2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

  • ◇デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのモロッコ・マラケシュ一人旅行 2日目(1)“Ourika”ウリカ谷へ | トップページ | 初めてのモロッコ・マラケシュ一人旅行 3日目(1)リヤドの朝 »

2011年12月16日 (金)

初めてのモロッコ・マラケシュ一人旅行 2日目(2)モロッコでクスクスを!

Ma0601

下り道は行きの岩だらけの道と違って、なだらかな下り坂。汗だくになって、ようやくウリカ谷のレストランに到着。ここで、滝を案内してくれたガイドとはお別れ。あまりにものどが渇いたのでまずはコーラ。

Ma0602
観光地らしくコースになっていて、「オムレツ」ってなんだろう?って頼んでみたら、普通にオムレツ・・・。

Ma0603
そして、いよいよモロッコ旅行で初のクスクス。クスクスはパリで味を覚えて、チュニジアのチュニスでも味わったことがあるけど、実はチュニスのクスクスよりもパリのほうがおいしく感じていた。

というのも、パリでクスクスを食べるときは、たっぷりとスープをかけた「つゆだく」が好きなんだけど、チュニスで食べたクスクスは2件くらい試してみたけど、すでにスープがかけられて出てくる。そのスープの量が少ないので、途中でパサパサの食感になってしまう。

ところが、ウリカ谷の、この観光地のレストランのクスクスは、このレストランが特別なのかはわからないけど、別添えで「スープ」がついている。

Ma0604
野菜もよく炊けており、スープをたっぷりかけて「つゆだく」にして食べるとおいしい。なかなか気が利く店員で、「スープ」は途中でおかわりを持ってきてくれるし、大満足。

Ma0605
食後のデザートは、プリンだけど、これは観光地ぽい感じ。

Ma0606
最後にはミントティ。食後はドライバーと一緒にマラケシュに向かう。なにしろ、専用ドライバーなので、帰り道は、観光客向けのお店は全部パスしてもらい、写真には撮ってないけど、マラケシュ郊外にあるカルフールに寄ってもらうことにする。食用アルガンオイルをカルフールで購入。観光客用のお店は手作りで質はいいのかも知れないけど、それなりのお値段。大量生産品かも知れないけど、スーパーマーケットのもので十分。

ドライバーもついでにカルフールで買い物をしていたらしく、集合時間にドライバーよりも先に到着・・・。

Ma0607
そしてジャマ・エル・フナ広場へ。大道芸人の周囲には人だかりができており、相変わらず賑やか。

Ma0608
そして、今日もモロッコ人のおじさんたちしかいないカフェに入る。

Ma0609
昨日と違うカフェに入ってみると、奥で賭けトランプをしているようで騒がしい。

Ma0610
今回の旅行でお気に入りになりつつある“Nouss nouss”ノスノスを。

Ma0611
フコールド広場は「クチ」と呼ばれる馬車乗り場になっている。

Ma0612
迷ったときに目印となるクトゥービア。これがミナレットだけど、去年「トルコ大爆勝」で訪れたトルコのミナレットとはだいぶ違う。

Ma0613
伝統工芸館に向かう。伝統工芸館は、交渉制ではなく、値札がついた明朗会計なので相場を知ることができる。

Ma0614
伝統工芸館は、革のスリッパ「バブーシュ」なら「バブーシュ」、金属工芸品なら金属工芸品と専門店が並んでいる。

Ma0615
メディナのスークだと、ゆっくり見られないので、どんなものがあるのか見るだけでも楽しい。

Ma0616
夕食は今日もジャマ・エル・フナ広場の屋台巡り。

Ma0617
最初はハリラ。2日目なので、現地の人で混んでいる店を狙う。観光客ばかりではなく、けっこう現地の人が食べている。

Ma0618
昨日からどうしても気になっている「ゆで卵」が並べられているお店に寄ってみる。

Ma0619
作り方を見てみると、丸いパン半分に切れ目を入れて、そこにkiriクリームチーズのキューブ1個分をナイフで中に塗る。次に、ゆで卵を投入して、ナイフでつぶす。奥でじゃがいもがどんどん茹でられていて、茹でたてのじゃがいもをいれて、オリーブオイルやタマネギなどを入れてできあがり!

Ma0620
昨日からおいしそうだと思っていたけど、昨日はおなかいっぱいで試すことができなかった。想像通り、おいしい!だけど、1つ食べればおなかがいっぱい。今日は、あまり食べ歩けなかったなぁ。

Ma0621
最後にお茶とデザートの屋台で、甘いお茶とお菓子を食べて、今日の夕食は終了。トレッキングで疲れたし、リヤドにもどって寝てしまうことにする。今回のマラケシュの旅、お酒を一切飲まないので健康的!

« 初めてのモロッコ・マラケシュ一人旅行 2日目(1)“Ourika”ウリカ谷へ | トップページ | 初めてのモロッコ・マラケシュ一人旅行 3日目(1)リヤドの朝 »

モロッコ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

モロッコいいですね~中庭文化なのですね。
アラブのミントティって、葉っぱが束になって入っているのですか?
味が違うとは聞いていましたが、ワイルドな感じ。

リヤドっていうのは都市名ですか?ってサウジじゃないか。。。
宿の名前なのかしら?

kaoriさん
マグレブの国々では、ミントの葉が入っています。

リヤドというのは、もともとは「中庭のある家」という意味のアラビア語だそうです。もともと中庭のある家だったところを改装してプチホテルにしたという感じでしょうか?今回、私が宿泊したリヤドは5部屋しかなく、パティオもあって、なかなか雰囲気の良いプチホテルでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/53500289

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのモロッコ・マラケシュ一人旅行 2日目(2)モロッコでクスクスを!:

« 初めてのモロッコ・マラケシュ一人旅行 2日目(1)“Ourika”ウリカ谷へ | トップページ | 初めてのモロッコ・マラケシュ一人旅行 3日目(1)リヤドの朝 »

Link

無料ブログはココログ