2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 初めてのスイス一人旅行4日目(2) ベルンで噴水めぐり | トップページ | 初めてのスイス一人旅行5日目 ベルンでUFO発見! »

2011年8月 2日 (火)

初めてのスイス一人旅行4日目(3) ベルンのバラ園でアイスティー

  Sw1101

7/5午後。ベルン大聖堂の裏手にある公園で一休みしたあと、再び、旧市街を進む。噴水の名前は「正義の女神の噴水」

Sw1102
「正義の女神」は、天秤を手に持ち、剣をかまえながらも、目隠しをしている。

Sw1103
旧市街をまっすぐ進む。落ち着いていて雰囲気のよいオープンカフェ。

Sw1104
いよいよ、旧市街が終わり、アーレ川が見えてきた。川の色は美しいエメラルドグリーン。

Sw1105
ニーデック橋から旧市街を振り返る。ニーデック教会と奥にはベルン大聖堂が見える。

Sw1106
橋を渡った土手には、ベルンの町の名前の由来となったクマさんたちがいる(クマ園または熊公園)。クマさんは、登別のクマ園のようにエサをもらうために手を合わせて「お願い」をすることもなく、リラックマのようにのんびりくつろいでいる。

Sw1107
川岸まで下りると、今日は日差しが強くて水浴びをするクマさん。

Sw1108
今渡ってきたニーデック橋を見上げる。アーレ川の美しさと旧市街の建物のかわいらしさが美しい。

Sw1109
クマ園のあとは、急な坂を上って、バラ園を目指す。坂の途中から、ベルンの旧市街が見えてくる。日差しが強くて暑くなってきたけど、バラ園はもうすぐ!

Sw1110
バラの時期にはちょっと遅いけど、バラ園に到着!のんびりした公園のような雰囲気。

Sw1111
急な坂を登ってきたので、バラ園にあるカフェテラスで一休み。休んでばっかり??

Sw1112
注文したのは、今回はビールではなく、アイスティー!

ヨーロッパで飲むアイスティーは清涼飲料水で、日本ではコンビニなどで500ml紙パックで売られているアイスティーのような感じで最初から甘い。でも、暑くてのどが渇いているときには、このアイスティーが一番!暑い時期にヨーロッパで飲むこのアイスティーが好きで、ヨーロッパに行くとよくスーパーマーケットでも買ったりする。ここのアイスティーは炭酸なしだけど、フランスなどで売られている炭酸入りのアイスティーも好き。

Sw1113
バラ園のカフェテラス、座ってゆったりしながら、のどかな庭園をみることができる。

Sw1114

「きれいだなぁ」

座りながら、ベルンの旧市街を一望できて、これが最高の雰囲気。アイスティーを飲みながら、のんびり、ぼーっとベルンの旧市街を眺める。アルプスの風景もすばらしいけど、ベルンのバラ園から眺める旧市街もすばらしい。またしても、この美しさを共有できる人が隣にいればなぁなんて、ちょっとさみしくなる。でも、さみしさは、美しい風景を見た感動でなんとか打ち消す。

Sw1115

しばらく、バラ園でなにもせずに旧市街の風景を眺めたあと、ベルン旧市街に戻る。ニーデック橋から眺める旧市街の風景、美しい。橋の上で立ち止まり、しばらく風景に魅了される。

Sw1116
アーレ川の美しい色とウンタートーア橋。

Sw1117
立ち止まって風景を楽しんでいると、あれ?旧市街の建物に「鯉のぼり」!?どうして「鯉のぼり」なんだろう?

Sw1118
ニーデック教会。周辺の家がかわいらしい。

Sw1119
旧市街には花があふれている。気がつかなければ通り過ぎてしまいそうな、美しさをみつけるのが好き。

Sw1120
夕方になり、「ファストバゲージ(Fast Baggage)」でグリンデルワルト駅から送った荷物をベルン駅に取りに行く。ベルン駅は大きな駅だけど、「荷物」マークに従って歩いていくと、簡単に窓口を発見。名前すら書かれていないA4の紙切れを係の人に見せると、倉庫から荷物を出してくれる。スーツケースと無事に再会!スイスの鉄道システムは、時刻も正確だし、乗り継ぎもうまくダイヤが組まれているし、荷物は別送できるし、なんて便利なんだろう。

Sw1121
今回のベルンのホテル、「ホテル・メトロポール」は、ベルン駅から徒歩5分くらいの距離。駅の地下から地上に出る出口がわかれば、本当に駅に近い。ホテルの前はヴァイセンハウス広場になっていて、市場も開かれている。それに、大きいスーパーマーケットMIGROSの裏通りから入ることができる入口があって、MIGROSまで徒歩1分くらいという好立地(でも、スイスのスーパーマーケットは都市部のベルンでも19時で閉まるので要注意!)。

ホテル メトロポール ベルン(Hotel Metropole)
http://www.hotelmetropole.ch

Sw1122
シングルの部屋は、あとからバスルームを足したような感じで、ベッドもおもしろい位置。部屋も狭いけど、ホテルは基本的に寝るだけなので、これで十分。

Sw1123
シングルの部屋はシャワーオンリー。お湯の出もよく、問題ない。

Sw1124
無事にチェックインを終えて、スーパーマーケットなどをのぞきながら街歩き。裏通りにも噴水があり、ベルンの町は本当に噴水だらけ。

Sw1125
さて、楽しかった今回のスイス旅行も、とうとう最後の夕食。ベルンに到着したころは市場が開かれていたベーレン広場は夕方になるとレストラン街になっている。今回の旅行、最初から最後までスイス料理で通しているので、レシュティがスペシャリテのレストランなんていいじゃない(地球の歩き方にも掲載)。

ル・モツット(Restaurant Le Mazot)
http://www.mazot-bern.ch

Sw1126
今回の旅、最後のビール。

Sw1127
生野菜を取ることも今回の旅のテーマ?そういえば、ドイツで発生した病原性大腸菌O104はスプラウトが原因と言われていたので、慎重な人は食べないかも知れないけど、ここはスイスだし・・・。

Sw1128
そして、レシュティ。さすがにレシュティがスペシャリテのレストランだけあって、メニューには10種類以上もあって迷ってしまう。

RÖSTI OBERLANDAIS
RÖSTI, JAMBON, FROMAGE ET OEUF AU PLAT

その中から、フランス語を見ただけでも、“JAMBON”、“FROMAGE”に“OEUF”なんて、定番ぽくて、味も想像できるような感じのものを注文。

Sw1129
じゃがいもの千切りを焼いた「レシュティ」に、ヨーロッパのハムはおいしいし、スイスはチーズがおいしいし、それに目玉焼きなんて載ってしまったら、これがおいしくないわけないでしょ!?

こしょうをかけると、さらにおいしい。そして、ビールにも合う。スイス料理、庶民的な料理しか食べていないけど、おいしい。スイスでの外食は高いと言われているけど、だいたい30CHFで収まっている。少し高いけど、コペンハーゲンよりも、ぜんぜん安い気がする。

ル・モツット(Restaurant Le Mazot)

グリーンサラダ        6.5CHF
レシュティ         19.0CHF
ビール            4.3CHF
---------------------------------------------
合計            29.8CHF

Sw1130
サマータイムのヨーロッパは夜9時近くなって、ようやく夕方の雰囲気。市場が開かれていたベーレン広場は、たくさんの人で賑わっており、暮れゆく夜を楽しんでいる。

Sw1131
夕日の牢獄塔。

Sw1132
ベルン最後の夜。そして、今回の旅行で最後のスイスでの夜。といっても、旅行に出ると、いつも日中にたくさん歩くので、疲れてホテルに戻ってすぐに寝てしまうんだけど・・・。

« 初めてのスイス一人旅行4日目(2) ベルンで噴水めぐり | トップページ | 初めてのスイス一人旅行5日目 ベルンでUFO発見! »

スイス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

どの写真もそのまま絵ハガキになりそうな美しさですshine
鯉のぼりは日本人の家族が住んでいるなかな~

ラコスケさんもうしばらくお独りの予定なら
今度お得意のヨーロッパの街を案内してくださいよぉ~wink

毎日毎日がどれも素敵なスイス旅行でしたねshine
気ままな一人旅でうらやましいなーって思っていますが、
一人は寂しいような感じで書かれてるところがありますねsweat01
ではいつか私達がフランスへ行くときは、
是非、街案内をおねがいしますhappy01

ユリコさん
滞在期間中、ずっと晴天だったのと、空気が澄んでいるのか、スイスは写真がきれいに撮れます。

えっと、私のヨーロッパ旅行は、幸か不幸か、一人でもレストランに入れる技を身につけてしまっているので、レストランでちゃんと食事を取るために食費がけっこうかかりますよ!

kazueさん

一人旅は、気ままで自由というメリットも大きいです。たぶん、一人旅じゃなければ、こんなに写真は撮れません(旅の流れがわかるように多めに撮っています)。自分がいいなぁと思ったところで立ち止まって写真を撮ることもできるし、通り過ぎてしまった風景を写真に残したいと思っても、気兼ねなく引き返すこともできます。食事の時とか、誰かと共感したいような美しい風景に出会ったときとかに、ちょっとさみしくなりますけどね。そして、時にはものすごく・・・。

ちなみに、私の旅行は、ものすごくたくさん歩きますよ。歩くからこそ見つけられる風景が好きで、観光スポットに行く“途中”で「いいなぁ」と思う風景を歩きながら見つけるのが好きです。そして、立ち止まったり、カフェで休んだり、あまり効率的に観光はしないかもしれませんよ。

はじめまして。

“スイス一人旅行記”を拝見しました。
写真が大きくしかもきれいで、十分楽しませていただきました。

私は妻と2回もスイスへ行ってしまいましたが、やはり3回目も行きたくなってきました。
ツアー、個人旅行(グリンデルワルト日本語観光案内所)と経験したので、次回は貸し別荘を利用してみようかと思っています。
「思うだけ」で終わらないよう希望を持ちたいと思っていますが・・・。

バラ園、なつかしいです!本当にあの高台からの眺めは素晴らしいですよね。
クマさんのいる場所が昔と違う様な・・・と言っても8年も前の話ですけど。
私がベルンへ行った時は、コンクリートに囲まれたところにいて、かわいそうでした。

たくさんの写真、素敵です。私も写真を撮りまくったのですが、
PC故障でデータが無くなりました。バックアップのタイミングも悪くて。
そんなアホなミスをする人もなかなかいないと思いますが、ラコスケさんも
ぜひ大切にバックアップして下さいね。

レシュティ・・・食べませんでした。スイス料理店でも探して食べてみま~す!

まさたみさん

はじめまして。スイスで貸別荘なんてすごいですね。旅行というのは「えいっ」という勢いも大切だと思います。現在ではインターネットで航空券もホテルも、ほとんどが手配できるようになっており、クリック一つ「えいっ」と押してしまえば、クリックしたあとに大丈夫かな?と不安になるくらい簡単に旅が始まります。

happytiggerさん

クマ園(クマ公園)は、どうやら2009年10月にリニューアルしたようですね。今では、アーレ川の川沿いの斜面ですが、クマさんがのんびりくつろげる広い敷地です。

旅の記録って難しいです。旅行に出たときは、たくさん感動したはずなのに、数年後にはそのうちのいくつかは失われている。写真だけではその時に感じたことのすべては思い出せない。それなら、覚えているうちに、ブログとして写真と文章にして残すようにしてみました。なので、このブログのメインの目的は、自分が「忘れない」ための記録です。それと、先行研究として、調べている人に少しでもお手伝いになればなぁというのがちょっと。

PCのデータバックアップ作業って、そんなに面倒でもないんですけど、データは増えるのでいつのタイミングですべきか、DVD-RやCD-Rに中途半端な分量でももったいないような気がして、今まで行っていませんが、そろそろ考えます・・・。

レシュティは、メインにもなるし、つけあわせにもなる、食べ物です。まあ、じゃがいもなんですけどね・・・。スイスのスーパーにも常温レトルトパックが売っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/52368790

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのスイス一人旅行4日目(3) ベルンのバラ園でアイスティー:

« 初めてのスイス一人旅行4日目(2) ベルンで噴水めぐり | トップページ | 初めてのスイス一人旅行5日目 ベルンでUFO発見! »

Link

最近の記事

無料ブログはココログ