2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« マラケシュ&パリ一人旅行 5日目(1)パンテオンへ | トップページ | マラケシュ&パリ一人旅行 5日目(3)パリでバスク料理 »

2011年12月26日 (月)

マラケシュ&パリ一人旅行 5日目(2)オデオン「ル・コントワール・デュ・ルレ」“Le comptoir du Relais”でビストロランチ!

Ma1201

「まだ知らない」パリ観光は、アンヴァリッド。建物自体は遠くから見たことがあるけど、実は今まで中に入ったことがない。

Ma1202
近くに来ると、金色のドームと手前の建物が別であることに、初めて気がつく。やっぱり、実際に来てみないとわからない。手前は軍事博物館となっている。

Ma1203
軍事博物館の窓、ちょっとかわいい。

Ma1204
軍事博物館には中世の鎧などが展示されている。

Ma1205
あまり期待しないで入ってみると、中世の鎧がたくさん並べられていて、けっこうおもしろい。

Ma1206
ドーム教会。セーヌ川の方向から遠景で見たことしかなかったので、軍事博物館の裏手に別の建物があるとは気がつかなかった。

Ma1207
地下に大きな棺が安置されている。

Ma1208
地下に安置されているナポレオンの棺。

Ma1209
ドーム教会と軍事博物館の間にあるサンルイ教会。

Ma1210
メトロの駅に向かう途中、パトカーが道路を封鎖しているのでなにがあるのかと思ったら、CGTがデモ活動を行っている。フランスではわりと日常的な風景だけど、「反対」という意志を行動で示すことは、日本でももう少しあってもよい気がする。

Ma1211
メトロ13号線ヴァレンヌ駅のホームにはロダンの「考える人」。あとでガイドブックを見てみるとロダン美術館が近くにあったらしい。ついでに見てくればよかったけど、実はちょっとこの日は急いでいた。

Ma1212
オデオンに戻り、「ル・コントワール・デュ・ルレ」“Le comptoir du Relais”でランチにする。実は、このレストラン、ランチは12時オープンで予約不可の先着順なので、一巡目で席に座ろうと思って、ちょっと急いでいたのだ。

Ma1213
メニューを考える間に食前酒としてキールを。キールを飲みながら、のんびりとメニューを見ながら考えていると、30代と思われる日本人カップルの女性のほうが席に近づいてきて、急に声をかけられる。「るるぶ」を手に持ち、このレストランに来てみたみたいだけど、メニューがぜんぜんわからないらしい。そう、このレストラン、コースメニュー“Menu”がないので、アラカルトで選ばなくちゃならないから難しいかも。

新婚旅行なのかも知れないけど、必死な女性に対して、男性のほうは席に座ったままでなにもしないというのも、どうなんだろう。男性はもう少しパートナーのために必死になるべきじゃない?せめて、一緒に困ろうよ!というのは古い考え方なのかなぁ?

Ma1214
前菜は栗のクリームスープ。フランスでおいしいお店のスープは絶対においしくて、口に含むと至高の幸せな気分。

Ma1215
お皿の「ぶた」のキャラクターの通り、豚料理の豚足とじゃがいものピューレ。

Ma1216
これがまたおいしい。キールを飲み干し、お昼なのに追加でグラスワインを注文。

Ma1217
おいしさの余韻は、ゆったりとエスプレッソで。やっぱり、このビストロおいしい。モロッコで夕食が屋台だったり、たいしたものを食べていない反動か、なんだか今回のパリ旅行、グルメ旅行になっている気がする。もうひとつの要因は、1ユーロ=103円という円高ユーロ安というのも大きい。だって、数年前は1ユーロ150円を超えていたときもあったんだから・・・。

Ma1218
ほろ酔い気分でメトロのオデオン駅に向かう。実は午後の予定は決めていない。メトロの駅の入口の所のキャンディー屋さん。

Ma1219
とりあえず、メトロ4号線に乗ってシテ島へ。

Ma1220
最高裁判所前でデモに遭遇。行動で意志を示すことはフランスでは日常的な風景。もしも、フランスを訪れたときには、おしゃれで、きれいな場所だけを感じるのではなく、デモのあるフランスの風景も感じるべきだろう。

Ma1221 
シテ島の花市場へ。「鳥かご」を買って帰ることはないと思うけど、美しい花や庭用品などがけっこうあって、パリの中でも好きな場所だったりする。

Ma1222
今日は11/24。クリスマス1ヶ月前なので、徐々にクリスマスの雰囲気。

Ma1223
けっこう、花だけではなく、おみやげ物とか、プロヴァンスのポプリなどが売っていたり、お勧めの場所。パリのノートルダム大聖堂にはきっと最初は誰もが行くと思うので、寄ってみると楽しい。

« マラケシュ&パリ一人旅行 5日目(1)パンテオンへ | トップページ | マラケシュ&パリ一人旅行 5日目(3)パリでバスク料理 »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/53578541

この記事へのトラックバック一覧です: マラケシュ&パリ一人旅行 5日目(2)オデオン「ル・コントワール・デュ・ルレ」“Le comptoir du Relais”でビストロランチ!:

« マラケシュ&パリ一人旅行 5日目(1)パンテオンへ | トップページ | マラケシュ&パリ一人旅行 5日目(3)パリでバスク料理 »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ