2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« おいしかったケブル | トップページ | 飯能名物「味噌付けまんじゅう」 »

2012年1月15日 (日)

優柔不断なバスク旅行計画

すでにエールフランスの航空券を確保しており、ビルバオからスペイン側のバスクに入り、ボルドーから帰国することは決まっている。その間をどのように過ごすか、ホテルの予約だけでも考え始める時期。

私の旅程の決め方は、最初に日数の制限が入る。これは、会社員であれば制限があるのは仕方がないこと。そして、今回の旅程もいつも通りの短い旅程。7日間の休暇に詰め込んだ短い旅程でどのような旅程を組むか。当然、短い旅程に収めるために、時には有名な観光地であってもどこかをカットしなければならない。

もう1点、個人手配旅行の面倒な点は、スーツケースの移動。最初に考えたのは、スーツケースの移動を極力少なくするために、最初にサンセバスティアンに1泊したあとは、バイヨンヌに3連泊、移動してボルドーに1泊という旅程。連泊にすると、ホテルの部屋のクローゼットに荷物を広げることができて、自分の部屋にすることができる。

基本的に「南フランス・パッチワークの旅」の続きなので、スペイン滞在はサンセバスティアンのみにする予定なんだけど、ビルバオにも行くべきか、今迷っているところ。サンセバスティアンでバル巡りはしてみたいので、宿泊地はサンセバスティアンにしたい。ビルバオ空港に到着して、ビルバオ観光をしてからサンセバスティアンに移動すればいいんだけど、問題は大きな荷物。ビルバオのバスターミナルに荷物預けはあるみたいだけど、大きな荷物を持っての移動はやっぱり面倒。宿泊地はサンセバスティアンにするけど、ビルバオに訪問するかどうかは現地に行ってから考えることにする。

フランス側のバスクは、バイヨンヌ、ビアリッツ、サジャンドリュズあたりを巡る予定。サンジャンピエドポールにも行ってみたいけど、鉄道の便が1日5本と少なく、実質丸1日かかってしまうので、これも現地に行ってから行くべきか考えることにする。

そう、私の旅行計画は、旅程が短いので、現地でのホテル探しは探す時間が無駄なので、ホテルは予約してしまう。だけど、あとは優柔不断で、細かな旅程はいつも決めていない。実際の旅程は、天気予報を見て日にちを入れ替えたり、行くのをやめて別なところにいったり、あまり歩き回らずにカフェでのんびりしたり、現地に行ってから変更することが多い。

ということで、現地で変更することも十分にあるんだけど、今のところ考えている旅程。海辺の小さな町、サンジャンドリュズでのんびりしたり、そんなにタイトなスケジュールではなく、のんびりするつもり。

2/25 21:55 エールフランスAF277便でパリ経由ビルバオへ
2/26 9:25ビルバオ空港到着後、サンセバスティアンへ(サンセバスティアン泊)
2/27 サンセバスティアンからサンジャンドリュズへ。ホテルに荷物を置いてビアリッツ観光(サンジャンドリュズ泊)
2/28 サンジャンドリュズからバイヨンヌのホテルに荷物を置いてサンジャンピエドポールへ(バイヨンヌ泊)
2/29 バイヨンヌ観光後、ボルドーへ(ボルドー泊)
3/ 1 終日ボルドー観光(ボルドー泊)
3/ 2 10:30ボルドー空港からパリ経由でエールフランスAF276便にて帰国
3/ 3 09:10 成田空港到着

あとは、いつもの通り、ホテル予約サイトでホテルを手配してしまえば、ほぼ今回の旅行の手配は完了!

Booking.com
http://www.booking.com

■バスク交通情報・バスク時刻表(今回のバスク旅行の旅程を決める際に役立ったサイト)

(1)ビルバオ空港からサンセバスティアン行きのバス時刻表
http://www.pesa.net/pesa/horarios/ctrl_horarios.php
Donostia-Aeropuerto Loiu
(Donostiaはサンセバスティアンのバスク語、Aeropuerto Loiuがビルバオ空港のことらしい)

(2)バスク鉄道(サンセバスティアン→アンダイユ)
http://www.euskotren.es/es/viaja/horarios/tren
Lasarte-Oria – Hendaiaの下の“Horarios”をクリック(サンセバスティアンは“Donostia”)

(3)SNCF
http://www.voyages-sncf.com

(4)バス(サンジャンドリュズ→ビアリッツ)(サンジャンドリュズ→バイヨンヌ)
http://www.transdev-atcrb.com

(5)バス(バイヨンヌ→ビアリッツ)
http://www.chronoplus.eu

« おいしかったケブル | トップページ | 飯能名物「味噌付けまんじゅう」 »

スペイン」カテゴリの記事

バスク」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ビルバオ~サンセバスチャンは3回行ったことがあります。
ビルバオはぜひ1日は寄って下さい(゚▽゚*)サンセバスチャンは瀟洒な保養地でもちろん
よいのですが、バルの質量からいって、ビルバオも肩を並べるレベルです。
ビルバオ空港から市内までは路線バスで30分程度。サンセバスチャン行きのバスも
市内から出ることですし、ビルバオ観光おすすめです。

ビルバオやサンセバスチャン観光(主にバルやレストラン)については以下の方の
ブログが詳しいです。
http://spainspain.blog.so-net.ne.jp/

うずらさん
コメントありがとうございます。スケジュールを調整してビルバオに行くことも検討してみたいと思います。バスターミナルに荷物預けがあるようなので、荷物を預けて遊びに行くか、翌日にサンセバスチャンに荷物を置いてビルバオまで戻るか、どちらかで考えてみます。調べてみると、スペイン側のバスク滞在できる日程が日曜日、月曜日とバル巡りにはあまり適さない日程で、ちょっと残念・・・。

荷物を預けて…の方がおすすめです。なんだかんだいってバス片道1時間強かかり、
バスを待つ時間もあるので、往復の時間がもったいないかも。
日曜日・月曜日だと確かに開いているバルは少ないですが、ゼロではないので、
何軒かは楽しめると思いますよ。

ビルバオはグッゲンハイムの前に観光案内所があり、そこに、かなり詳細なバルマップが
あります。(地図形式)どの素材が得意な店かまで書いてありますのでお薦めです。

(余談ですが、次のエントリのケブルネタ、かなり個人的にウケました。10年くらい前に
ソウルで初めて見てカルチャーショックを覚えたくちです)

うずらさん
引き続き情報ありがとうございます。AF277便なら、せっかくビルバオ空港に午前中に着くのですから、行く方向で考えています。

ケブルは、見た目のインパクトは最強でしょう。でも、世の中、見た目だけではないのです。

ラコスケさん、はじめまして。
もうすぐ出発ですね!
私もラコスケさんと半分似たようなスケジュールで行って来たばかりで
復習の為に色々検索してたらこちらにたどり着き、思わずコメントさせて頂きました。

2/5日発のAF277です。
予定通りについて、空港から9時45分発のサンセバスチャン行きのバスに乗り
サンセバスチャン3泊(1日はPESAのバスでサンジャンドリュズ、ビアリッツにいきました)
そしてオンダリビアに1泊、ビルバオに1泊、ビルバオからoutです。

予想通り天気も悪くcoldsweats01、そしてシーズンオフということもありサンセバスチャンとサンジャンとリュズはかなり閑散として寂しい感じで、バルの賑わいもいまいちかなぁと感じました。
私も月、火、水曜日とサンセバスチャンで、休みのバルが多いかな~と心配でしたが
月曜でも名の知れたバルは開いていましたよ。

ビルバオは金曜日に宿泊したからかも知れませんが、バルはとても賑わってました。
グッケンハイムは見れて良かったですし、川沿いの散歩も良かったです。
街の雰囲気がサンセバスチャンやフレンチバスクとは全然違いました。
今度行くときはビルバオはスルーするかなcoldsweats01
いってらっしゃい!
アウ~ル!←バスク語でサヨナラです!沢山使いました!

ジャスミンさん
はじめまして!コメントありがとうございます。当初、フランス側メインで、バル巡りはメインではなく、サンセバスティアンで1日だけバル体験くらいのつもりで旅程を組んでしまっていたので、もっとスペイン側を重視すべきだったかもしれないと思っています。
日程的にはオンダリビアかビルバオかどちらかを選ぶことになると思いますが、実はまだ最終決定できていません!オンダリビアも行ける日程としては月曜日になるので、バル巡りには向いていない日程だったりします。

出発間際のお忙しいときに返信ありがとうございます。

私は逆にもっとフランス側に行きたかったんですが、一応バル巡りが目的だったので。。
私もボルドーoutが良かったです。

ちなみにオンダリビアも閑散としてました、お店も少ないですし。観光客っぽいのは私たちくらい?!て感じで。その閑散とした中に、黒人の青年たちがたむろ?(ビルバオの旧市街でもたむろしてたのが目につきました)してたのがちょっと気になりました。パラドールに泊まることが目的だったので、とても素敵で泊まって良かったです。
小雨混じりの残念な天気だったのですが、要塞に守られた旧市街が逆により一層しっとりとした雰囲気がして素敵に見えました。
バルは少ない印象で、有名なGRAN SOLに行きました。この向かいにワインが豊富なバルが2件ありましたが、そちらの方がとても賑わってました!
それとLa Hermandad de Pescadoresでソパ・デ・ペスカド(魚介スープ)を食べるのも目的だったのですが、美味しかったです(7ユーロ)
フランス人の方もソパ・デ・ポワソ~ンと頼んでいましたflair

もしサンセバスチャンとオンダリビア間を移動されることがありましたら、PESAのEXPRESS便が所要時間30分で便利でした。サンセバスチャンからはGipuzkoa広場前の Legazpi通り側にバス停あります。E21番で、1時間おきです。
逆にオンダリビアから乗る場合はE23番になります。

余談ですが、PESAバスでサンセバスチャンからサンジャンドリュズ~ビアリッツに行ったのですが、行きにフランス側に入ってからバスが止まり、警察が入ってきてパスポートチェック!抜き打ちかな?めちゃくちゃあせりました(服の下に身に着けていたのでcoldsweats01

帰国後のブログ楽しみにいています!

ジャスミンさん
やっぱり、スペイン側バスクをもう1日調整すべきだったかもしれません。オンダリビアのバスの情報ありがとうございます!

初めまして!
来週からバスク地方へ行きます!
Balbio,Sansevastian,Bayonneあたりを巡る旅になります。
色々探していたところ、ラコスケさんのBlogに来ました!
とても参考になって、うれしいです。実感が湧いてきました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/53746383

この記事へのトラックバック一覧です: 優柔不断なバスク旅行計画:

« おいしかったケブル | トップページ | 飯能名物「味噌付けまんじゅう」 »

Link

最近のコメント

無料ブログはココログ