2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« マラケシュ&パリ一人旅行 6・7日目 プラスディタリー(Place d'Italie)のマルシェ | トップページ | トルチャンチ(돌잔치)への招待 »

2012年1月 2日 (月)

2012年最初の旅行は「まだ知らない」バスクへ

Bonne Année!

仕事の関係で休みはシフト制のために、昨年のクリスマスイブは宿直だったり、大みそかも仕事だったし、年末年始も関係なければ、ゴールデンウィークも関係ない。その代わりに仕事の調整さえどうにかなれば、仕事と仕事の隙間を見つけることができれば、ヨーロッパに行くには少し物足りないけど6日間か7日間の休みを調整することができる。物足りないんだけど、6日間くらいのほうが仕事のリカバリーはうまくいく。

2月のお休みの希望は1月5日までに届けを出さなくてはならないので、2月に旅立つ場合は、そろそろ仕事と仕事の間の隙間を見つけて、次の旅行先を検討する時期。

去年は仕事のスケジュールとしては、かなり無理やり1月末に「トルコ大爆勝」に参加してしまったけど、過去2年間の仕事のスケジュールを見ると2月第4週目だったら、仕事と仕事の隙間ができる。この時期だったら、うまく前後に仕事を振り分けてしまえば、休みを取ってもなんとかなりそう。というよりも、なんとかするのだ。

次の目的地を考えるにあたって、今の気持ちの中での第一候補は、昨年11月にパリのバスク料理専門店で「ピペラード」を食べてからフランスの中でも独自の文化を持つ「バスク地方」を訪れてみたくなってきている。フランスでありながらもフランスでないような地域色の強い地域を感じてみたい。そう、フランスに何度も行く理由は、日本でも東京と関西、九州などの文化が違うのと同様に、フランスの地方は地方色豊かで新しい発見があるから。

それに、長い休みが取れないので、毎年少しずつ南フランスを横断する「南フランス・パッチワークの旅」を2009年から続けている。2011年こそ「トルコ大爆勝」でお休みしたけど、2009年はマントンからニース、マルセイユ、アルルまで。2010年はカルカッソンヌから、トゥールーズ、ルルド、ポーまでを訪れており、ちょうどイタリア国境から地中海沿いにフランス国境の南端をずっと西に向かっている。いよいよピレネー山脈沿いを進んで、大西洋に到達し、スペイン国境にたどり着くことになるので、「南フランス・パッチワークの旅」の続きとしても「バスク」は最適。

旅行先候補が決まると、私が旅行を計画する第一歩は、予定した日程で航空券が確保できるかどうか。予算内でどのような航空会社、ルートを選ぶのが最適かどうか。航空運賃が高い時期だったら、モスクワやドバイ、ソウルなどの経由便で料金を抑えなければならないし、航空券の安い時期だったら、乗り継ぎの良いヨーロッパ系航空会社を選択する。場合によっては、複数の航空券を手配して、組み合わせる場合もある。

今回の場合、バスクは、スペインとフランスと国境をまたいでいる。今回の旅行は、バスクの玄関口としてのスタート地点はビルバオ空港。そこから、フランス方面に北上し、バイヨンヌに入る。パリは昨年11月に訪れたばかりなので今回はスルーして行かないことにして、ビアリッツ空港かボルドー空港をゴールとして、オープンジョーで手配を考える。その間、どこで何日過ごすかはあとで考えればいい。

けっきょく、この旅程で考える場合、航空券の比較的安い時期ならば、当然と言えば当然だけどエールフランスが一番便利。エールフランス夜便AF277便を使えば、午前中にビルバオ空港に到着できる。初日夜はスペインのビルバオかサンセバスチャンで「バルめぐり」でもしようかな。

2/25 AF 277 NRTCDG 21:55 04:20+1
2/26 AF1476 CDGBIO 07:35 09:25

3/ 2 AF7625 BODCDG 10:30 11:50
3/ 2 AF 276 CDGNRT 13:35 09:10+1

AF=エールフランス NRT=成田 CDG=パリ・シャルルドゴール BIO=ビルバオ BOD=ボルドー

ということで、ビルバオからボルドーまでの旅程はあとから考えるとして、とりあえずエールフランス航空券を確保。最近、航空券はインターネットでクリックひとつで購入できてしまうので、こんなに簡単に決めてしまっていいのか、最後にクリックをした後でいつも考えてしまう。

ということで、2012年最初の旅行は、2月にバスクへ!

« マラケシュ&パリ一人旅行 6・7日目 プラスディタリー(Place d'Italie)のマルシェ | トップページ | トルチャンチ(돌잔치)への招待 »

スペイン」カテゴリの記事

バスク」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

バスクですか・・
いいですね 私にとっても憧れの地、いつか行きたいと思っています

ブログを楽しみにしておりますね

こえださん
今はどこに宿泊して旅程をどう組もうか考え中なのですが、バスクは調べれば調べるほど興味が出てきます。一般的にはマイナーな旅行先なのでしょうが、スペイン側のサンセバスチャンのバル巡りも楽しそうですし、フランス側もサン・ジャン・ド・リュズ、ビアリッツ、バイヨンヌなど、狭い地域で楽しそうな場所がいっぱいです。わくわくしながら旅程を考える「今」はとても楽しいです。

続けてすみません

確かに・・
旅行は組み立てている時がとても楽しいですよね
私の大好きなチャコリの本場でしたね いいなぁ 豪快に注がれるチャコリの写真をぜひupしてください!  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/53633120

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年最初の旅行は「まだ知らない」バスクへ:

« マラケシュ&パリ一人旅行 6・7日目 プラスディタリー(Place d'Italie)のマルシェ | トップページ | トルチャンチ(돌잔치)への招待 »

Link

無料ブログはココログ