2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« 表参道で“Baba” | トップページ | 渋谷でバケット・レトロドール »

2011年6月 6日 (月)

はじめてのスイス個人手配旅行(1)まずは航空券を手配

まだ知らないスイスに行って、アルプスの風景に癒されたい。そんな気持ちが旅行に出るきっかけ。今年の夏はスイスに行ってみよう!そんなところから旅は始まります。

「旅に出よう!」という気持ちになったら、私の場合はまずは「地球の歩き方」などのガイドブックを一通り見て、旅程を想像します。もちろん、「空想旅行」で終わってしまうことも多いのですが、実際に休みが取れそうだったら、いざ旅行手配に入ります。でも、最近は海外旅行の手配は、旅行会社の窓口に行くこともなく、電話やメールで問い合わせることもなく、すべてインターネットで完結してしまう。そう、「旅に出よう!」という気持ちさえあれば、「えいっ」ってクリックしてしまうだけで、海外旅行に行けてしまうのです。

そういうわけで、年間予定と今年の仕事のスケジュールを考えた結果、7月初旬に6日間だけ、仕事と仕事の隙間を調整できそうなので、旅行の手配を開始!

ちなみに、私は普通の会社員。しかも、「有給休暇」を好き放題に取って旅行に行っているわけではなく、「有給休暇」を1日も使うことなく旅行に行っています。その代わり、お休みはシフト制なので、土日祝日も関係なく、ゴールデンウィークも、お盆の時期の夏休み期間も、シルバーウィークも、お正月もすべて関係なく仕事をしています。ゴールデンウィークやお盆の時期など、みなさんがお休みのときに働き、そのかわりに、ピークシーズンをちょっとだけ外して仕事と仕事の合間に短い隙間を見つけては旅立っているわけです。私が旅行に行けるもうひとつのポイントはちょっと物足りない「短い隙間」を狙うこと。長い休みを待っていたら旅行なんて行けません。でも、自分のスケジュールだけで調整できる身軽な「一人旅」だからこそできる方法かも。

さて、日程の候補が決まったら、まずは航空券を探し始めます。私の場合は、最近は主に航空会社のWebで購入する正規割引航空運賃を使用し、旅行代理店が販売する「格安航空券」は使っていません。そもそも、最近では、「格安航空券」は廃止傾向で、航空会社直販の正規割引航空運賃のほうが安い場合も多いんです。

今回の旅程の場合、航空券が高い時期にあたるために安い経由便を検討します。いろいろとチューリッヒまたはジュネーブ行きで空席状況と価格を調べた結果、候補は2つの航空会社。なにしろ、今回、7月の航空券の高い時期に航空券とホテルとスイス国内の鉄道の料金を含めて予算20万円以下を考えているので、選択肢は限られてしまいます。

1.最近、すっかりお世話になっているアエロフロート・ロシア航空
チューリッヒ行きは同日乗継ぎができないけど、ジュネーブ行きなら同日乗継ぎ可。

(行き)
02JUL SU582 NRTSVO 12:00 17:10
02JUL SU269 SVOGVA 19:10 20:50
(帰り)
06JUL SU272 GVASVO 12:35 18:05
06JUL SU583 SVONRT 20:00 10:20+1
※SU=アエロフロート・ロシア航空 NRT=成田 SVO=モスクワ GVA=ジュネーブ
燃料サーチャージや空港税等込みで115,200円(4/18現在)

2.エミレーツ航空
仕事帰りに成田空港に向かう。チューリッヒに昼過ぎには到着できるので、さらにスイス国内の移動ができる。

(行き)
01JUL EK319 NRTDXB 22:00 03:50+1
02JUL EK087 DXBZRH 08:40 13:20
(帰り)
06JUL EK088 ZRHDXB 15:35 23:40
07JUL EK318 DXBNRT 02:50 17:35
※EK=エミレーツ航空 NRT=成田 DXB=ドバイ ZRH=チューリッヒ
燃料サーチャージや空港税等込みで114,870円。(4/19現在)

短い旅程の場合、現地滞在時間をいかに多くするのかはとても大切な視点。冬の航空券が安い時期だったら、エールフランス夜便AF277/278使用がもっとも現地滞在時間を確保することができるけど、エミレーツ航空も悪くない。今回の場合、現地滞在時間を優先して、エミレーツ航空のWEBから、「えいっ」とクリックして、航空券を購入!

旅行に旅立てるかどうかは航空券が確保できないとどうしようもありません。また、早期に買えば買うほど、航空券の価格は安いことが多いので、旅行に行くと決めたら、まずは航空券の確保が大事。

いつも、「えいっ」とクリックした瞬間、こんなに簡単に判断してしまってよいのか、そして旅行が手配できていいのかと感じる。でも、クリックした瞬間から、旅行の手配は「現実のもの」として動き始めます。

« 表参道で“Baba” | トップページ | 渋谷でバケット・レトロドール »

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

スイス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

パック旅行だと、航空会社は直前まで分からないことが多いので、
そこが手配旅行と大きな違いですね。
ドバイでは乗り換え時間がたっぷりありそうなので、
空港の様子も是非日記でおしえて下さいね~(o^-^o)

ユリコさん
ドバイでは乗り継ぎ客用の無料レストランがあるらしい。でも、機内食食べ続けて、次の乗り継ぎ便でも機内食出るので、食事はどうなんだろう?パスポートにスタンプもらうために入国してドバイの地に立ってみようかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/51876391

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのスイス個人手配旅行(1)まずは航空券を手配:

« 表参道で“Baba” | トップページ | 渋谷でバケット・レトロドール »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ