの寄付を継続していて、今まで手続きしたことはなかったけど、寄付金控除でどれくらい税金が還付されるのか、手続きしてみることにする。

私が1日50円寄付をしているのは、MSF(Médecins Sans Frontières)。 そう、「国境なき医師団」。1日50円、1ヶ月で1,500円、1年間で18,000円の寄付を継続して3年以上続けている。たった1日50円で偉いことは言えないんだけど、もしもNPOやNGOを運営する立場だったら、事業を継続するためには毎月一定の寄付収入がないとなかなか事業を組み立てづらい。そのため、NPOやNGOの活動資金として、「継続的」な寄付は安定した継続的な活動を支える上で、とても重要なことで、イベント的で単発的な寄付ではなく、日本でも欧米のような「寄付金文化」がもっともっと根付くべきだと思っている。たった1日50円でもいい。できることから始めればいい。

http://www.msf.or.jp

Toko03
普通にサラリーマン生活だと、年末調整によって会社が行ってくれているので、税務署に来ることはないけど、たまたま今日が「初日」だったらしく、税務署は大変な混雑。手続きには1時間ほどかかるけど、係員は入力の仕方などを親切に教えてくれる。18000円の寄付に対しての還付金は、(18000-2000)×40%で、6400円も還付されることがわかる。へぇ、こんなに還付されるんだ。今まで放置していたけど、毎年ちゃんと申告すべきだった・・・。

Toko04
航空公園駅から所沢駅までぶらぶら散歩してみることにする。所沢の旧市街は、高層マンションが建ち並んでいるけど、川越とは違って観光化されていないため、古い町並みが、もやもやしたまま残っており、意外と好きだったりする。一歩裏の路地に入れば、コロッケなどの総菜も売っている昔ながらの肉屋さんがあったりする。ちなみに「荒幡肉店」は、注文してから揚げてくれるコロッケなどが安くておいしい。

Toko05
今は航空公園駅前に移転してしまったけど、昔の所沢市役所は旧市街の中心部にあって、昔は人通りも多かったのだろう。栄えていた頃の名残なのか、「盃横丁」という小さな飲食店街があったりする。駅からは遠いので、あまり盛っているようには見えないけど、このような場所がもやもやと残っているのが所沢のいいところ。

Toko06
路地にだんごやさんの看板を発見。

Toko07
そう、所沢名物といえば「焼きだんご」。1本100円のだんごを「奈美㐂屋(なみきや)」で買ってみる。「経木」の上にだんごをのせて、包装紙でくるんでくれる。包装紙の中から、しょうゆのいい香り。

Toko08
最近、醤油味の「焼きだんご」って、その場で焼かないとおいしくないので、食べたいと思っても、なかなか売っていなかったりする。所沢名物「焼きだんご」、香ばしくて、おいしい。

2012年2月13日 (月)

ホイットニー・ヒューストンとセルジュ・ゲンズブール

フランスのテレビ番組にホイットニーヒューストンが出演したときに、ゲンズブールに“I want to fuck you”とテレビ番組の最中に言われてしまったホイットニー・ヒューストン。

冥福を祈るが、すでに先に天国にいる「酔っぱらい」にからまれないといいけど…。

http://youtu.be/bMdXi6f5KRg

2012年2月10日 (金)

保谷(ほうや)でカヌレ・ド・ボルドー“Cannelés de Bordeaux”

あと2週間でバスクに旅立つ。今回のバスク旅行の旅程は最後にボルドーに立ち寄る予定で、「まだ知らない」ボルドーを調べていると、ボルドーワインは有名だけど、もう一つの名物があることを知る。それは、「カヌレ・ド・ボルドー」“Cannelés de Bordeaux”。でも、最近、「カヌレ」って食べていない気がする。本場のボルドーで食べる前に、東京で食べられるカヌレを食べてみたい。

都心まで出れば、ポールなどに普通に置いてありそうだけど、都心まで行くのは面倒なので、西武池袋線に乗って保谷(ほうや)へ。保谷は「西東京市」なので、ぎりぎり東京23区ではない多摩地区。お店の名前は、ボルドー近郊の地名であるアルカション“Arcachon”。

アルカション
http://arcachon.jp

Canele1
保谷駅北口から3分くらい歩くと、かわいらしい一軒家のお店がある。中に入ってみると、なかなか本格的なフランス菓子屋さん。フランスに行くと一度は食べる、大好きなタルト・オ・シトロンは残念ながら見当たらなかったけど、エクレールも置いてあれば、パートドフリュイなどのお菓子も置いてある。そう、初めて訪れたときにお店を観察する私のポイントは、エクレール、フラン、タルト・オ・シトロンなどのフランスのパティスリーだったら必ずあるような基本的なお菓子がどのように扱われているか。このお店を見ていると、カウンターの上に、2週間後にバスクに旅立つ私にとって、うれしいものが置いてある。

Canele2
それは、ガトー・バスク“Gâteau basque”!ちゃんとサクランボジャムのものが置かれている。都心まで行かなくても、保谷にこんなお店があったなんて、今日はすばらしい発見。

Canele3
そして、今回のお目当ての「カヌレ・ド・ボルドー」“Cannelés de Bordeaux”。表面はカリッとしているんだけど、口に入れるとお酒の心地よい香りがふわっと広がり、おいしい。

Canele4
表面はカリッとしているけど、中は、しっとり。このお店のカヌレ、「ボルドー カヌレ協会会長ピエール マルケ氏より伝授された配合・製法を忠実に再現しました」とのことで、西武池袋線で所沢駅から5駅で近いと思って訪ねてみて、大正解だったかも。これで、本場ボルドーで「カヌレ」を食べるのが楽しみになってきた。

2012年2月 4日 (土)

エールフランス、2012年2月6日からストライキか?

2月下旬にエールフランスでバスクに飛ぶ関係で、そろそろストライキ情報を気にし始めている。ルモンドなどで“grève”の文字を見つけてしまうと、つい気になってしまう。今回のストライキは、実は昨年12月からすでに予告されていたストライキだけど、2012年2月6日から9日まで、やっぱり実施されそう。

ルモンドなどを見ると、“Pour la journée de lundi 6 février, Air France prévoit d'assurer plus de 85 % de ses vols long-courriers et plus de 80 % de ses vols moyen-courriers.”とのことなので、2/6は長距離便の85%以上は飛ぶ様子。今のヨーロッパは日本と同様に大寒波が襲来しており、そちらも気になる要素。2009年12月に、ミラノで大雪に遭遇してマルペンサ空港が空港閉鎖になり、あやうく空港で寝泊まりすることになりそうだった体験もあり、出発前になると、旅行の楽しみの気分も高まってくるけど、ストライキと悪天候については敏感になってくる。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ